ジナパパ一家の何てことない日常

ペットの事。家族・育児の事。趣味のギターの事。日常の何てことない事。とにかく一貫性のないブログになってきました(笑)

マーラさんからエフェクターをお借りしました!!
ありがとうございます!!
IMG_6943
真空管が搭載されたT-REXSpin Doctorという歪み物です!!
好きな設定を4種類プリセットしてスイッチで呼び出すことができます!

実はこれ、昔かなり憧れていたエフェクターです。
厳密に言うと僕が気になってたのはこれの1stバージョン(真空管が2本搭載されていた時期の白い筐体のヤツ)しかまだ無かった頃なのですが、このスピンドクター何がカッコイイって、保存したプリセットをスイッチで呼び出すとツマミが本当にクルっと回るんですよ
このツマミが自動で回るという視覚的カッコよさはもちろんなんですが、ツマミの位置が常に見えるというのはプリセット方式をとっている機材としてはかなり画期的だと思いませんか
マルチエフェクターやアンプシミュレーターだと各ツマミの位置はパラメーター設定を液晶画面で呼び出さなきゃ見れないじゃないですか。それがスゴくいやなアナログ人間の僕にとってはポイント高いです(^^)

気になるサウンドですが、クランチ〜軽いドライブあたりまではキャラ的にはブライトでジャリ感のある歪み方ですね!ほとんどゲインを上げずにプリアンプ的に使うとクリーンサウンドに真空管テイストを加えてくれます。なんせ真空管入ってますから僕はこういう使い方が一番魅力的でしたね(^^)

ゲインですがMAXまで上げてもそこまで深く歪みません。そこでハイゲインが欲しい時に登場するのがBOOSTスイッチ(プリブースト)なのですが、BOOSTをオンにすると中低域がグワッと持ち上がってキャラが結構変わってしまうので「キャラを変えずゲインだけ持ち上げたい」みたいな感覚でブーストオンするとちょっとイコライジングに戸惑います。ブーストスイッチはゲインを上げる目的より、ぶっ太い音への変換スイッチと思った方がいいかもしれませんね。キャラ変せず純粋にゲインだけ上げたいならスピンドクターの前段にクリーンブースターを繋いだ方がいいかもです(私感)。


という訳でT-REXのスピンドクターでした!
昨今のシミュレーターやマルチで歪みのプリセットを呼び出して使うというのは何ら珍しいことでは無いですが、デジタルじゃないアナログ機器(しかも真空管入り!)でっていうのはかなり貴重なんじゃないでしょうか!(^^)



ブログにもちょこちょこ書いてますように、ここ最近Zendriveブームが僕の中できてます

Hermida Audio Zendrive

価格:36,960円
(2019/11/7 14:59時点)


貸して下さってた がちゃさん はじめ、お詳しい方々に聞くと一口にゼンドライブと言っても年式によって結構音が違うとのこと。

という訳で・・・
IMG_6861
Zendrive各種、揃っちゃいました!!
贅沢すぎる。。。
がちゃさん、本当にいつもいつもありがとうございます!!(T_T)
Zendriveだけじゃなく、同じくダンブル系と呼ばれるペダルや、僕が気になっていてたまたまがちゃさんがお持ちだったペダルもお借りしちゃいました!



IMG_6862
Zauber Pedalsさんに作っていただいた10ループスイッチャーと、結ソルダーレスケーブル。いつものペダル比較セットを用いての試奏です。これ本当に重宝しまくってます!!
チラっとしか鳴らしていないので感想を書かせていただくにはまだまだですが、一聴して気に入ったヤツはなんとすでにポチっちゃいました^m^





世間は3連休のさなか、今年最後のライブが終わりました\(^o^)/
いきなり「1曲ギター弾いてくれない?」とか無い限りは今年最後だと思われます。
僕は相変わらず安定の土日休み無しなので、仕事を終わらせてから会場へ

リハを機に試して好印象すぎた、お借りしてるZendrive(詳細はコチラ)を本番でも使う気マンマンだったんですが、やはりリハで使わなかった機材を本番当日にいきなり導入するのは他パートとのバランスの面でも危機管理の面でもよろしくないだろうという判断で、今回はやめました(^_^;)

まぁ、度胸が無いだけとも言う。本当は試したかった。。。
真面目な話、サポートミュージシャンになってからも自己満足の音を求めつつもそれ以上にやっぱりボーカルさんを立てる音作りを考えるようになりますよね。
なーんてカッコイイことを言ってみる^m^



IMG_6772
今回のライブに向け、チューブスクリーマーは外しました。
クリーンかクランチかの微妙なあたりの音をメインにする曲が多い今回のライブでは、チューブスクリーマーよりもケイパーモーリーというオーバードライブ(黄土色っぽいヤツで知り合いのプロギタリストさんに作っていただいた物)が適していました。Free The ToneのストリングスリンガーやJan Rayなどの名機達をヤフオク行きにしたペダルです(笑)
こいつのクランチは僕史上最高です。あくまでも「僕史上」ね(笑)


でもやっぱりギターソロ用ブースターとしてはTSの方がミドルが豊か。
なのでミドルと共に音量を上げる目的も兼ねて、メイン歪みであるShinos Naughty Brainの後ろにブースターを繋ぎました(赤いミニペダルです)。このブースターはレベル&3バンドEQという4ノブ構成で、熊本のZauber Pedalsさんにオーダーした物です。
こいつはなにもギターソロに限らず、クリーンからドライブまでどんなバッキングサウンドでもちょっと存在感が薄いなっていう時に踏めばグォっと前に出てくるので、今回のライブでは最も重宝しました!
ほら、ライブ本番になるとドラムさんがリハよりもデカい音で叩くことって結構あるじゃないですか。そういう時はクリーントーンとか特に「あれ、こんなはずじゃ」っていうくらい埋もれちゃうことがあるんですよね(笑)。そんな時にこいつでマジンゴーです



IMG_6773
あとはいつも通り。
XTOMPは相変わらずディレイとしてしか使わないという宝の持ち腐れ状態(笑)で、テラエコーは安定の掛けっぱなしです。


ギターはFender Custom Shopグレッグフェスラー作69ストラト
Y8sBA0F1DpBNu9u1572935540_1572935625
動画から切り取ったこんな荒い画像だけですみません(笑)
今年は4回ライブをやりましたが、グレッグフェスラーをライブで使うのは今年の1月以来だったんですよね〜。やっぱり良いです!

ところで、なぜグレッグフェスラーのライブ投入が10ヶ月ぶりになってしまったかと言うと、ネック裏のラッカーがベタついてるからです。。
そのせいで正直プレイヤビリティー的に難ありだったんですが、このたび購入したFREEDOMさんのポリッシュがベタつきを無くしてくれて超いい感じでした
58926456526253
これです。
Freedom Custom Guitar ResearchGLOSSING POLISHSP-P-f54)が正式名称ですね。

Freedom Custom Guitar Research SP-P-f54 グロッシングポリッシュ GLOSSING POLISH (旧f54 Shiner) 【フリーダム】

価格:1,430円
(2019/11/5 16:12時点)


他のポリッシュがどんな原材料なのか僕にはわかりませんが、これにはコンパウンドが入っているそうです。なので、ポリッシュとは言っても拭くというよりは研磨に近いのかもしれませんね。ビンテージギター等に使う人は自己責任で^m^
グレッグフェスラーSTではネックやボディのラッカー特有の滑りの悪さが無くなり、レリック加工ゆえのウェザーチェックの隙間などに入り込んで白くなるなどの問題も一切発生しませんでした。


という訳で終了した今回のライブ。
自分的には120パーセント満足のライブなんて何度やっても有り得ない(満足しちゃったら終了)わけなのですが、ライブ終了後に主催者さんからまた次回のオファーをいただけたことにとりあえず最低でも及第点はいただけたんだと安堵するのでした(^^)

ただ帰り際に挨拶した際に主催者さんから言われた、
「自分のバンドなら間違ってもいいという訳じゃないけど、こうしてバックバンドとして間違いが許されない環境でライブやるのはなかなか出来ないことだから良い経験になるでしょう」
という言葉がかなり突き刺さりました。
バックバンドを務めさせていただいて3回目のライブでしたが、改めて責任感を感じる言葉でしたね。ギャラもいただいてますしね。

とりあえずお正月まではのんびりします!!(笑)




先日のリハの際、もう1人のサポートギタリスト氏の足元にあったZENDRIVE
メインの歪みペダルの後段に繋いだゼンドライブをギターソロの時にON、という使い方をされていたんですが その音がまた嫉妬しちゃうほど素晴らしい

そういえば僕もちょうど、がちゃさんからZendriveをお借りしてるじゃないですか!
という訳で、、、

IMG_6695
さっそく自分のボードで試してみました★
メインの歪み(Shinos Naughty Brain)の後段にZendriveを繋ぎます。

僕はブースターはいつもメイン歪みの前段に繋ぐので、後段に繋ぐことはありませんでした。サウンドとしては後段に繋いだペダルのキャラが色濃く反映されますから、ノーティーブレインの音色をできるだけ変化させずにゲイン量だけブーストしたいという意図があったためです。
ただ、この使い方だと当然ですが音量は上がりません。音量を上げたいと思ったらスイッチャーのアウトレベルを上げてたんですが、これが連続可変式じゃないので微調整ができません。。

ところがZendriveを後段にすると音色はかなり変わり、Zendriveの豊潤な中域がギターソロサウンドに非常に良くマッチしますし、Zendriveのレベルを上げ気味にしておけば音量も大きくなります!まさにギターソロで目立つ仕様 ^m^

これと同じ方法をZendriveの代わりにMaxon OD-808でも試してみたんですが、巻き弦の音が潰れちゃってダメでしたね。808は前段に繋いだ時はいい感じなんですけど、接続順でこんなにも違うもんかと改めて実感。。
(もちろんメインの歪みペダルとの相性次第というのは大前提です)

当たり前ですが、Zendriveはブースターとしてのみならずメインの歪みとしても非常に素晴らしいペダルなので、これはぜひ自分のボードにも導入したいですね〜

・・・しかしこのペダルも製造年によっていろいろ音の違いがあるらしいです。ちなみに、もう1人のギタリスト氏が使っているのも今回がちゃさんからお借りしているのも、共に最初期モノだそうで。。。目の前に大きな沼が広がっている光景が目に浮かぶようです。。。(笑)





67年製のGibson ES-330TD
IMG_6532
いつもアコギでお世話になってるラムジーズさんでフレット擦り合わせをしてもらい、1か月ぶりに我が家に帰ってきました!ハイポジションでちょっと音詰まりしてたので。
いや〜めちゃくちゃ弾きやすいです!やっぱりネック〜フレット周りはプロにお願いするに限りますね。全然違います


で、話は変わって 前回のスタジオ で試したLOVEPEDALTCHULA(チュラ)。
IMG_6397
真ん中に写ってる、黒い方のTCHULAです。
がちゃさんからお借りしている物で、この黒いバージョンはゲルマニウムダイオードが使われている仕様で「ブラックマンバ」というらしいです。

これがね・・・やべぇくらいに良いんですよ・・・

スタジオでも良さは実感できたんですけどなんせ時間制限があるもんで、あらためて家でゆっくりブラックマンバと向き合ってみました。
いつものエフェクターボードの最前段にブラックマンバを繋ぎます。
IMG_6431
まず基本的にブラックマンバはオンにした時点で音量がグッと持ち上がるしクランチします
じゃあどうやってクリーンを作るかと言えばギター本体のボリュームを7〜8くらいに下げる訳なんですが、そのクリーンサウンドがめちゃくちゃ良いんですよ
パキっとしたクリーンが欲しい時、ギターのボリュームを下げると音が丸くなる(コモる)っていう印象を持ってるんですが、ブラックマンバがあればそんな心配は皆無!
そういう意味で僕的には、ブラックマンバをオンにするとギターのボリュームの最大値が10から12くらいになるイメージです!

もちろん良いのはクリーンだけじゃなく、ブラックマンバの後段に繋いだ歪みペダルもめっちゃイキイキしますよ
ギター本体のボリューム操作がこんなに楽しく感じるペダルは初めてですね!

冒頭に登場したES-330を使い、ギター本体のボリュームを変えながら動画を撮ってみました。

※ 顔を隠してるピザは、使用した動画編集アプリにはこんなポップな絵しか用意されておらず仕方なく使った物なので気にしないでください(笑)

もう全てが使える音で、なんならブラックマンバも歪みペダルも全て常時ONで あとは手元のボリュームだけでクリーンからリードまでイケるんじゃないかと思わせてくれます
もちろんストラトでも最高の音です!

・・・ただブラックマンバは物が無い!!本当に無い!!
見つけたかたは即買いをオススメします!!
・・・いや、ウソです!買わずに僕にご一報ください!!ww




このページのトップヘ