ジナパパ一家の何てことない日常

ペットの事。家族・育児の事。趣味のギターの事。日常の何てことない事。とにかく一貫性のないブログになってきました(笑)

職場用アンプであるVOXのAC1 rhythmVOXはもうなんだかんだで5年使っています(^^)
(AC1に関してはコチラに過去の記事があります)
ミニミニアンプはMarshallのやらFenderのやらいろいろ試しましたが、僕はVOXのが一番好きです。リズムマシンがついてるし、よく歪んでくれて面白い。音質も結構好きだったります(^^)

職場でのちょっとした練習に・・・というのはあくまでも表向きの名目であって、実際はこっそり購入してお届け先を家ではなく職場にしたギターの音出しチェック用だったりします(笑)


今回購入した、AC1の後継機種であるAC2 rhythmVOX



IMG_9244
前にあるのがAC2です。
ルックス的には後ろにあるAC1の方がダイヤモンドグリル調なので好きだったかな。。。

AC1からAC2になって型番の数字が示すように1ワットから2ワットに出力が上がり、またAC2からは数種類のエフェクトが搭載されたので気分良く弾くことができます(笑)。音量は確実にデカくなりましたね。僅か1ワットの差がここまで大きいとは
あと内蔵されているリズムパターンも少し増えてます。まぁ、AC1の66種類でも充分すぎるくらいでしたけどね!


IMG_9245
コントロールパネルの比較。上がAC1、下がAC2です。
ひとつ言えることはAC1の方が確実にわかりやすかったです。AC1はコントロールパネルに「16BEAT」とか「BLUES」とかリズムパターンが書いてあるのでツマミを合わせればOKだったのに対し、AC2は現在どのリズムパターンが選択されているのかを視覚的に判別することができないので、かなり不便です。

まぁ厳密に言うと3つのLEDの光り方で視覚的に判別することは可能なんですが・・・
IMG_9263
全81種類のリズムパターンがそれぞれどういう光り方なのか覚えるなんて到底不可能
いちいちマニュアルを開かなきゃいけないのは面倒ですね・・・
マニュアル見るのが好きな人にとっては何てことないのかなぁ。



音質はかなり変わりましたね。
AC2の方が低音が良く出てジョリンジョリン感が無くなり、芯のある音になりましたね!
・・・って、あくまでも「ミニミニアンプにしては」っていうレベルの話ですからね(笑)。
これだけ低音が良く出ているのに、音量を上げてもAC1ほど筐体がビリつかないのも素晴らしいですね。AC1はちょっと大き目の音量にしたらすぐ本体がビィィ〜ンって共鳴しちゃうので
あと、断然AC1の方が深く歪むことは追記しておきましょう。


中身も見てみましょう!
IMG_9241
左がAC1、右がAC2です。
スピーカーの口径は変わってませんけど、マグネットが大きくなってますね!あとスピーカーが樹脂でコーキングされています。なるほど、だから音量を上げても共鳴しにくいのかもしれませんね(^^)
てことは、AC1もスピーカーをコーキングすればビビりにくくなるのかな!?


という訳でAC1 rhythmVOX と AC2 rhythmVOXの比較でした!
僕の好みによる独断の評価ですけど、総合するとAC1の方が好きです。
まずなんと言っても前述したようにAC1の方が操作が簡単で視覚的にわかりやすい!!
ギターサウンドに関しては、一聴するとAC2の方がミドルとローが良く出て音質のレベル自体は上がってるように感じるんですが、なんかキレイにまとまっちゃってVOXらしさが薄れてる気がするんですよね。AC1はピッキングの「コキュッ!」って感じなどエレキギターらしい生々しさと荒さがあります(^^)v
悪く言えば下品な歪み方なんですけど、そこがまた味なんですよ〜

ただやっぱりAC2の低音がよく鳴る点と筐体が共鳴しにくい点は優れていると思うので、AC1のスピーカーとAC2のスピーカーを入れ替えて、スピーカーをコーキングすれば最強のAC1が出来るんじゃないか!?と企んでます^m^
共鳴対策に関しては筐体を木箱に替えるのもアリかもですね〜

追記

プチ改造しましたよ!コチラです。



今、何かと話題の絶えないギブソンです。
IMG_91062
2006年製のレスポールDC Proというモデルです。
「レスポール」とは名がついているものの、ダブルカッタウェイだったりチャンバード(中空)ボディだったりと、ちょっと異質な存在ってことになるんでしょうか。


偉大なるGibson Les Paulは今から約60年前には既に完成され現在の姿になりました。
各社は追いつけ追い越せとばかりにレスポールをオマージュしたモデルを開発し独自の進化を遂げていきますが、当のギブソンがそれをやると「邪道」「余計な事しやがって」と言われてしまうのは、やはり自らが60年以上も前に作り出したレスポールの存在があまりに神格化されすぎたからでしょうか

3ピースメイプルネック

パンケーキボディ

ウェイトリリーフ

コンター・ヒールカット

リッチライト・ベイクドメイプル指板

自動チューニングシステム

etc・・・

いろんな理由はあれど、ギブソンはレスポールに様々な進化(?)の手を加えていきますが、それらはことごとく裏目に・・・。どんなに技術や経験を蓄積させても自らが60年も前に作ったギターを越えられない。でもオリジナルレスポールにおんぶに抱っこではいけない。その苦悩は相当なものでしょう。。。

でも僕は過去の栄光に固執せずに攻めたギブソンの姿勢が好きです(^^)v
頑張れGIBSON!!


という訳で話をレスポールDC Proに戻します。
以前ブログでOrville by GibsonのコリーナVを紹介した時に「ハムバッカー搭載ギター2本のうち、どっちを残すか迷ってる」と書きましたが、そのうちの1本がこのギターだったんです。
IMG_91032
前述した話で言えば、このDC Proも “ レスポールとして見れば ” 邪道な存在なのかもしれませんね。ボディのマホガニーがくり抜かれて軽量化されているという部分が特に敬遠する人が多いように感じます
でもB'zの松本さんだってチェンバードボディのレスポールをRECで多用してますしね ( ̄ー ̄)
僕も過去にウェイトリリーフされたレスポールはこの個体を入れて4本所有してきました。僕はあまりこういうところに嫌悪感を覚えないんですよね〜。むしろ好きかも。

ちなみに僕の個体、チェンバードのくせに3.9キロ弱あります(^_^;)
ところでウェイトリリーフによって何グラムくらい軽量化できるんでしょうね??


IMG_91042
サウンドはめちゃくちゃ好きです
艶やかで伸びのあるサウンドは実にレスポールらしい!
太さとエッジの鋭さが両立した点も実に素晴らしい!

現在、ピックアップはリアにDuncanのパーリーゲイツ、フロントに同59が載っています。パーリーゲイツは初めて使いましたが、ハイが暴れて噛み付いてくるような歪みが非常にカッコいいですね。レスポールDC Proのローがよく出るボディ特性にも非常に合ってると思います!
80年代のNew PAFやバーストバッカーも試しましたが、ダンカンの方が良い感じ (^^)
まぁこの辺の好みは気分で変化すると思いますが。


あと、個人的にこのギターの好きなところが2つあるんですよ
46146155632163
1点は、カッタウェイ部分のバインディング下からトップ材のメイプルが見えている点(^^)
レギュラーラインのレスポールはメイプルにバインディングが被さって見えなくなっちゃってるので、メイプルが見えてるのは個人的によくやってくれたと思います。まぁ細かいところではありますけどね^m^

あと1点は、指板にバインディングが無いところ。
こういうこと言ったら怒られるかもしれませんが、Gibsonレギュラーラインモデルのバインディングのプラスチッキーで安っぽい質感は何とかならないもんか?と常々思っております。ヒスコレと同じ材質のバイングングを使ったって何万もコストが跳ね上がる訳じゃないだろうに。その点 DC Proにはそもそも指板にバインディングが無いので、そういうモヤモヤを感じる必要がありません(笑)。どうせならボディのバインディングも無くしてくれてもよかったです^m^
なので、僕はバインディングの無いレスポールスタジオが大好きなんですよ
・・・まぁヒスコレ買えない人間の強がりですね


IMG_91012
いろいろいじりたい箇所があるので、まだまだ楽しませてくれそうです(^^)v


ちなみに、、、
IMG_8985
照明が当たるとこんなにギラついてくれます^m^


IMG_9018
IMG_9020
当時ギブソン社に在籍していたティム ショー氏が設計したPAFのレプリカと言われるハムバッカーで、Tim Shaw PAF(日本ではNEW PAFの呼び名の方が浸透してるらしい)と呼ばれています。
1980年くらいの物でしょうか。

スラッシュファンに好まれそうな、ゼブラとリバースゼブラですね^m^

いわゆる刻印ナンバードなんですが、その上からスタンプで何やらよくわからない数字の羅列が押印されているのが目印です。製造年らしき年月日が押印されている物もありますね。

以前お借りしたことがあって結構好みだったので、実はちょいちょい探してたんですよ(^^)
見つけても結構高かったりして見送ってたんですが、このたび納得できる値段で捕獲できました

音は結構 好き嫌い分かれるみたいですね。
僕の印象では、いわゆるPAF系とか言われる物の中においてはモダンな色付けだと思います。モダンっていうか、PAF系の中ではハイのレンジが狭めでどっちかと言うと下の方がゴォ〜って言うタイプですかね。あまりビンテージビンテージしてないところが僕にとってはマケてくれるので弾きやすいです。マイケルシェンカーのVにも載ってたらしいので、そういう音が好きな人にも好まれる音じゃないかなと思います(^^)



※ あくまでも僕にとって残念ということであり、Adio air GTがダメって訳じゃありませんよ

ここんとこ、寝室のメタルラックに置いたVox Adio airでギターを弾いています。
IMG_8871
サウンド面はまぁぶっちゃけ、妥協点を見つけつつ・・・っていう感じですね。
やはりこれはミニアンプ。それ以上の期待をすべきではないです。

それはいいとしてただ1つ、ちょっと厄介なことを発見してしまいましてね。。。

それは、歪んだアンプモデリングに自動的に掛けられているノイズキャンセラー。ギンギンに歪んでても全然ノイズが無いほどなので、かなりキツく掛けられているものと思われます。

歪んでる時はいいんですが・・・

当然ながら、ギター側のボリュームを絞ってクリーンを作った際にもこのノイズキャンセラーは働いている。つまり音の減衰がめちゃくちゃ不自然なクリーンになってしまうのです。よくマンガで車がガス欠で止まる時に「プスプス・・・」っていうじゃないですか。そんな感じ
ちょこちょこ手元のボリュームを触る僕にとっては結構キツい仕様・・・

ただこれ、マニュアルなんかを見るとノイズキャンセラーは4段階くらいに設定できるような記述があるじゃないですか!でもコントロールパネル上にはそのツマミは無い。
なるほど、、、スマホやPCでしか設定できないようです。

面倒臭い。。。

最近のデジタル機器によくある、本体側は基本的な操作のみで細かい設定はPCに接続しなきゃ出来ない機材に苦手意識の強い僕は、この仕様を知った途端にゲンナリですよ。
まったく問題ないよっていう人にとっては、どうってことないんだと思いますが。。。


↑ 訂正です。
WIDEボタン1秒押しでノイズリダクションの設定ができるそうです!
コメントで情報いただきました、ありがとうございました!!
取説を読まないという僕の悪いところが露呈してしまいましたね、申し訳ありません (^_^;)
今後はきちんと調べてから書くようにしますφ(.. )



そんな時、
IMG_8971
寝室の片隅で、久々にジャズコの封印を解きました!
コンセプトが違うので比較したら怒られちゃいますが、やっぱミニアンプとは雲泥の差ですね
やっぱこれだね感がハンパないです!
「使えない」と言われるジャズコのディストーションですがJC-40の歪みは十分使える音なので、アンプ直結でクリーンから歪みまでイケちゃいます
やっぱいいわぁ・・・素晴らしい・・・

寝室の布団のホコリを避けるためジャズコは封印したんですが、そもそもジャズコは過酷な環境で少々手荒く扱われても壊れないと重宝されてきたアンプじゃないか!!ホコリがなんだ!!
という訳で今後も寝室の片隅でジャズコ鳴らします



おはようございます!!
IMG_8884

IMG_8970
今朝、レースのカーテンを裂かれました・・・(T_T)


札幌は雪まつりが終わりました。
生まれも育ちも札幌の僕ですが、雪まつりは数えるくらいしか行ったことありません。ていうか、札幌在住の知人友人で「雪まつり行ってきた!」っていう話はほとんど聞かないですね。あれは、普段雪に触れる機会の少ない海外や道外からの観光客のための祭りです。いつもイヤというほど雪を見てる市民が、わざわざ寒い中に雪なんて見に行きたくないですもん


さて、娘つぐちゃんですが、2度目のインフルエンザにかかりました
IMG_8952
人生で2度目じゃないですよ。今シーズン2度目です。
前回がA型で、今回がB型。。。
今シーズンは複数回かかる人が多いのも特徴みたいですね。
皆さん、特に小さいお子さんがいるご家庭は気を付けてください。


我が家の子供たちは、風邪ひいたりするとリビングに布団を敷いて過ごすのをナゼか楽しみにしています。
IMG_8967
IMG_8925
布団があると、もちろん猫チームやぷっちょも喜んで寝ます(^^)
ジーナはあまり来ないかな。
つぐちゃんは熱があるのと咳が出るくらいで、比較的元気。この子はいつも熱が出てもグッタリしないんですよね〜。まぁ診てる方もその方が気が楽なんですけどね^m^


どんちゃん、我が家に来てから2か月半くらい経ちました。
IMG_8932
※ ジーナの水を飲んでるところを見つかってハッとしてる図。
もう何も心配することが無いくらい馴染んで、特に年齢が近いマルと毎日じゃれ合って過ごしてるんですが・・・


IMG_8934
ワープ君との相性がすこぶる悪いんです。。。
ウチに来たばかりの頃、どんちゃんが誰に対しても威嚇してたのが悪かったんでしょう。
ワープ君だけはそれがよっぽど気に喰わなかったようで、いまだにどんちゃんの寝込みを襲ったり、部屋の隅に追い込んで攻撃したりします
自己防衛のため、どんちゃんもワープ君にだけはいまだに唸って威嚇するので悪循環
時間が経てば慣れて落ち着くだろうと思ってたんですが、この2匹だけは手ごわそうです


IMG_8889
なかなかブログに登場しないとごく一部の方からクレームいただいてますが(笑)、ピーちゃんも元気に過ごしてますよ。でも痩せちゃって、すっかり年取りました〜。



このページのトップヘ