今年もこの季節がやってきましたね!
有馬記念まであと3日ということで、勝手に有馬記念予想をしてみたいと思います!
参考になさるも、「そんなんじゃ当たらねぇよ」と一蹴されるも、皆様の自由です♪
あーだこーだ言いながら持論を展開して予想するのもまた競馬の楽しみですからね(^^)



まずは、23日PM5:45現在のネット競馬発表による予想オッズを。
IMG_4453
IMG_4454
リアファルが1番人気ですか〜。意外でした。たしかに実績だけ見れば人気になってもおかしくないですし、まだ芝で底を見せていない未知数なところに賭けたくなる気持ちもわかりますが、ゴールドシップというスターホースや今年一番の上がり馬ラブリーデイを抑えて一番人気とは。まぁこれはあくまでも予想オッズなので、当日にどうなるかはわかりませんけどね!



では枠順も発表されたことですし、1枠1番から順に、
僕個人の勝手な主観による見解を発表します!!

※馬名をクリックすると、ネット競馬の競走馬データページに飛びます。


1枠1番 オーシャンブルー
10戦連続着外。しかもそのすべてで勝ち馬から0.9秒以上離されており、さすがにここは難しいと見ます。


1枠2番 ヒットザターゲット
札幌記念での鬼のような末脚を見てから「次は絶対に頭で買おう」と決め、ジャパンカップで軸にしたのですが結果は13着・・・。ただまだ見限るのは早く、今回は特に良績を残している内枠に入ったことで好走を期待しているダークホースです!


2枠3番 ラストインパクト
前走ジャパンカップで7番人気ながら2着と健闘。昨年の有馬記念でも勝ち馬から0.2秒差と差の無い競馬をしていました。しかし前走の2着はムーア騎手の好騎乗(外が伸びない馬場でインコースをついた)によるところが大きいと予想し、今回はムーア騎手が乗れないために抑えまでとします。


2枠4番 ラブリーデイ
今年になって覚醒した上がり馬。今年だけでG1レース2勝を含む重賞6勝。前走ジャパンカップは苦手と言われていた左回りのクラシックディスタンスでも0.1秒差の3着と健闘しました。しかし2500m以上での勝利がゼロで、勢いづいた最中の今年の阪神大賞典と天皇賞・春も負けているところを見ると、距離延長は大きなマイナス材料になるのではないかと思います。


3枠5番 アドマイヤデウス
1月と3月に重賞を2連勝して一気にスター街道をひた走るかと期待しましたが、その後はパッタリ。3戦連続2ケタ着順の馬がいきなり有馬記念で馬券に絡んでくるとは思えないので消しです。


3枠6番 アルバート
4連勝でG2ウィナーとなった上がり馬。しかも前走ステイヤーズSは圧勝。血統的にも2500mは合いそうなんですけど、なんか妙にダイタクバートラムやデスペラードと似たような匂いがするので抑えまでです。


4枠7番 ゴールドアクター
昨年は菊花賞3着という実績はあったが、今年になって前走で重賞を初勝利したばかりの上がり馬。勢いは認めるところですが、正直前走のアルゼンチン共和国杯で負かした馬もそこまで強いメンバーではなかったと思うので、さすがにここでは歯が立たないのではないかと予想します。


4枠8番 ワンアンドオンリー
昨年の日本ダービー馬だが、その後は重賞1勝のみで鳴かず飛ばず。前走ジャパンカップでちょっと復調の兆しが見えた感もありますが、前をこじ開けてくるような闘争心までは感じなかったため、上位争いできるまでにはなっていないと予想します。力はあると思うので、きっかけ一つで変わるような気もするのですが・・・。


5枠9番 サウンズオブアース
G1レース含む重賞競争でいつも善戦するも、いまだ無冠。秋2戦はラブリーデイに僅かに遅れを取ったけれども、2500mとなればその差が逆転してもおかしくないと予想します!さらに鞍上はミルコ・デムーロ!もう買わない理由が無いという感じです(^^)


5枠10番 トーセンレーヴ
オープン特別2連勝中、しかも前走はトップハンデ59キロを背負ってのものなので評価できますが、重賞勝利となると3年半前まで遡らないといけず、ここでは力不足だと思われます。


6枠11番 キタサンブラック
リアファルが3着に敗れた菊花賞の優勝馬で、北島三郎さんの持ち馬。中山競馬場では重賞2勝に皐月賞3着と好相性で、距離が菊花賞より短縮されることもきっと好材料だと思うが、主戦ジョッキーの北村騎手がケガのために乗れず、ノリさんに変わってしまうのが・・・。いや、ノリさんが下手と言ってる訳でもキタサンブラックと相性が悪そうと言ってる訳でもなく、単純に僕との馬券の相性が悪いんです(^_^;) ノリさんを頭で買うと、ナゼか高確率で最後方ポツンをやらかしてくれるので怖い・・・。


6枠12番 リアファル
ダート戦線でもそこそこの実績を残していたが、芝路線に変更してから僅か2戦目で重賞ウィナーに。そして前走は菊花賞で勝ち馬から0.1秒差の3着。実績的にはゴールドシップやラブリーデイに比べるとワンパンチもツーパンチも足りないが、僕が注目したのは前走・菊花賞での上がり3ハロンタイム。道中は2〜3番手と前目でレースしていたにもかかわらず、10番手あたりで足をためていた4着馬5着馬と同じ上がり3F35.3の末脚を見せていること。前目でレースをしても末が伸びる脚質は中山で活きるはず!


7枠13番 ルージュバック
春には牡馬相手に重賞きさらぎ賞を勝ったことで一躍牝馬クラシックの主役に躍り出たかに思われましたが、その後は勝ち星ナシ。叩き2戦目なので上がり目はかなり見込めるように思いますが、さすがにここは斤量の恩恵はあるとしても力不足ではないかと思います。


7枠14番 ダービーフィズ
いまいちパンチに欠ける馬ですが、僕はちょっと注目しています。夏の函館・札幌で好走していた馬は暮れの力の要る中山競馬場にも適応できる傾向にあると感じているからです!3着あたりには買いたい1頭ですね!


8枠15番 ゴールドシップ
今回が引退レースとなるスターホース。G1レース6勝は現役屈指の実績。騎手は4歳秋まで主戦を務めていた内田騎手に戻ることで期待も膨らみますが、今年の宝塚記念の時のような大きな出遅れや思わぬポカがあり、なんとも信用しにくい馬です(^_^;) 僕が買うと来ず、僕が買わないと来るという。。。ただ有馬記念は過去3回出走して1着・3着・3着という実績ですから、今回も買わないわけにはいかないでしょう!


8枠16番 マリアライト
予想オッズ1番人気リアファルの姉で、一度も着外(7着以下)になったことが無い堅実派の牝馬。前走エリザベス女王杯で初G1制覇。実績面で劣るしイマイチ影の薄い存在ではあるが、どんな相手でも堅実に上位に来る馬というのは無視できません。頭は無くとも3着には買いたいです。




というのが、全馬の簡単な評価です!
特に取得に困るのは、やっぱりゴールドシップですかね・・・。いつも僕が買うと来なくて、僕が買わない時に限って来るという相性の悪さ(笑)。ただ、こういうクセのある馬だからこそ愛されてきたんですよね♪
オグリキャップやオルフェーブルなどが有馬を引退レースに選んで勝利する感動的なシーンもありましたが、僕は今回は思い切って頭では買いません!!引退レースのココで大きく出遅れたり凡走したりして、「あぁ、最後までゴールドシップだったね(笑)」って言って終わるのも彼らしいかなと^m^
でもとにかく最後ですからケガ無く無事にゴールしてもらいたいですね!




という訳で、僕の今年の買い目はコレだ!!

中山10R 有馬記念
3連単フォーメーション
→→↓きΝ 合計8点買い
3連複 軸2頭ながし
−−↓きΝ 合計8点買い


※当日になって変更する可能性もあり^m^

当たったら、ギターのローンの繰り上げ返済に!!
・・・っていう風に欲を出すと絶対外れるんですよねぇ(笑)

※追記

買い目を2点追加しました!

中山10R 有馬記念
3連単フォーメーション
→→↓きΝЛ 合計10点買い
3連複 軸2頭ながし
−−↓きΝЛ 合計10点買い


抑えにГ鉢を追加です!
・・・まぁ、あとから追加する時って、大抵当たらないんですよね(^_^;)
でも怖いので一応!