ジナパパ一家の何てことない日常

ペットの事。家族・育児の事。趣味のギターの事。日常の何てことない事。とにかく一貫性のないブログになってきました(笑)

ブレンダー配線にした、Tokai ストラト。
image
シングルPUを2個直列にしたらハムバッカーと同じ音になる!!
・・・なんてうまくいく訳ではなく(>_<)
1番の不満は、中低域がモッコモコ出てきて、高域が引っ込んじゃう。
そもそもシングルとハムの違いってそういうことでしょ?と言われればそうかもしれませんが、そのモコモコ具合が許容範囲を超えてると言いますか。。。


そこで音の抜けを少しでも改善すべく、フルアップトーンを自作してみました!
まぁ、自作といってもゼロから作ったんじゃなく、CTSの普通のポットにちょっとメスを入れただけなんですけどね


作り方は、
image
つまみを10にした時にブラシと触れる接点のちょっと手前らへんに、カッターで切り込み入れて電気を通らなくするだけ
まぁ、作り方はもっとお詳しい方々がネットに上げてらっしゃるので、そちらをご参照ください!

これで、トーンつまみ1〜9は普通のトーン。
そして10(フル)の時だけトーン回路がバイパス
されます!
ポットは10でも僅かに抵抗を通りますからね。


このフルアップトーンはなかなかの効果で、なんていうか、普通にトーン通ってる音と比べると膜が一枚無くなったように視界がパァっと開けたような感じがします^_^

とは言っても、今までモコモコしてたのが急にカミソリのようにキレが良くなってザクザク刻めるようになる、とかそんな魔法みたいな効果を得られる訳ではないです(笑)。
まぁ、ギターやってる人なら「トーンポットを無くすと音が良くなるよ!ヴァンヘイレンもやってるよ!」っていう話を聞いて、一度はトーンポットを外したことがあるでしょうから、ここで書くまでも無いでしょうね(・ω・)


また一歩理想に近づいた感はありますが、うーん、まだまだですね!!


僕がvinetoneさんに原案を持ち込み、作っていただいたパワードアッテネーター
IMG_2820
詳細などについては、コチラをご参照いただくとして、簡単に言いますと、

・大出力でマスターボリューム無しのアンプの音量を下げることができる!
・小出力のアンプの音量を100ワットまで増幅できる!
・エフェクトループがついている!!

という優れもの。
ここにあとひとつ、パワードじゃない普通のアッテネーターを繋いだ時と同じようなハイ上がりの音にしたい!という希望がふつふつと。。。

vinetoneの普通のアッテネーターは、小音量にしてもハイがしっかり残る(しっかり聴こえる)というチューニングになってます。小音量になると高音が聞き取りにくいという人間の耳の特性を考えれば、高音に関しては少々わざとらしいくらい出てた方が小音量にした時にはバランスがとれるんです(私感)。
その点パワードアッテネーターはあまりに原音に忠実なので、小音量に絞った時には高音がちょっと物足りなく “ 聴こえてしまう ” のです。
そこを普通のアッテネーター寄りのハイ上がりのチューニングにしたい、というのが僕の希望。



その実現のため、僕はまず自分で簡単にできることとしてパワードアッテネーターのエフェクトループにグライコを繋いでみました
IMG_1759
フェーダーをこれくらいにすると、かなり普通のアッテネーターのサウンドに似ました!!
この写真とグライコ現物をvinetoneさんに送り、「これを繋いだ時の音にチューニングしてください!」と発注させていただきました。

「このグライコの回路を内蔵してください」的な安易な考えだったんですが、実際は組み込むと発振やノイズの問題が出たりしてそう簡単ではないそうです。
無知って怖いですね スミマセン。。


しかし、さすがvinetoneさん!!
ついに完成のご一報をいただきました\(^o^)/
IMG_2818
背面に増設されたツマミ。
これこそが新設されたハイの調整ツマミです!!


BlogPaint
まずは、ピンクのグラフをご覧ください。
これは、某アンプに普通のアッテネーターを使用した際の特性を表したグラフです。
つまりこれが僕の目指す音。

続いて青色のグラフ
これは、某アンプにパワードアッテネーターを繋ぎ、前述のグライコをエフェクトループに繋いだ時の特性を表したグラフです。
6khzあたりまでは普通のアッテネーターを繋いだ時のピンクのグラフにかなり似ているのがわかりますね!僕の耳も捨てたもんじゃないです(笑)。
ただこれより上は、グライコじゃ賄いきれません。

さぁ、ここからがvinetoneさんに新設していただいたハイ調整ツマミですよ。

水色のグラフが、ハイ調整ツマミ12時の位置です。
前述のグライコ接続時よりもさらに普通のアッテネーターの特性に近くなってます!!
10khzあたりまでほぼ一致!!

そしてオレンジ色のグラフが、ハイ調整ツマミMAX時です。
もう、わざとらしいくらいにハイが上がってますね!!これだけ上にも可変できれば、かなり音量を下げ気味の時でも僕の希望のサウンドにできるでしょう!!

一応、ハイ調整ツマミ最小の時のグラフも。緑色のグラフがそれです。

勝手な想像ですが、ツマミ2〜3時くらいで普通のアッテネーターを繋いでた時とほとんど同じような音が出そうな気がします(^^)


IMG_2817
同時に、エフェクトループのレベルも最適化してもらいました!
まさに最強!!

今までは、『音をとるなら普通のアッテネーター。機能性をとるならパワードアッテネーター。』というのが僕の中での棲み分けだったんですが、これからは『音も機能性もパワードアッテネーター!』になりそうです\(^o^)/


※2017.3.23追記
実使用レビューを書きました!コチラです。



昨日の、志村けんのだいじょうぶだぁ、観ました!?

IMG_2806
12年ぶりにドリフの4人が揃ってコント!!
いや〜、ドリフを見て育った世代としては、涙がちょちょぎれますね。。。
60代から80代のじさまたちのコント、それも何十年も前から見たことがあるネタの再演であるにもかかわらず、こんなに笑うとは思いませんでした^m^

うちの子供たちも志村が大好きで昨日も見てましたが、カトちゃんがナースのスカートぬがしてパンツ丸見えになるお色気コントがまさかの番組冒頭に流れたため、親として初めて気まずい空気を味わいながらも、それ以上に面白さの方が勝って大爆笑してしまいました^m^

やっぱドリフは永遠のスターです!


さて、先週末は風邪でダウンしてた息子そうちゃん。
IMG_2790
布団の中で一生懸命なにか書いてます。


IMG_2791
そうちゃんの将来の夢は、世界一大きいデパートをつくること。
そのデパートに置く什器やショーケース等を、カタログから書き出してるんです^m^
「このショーケースには魚を並べて・・・」とか頭の中でシミュレーションしてるんでしょうね!


IMG_2792
・・・てか、こんなカタログ、どこから持ってきたんだろう
漠然とした夢もいいけど、こうしてショーケース1つまで具体的に決めてるなんてなかなかマニアックな子です。



『器用貧乏』っていう言葉もありますけど、僕にとってのエレキギターの究極形は
レスポールの音もストラトの音も出せるストラト
です。
もちろん突き詰めれば「そんなの無理」って結論に達するんですけど、『まんま』まで行けなくても自分の中での及第点まで行ければ良いわけです。最近はハムバッカーサウンドの中でもナッシュビルじゃなくカリフォルニアのハムサウンドを求めているので、まだ少しはハードル下がったかな?という感じですが^m^
IMG_2797
こいつとこいつを足して2で割るんじゃなく、足したまんまが理想。


という前置きはいいとして、Tokaiのストラトの配線をブレンダー配線にしてみました!
IMG_2793
PUセレクターをフロント or リアにしている時 一番下のツマミを絞っていくとセンターPUが直列にブレンドされていく、という配線です。つまり、『フロント&センター』『リア&センター』の擬似ハムバッカーサウンドが出せるということですね!

これで冒頭の『レスポールの音もストラトの音も出せるストラト』に近づけるかな?と思ったんですが・・・まぁ結論から言うとそんなうまくはいかないもんですね
センターを直列ブレンドした擬似ハムバッカーサウンドは、ピッキングアタックがヌルっとしてて低音はブーミー。キレが無く輪郭も不明瞭。。。
これなら、ハムバッカーのタップの方がまだどっちも 『っぽい』 ニュアンスが出せるような気がします。

う〜ん、僕的には超ビミョーww

ただ、悪い音か?というとそうではなく、求めるサウンドが『モロにハム』なのか『なんとなくハム』なのかによって評価は分かれそうな感じがしますね(^^)
もちろん、使うピックアップによってもブレンドした時のサウンドは変わってくるでしょうしね〜
僕はちょっとブレンダーに多くを期待し過ぎたのかもしれません



最近すっかりアコギモード突入中です
・・・が、4月のライブに向けて愛用の YAMAHA FG-1200J に手直ししたい箇所がチラホラ。

IMG_2713
ナット交換
サドル交換
フレットのバリ取り
ストラップピン取付け
ピックアップ取付け
トップ割れ補修

と言ったところです。
特にサドルは高さが足りなくて、紙を挟んで底上げしてる状態なので、多少なりとも鳴りに影響していそう。それと、ピックアップ搭載とストラップピン増設はライブに向けて不可欠です。


IMG_0251
(↑この写真はちょっと古いものです)
僕はアコギのことは、主にラムジーズさんにお願いします(^^)
相談させていただいたところ、トップ割れ補修は塗装も込みのためさすがに来月のライブには間に合わないということで、前述の 銑イ離瓮縫紂爾鬚願いしてきました(^^)
完成が楽しみです


で、


備忘録じゃないですけど、リペア前を撮っておきました(^^)

以前の僕は、安いFG240のナット&サドルをプラスチックから牛骨に交換してもらっても違いが全然わからなかったのですが(汗)、あれから数年経って少しは耳が成長したのでしょうか。
聴き比べやすいよう敢えてノン加工の撮りっぱなし動画を残しておきます!



このページのトップヘ