先日のブログで紹介しました、MavisのMST-600 Ver.1をバラしてみました。

新品でも1万円くらいで買えちゃうこのギター。中身は果たして!?




まずはネックを外します。

IMG_6901
ネックエンドの様子。

ふむふむ、いいじゃないですかー。キレイにカットされていますよ。

ちなみにネックとボディは、かなりタイトに接合されていますよ。

ジョイントプレートを外してもネックが落ちたりはしません。



IMG_6900
こちらがネックポケット。一見してマホガニー系の木目であることがわかります。

こちらもキレイに加工されています。シムなどは挟まっていませんでした。

ちなみに、ネックポケットの側面を見てもトップに貼られた木との境目が見えていないので、

トップ材はかな〜〜り薄い木であることがわかりますね。シート状の薄い物なのでしょう。




続いては、コントロールキャビティの様子です。

IMG_6892
一見キレイで可もなく不可もなくという感じですが、

よぉ〜〜く目を凝らすと、安ギターたる所以が見えてきましたよ・・・(^_^;)


まずはココ。

IMG_6893
リアPUキャビティに、木片が付け足されています・・・。

どうせピックガードで隠れる部分なので、付け足す必要あったのかな?と思うのですが・・・。

トレモロブリッジのスタッドを埋め込む際の強度を稼ぐためでしょうかね??



続いてはココ。

IMG_6896
ピックガードのネジ穴が2つダブって空いています(笑)

ちょっと穴がズレちゃったから隣にもう一回空けました、みたいな(^_^;)

工場長には内緒でこのまま出しちゃえ!みたいな感じでしょうか?

いや、こりゃ工場長もグルだな・・・


そして最後にココ。

IMG_6895
ピックガードのネジ穴とコントロールキャビティが、つながっちゃってます(笑)

こんな素人みたいな凡ミス品をそのまま出荷してしまうあたりが安ギターなのかもしれません^m^




IMG_6897
ポットとPUセレクターはALPHA製。

ポットは予想通り小さいタイプですね。

あまりよくわからないのですが、見た感じ 配線材も安そうですね。

アルミのシールドも必要最小限って感じです(笑)




・・・とまぁ、見えないところだからまだいいものの、まともなお金出して買ったギターだったなら

速攻メーカーにクレームを入れるような不具合(?)がいくつか発覚したわけでありますが、

これが新品でも1万円で買え、なおかつ中古で2900円で買ったギターなのですから

腹が立つどころか いいブログのネタになったとほくそ笑んでる次第でございます^m^