ジナパパ一家の何てことない日常

ペットの事。家族・育児の事。趣味のギターの事。日常の何てことない事。とにかく一貫性のないブログになってきました(笑)

永くビンテージMarshallやCallaham等のワンボリュームアンプを好んで所有
  ↓↓↓
子供部屋にするため機材部屋が無くなり、全ての真空管アンプを手放す
  ↓↓↓
ライブではどうせジャズコしか使わないため、家にもジャズコを導入

・・・という経緯で来たここ最近のアンプ遍歴ですが、やっぱり真空管アンプが欲しいなぁという気持ちになってきて実は最近いろいろ物色してました。
こっそりこんなアンプも買ったりして。
IMG_6658
銀パネのFender Musicmaster Bass Amp。
チャンプとほぼ同じ回路で12インチスピーカー搭載なのでギタリストに好まれているアンプです。
でもこれが不具合が数点あってそれを店側がまったく公表せずに売ってたもんだから、そりゃ文句の1つや2つ言わせてもらいますよね。そんなんで疲れちゃって愛着も沸かずに手放しました。
僕はしっかり不具合も公表して売りますから、高くは売れません。
結果的に授業料を払う結果となったアンプでした

・・・まぁ、もう無いアンプのことを言ったってしょうがないですよね。

で、その後に購入したのがコチラ。
IMG_8163
GDSの18W コンボです!
ツイッターにも書いてましたっけ。
一緒に写ってるストラトと比べるとわかるように、かなり小さいです。
10インチの・・・えっと、どこのスピーカーだったかな?
昔はスピーカーに拘りまくってたのに、今は興味も薄れてこんなもんですよ(^_^;)
まぁどこかのメーカーの10インチスピーカー搭載で、1ボリューム・1トーン。


IMG_8165
コントロールは超シンプル。
ボリュームつまみとインプットジャックが超近いのが難点で、ギターを繋ぎ替える時にシールドを抜く際、高確率でボリュームを動かしてしまいます
あと、やっぱりコントロールが背面にあるのってすごく使いにくいですね。。。


このGDS 18Wは、マーシャルの18W(20W)シリーズのオマージュです。
つまり僕も過去に所有していた、
87e2fae2
このMarshall PA20や、近年リイシューも出た2061等のオマージュっていうことですね(^^)
これら小型のマーシャルは僕の大好きなアンプなので、GDS 18Wは実はかなり前から気になっているアンプの1つだったんです


ところで、このような小出力のアンプはヘッドルームの広さが気になりますよね??
要は、クリーンの領域がどこまで広いか。
僕みたいにペダルで歪みを作ったりアンプ前に空間系を入れたりする人間にとっては、やっぱりアンプはクリーンのまま大音量までイケるのが理想なんです。

そこでちょっと前にデリさんとスタジオに行った時に持ち込んで試してみましたら、普段ライブで出すような音量まで上げてもしっかりクリーンのままでした!よかった
(ライブでこのアンプを使うかは未定ですが)

ボリュームを上げた時の歪み方も良かったです!
GDS 18Wの基になっているビンテージのPA20なんかはちょっとイナタくてガラスを叩き割ったようなハイは鳴りを潜めている点がJMP1959などとは違うのですが、このGDSはJMPや近年の2061リイシューに結構近い ハイがガツンと来る歪み方をしますね
ただエンクロージャーが小型で軽量なせいもあり、ボリュームMAXくらいまでいっちゃうと箱が共鳴してしまいますね(笑)


今まで揃えてきたペダル達も合わないっていうことが無かったですし(実は前述のFenderアンプはちょっと合わなかった)、超気に入りました


IMG_8164
12インチスピーカーに替えたらどんな鳴り方をするかも非常に興味深いのですが、エンクロージャーが小さくて10インチまでしか載らないため、他の箱に移し替えて試してみたいです!!



最近のパワーサプライは許容電流がかなりデカいので「オーバーしないかな?」とビクビクすることなどほぼ無いですが、それでも無限では無いわけですから自分が使っているエフェクターの消費電流は知っておいて損は無いですよね。

という訳で、1か月前くらいですがこんな物を買ってみました!
TRUETONEの1SPOT mA METERという物です。
読んで字の如く消費電流(mA)を測る物です!
それ以上でもそれ以下でもない!
・・・と言いたいところですが、さらにシールドやパッチケーブルが断線や接触不良などしていないかをチェックしてくれる優れものです
これ安いですよ。中古で3000円程度だったはずです。


これでMyエフェクターの消費電流を測った結果が以下の通り。
まぁ、自分で測らなくてもカタログや取説を見たら大抵は書いてあるんですけどね^m^
でも公表されていない製品も実際ありますし、「本当はもっと食ってるんじゃないの?」とか「余裕もって書いてて本当はこんなに食わないんじゃないの?」みたいな疑問もあったりする(しますよね!?)ので、自分で測ってみるのも悪くないと思います!
・・・まぁ、このTRUETONEのメーターが正確であることが大前提ですが(笑)

皆様も想像に難くないはずですが、デジタルエフェクターだったり、ブルートゥースでいろいろできます系だったり、スイッチャーみたいなプログラム系だったりっていう機材は電気食いますね。今はそういう機材が増えてきてるので、ちょっと前まで主流だったVooDooのPedalPower2PLUSあたりのパワーサプライだともう厳しい時代になってますね

ならば容量の大きいパワーサプライを選べばOK!
・・・って思いがちですが実際そんな単純な話でもなく。。。

特にPedalTrainを使っている人で僕と同じ悩みを持った人は多いと思うんですが、うまい具合に裏面に設置できるような設計になってるパワーサプライって意外に少ないです。サイズ的にはハマっても端子の位置が悪くてDCケーブルのコネクタが干渉してしまうとか。だから僕はPedalTrainに設置する専用金具がついてくる1SPOT PRO CS7というパワーサプライを愛用し続けてきたんですが、コチラでも書いたように今は充電式に鞍替えしました(^^)

僕の勝手な解釈なので間違ってるかもしれませんし異論はあるかと思うんですが、結局どんなに良いパワーサプライを使っても僕らアマチュアが演るようなステージ上では普通の電源タップに挿して電源を取る訳ですし、ライブハウスやライブバー等が入る雑居ビルなどの電源は安定したものじゃないと思うんです。ならばそういう環境由来の影響を受けない充電式パワーサプライから電源をとった方がいいのかな?なんて思った訳です。

もちろん、電源コードやアダプターが不要になるのでフットワークが軽くなり転換がスムーズになるということや、ボードの重量が軽くなるというのも大きなメリットでした!!

今回は文章ばかりで読みにくい記事になってしまいスミマセン



先日のライブでは使うエフェクターが少なかったのでミニボードを組んで挑んだんですが、その際に充電式パワーサプライを使いました。

そのミニボードはこちらです。
僕が持っているRockboard Power LT XLという充電式パワーサプライはもちろんフルアイソレートなどされていないですし、筐体もプラスチックで貧弱。。。ぶっちゃけメインのボードに乗せるにはちょっと頼りない感はありました(^_^;)
でも先日のライブ時、パワーサプライの電源ケーブルが1本不要になるだけでこんなにフットワークが軽くなるものなのか!と感動し、転換も時間短縮になってスムーズに行なえるし、箱やリハスタではシビアな問題である環境由来の電源ノイズの影響だってありません!

めちゃくちゃ感動したので、、、
メインのペダルボードにも充電式パワーサプライを導入することに
上のツイッターの4枚目画像にある1SPOTのパワーサプライを今まで使っていたんですが、かなり小型軽量化できました!


ただ心配は、どれくらい充電が持つのか?ということ。
昨日スタジオで、4時間ぶっ通しでエフェクターの電源を入れっぱなしにしていたんですが、MAX4目盛りが2目盛りに減っているだけで済みました。
4目盛り点灯・・・100〜75%
3目盛り点灯・・・75〜50%
2目盛り点灯・・・50〜25%
1目盛り点灯・・・25〜0%
という記述をどこかで見た気がする(違ったらすみません)ので、半分ちょっとしか消費しなかったということですかね!これだけたくさんのペダルや、消費電流のデカいXTOMPやスイッチャーまで繋いでるのに、4時間使って半分程度しか減らないのは良いですね!
大雑把な計算で合計8時間。公表値では7時間充電で50時間使用なんて書かれてるのでそれに比べたらもっと持ってほしいところですが、これならいつかまかり間違ってワンマンをやることになったとしてもゲネプロから本番まで全然余裕でイケちゃいますね^m^
ええ、まったく予定などありませんけどね(笑)

最近はもっとバッテリー容量の大きい充電式パワーサプライも売ってるので、そういうのを選べばもっとたくさんペダルを繋ぐ人でも安心ですね

細かいことを言い出せば もしかしたら音質が変わってしまっているとかあるのかもしれませんが、今の僕の考え方としてはお客さんに伝わらないような小さな音質変化よりもノイズやトラブル回避の方を選んだ、という感じです(^^)



先週末は、4か月ぶりくらいにライブでした(^^)

・・・が、持病の頸椎椎間板ヘルニアが数年ぶりに悪化。しかもかつて無いほどの激痛。。
病院に通って注射打ったり電気治療したりリハビリしたりしても良くならず。

実は一度メンバーに「今回は無理です」と伝えていたんですが、ボーカルの女の子にとっての初ライブだったので僕1人のせいで中止にしてしまうのは申し訳なさすぎます。でも前日はちょっと回復傾向にあったので、首にコルセットを巻いて思い切ってリハに参加してみました。

この調子ならいけるかも!と手ごたえを感じたので出演することにしました
まぁ、痛いことには変わりないんですけどね
ピークにやばかった時に比べれば多少は良くなったかな?と。

メンバーからは「本番も首にコルセット巻くなら、髪を伸ばしてサングラスかけて上半身裸で革パン穿いて…」ってYOSHIKI風コスプレを要求されましたが、ドラムやピアノならまだしもギターだしねっていう(笑)


ライブの荷物。
小型ボードにしておいて本当に良かったです。
いつものボード(6キロ超)を持って歩く自信は無かったですね・・・


そして本番前。
「本当に無理だけはしないで」とずっと気を遣ってくれたメンバー達、さらに来てくれたお友達の応援、そしてアルコールの力もあり(笑)本番は痛みに耐えることができました!!
とても楽しんで演奏することができたのが何より
お友達も「いい音だった」と言ってくれたし、応援に来てくれていた知人のお子さんが「ギターの人かっこ良かった!」って言ってくれていたというのを聞いてとても嬉しかったです!子供は素直ですからね^m^

グレッグフェスラーのストラトを使ったんですが、ピロさんに撮ってもらったビデオをあとから見ると、Kanji使った時よりも更に音が太くなってたんじゃないかと。マーシャルのコンプと、フリードマンのブースターのおかげでもあるかもしれませんね(^^)

新年1発目のライブは大成功でした



2019年一発目のマイニューギアです(^^)
IMG_7350
ボスのテラエコーです。

IMG_7351
塗装が車で言うところのホワイトパールっていう感じですね。素敵です

最近クリーントーンの時に掛ける “ 幻想的系エフェクター ” を探してて、ブティック系を主としていろんなリバーブやディレイを物色していたんですが、そういえば定番のBOSSにこんな素敵なエフェクターがあったじゃないか!と。Tポイントでゲット。
・・・ちなみに「幻想的系」っていうのは僕が勝手に言ってるワードなので「歪み系」とか「空間系」みたいに万人に通用するワードじゃございませんのであしからず^m^


早速鳴らしてみました!
10秒を過ぎたあたりからAadd9のコードをホールド(ペダルを踏みっぱなしにしてエフェクト音を鳴らし続ける)して、その後はなんちゃってアドリブです。

このエフェクターの肝はS-TIMEつまみにあると思います!
S-TIMEを絞り気味にすると意外にも普通な残響音ですが、上げるにつれ残響音に「キューン!」とか「ピコピコ…」いう音が混じります。上にあげた動画では特に9秒あたりで残響音が「キューン…」と鳴ってるのがわかりやすいと思いますが、その「キューン」をどれだけ強調するかをTONEつまみで設定する感じですね。ちなみにこの「キューン音」はピッキングの強さでも鳴り方が変わります!

他にもチリンチリン…という音やゥワンゥワン…という残響音が鳴ってるようですし、跳ね返りのTIMEも一定ではなく徐々に遅くなってるように聴こえる時もあったり、結構複雑な掛かり方をしてるように思います。それが幻想的な雰囲気を作り出してくれてるんでしょうね(^^)

こういうエフェクターはセンスが問われますし使いどころも限られるとは思うんですが、でもコイツは前述したように設定次第では意外とフツーっぽいリバーブにもなるので、案外使える予感はしてます



このページのトップヘ