ジナパパ一家の何てことない日常

ペットの事。家族・育児の事。趣味のギターの事。日常の何てことない事。とにかく一貫性のないブログになってきました(笑)

またまたセカストで出会ってしまいました!
ヤマハのパシフィカ。

・・・と思ったけど様子がおかしい。。。

ヘッドの形が違うしPacificaって書いていない。でも他の部分は全部パシフィカPAC112と同じ。
一緒にいたピロさんデリさんと共に「これはパシフィカ誕生前夜のモデルに違いない」と勝手に結論付け、ならば買うしかないと買ってきました。
(全然違ってたらごめんなさい(笑))


早速、所有しているヤマハ Pacificaと比較してみましょう。
IMG_6413
左がノーパシフィカ。右がパシフィカ。
・・・同じですね。

※ ちなみに右のパシフィカはPAC312という型番(当時の最低ランクの1個上)で、ゴールドパーツにパールピックガードという見た目だけはちょっぴりブルジョア仕様。同年代パシフィカにはPAC112というモデル(当時の最低ランク)も存在しており、そっちはクロームパーツに白ピックガードという仕様です。
つまり左のYGS112Tは、のちのPAC112の前身モデルということなのでしょう(きっと間違ってないと思うけどあくまでも憶測)。


IMG_6415
裏面。
左がノーパシフィカ。右がパシフィカ。
・・・同じですね。



IMG_6419
IMG_6418
ボディ裏のラベル。
上がノーパシフィカ。下がパシフィカ。
・・・同じですね。



IMG_6414
そして唯一の相違点であるヘッド。
上がノーパシフィカ。下がパシフィカ。

上はPacificaという文字は無く、YGS112Tという型番が書かれています。
ヘッドの形状や、ストリングリテイナーの位置も違いますね。
あとはもう、ナットもペグもシリアルナンバーの打ち方なども目視では全く同じです。

ピックガードの下のキャビティ内がどうなってるかは開けてみなきゃわからないですけどね。



IMG_6422
買う時はまったく意識してませんでしたが、帰ってきてよく見たらフロントピックアップだけスタッガードポールピースでした。これは交換されている可能性が濃厚ですね。開けるの楽しみ



IMG_6425
我が家のパシフィカPAC312と並べてみました(もう1本メインのパシフィカがあるんですが、そいつは休憩時間にライブの練習をするため職場に置きっぱなしです)。
・・・いやぁ最近このルックスに魅せられてます。見れば見るほどカッコ良く思えてくる

メイン機は2シングル仕様に改造してるので、
もう1本は2ハム仕様、もう1本は2ソープバー仕様、
そしてもう1本は基準とするためにドノーマルのままにしとこうと計画しています^m^

メーカーが同じなのはもちろん、年代も(ほぼ)同じ、生産国も同じ、仕様もグレードも同じギターを何本も用意できる機会なんてそうそう無いので、それぞれを改造することで純粋な仕様変更だけによる音の違いを比較できるのは非常に興味深いです (^^)
高いギターなら経済的に集められないですし、安かったとしてもそもそも音や質が悪いギターなら収集や改造の対象にすらならないですからね!






来月の頭にライブがあり、いつものようにバックバンドとしてギターを弾かせていただきます。ところが「あの曲のトランペットソロはギターソロに挿し替えて」とか「この曲のブラスはギターで」とかリハまで3週間を切ったこのタイミングで連絡が来るので、ただでさえバタバタな僕はいっぱいいっぱいです
スタジオミュージシャンってほんと凄いなってめちゃくちゃ尊敬します。


こういう時には現実逃避したくなりますよね(笑)
IMG_5855
やってしまいました。通算3本目のヤマハ パシフィカPAC312です。初の塗り潰しの黒です。
今回は約12000円と今までの312の中で一番高かった。それでも僕的にはこんな素晴らしいギターが1万円程度で買えちゃうっていうのは驚異以外の何物でもないですけどね(笑)

※1本目と2本目はコチラです↓↓





今までの2本よりちょっと高かった分は、
IMG_5865
この取説とマニュアル冊子の値段分だったということにしておきましょう ^m^



IMG_5854
IMG_5863
IMG_5856
IMG_5858
過去の2本とまったく同じスペックです。
アルダーボディ、メイプルネック、ローズウッド指板。
ネックの反りも無いし、フレットもほとんど減っていません。が、ピックガードが変形してます。

パーツ交換も無くドノーマルなんですが、リア&センターのミックスがフェイズアウトになってました。きっと過去オーナーが音のバリエーションを増やすためにそう配線したのか、もしくはプラスとマイナスを繋ぎ間違えたのでしょう(笑)

生鳴りは・・・やっぱり例に漏れずコイツも良いんですよね〜。不思議。
ちなみに僕が言う「生鳴りが良い」っていうのは生音の音量がデカいという意味ではありません。低音はしっかり体に響き、高音はコモらずシャリ〜ンと抜ける感じですかね〜。音量ならばギターの構造や材、重さに依存する部分も大きいですからね。


IMG_5864
MADE in TAIWANなのも他の2本と共通ですね。
ちなみに最近の僕はいつもパシフィカパシフィカ言ってますが、この20年くらい前のPAC312しか触ったことがないので、他のグレードや近年物の個体がどういった感じのギターなのかは全く知りません(^_^;)



IMG_5859
黒ボディにはべっ甲ピックガードを付けたい衝動に駆られるんですよね〜^m^

1本目のパシフィカは2シングルなので、2本目と3本目はそれぞれハム仕様とP-90仕様にしたいと思っています。PAC312は弁当箱ザグリなのでいろんなピックアップレイアウトにできるのもいいところですね






T-REXのエフェクターは結構好きなのが多くて過去に何台か所有したんですが、
今回はこいつです!!
IMG_6166
デンマークのブランドT-REXドクタースワンプという歪みモノです。

実はこれを所有するのは2回目なんですよ ^m^
プロギタリストの宍倉聖悟さんから勧めてもらって数年前に買ったのが最初です。

こいつは1台の中に同じ歪みが2つ入っている2in1ペダルです。
そういうペダルは昨今たくさんありますが、こいつの良い所は例えば左chをONにしてる時に右chをONにすると、自動で左chがOFFになってくれるところ。右chをONにした後に左chをOFFにするという2アクション目が不要なのが現場のギタリストにとってはめっちゃ便利とのこと

先日、宍倉さんがバックバンドを務められた林田健司さんのライブを観に行った僕は音の良さに感激し、聞いたらDR SWAMPを使っていたと教えてもらったので、2回目の購入と相成りましたw

・・・真似したところで宍倉さんの技術があってこそのサウンドだということは重々わかってるつもりなんですけどね。やっぱり好きなギタリストの機材はマネしたくなっちゃいます(^_^;)



IMG_6167
全く同じコントロールが右と左で2系統入っています。同じツマミの設定にすれば音も同じです。
片chをバッキング用。もう片chは歪みと音量を上げてギターソロ用などにできます
ただ、のちにDR SWAMPはレベルとトーンが2ch共通の仕様に変更されるのでご注意を!
ストラトでもリードを気持ちよく弾けるくらい歪みますよ。
もちろんローゲインにもできるんですが、ゲインを下げると低域が引っ込んでかなり軽めのキャラになります。逆にゲインを上げるとローがぐわっと出てきますね。こういう所で2つのチャンネルの差別化を図ろうとしたのかもしれませんね(^^)
そんなに特徴は無いかもしれませんが、クセが無く万能な歪みだと思います(^^)


という訳でT-REX Dr.Swampでした。
スイッチャーを使っていれば前述した操作性の恩恵はあまり関係ないのかもしれませんが、僕は大きいメインのペダルボードを持ち込まないライブで使うサブボードでこいつを活用したいと思います!





近年はありがたいことにコンスタントにライブをさせていただく環境にも恵まれ、音的なことはもちろん利便性や可搬性を追求してペダルボードを組んではバラし組んではバラしと繰り返しております ^m^

組む前に青写真を描いている時には「あれも必要になりそうだ」「あれがあったら便利だろうな」などと考える(これが楽しいw)のですが、実際ライブをやってみて気付くのは毎度使うエフェクターは大抵限られているということ。僕は歌謡曲やポップスを中心に演るライブでバックバンドを務めているので音数は決して少なくない方だと思うんですが、それでも使うエフェクトはそんなに多くないことに気付きますね。


そんなこんなで、この度組み直したエフェクターボードがコチラです!
IMG_6211
相変わらずBOSSのスイッチャーES-5を核にして組んでいるボードです。
ペダル数はかな〜り減りましたね。
「新しいのが増えました!」とか「入れ替えました!」なら面白いんですが、ただ数が減っていく一方なのが面白味に欠けますね 
以前の僕は隙間があったら埋めたい衝動に駆られていたんですが、今は逆にいかに隙間を作ってボードを軽量化できるか?というミニ四駆の肉抜きをしてるかのような心境です(笑)


現在スイッチャーのループに入れているエフェクターは3つだけです(実際はBOSSのボリュームペダルFV-30Lもループに入れてるんですが、ちょっと問題が発覚したのでこれはすぐにループから外します)。
IMG_6210
クランチ担当は、Maxon OD-808マレーシアンチップ。
メイン歪み担当は、Shinos Naughty Brain
上記2つを同時ONでギターソロ用サウンド。
逆に上記2つを同時OFFでクリーン。
そして、それらにHotoneのマルチエフェクターXTOMPを状況に応じてアサイン。
最後にBOSS テラエコーTE-2を通ってアンプに行きます。

こんなに数が少ないならスイッチャーなんて要らないのでは?と言われちゃいそうですが、リアルな話、僕みたいに余裕が無い人間は演奏だけに集中したいので足のアクションはできるだけ少なくしたいのです


以前はコンプレッサーやらチューブプリアンプやらエンハンサーやらいろいろ使って 真空管アンプのクリーントーンをジャズコで再現することにロマンを感じていましたが、それも最近はなんだかフットワークが重いように感じてしまって。
IMG_6200
前回のスタジオに持って行ったGDS 18Wという真空管アンプ(一番上に積んでるヤツ)のクリーンがもうめちゃくちゃ良くて、ピッキングの強弱でいろんな変化をつけられる真空管アンプの表現力を再認識させられたというのも非常に大きな出来事でした。
「ピュアであること」というのは、音質の良し悪しではなく、自分の手の動きをどれだけ忠実にアンプまで伝えてくれるか、ということなんだと感じました

とは言っても、次回からこのアンプをライブに持ち込むかどうかは未定ですけどね ^m^


先日買ったパシフィカPAC312と共に(^^)


SHINOS Naughty Brain SHI-BUL/NAU BLUE TONGUE SERIES PEDALS

価格:29,920円
(2019/10/3 11:55時点)


HOTONE XTOMP《マルチエフェクター/アンプシミュレーター》【DSPエフェクトペダル】【正規輸入品】【送料無料】【クロサワ楽器池袋店WEB SHOP】

価格:25,667円
(2019/10/3 11:56時点)




シンガプーラのぷりんちゃんが先週の金曜に虹の橋を渡りました。
RTApUwtR9dc5O1E1569921520_1569921552
亡くなる数日前にちょっと元気が無いと気付いたんですが、それから日に日に力無くなっていき、最期の2〜3日くらいは完全に寝たきりになってしまいました。
16歳でした。大往生だったと思います。
日曜日には火葬も無事に終わりました。


IMG_2540
僕がソファーや床に座っていると、こうして前足(上半身)だけ乗っかってくるのがお決まりのスタイルだったぷりんちゃん。ちょっと不器用で控え目な甘え方が印象的な子でした(^^)


26145833
IMG_8791
IMG_0852
たくさんの楽しい思い出をありがとう、ぷりんちゃん(^^)


9f3389d9
きっと今頃、先立った息子ターボと再会して天国で親子水入らずで過ごしているんだろうね!





このページのトップヘ