ジナパパ一家の何てことない日常

ペットの事。家族・育児の事。趣味のギターの事。日常の何てことない事。とにかく一貫性のないブログになってきました(笑)

ギター増えました!
エピフォンの、ES339のP-90バージョンです!
僕はここのところギブソンES330がメインギターなので、箱物は気になっちゃいます(^^)

ちなみにES-339とは、有名なES-335のボディが小さい版です。
小さいのはボディだけなのでスケールは短かったりせず普通にミディアムスケールです。


IMG_6003
過去オーナーによってビグスビーB5ビブラメイトが取り付けられた中古を購入しました!上のツイッターにも書いたように部品取りのつもりで買ったんですけど、ギター自体も想像していたよりいい感じだったのしばらく遊ばせてもらおうと思います


IMG_6009
P90が2発載っているのでルックス的にES-330やcasinoといったフルアコを連想しますけど、実際はセンターブロック入りのセミアコです。加えて小型ボディであるため、セミアコと言っても結構ソリッド寄りなサウンドと言っていいと思います(^^)


IMG_6084
なのでES-330と似たようなサウンドを想像しながら鳴らすと結構意表を突かれる感じ(笑)
とは言え、シンボディのセミアコやフルアコ特有のスピード感のあるシャリーンとした鳴りの片鱗は339にも見えますね!

・・・しかしこうして並べると結構ボディサイズが違うもんですね!


IMG_6005
ヘッド。
同社のCASINOのヘッドはくびれ部分が面取りされててスリムに見えるデザインですが、こっちは普通ですね。ペグはKLUSONタイプが載っていて、トルクも精度も全く問題なしです

ネック形状は丸みのあるタイプで、近年のGibsonスリムテーパーみたいに薄くはなくしっかり厚みがあります。僕はとにかく薄いネックが苦手なので、これはすごくありがたいポイントですね。


IMG_6008
ポリなので塗装の質感はやっぱりそれなりですし、低価格帯モデルなので塗装がはみ出してたりと粗い箇所も点在するんですけど(汗)、fホールから覗ける部分の木工はすごくキレイですしギターとしての演奏性は全然問題ないです(^^)

総じて音は「元気いっぱい」という感じなので、ピックアップをもう少しローパワーなソープバータイプに交換するのも良い気がしますね





今回はコチラです!
IMG_5620
Jetter GearGOLD STANDARDです。
製造時期の違いなのか名前が途中で変わったのか知りませんが、僕の個体はGOLDとしか書いてなくて「STANDARD」の表記が無いタイプです。きっと中身は同じです。

向かって右側がいわゆるダンブル系の歪みで、向かって左側がトランスペアレント系OD
個別にオンオフすることも、同時にオンすることもできます
同時オンした際の接続順は、右チャンネル→左チャンネルですね。
右チャンネル側についてるミニトグルスイッチですが、大雑把に言うとGOLD側の方がSHIFT側よりハイが良くでるようになります。

総じて上品な歪み方ですね。
ロックな(良い意味で)荒々しいサウンドというよりは、なんか都会的な雰囲気がします。
というのも僕の印象だと低域が上品なんですよね。グワー!とかゴン!とくる感じが無いです。
両チャンネルONにして強めな歪みやリードサウンド作りも狙ってたんですが、どちらのチャンネルも腰高な印象の音なので両方ONだとそれが助長されちゃいました。そういう意味ではもしかしたらハムバッカーの方が合うのかもしれませんね。
「これくらいハイが出てるままでローももっと足せられたらいいのに」っていうもどかしさを感じます。ちなみに低域に対するこの印象は過去に使ってた同社のGOLD45/100という歪みペダルの時にも感じたので、Jetter Gearさんの傾向だったりするのかもしれませんね?

という訳でジェッターギアのゴールドスタンダードのご紹介でした!!




以前から所有し、コツコツ進めてきた1996年製Gibson The Hawk(ザ・ホーク)の改造がついに完成しました!!\(^o^)/

まずは買った当初の純正状態。
IMG_5684
なんか、いじり甲斐がありそうなルックスしてると思いません?(笑)
ナイトホークやブルースホークといった「ホークシリーズ」の中でもザ・ホークは装飾等が無く一番簡素な仕様なのですが、その分お安いですし、きっとギブソン社は購入者に改造する余地を残しておいてくれたんだろうと僕は勝手に解釈しました ^m^


まずは改造の基本、ピックアップ交換
IMG_0878
JUNTONEさんのペイズリーというピックアップを載せました。
このピックアップはハムバッカーなんですけど、一般的なハムバッカーのようにバーマグネットが入ってるわけじゃなくFenderシングルコイルのようにポールピース自体がマグネットになっています!要はFENDERのシングルコイルが2個並んだハムバッカーみたいな感じですね!
なので、音もどこかカリフォルニアの風を感じるナッシュビルの音です(笑)

音ももちろんですが、僕はこのピックアップのペイズリー柄にも惚れて選びました


続いては、マエストロショートヴァイブローラ(通称板バネ)の搭載です。
正直、これに関しては計画していた訳では無く、楽器屋さんのセールでたまたま板バネが安く売られていたので買ってきた、というのが正しいです(^^)
IMG_1129
テンションが稼げなかったので、トリマでボディに落とし込み加工をし・・・


IMG_1130
無事に(?)搭載完了!
初めての作業だったので見た目的には荒いですけど、なんと言っても自分でやったというだけで愛着が何倍も違ってきます
この作業に関しては以前にブログに書いてますので貼っておきます。




ここまでで改造は一時休戦となっていたんですが、ずっと温めていた案がありました。
IMG_1179
ピックガードを載せたい、と考えてたんです。
ちなみにこの写真のピックガードはアプリで白く描いただけなんですが、この絵を描いたことで一気に夢が広がりました(^^)

黒にしようか、白にしようか、3プライにしようか、1プライにしようか・・・と構想しながら同時に「そもそもピックガードって自分で作れるものなんだろうか」とネットで調べてみると、プロの職人さんはもちろん一般のかたの自作品で本当にキレイな物はしっかりとそれ相応の工具で作られているんですよね。。

僕も電動工具を買おうかと考えたんですが、例え工具があっても僕が作るよりプロの方が断然キレイで加工精度が高いのは火を見るより明らか。そもそもピックガード製作はプロに依頼してもそんな高額な訳じゃないので、僕の自作はお金を掛ける割には完成度が低くコスパが悪いだろうと判断(笑)。なので、いつもお世話になっている札幌のギターショップ「ラムジーズ」の成澤店長に依頼しました!


そして先日、完成のご一報をいただき、受け取ってきました!
IMG_5668
いやぁ、、、もう、これは期待以上の出来ですね・・・!
僕が描いた青写真通りです。こうなって欲しいなぁという夢が完全に具現化されました!
そこはかとなく漂う、60年代のアメリカンB級近未来感・・・!!


IMG_5669
期待した通り、加工精度もバッチリすぎます!
・・・ってプロにこんなことを言うこと自体が失礼ですよね
やっぱり依頼して良かったです!

ラムジーズの成澤店長、本当にありがとうございました!
ラムジーズさんはアコギがメインのギター屋さんなのですが、いつもこうしてアコギのことだけじゃなくエレキギターのことでもお世話になってしまい、感謝しています!!


最後に、ビフォーアフターです
IMG_5684
IMG_5683
大満足です!!\(^o^)/

※追記
音も載せておきます!






T-rexのトーンバグシリーズは過去にオーバードライブとフェイザー(だったかな?)を所有していたんですが、同シリーズのディストーションを試してみました。
IMG_5588
歪み始めからして結構歪んでるディストーションです。
音質的にはザクザク系のThat's ディストーション!という感じです。ただTONEツマミがどこであれ常にワウ半踏みのようなコーコーしたニュアンスが見え隠れするので、モダンというよりはクラシックな感じのディストーションですね!
誤解を恐れずに言うなら、ギター本体のキャラを活かすタイプではなくどんなギターを繋いでもこのペダルの音にしちゃうようなタイプです(笑)

このトーンバグシリーズはOverdriveを筆頭に音も使えますし、見た目も非常にかわいくて思わずボードに並べたくなりますね(^^)
写真では小さく見えるかもしれないですけど、意外と横幅があってドッシリしてます






これはもう、発売前から「絶対買ってやる!」と狙ってましたね(笑)
IMG_5467
アーニーボールの、チューナー内蔵ボリュームペダルVPJR tunerです!!
チューナーとボリュームペダルが一体となっている製品は過去にもいくつか存在はしてたんですが、その中でもこれを買いたい!!と思ったのは、上のツイートに載せた動画のとおり現在のボリュームが数字で表示されるのがカッコイイからです!!
しかも動きがめっちゃヌルヌルしてて滑らかだと思いません?
「足を置いたら液晶見えなくなるじゃん」とか言っちゃダメです!
カッコ良ければいいんです!(笑)


IMG_5468
IMG_5469
薄暗いところでの視認性もバッチリ
ライブ中にモニターからの中音が聴こえにくい時もあるので、表示された数字を一定の目安にできるのは意外と強みになるんじゃないかと。


「カッコよければいい」とは言え、やっぱり音と使用感は気になりますよね。
まず踏み心地ですが「サイコー」です。トルク感も僕好みでちょうどいいですね。
音は総じて元気になる印象ですね!これはやはりアクティブなのでバッファーの影響でしょうか?


ただチューナーがイマイチ…ってところでしょうか。
もうすぐチューニングが合う(もうすぐ針が真ん中を指す)というあたりで、急に針がセンターにワープしちゃうんですよ。。。なので、まだ正確な音まで達してないのに針がセンターを指してしまい、実際はまだちょっとズレてる。みたいな現象が起こります。。。
IMG_5470
ドットがめっちゃ細かくて多いから針がすごくヌルヌル動いてくれるだけに、惜しい。。。
チューナーに関しては今まで使ってたTC Electronicのポリチューンの方が断然好きです。


あと、すごく気になることがありまして。。
IMG_5485
このセンドリターンの使い方がイマイチわからないんです
ここにペダルを繋いで試してみたところ、信号順としては、

インプット
 ↓
センドリターンに繋いだペダル
 ↓
ボリューム機構
 ↓
アウトプット

という順番になることがわかりました。
・・・しかしそれってこのボリュームペダルの前に直列でペダル繋ぐのと同じじゃないんですかね・・・?(^_^;)
例えばですけど、「ボリュームペダルはセンドリターン内に繋いだペダルだけに利いて、そのペダルを通らない信号はそのままの音量でアウトプットされる(例えばディレイを入れたならディレイ音量だけを調整できる)」とかなら「あーなるほど」と思うんですけど、そうではないんです。。。
これ、どういう用途を想定しているのかもしご存知の方いらっしゃいましたら教えてください


ERNiE BALL VPJR TUNER - BLACK 新品 チューナー内蔵ボリュームペダル[アーニーボール][ジュニア,Jr][ペダルチューナー][エフェクター,Effector]

価格:26,400円
(2020/10/31 12:51時点)




このページのトップヘ