ジナパパ一家の何てことない日常

ペットの事。家族・育児の事。趣味のギターの事。日常の何てことない事。とにかく一貫性のないブログになってきました(笑)

ストラトってボディの裏にバネ(トレモロスプリング)がありますよね。
あれって、ギターによってはバネが鳴るギターとそんなにバネが鳴らないギターがありますよね?僕どっちかと言うと、バネが鳴るギターより鳴らないギターの方が好きなんですよ。リバーブ感がジャマに感じちゃうことが結構あって。

あ、有名なRaw Vintageのバネも僕にとってはリバーブ感が強め(僕にとってはですよ!)なので、あまり好きじゃありませんでした。

それはいいとして、、、
IMG_8263
今年買ったTOPROCKギター。
これもトレモロ搭載なのでバネが入ってるんですが、バネがすごい鳴るわ鳴るわ
冒頭に書いた「バネの鳴り」とは別の、いわゆる「共鳴しちゃう」ってヤツですね。

Cの音を鳴らした時だけバネがすんごい共鳴するんです。
きっとこのギター、Cの音がよく鳴るんでしょうね(笑)
で、上のツイートをしたら、いろんな解決策を教えていただきました!!
ツイッターって素晴らしいですよね


バネの下にスポンジを挟むのは僕も以前やったことがありますけど、バネの穴の中に細切りしたスポンジを入れるとは思いつきませんでした!これなら見た目も一見何の変化も無いですし、いいですよね(^^)

で、肝心のCの共鳴も無くなりました!
めちゃんこ嬉しいっす

ストラト系ギターの音は「バネの鳴り」も少なからず影響してるはずなんですが、TOPROCKはまぁモダンなギターなのでタイトな鳴りをするストラト系が1本あってもいいかな?と(^^)

・・・実はバネの共鳴以外にもちょっと気になる点があるんですが、それはまた次の機会に。。


結婚したくらいからなのでもう13年くらいになりますけど、頚椎椎間板ヘルニアを持ってます。腰じゃなく首のヘルニアですね。

・・・まぁ、腰のヘルニアも持ってるんですが、今回は首の方の話。

年明けの1月15日あたりから首が痛みはじめました。
寒くなったりすると痛むのでいつものことだと思ってたんですが、ある日起きるとめっちゃ痛くてまったく動かせられない!!・・・で近所の整形外科へ行き、注射打ってもらって電気治療と牽引(首を引っ張るリハビリ)をしてもらいましたが全然良くならず。。。

処方された薬を飲めば次第に良くなるだろうと思ってたんですが、薬を飲んでも、また注射打ってもらったりリハビリしても改善する気配なし!!

そんな状態でライブにも出演。
今思えば自殺行為でしたわ。。。

仕事や日常生活に支障ありまくりなので、ネットで調べてヘルニア専門の病院へ行きました。

「ほぼ間違いなくヘルニアだろうけどレントゲンでは骨しか写らないので次回(約1週間後に)MRIを撮りましょう」と。そして次回までの薬を出してくれたんですが「前の病院で処方された薬はヘルニアには効きませんから」

ええ〜〜〜

そしてさらに「首は絶対に牽引しないでください」とも・・・
うう〜ん、前の整形外科はなんだったんだろう。。。

で、その日から処方された神経の痛みに効く薬を飲みはじめましたら、徐々に痛みが和らいできました!!

そして迎えたMRIの日。。。
撮影されたのがこちら。
IMG_8630
首の骨の右隣に平行して写っている白いラインが神経なんですが、写真の真ん中あたりがボコボコになってるのがわかると思います。ここが要は骨と骨の間の椎間板が出っ張って神経を圧迫している部分です。

「なかなかパンチのある酷いヘルニアだね」とお医者さん
手術するレベルらしんですが、首はいろんな神経があってリスクを伴うので手術しない方向で治療していきましょう、とのことでした(^^)
この日からさらに薬を1.5倍強いのにしてもらい、今日も飲み続けています。

2月末あたりからコルセットしなくても大丈夫な時間が増え始め、今はコルセット無しで日常生活を送れるようになりました!!

・・・が、体勢によってはまだ痛いですね

先生曰く「治るまでは3〜4か月かかります」と。
「でも今までヘルニアの痛みが出た時は1週間くらいで治ってましたよ」と言うと、「じゃあそれはヘルニアの痛みではなかったのかもね」と言われました(^_^;)
たしかに、今回の痛みに比べれば過去の痛みは屁みたいなもんですわ。。。(笑)

今回のヘルニア専門の病院、すごく良かったです!
病院って、相性もありますよね!



たくさんの動物と暮らしていると、それだけたくさんの別れもやってきます。
IMG_8042
2月6日にアメリカンカールのピース(通称ピーちゃん)が亡くなって1か月が過ぎました。
ぴーちゃんは晩年は認知症にもなり何かと世話がかかる子になってしまいましたが、なんだか「子供に戻る」という表現もわかるような気がしましたね。

最期は家族全員で看取ることができました。
我が家の子供たちは何度も動物たちとの別れを経験してきましたが、やはり成長するほど感受性が豊かになるので悲しみも大きいでしょうね。。


IMG_8023
最期の日の朝。
ピーちゃんお気に入りのベッドを暖かいヒーターのそばに置いてあげると、みんなワラワラと集まってきました(^^)
みんながそばにいると安心するね。


ピーちゃんは、我が家の猫チームの中では もう亡くなったプンちゃんやオッシー君に次ぐ古参メンバー。結婚してすぐの十数年前からいた初期メンバーが、これでみんないなくなっちゃいました。寂しいですね。。。


子供たちが幼少期に使ってたバンボによく座ってたんですよね(^^)
この姿、ほんとかわいかった

認知症になって急にフレブルのぷっちょ君のトイレを使うようになったピーちゃん。
ネコなので用を足したあとは手でカリカリしますから、ぷっちょのペットシーツがいつもぐちゃぐちゃにされました。
なぜかジーナのケージ内で用を足すことも多くなり、ジーナがその上に座ってしまうこともありました。
それらを「もぉ〜」って言いながらいつも片付けてたんですが、その作業をしなくてもぷっちょのペットシーツがキレイにピシっとしてると「あぁ、ピーちゃんもう居ないんだな」って実感が沸きます。。


ピーちゃん、いままでありがとう!
たくさん幸せや笑顔をもらったよ(^^)
いつか虹の橋でまた会おうね!



春に出演させていただくライブでは5曲ほど演奏させていただくことになったので、なんか漠然と「いろんな曲(ジャンル)で使える守備範囲の広いギターが欲しいな〜」と思っていました。まぁ、ギターを買う理由を作ってるだけなんですけども(笑)
そんな矢先、マーラさんがこんな物を貸してくださいました!ありがとうございます!


IMG_8447
セイモアダンカンのシングルサイズのハムバッカー(2個)です!
リアに載せてシンシンハムにすればオールマイティーなギターに(!?)

1つは78model(要はEVHモデル的なやつ)
78はフルサイズのハムバッカーを以前持ってたけど結局使わずに売った記憶が
もう1つはJBです。


IMG_8449
まず試させていただいたのは78の方。
Kanjiのストラトに載せてみます。
シングルサイズハムは高さがあるので、うまく配線を這わせないとピックガードが閉まりません。
↑上の写真のようにピックアップと配線材が重なっていたらダメでした。

ピックガードは無加工で装着可能でした。
あれ?たしか以前、同社のシングルサイズハム(59だったかな?)を買ってきてKanjiに載せようとしたら、ピックガードの穴に収まりきらなかったから断念したんですよね。あれは一体なんだったんだろう??


IMG_8448
IMG_8450
見た目はなかなか独特ですね(笑)

サウンドは歪ませて和音を鳴らすとドンシャリな感じがするんですけど、単音で弾くとミドルがクヮっと出てくるような、なんか不思議な印象(^^)
フロントとセンターに載せているSuhrのML Standardっていうピックアップが結構太い音するのでバランスは悪くない、というかむしろ78の方が(ハムなので)ハイが出ない分相対的に音量が小さく感じてしまい、78の高さを上げると今度は逆に音量バランスが悪くなる・・・という、なかなかセッティングが難しい感じはあります
これはフロントとセンターのチョイスが重要かもです。
いや、そもそも、ハムとシングルが混在するギターの扱いに慣れてないんですよね(^_^;)

次はJBの方を試させていただこうと思います!!



新しくギターを買いました!!
ネタや弄り用としてリサイクルショップで安ギターを買うことはありましたが、実用を想定してギターを買ったのはFenderカスタムショップのグレッグフェスラーST以来ですね


IMG_8261
TopRockというブランドのギターです!
・・・て、ご存知ですか?TopRock。僕はまったく知りませんでした(^_^;)
買う前にチラっとググって調べたんですが、確証は無いですが恐らく開進堂楽器(Blue Guitars)という会社のオリジナルブランドっぽいです。

で、購入の決め手は製造がSAITOだと言うこと!そしてピックアップもSAITOの手巻き(今で言ういわゆる後のサイトーンですね)が載っているというじゃありませんか

でもナゼTopRockは(僕が知り得る限り)数本しか世に残されなかったのでしょう??

それまでリペアや修理を請け負っていた齋藤楽器が本格的に “ 製造 ” に乗り出すことになったのが2015年。TopRockブランドのギターが世に出たのもちょうど同じ頃。ということはTopRockブランドを作り始めたけどすぐに自社のSAITOブランドを作り始めたから忙しくなっちゃったのかな?と^m^

勝手な憶測ですよ。
もしかしたら最初から本数限定のプロジェクトだったのかもしれませんし。

これから自社製のSAITOブランドを世に売り出そう!という大切な時期に作ったギターですから、必然的に気合いが入ったギターなのではなかろうか!?という期待も込めて。


コンターやカッタウェイの滑らかな加工を見ると、丁寧に作ってるなという印象を受けます!
指板RはFENDERよりフラットですね。
そこが少しとっつき難かったですけど、もう慣れました(^^)


IMG_8263
付属のスペックシートには、ボディはアルダーでそのトップには5Aフレイムメイプルが貼られていると記載されています!
細かくて品のあるトラ目ですよね(^^)


IMG_8264
指板は、いわゆる貼りメイプルです。ネックもメイプル。
ネックやフレットの状態はすごくいいですね(^^)
厚みも、薄すぎず厚すぎずなCシェイプで握りやすいです。


IMG_8262
シンシンハムっていうのも決め手でしたね!
後々のことを考えたらこのPUレイアウトも1本は持っておくべきかな?と。
ブリッジはGOTOHの・・・なんて言ったかな?2点支持の結構いいヤツです(笑)


IMG_8265
ペグもGOTOHの・・・なんて言ったかな?(笑)
ポストの高さを弦ごとに変えられるヤツですね。H.A.Pでしたっけ?


音を録ってみました!
↑↑フロントのシングルコイル

↑↑リアのハムバッカー

プレイはさておき音は文句なしですね!
まぁ、見た目さえ良ければ音は二の次な僕ですが^m^

今までストラトのシングルコイルを基準にしてエフェクターやアンプなどを買い揃え音作りしてきたせいもあり、そこにハムのレスポールやセミアコを繋ぐと暑苦しすぎるというかハイを上げたくなる感じだったんですけども、このTopRockのリアハムは全然そんな感じがしなくて自然にスッと受け入れることができました


ストラト2本と記念撮影。
IMG_8281
あっ、書き忘れましたがTopRockは3.1キロと軽量なところも魅力です!



このページのトップヘ