以前、コチラの日記でチラっと書いたJOYOです。

先日、ピロさんと山本恭司さんのライブ前に行った楽器屋さんで購入しました。

言わずと知れた、Mad Professor の Sweet Honey Overdrive の パクリ コピーでございます^m^




IMG_2690


一応前もってお伝えしておきますが、僕はコピー元のMad Professor Sweet Honey Overdrive の方は

弾いた事がないので、比較はできないことをあらかじめご了承ください。

あくまでもJOYO Sweet Baby単体でのレビューでございます。




まず一番に感じた事は、音がキラっとしているという事ですね。

でも、ハイミッドの耳に痛い部分はいい感じに削られてる といった感じでしょうか。

FocusというTONEのような役目をするツマミは、ゼロまで絞ってもキラっとした成分は常にあります。そんなに大きな変化は無いですね。

Driveはフルにしても深くは歪みませんね。生粋のオーバードライブという感じです。




ぶっちゃけ、これを単体の歪みとして使うと、僕的にはちょっと音が固いです。

しかし、このブログのペダル検証でもたま〜に書きますが、こういうカリっとした音のペダルは

ブースターとして使うといい感じになる場合がけっこう多いんですよ。

そこで、いつものT-REX Gristle Kingをメインの歪みとし、その前段に当機とBOSS SD-1(改)を繋いで

ブースターとしての効果をSD-1(改)と比較してみました!

接続順はこんな感じです。↓

ee4fcc8cc94d1af7a84b98a8IMG_269035aee708


僕のSD-1(改)はウェットで芯のあるサウンドにブーストしてくれるんですが、

バッキングの時にはもう少し中域がスッキリしてる方がいいかな〜と思う事もたまにあります。

そういう意味では、このJOYO Sweet Babyはバッキングサウンド用のブースターとしてはかなり好印象です!

中域が太くリッチになり過ぎず、カラっとスッキリしたサウンドでブーストしてくれます。

かなり高域の抜けもよくなります。

僕はギターソロのサウンドは中域を上げる事で人間の耳に聴きとりやすい音質にするという考え方なのですが、

こうして高域を際立たせる事で他のパートの中から突き抜けてくるギターソロサウンドも「あり」ですね。

こういうキャラは今手持ちの機材には無かったので、これはいいです!

しかもこれが新品でも4000円でお釣りがくるんですからスゴイもんですよね!





以上、JOYOのレビューでした!

僕的には他のJOYOペダルも試してみたくなりましたよ。

あとは安価なだけに、あとから耐久性やノイズなどの問題が出てこないかどうか…ってとこですね。