今朝のお散歩。

近所で初めてお逢いするお爺さんに声を掛けられました。

「それは猟犬ですか?顔を見ればわかりますよ。」と敬語で穏やかに話すお爺さんに

「ハイ、昔はオオカミを狩っていました」

と、まるでジーナが以前まではオオカミ猟をしてたかのように答える僕

「やっぱり小さな犬より飼うのは大変ですか?」とか

「小さな子供と一緒でも大丈夫なんですか?」とか

「近所にこんな素晴らしい犬がいたとは。いい記念になりました。ありがとうございました。」とか。

お爺さんはとても丁寧な話し方で去って行きました。

お爺さんは口を「チッチッ」と鳴らして“おいでおいで”をしてくれるのですが、

人見知りのジーナがもちろん近寄るわけはなく…。

あぁ〜〜…こういう時いつも「ごめんなさい、怖がりなので…」と言うのが

毎度のことながら本当に申し訳なくなるんですよね〜

相手がとてもいい人だっただけに、申し訳なさもひとしおです。





さて、我が家の夜の風景。




DSC_0196
札幌、寒くなってきたから寄り添っているのでしょうか。

左から、プンちゃん、ジーナ、オッチにゃんです。ほんわかする風景ですね〜

また1枚、記念になる写真が撮れました★





DSC_0197
ツグちゃん登場。




DSC_0198
あら!

ペチョっとプンちゃんのフカフカに顔をうずめるツグちゃん。かわいい〜

(親バカでごめんなさい…

そのフカフカのプンちゃんに、僕も顔をうずめたいです〜





そういえば、そうちゃん(息子)が小さい時にも、こうやってプンちゃんに乗っかってる写真があったような…。





で、探したらありました★

P1010296
こうして見ると、そうちゃんも大きくなったなぁ〜

プンちゃんって、昔から乗っかられたり尻尾を引っ張られたり…

きっとおとなしい性格だからターゲットになりやすいんですね