ジナパパ一家の何てことない日常

ペットの事。家族・育児の事。趣味のギターの事。日常の何てことない事。とにかく一貫性のないブログになってきました(笑)

先日手に入れてまだ日も浅い、Tokai ST-80
IMG_1818
電装系を交換して音はすごく気に入ってるんですが、なんせフレットが減ってて弾きにくい!!
そこで、リフレットしたばかりのもう1本のTokai STのネックと交換してみることにしました(^^)

IMG_2365
IMG_2364
ネックの影響って、大きいんですね!生鳴りからしてかなり変わりました(゜o゜)

サンバーストの方は箱鳴り風味も感じるポコンとした生鳴りで、黒の方はタイトでチャキっとした生鳴りだったんですが、2本のネックを交換したことによってそれぞれのキャラが歩み寄って平均値に収まったような感じです。まぁ、要は「似たような音」になりましたww
交換前はサンバーストのはハイが暴れてたので、それが落ち着いたのは良かったですね〜。
そして黒の方はタイトさにエアー感が加わり、これまた結果オーライ

とは言え、減ったフレットに関しては黒からサンバーストに変わっただけなので、解決にはなってないですね
まぁ、より気に入ってる黒が弾きやすくなったのは良かったですが(^^)

いやぁ、ストラトって面白いですね!



・・・んで、実はこの交換劇の背景にはもうひとつのストーリーがありまして。。。
せっかくネック交換するならずっと試してみたかったローズ指板に交換したい!と思い、こんな物を入手してたんです。

IMG_2366
Brian by Bacchus のストラトモデルです。
いくらローズ指板を試したいからって安価なギターのネックでは力不足では??と思ったのも事実なんですが・・・(ごめんブライアン

ブライアンはディバイザーの中の下位ブランドで 今はもう存在しませんが、後のバッカスのユニバースシリーズくらいの価格帯でしょうか。
僕ブライアンって縁があって、これまで4本ほど所有したことがあるんですよw
価格を考えたら悪くないと思います(私感)!


IMG_2367
IMG_2368
安物感をかんじさせない飴色のネック^m^
指板がフラット気味なのが好き嫌い分かれそうですが、ミディアムジャンボくらいのフレットと相まって弾き心地は悪くないです。


で、さっそくネック交換!!
・・・と思ったら、ネックジョイントのネジ穴の位置が結構違うんですね、Tokaiと
12000円のギターとは言え、結果的に採用になるかどうかもわからないネック交換のために穴を開け直すのもなぁと躊躇して断念。そして予定変更して、冒頭のTokai ST同士のネック交換となった訳です。
あちゃ〜、安物買いの銭うしな・・・・・ゲフンゲフン!!


で、このブライアンですが、こいつはこいつで育ててやろう!ということでまずブリッジを交換しようと思ったんですが、、、
IMG_2369
ブリッジ取付ネジのピッチが、うちのストックのブリッジとは合わず。ついでに言うと、ストックのイナーシャブロックとも合いませんでした。うう〜ん、うまくいかないもんですね。。。
この辺の規格の違いに関しては、ベテランストラト使いの方々にとっては常識なんでしょうけど・・・ややこしいので、僕は全世界全メーカー共通規格にしてほしいっす。


あ、ブライアンのストラトモデル、音に関してもちょっと触れておきましょう(^^)

フラット気味の指板にミディアムジャンボなフレット。中低域がよく鳴るボディとネックに、なかなかパワー感のあるピックアップ。すごくまとまっていて非常に扱いやすい良い音なんですが、あまり面白味が無いというか、誤解を恐れずに言うとストラトらしさに乏しいです。でも、前述したようにネック外したりブリッジ外したりしたのちにまた再セットアップしたら、なぜかわかりませんがストラトらしいニュアンスが出てきました(^^)v

ううーーん、悪くない!!
てか、いい!!

・・・そんなことをしながら、
「あ、なんかこの感覚久しぶりかも」
って思いました。
高いギターが欲しいのにお金がなくて買えず、「安物の中にも大当たりの1本は絶対にあるはずだ!」と強がっては安いギターを買ってきて「どんな風に生まれ変わってくれるんだろう?」と想像しながらシコシコと磨いたり改造したり。。。そして、高いギターなんて知りもしないくせに「これは当たりだ!ギブソンにも負けてない!」と知ったかぶりをこいてたあの頃。。。

一時はハンダ苦手意識によってまったく自分でギターをいじらなくなってしまった僕ですが、原点はこういうところにあるんですよね。見よう見まねで安ギターを改造しては「見てろよフェンダー!俺がチューンしたグレコでギャフンと言わせてやるからな!」みたいな^m^

とにかく楽しいひとときでした!

あ、話が逸れに逸れましたww

ブライアンはピックアップや電装系、そして合うリプレイスメント部品があるのかどうか知りませんがブリッジを交換したら良くなりそう!そんな期待を抱かせてくれるギターだと思います



バンドメンバーでkey担当Mちゃんがギターをやってみたいっていうことで最近いろいろ考えたり物色したりしてるんですけど、初めての人が買う1本目に相応しいギターって何なんでしょうね!?


思い返せば、僕にとって初めてのギターはクラシックギターでした。


中学生の頃サッカークラブに入りたかったのにジャンケンで負け、入りたくも無いギタークラブに入るハメに。そこで初めて手にしたのがクラシックギター。そして、そんな僕に父親の知人がくれたのもまたクラシックギターでした。


9851475823
(写真はイメージですw)

その頃は、クラシックギターはガット弦だということも、ネックが一般的なアコギやエレキより1センチくらい幅広いってことも全く知らず「ギターとはこういう物なんだ」と弾いてました。
ところが高校に入って友人が買ってきたエレアコと見比べて初めて違いに気づき、「あー、俺のはロック弾いたりするギターとは違うんだ」ということを知りますw
ど〜りで俺のはポロロンしか言わないわけだ!とw


・・・さて、話戻ってMちゃんですが、「親が弾いてたギターを実家から持ってきた!」と言うので写メしてもらったら、これまたクラシックギター。。。
Mちゃんは「これでやってみる!キリッ」と言っています。
中学生当時とは違い、ある程度の知識も蓄えた今の僕は「せめてアコギかエレキで」と言いたいところですが、どうなんでしょう。僕も実際、なんの疑いもせずにクラシックギターで基本的なコードやストローク程度は覚えれた訳ですから、このまま応援するべきなんでしょうか?(^_^;)
遠回りしたとしても、経験が無駄になるってことは無いでしょうしね!

「ナット幅が」「弦がガットで」とか言っても、今の彼女には「???」でしょうし!^m^



皆さん、ギターをスタジオやライブハウスに持ち込む時は、ソフトケースとハードケースどっちを使われますか??中身のギターの値段にもよるかもしれませんけど(笑)、僕はほぼソフトケースを使います!リュックのように背負えるタイプのヤツです(^^)
ハードケースの方が「ギターの保護」という意味では優れているんでしょうけどね!


ちなみにこれ、或る日の僕なんですが
BlogPaint
背中にしょってるソフトケースにギター
手に持ってるハードケースにアンプヘッド(キャリーケースタイプの日もあり)。
そして下げてるバッグに、ブースターアッテネーターケーブル類ピックケースストラップカメラ交換用電池など細かい物まで諸々が入っています。

この日は荷物が少ない方だったので、空いてる片手にギターのハードケースも持てましたね。

でも普段はこの他にキャビペダルボードギターもう1本、さらにアンプヘッドをもう1台持って行くこともあります。アンプによっては昇圧トランスを持って行かなきゃいけない事も。。。

荷物が多いと、とにかく手が塞がらない方が都合がいいんですよね!
さらに言うと、1つのケースによりたくさんの物が一気に入る方がいいです!
つまり、1つでも多く荷物が入って背中に背負えるソフトケースが僕にとって必需品!っていうことなんです^m^

可搬性の良さ。

フットワークの軽さ。


っていうのは結構僕のギターライフの中で重要なテーマでして、そのために小さなアンプヘッドをvinetoneさんに作っていただいたり、ヘッドの横幅は約50センチまで!と自分の中で制限したり(笑)と考えながらやってきました。


・・・って、横道に逸れはじめたので本題に


今回ご紹介するのは、
IMG_2274
IMG_2275
IGIGのソフトケースです。
このケース、結構機能性に優れていると思います(^^)


IMG_2276
注目は、ガワをペロっとめくったこの部分。


IMG_2277
ここには楽譜やノートパソコンが入ります。
ペダル2〜3個だけ載った小型ペダルボードならここに入っちゃいます。


IMG_2278
ここには筆記具や、交換用電池や録音機材のSDカード等どっか行っちゃいそうな細かい物を入れられますね。


IMG_2279
そして、巻いたケーブルをぶら下げられるバンドも。


IMG_2280
底面のマチの部分には、、、


IMG_2281
雨の日にケースに被せるレインカバーも(^^)


IMG_2282
クッションになったネックホルダーは可動式なのでヘッドに角度のついたレスポールなども使えます。ボディ下部を保護できるクッションカバーもありがたいですね(^^)

欲を言うなら一番外側にあと2個くらいポケットがあったら嬉しかったんですけどね。中のポケットは正直、サイズ的にも形状的にも用途が限定されちゃうので。
まぁ、なんでもかんでも入れて、ケース内で機材がぶつかり合って傷が付かないようにしなきゃいけませんけどね^m^


実はこのケース、安い中古のギターを買ったらついてきたんですよ。
(上の写真のトーカイストラトではないですよ。)
中身よりケースの方が良い物だったんじゃ・・・ってそんなこと言ったら怒られますね(笑)


バンドメンバーのkey担当Mちゃんがギターを始めるにあたり、ある程度 僕の中で見繕った中の1本を試奏しに行ってきました(^^)

8956247851465
aNueNue(アヌエヌエ)の弦長615ミリのミニギターで、ボディやネックにマホガニーが使われたモデルです。


96285652
小さくてカワイイのは勿論なんですけど、結構これデザインが秀逸ですよね!
楕円のブリッジもおしゃれ!
2万程度(新品)で買えちゃう安めのギターなんですけど、サテンの質感も良いですし、荒いところも特に見当たらないのですぐ良いヤツに買い替えたくなるということは全然無さそうです


スマホでですが、撮ってみました。

おそまつさまでした!
スマホマイクの特性上、実際はもっとハイが出てると思って聴いてください^m^
弦長やボディサイズのせいもあって鳴りもそんなに大きくないしダルンとしてるとこもあるんですが、マホガニーらしい乾いたパーカッシブな鳴り方をしてましたよ(^^)

う〜ん・・・これは僕が欲しい(笑)
上位機種もあるみたいなんで、機会があったらまた弾いてみたいと思います!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

aNueNue Bird Guitar aNN-M2 ミニアコースティックギター
価格:19930円(税込、送料無料) (2017/2/19時点)





こんにちは。ブルゾンちえみの面白さがまったくわからないジナパパです。
さて、おとつい入手したJBLのK120を、ジャクソンアンプのキャビに搭載してみました

IMG_2250
ジャクソンアンプの爪ナットに合うネジがホームセンターに売っていなかったので、結局爪ナットごと交換するハメに

気になるサウンドは。
うん、やっぱりクリーンはサイコーです
プリン! と チャリン! が同居した、トゲトゲしさの無い、張り感タップリのクリーンで、さらにTSをちょっと足した時の太いクリーンリードもまた気持ちよすぎです!
ストラトの良さを知った今だからこそ出会えたサウンドですね(^^)

ただ、歪みにはもうちょっと面白味が欲しいかなっていうところ。
良くも悪くもクセが無くフラットで、もう少しHOTでグイグイくる感じが欲しくなります。この辺りに、アルニコの上品さみたいなのをやっぱ感じますよね。

しかし!
振動系はエンクロージャーやバッフル板と馴染んできたり、再生音源やその再生時間で動き方も変わってくると思ってるので、まだまだ答えを出すのは早計でしょう!(^^)
期待も込めて、しばらくこれで鳴らし込んでいきたいと思います



このページのトップヘ