ジナパパ一家の何てことない日常

ペットの事。家族・育児の事。趣味のギターの事。日常の何てことない事。とにかく一貫性のないブログになってきました(笑)

愛用している62年製のFender Princeton-ampに現在載せているスピーカーは、EMINENCEのLEGEND1058というスピーカーでした。
IMG_7525
IMG_7519
プリンストンを買った時に載っていたUTAHの古いスピーカーよりもパンチのある音がして気に入っていたんですが、良くも悪くも10インチらしいレンジが中央に寄ったサウンド。
僕の好みとしてはやっぱり12インチの上から下までバッキーンと飛んでくるサウンドが好き(というか聴き馴染んでる)なので、12インチを載せるか、もしくは12インチのキャビを別途用意することを検討していました。

・・・でもその前にどうしても試しておきたい10インチスピーカーがあったんですよねー

それがこのセレッション G10 クリームバック

IMG_7517
クリームバックは12インチのは過去に試したことあるんですけど、10インチのは初。

かのメサブギーがMark V 25のミニコンボアンプを発売するにあたりマッチングの良い10インチスピーカーが無く、コンボ版の発売は実現しなかった。ところがCelestionが2019年に発売したCreamback G10は、モダンスピーカーのパワーとダイナミクスを持ちながらクラシックでヴィンテージなトーンを生み出すことが可能で、それを採用することでMark V 25コンボが発売できた的なコメントをしています。

メサブギーがここまで言うなら期待しちゃいます!(笑)


IMG_7518
セレッションは現在多くのモデルが中国製ですが、クリームバックは10インチ、12インチ共に
Made in UKのようです(^^)


さっそくプリンストンに搭載です。
IMG_7520
サウンドはガラっと変わりました!
低域の余裕感は12インチを彷彿とさせますし、ザラっとした質感のロックなHIGHはいかにもセレッションらしいです!
いやほんと、12インチ鳴らしてるみたいな感覚のスピーカーですねー、これはビックリ。
もちろん音のことですから各人好き好きありますけど、僕はライブで使う箱のマーシャルJCM900の音と家のプリンストンの音の差異を埋めたいと常々心のどこかで思ってた(まぁ無理だとわかりつつ、ですけどね)ので、この変化は歓迎です

改めて、マーシャルの音はCelestionの音でもあるんだなーと再確認しましたよね(^^)





どうでもいいけど「ラブペダル」っていうブランド名、なんかムズ痒くないですか?(^_^;)
ラブペダルプレキシ800です。
正直、だいぶ前に使ったことあるような無いような…っていう感じですがブログには書いた形跡が無いので今回せっかく入手した機会に書きます!

これはもう難しいこと抜きに、ONにした途端にカッコいいMarshall系の歪みが鳴ってくれるペダルですね!ハイゲイン系のペダルってコンプレッション感が強すぎたりコモったりするのが多くて、意外と僕的には扱いが難しいんです。けどこのPlexi800はもう踏むだけでOK!っていう感じで、感触はすごくアンプっぽいです

ゲインチェック動画を撮ってみました。
ゼロの時点でかなり歪んでるのがわかると思います(笑)
そこからゲインつまみを上げても正直あまり変わらなくて(汗)、最後の1目盛りで一気に歪みが増しますね。上の動画でも最後の1目盛りあたりで「ジーー」というノイズが急に目立ちだすのがわかると思います。

FreQというツマミはいわゆるフリクエンシーっていうことでしょうか。
一般的なTONEつまみと違ってゼロにしたらコモるという感じでは無いので、どの帯域に山を作るかという作用なのかもしれません
FreQゼロでも普通に使える音でした。

という訳でPLEXI800は、ちょっと歪み過ぎな感はあるけどAC/DCみたいな音が簡単に出せるペダルでした!とにかく弾いてて気持ちいいの一言に尽きます





VGのアコギのエボニー指板が割れた!!と先日のブログに書きました。
IMG_7268
その後ネックが反ってる訳でもないのに弦高がずいぶん高くなってることに気づきました。
目視ではネックはストレートなんですけどね・・・

よく見ますと、、
IMG_7315
わかりますでしょうか?
ボディトップと指板の境目に隙間ができてます
完全に浮いてきてますわ。。。

よく考えたら、指板が割れたっていうことは、その指板が接着されているボディの木にも何かしら影響があってもおかしくないですもんね。単板トップだと薄い1枚板なので、尚更です。。。
と気付いてからトップ材もよく見たら、指板の亀裂に沿ってトップも割れてましたよね(-"-)
これは重症です。。。



非常に乾燥する日本の冬。
みなさま、ギターはどう保管してますでしょうか?

・・・

いやぁ・・・いっちゃいました。
エボニー指板に縦に入った一筋の亀裂。。。

このギター、コチラで紹介していますVGのアコギなんですが、実は買った時からヒビが入ってたんですよ。でも当時はよく見なきゃわからない程度だったので安くしてもらって納得して買ったし、その後オイルで保湿したら全然わからないくらいに閉じたので自分の中で一件落着してたんですが・・・この乾燥の季節になったら一気に開いてしまいました(T_T)

極々僅かなヒビでも季節(湿度)が変わると木はどう変化するかわからないので、先を見越して買い物することは大切ですね・・・
単板ボディのアコギなんて特にそうですが、他のエレキギターと同じように部屋に吊るしっぱなしで保管するんじゃなく湿度管理したハードケースに入れて保管するのが吉なんでしょうね。勉強になりました。。。

それなりに気をつけてるつもりではいたんですが・・・







先日入手したばかりのグレコ LG120
IMG_7023
レスポール用のピックガードを当てがってみたらいい感じだったので、モントルーのピックガードを購入して付けてみました

IMG_7185
素敵になりました(^^)
紫がかった青にゴールドパーツの組み合わせという ともすればケバいというか厨二的に見えるギター(汗)なので、少し “ 普通のレスポール ” 寄りなルックスになってくれるのは僕的にウェルカムです^m^

さて、このLG120ですが先日のライブで早速デビューさせました!
録音環境がよくないですが、粘りのあるいい音が作れたんじゃないかと思います
ちなみにアンプは箱のJCM900、
ペダルボードはこちらです↓↓↓
IMG_7109
コチラの記事でも紹介してますようにEmpressのディレイTape Delayにはクリーンブースターが搭載されているのでディレイ掛けると同時に音量を上げることができる(もちろん逆に下げることも可)んですが、ハイミッド〜ハイあたりの帯域も上がって割と輪郭がハッキリした音になってくれるので、ホントにギターソロ向けで重宝することを今回再確認しました(^^)





このページのトップヘ