ジナパパ一家の何てことない日常

ペットの事。家族・育児の事。趣味のギターの事。日常の何てことない事。とにかく一貫性のないブログになってきました(笑)

すごい雨ですね。皆様お住まいの地域はご無事でしょうか?

いや〜、すっかりブログ放置してしまいました
ツイッターの方がたくさん反応いただけるので、最近ツイッターの方がやってて気持ち良くなってきちゃいました。やっぱ人間、反応してもらえる方がやり甲斐も増すってもんですよ。でもブログもネタさえあればバンバン書いていきます!!

・・・とは言え、ネタが出来たら先にツイッターにちゃちゃっと書いちゃうので、ブログは二番煎じの感が否めないですけどね



さて、先日ハードオフで入手した謎のセミアコ、ミルフォード
IMG_1760
音もなかなか気に入ってるんですけど、PRSの59/09っていう僕の好きなピックアップに交換してみたくなりました。でもセミアコは電装パーツをFホールから出し入れして作業しなきゃいけないため難しそうなので自分でやるのを諦め、いつもお世話になっている札幌の工房(K&Mギターズラボさん)にお願いしました
(と言ってももう10日以上も前の話ですが・・・)


59/09っていうPUは以前プロビジョンのレスポールモデルに載せて、パラレルにできるように配線にしてたんですよね〜。その頃から結構好きな音だったんです。僕ってあまりビンテージビンテージし過ぎてるよりもちょいモダンな方がすきなので^m^
今回はパラレルにはせず、普通にコイルタップできるようにしてもらうことにしました


で、あまりに情報が無く正体不明なこのミルフォードのセミアコ。。。
「プロの目から見て材や作りなどどの程度のモンなのか、お気を遣わずにハッキリ言ってください!」とリペアマンさんにお願いしましたら、後日写真を送ってくださいまして、、
IMG_2045
電装は日本製のもので、そんなに良いパーツではないそうです(^_^;)
ただフォロワーさんなどからお聞きした限りコンデンサは多分ビンテージ
まぁ古けりゃ良いってもんじゃないですが。
んで、ボディに開けられたポットの穴がミリサイズなのでギター自体も日本製でしょう、とのこと。フムフムなるほどですね!
ポット、ジャック、3wayトグルスイッチ、そして配線材も交換をお願いしました(^^)


で、気になるギター自体の作りですが、リペアマンさん的には「悪い物ではないですよ!」とのこと
まぁ言い換えれば「すごく良い訳でもない」ってことかもしれませんが(苦笑)、搭載されているグローバーのペグは古いUSA製で高価な物なのでパーツ取りとしても十分価値があると言ってもらえて救われました^m^


IMG_1761
このようにバインディングの上に塗装されちゃっているという謎に関しては「単純にリフィニッシュしたんじゃないですか?」とリペアマンさんの予想。

そうそう、1963年まで(だったかな?)のギブソンES-335のセンターブロックはリアPU部分が大きく開いているらしいんですが、僕の謎セミアコはリアPUキャビティがレスポールのように木で埋まっていたそうです。僕が「セミアコにしてはソリッドっぽい音だなぁ」と感じたのは、ここに理由があるのかもしれませんね!

なんにせよ帰ってくるのが楽しみです!!



我が家にある、TC Electronicの2商品。
IMG_1957
Flashback mini(ディレイ)と HOF mini(リバーブ)です。
これら2台を含むTC Electronicのいろんな製品には、スマホアプリから世界中のいろんな有名ギタリストのサウンドをダウンロードできる「トーンプリント」という機能がついています。
すごい世の中になったもんですよね〜(゜o゜)

もちろん好みはあれどトーンプリントを使わなくてもデフォルトのままでもとても良い音です。サウンドハウスさんなどのサイトにも「デフォルトのままで十分」というレビューが結構ありますしね!

ただ僕個人としては、前述した2台のデフォルト設定にちょっと不満が出てきたんです。

まずフラッシュバックミニ(ディレイ)はONにすると原音がハイ上がりな音になってしまうこと。そしてHOFミニ(リバーブ)はつまみを10時以降にすると急激に残響が深くなるので、ちょっとでもツマミに触れちゃうと効きがめっちゃ変わってしまうこと。
これらの悩みが解消されるようなプリセットがあると嬉しいですね


アプリをスマホにインストールして開いてみると、
IMG_1958
世界中のいろんなギタリストや有名ショップの名前がズラーっと出てきます。いったい何人分あるんでしょう、数える気にもなれないほどの数です。知らない人もたくさん・・・
もちろん上の写真は極一部です。

ギタリスト名やショップ名を選択すると一応説明文みたいなのが表示されるんですけど、全部英語なので僕には読めません。なので、知ってるギタリストや「この人の音 好き」っていうギタリストを何人か選んでとりあえずダウンロードしてみることにしましょう(^^)


やり方はとっても簡単
.ター本体とTC Electronicのエフェクターをシールドで接続します。
▲好泪曚肇ター本体のボリュームを最大にします。
TC ElectronicのエフェクターをONにします。
ぅ▲廛蠅涼罎らダウンロードしたいプリセットを選びます。
ゥ好泪曚離好圈璽ーをギターのピックアップに近づけます。
ΑBeam to pedal」ボタンをタップします。
Д圈次璽ガガ・・・みたいな音が鳴り、エフェクターのLEDの点滅が終わったら終了です。

プリセットや機種にもよるんでしょうけど、時間は5秒かからないくらいでしょうか。速い!
ちなみにギターとエフェクターの接続は、間に他のエフェクターが繋がってる状態でも、スイッチャー等を介して繋がっている状態でも大丈夫でした(^^)


さて、いくつか試した中で僕が現状ダウンロードしてあるのは、
IMG_1956
まずディレイがピートソーンさんのプリセット。
説明文にはTC Electronicの名器2290のスタイルだと書かれていますね。もちろん本物は使ったこと無いですけど、冒頭に書いたようなデフォルトの不満点は見事に解消されて大満足(^^)
デフォルトはハイ上がりな音でしたがこれは逆にちょっとハイが落ちてるのか太くなる印象です。嫌味じゃない程度にモジュレーションも掛かってるようですね。


続いて、
IMG_1955
リバーブがオズノイさんのプリセット。
ツマミはゼロから上げるにつれてちょっとず〜つ残響が深くなっていくという効き方なので、僕的にはデフォルトよりも何倍も使いやすくなりました!
音はナチュラルなスプリングリバーブという感じです(^^)


という訳で、トーンプリント試してみました。
プリセットを最初から最後まで全部ダウンロードしてたらキリがないほどの量なので正直迷子になりそうな危険もあるんですが、僕みたいにデフォルトの音や操作性に不満がある方は、まず好きなギタリストや知ってるギタリストのプリセットから試してみる価値はあると思います!



ジャンクで購入した、ヤマキのR-60(詳細はコチラ)。

音はいいと思います。気に入ってます。ただ現在比較対象が無いのでわからない
昨日は夕方ずっと弾いてました(^^)

ジャンクなので要所要所に大小様々な問題点があるんですが、その中の1つが白濁
まぁヤマキにとって白濁はある意味お約束(失礼)みたいなところがあるんですけど、無いなら無いに越したことはない。


ヘッド。
IMG_1920
全体的に白濁してますが、特に1〜3弦ペグ側のエッジのあたりがわかりやすいでしょうか。
ロゴも霧で霞んでるかのように見にくくなってるでしょ。


サウンドホールあたり。
IMG_1921
ロゴ同様にロゼッタが霞んで見えるので、白濁してることがわかってもらえると思います。


IMG_1922
IMG_1930
サイドやバックもこんな感じです。
ヘッドもそうですが、ローズウッドの方が木の色が濃いだけに白濁してるのが目立ちますかね。

これら白濁を除去したいわけですが、ネットで調べると、濡れたタオルをあててスチームアイロンで熱すると白濁が無くなる!と読んだので真似してみます

・・・が、
IMG_1923
白濁が消えないばかりか、ピックガードが白く変色してしまいました(ToT)
なんてこったい。。。。。


(弦張ったあとの写真ですが)ヘッドは、
IMG_1928
んー、なんか最初の写真と比べるとロゴが幾分見やすくなってるような??
・・・いや、角度の問題ですね

アイロンをあてる時間が短かったんでしょうか?
でもギターがめっちゃ熱くなって怖くなってきたのでこれ以上は気分的にできませんでした
熱で接着剤が緩んでブレーシングが外れたりしたら元も子もないですからね。
という訳で失敗です(-"-)

いずれ気が向いたら塗装全部剥がしてリフィニッシュでもしましょうかね〜。


そんなこんなしながら、さびさびだったフレットを磨き、カラッカラに乾いていた指板を保湿。
IMG_1924
いや〜しかし吸う吸う(笑)
ほどほどにしておきましょうかね。


IMG_1926
ブリッジはまるで車のウッド調ダッシュボードのように(笑)ピッカピカになりました
これ、ブリッジ塗装されてるのかな??


マーチンのカスタムライトを張って、完成!
IMG_1929
IMG_1927
結局、白濁は消えませんでしたが、これくらいの距離で見れば大して目立ちませんね^m^

弦を交換したことによる音の変化は当然ですが、みなさん、フレットを磨いたら音が明瞭になる気がしませんか??僕はそう感じます。やっぱり実際に弦が触れてる部分が錆びてるかピカピカかで弦鳴りの響き方や木部への伝達も変わりそうですもんね!
こういうのはアコギで特に顕著な気がします
日によって機嫌が変わるのもエレキより顕著な気がしますけど(汗)だからこそカワイイっていうのは確実にありますよね(^^)



コチラで紹介したミルフォードというロゴの入った謎のセミアコの演奏動画を撮ってみました
ツイッター用にiphoneで撮った短い動画ですけど
リアピックアップはGibsonの80年代のPAF(Tim Shaw PAFとかNew PAFと呼ばれる物)。
フロントピックアップはDeArmondのハムバッカー。詳細不明ですが結構古そうな物です。

セミアコにしては結構ソリッド寄りな音だなぁと感じてたんですが、この動画を見ていただいたお友達などから「セミアコらしい音だね」と言われたので、きっとそうなんでしょう ^m^

実はピックアップを交換しようと思って用意してあるんですけど、この動画を撮って客観的に聴いてみたら結構いい感じなので考え直してみようと思います。まぁ減るもんじゃないので、とりあえず交換して音を聴いてみるのもアリですよね
IMG_1912
IMG_1817
どっちから試してみようかな〜^m^


そうそう。
このセミアコのポジションマークはよく安ギターにあるような無地の樹脂製みたいな萎えるヤツなんですけど、それが気にくわないのでインレイシールを貼ってみました。

ビフォー↓↓
IMG_1802


アフター↓↓
IMG_1804
遠くからみたら全然わからないようなさり気ないプチモディファイです
でもこれってレモンオイルなどで指板拭いたらすぐ剥がれそうな予感がするんですけど、どうなんでしょうね??まぁ数百円だからまた買えばいいか(笑)

※追記
メーカーの説明によるとレモンオイルやオレンジオイルOKだそうです。



先日アプリができてから、ハードオフ・ネットモールのチェックがしやすくなりました
Twitterの方でもハードオフの各店さんからフォローしてもらって、ますますハードオフ贔屓が加速しそうな僕です(^^)


さて。
ある日いつものようにハードオフネットモールをチェックしていると、気になるセミアコを発見。メーカーは謎ですが、ボディにはウェザーチェックがビッシリ入っているし、ピックアップはDeArmond & GibsonティムショーPAFと拘りの仕様になってるじゃないですか
しかもディープジョイント
さらにギブソンのハードケースもついてくるみたいだし

なんとなく只者じゃない雰囲気をビビっと感じて、ポチっちゃいました(^_^;)

数日後、到着!
IMG_1731
いわゆる、Gibson ES-335のコピーってことになるんでしょうかね。
写真でどこまで伝わるかわかりませんが、結構いい雰囲気放ってます。

・・・ただ、いかんせん謎な部分が多いです。だからこそ そそられたんですけどね(笑)


ヘッドストック。
IMG_1759
ミルフォードっていうロゴが入っています。ギブソンのレスポールJr.とかJ-45みたいなゴールドのシルクスクリーンロゴです。右上がりなのはGibsonロゴを意識してるんでしょうか?(笑)
ペグはグローバーが載っています。
ここにもびっしりとウェザーチェックが入ってるんですけど、ちょっと角度が悪かったのかうまく写っていませんね。

ちなみに「milford ギター」でググっても、この個体が掲載されたハードオフのサイトしかヒットしません。工房製のオーダーギターか個人製作の物か、そんなとこでしょうか・・・もしくはただの335コピーのロゴを過去オーナーさんが替えただけとか?(謎)


IMG_1758
セミアコはFホールの中に貼ってあるラベルにいろんな情報が書かれているものなんですが、このギターには今は無きスイング・ジャーナル誌主催のジャズディスク大賞金賞受賞(1984年)のシールが貼られています。
このギターの製作時に貼られたのか後から貼られたのかわかりませんし、そもそもこのギターとジャズディスク大賞に関係があるのかどうかすらわかりません(^_^;)

ただ、過去オーナーはジャズが好きで、このセミアコをジャズギターとして使っていた可能性は高そうですね


IMG_1756
前述しましたが、ピックアップはフロントがDeArmond製


IMG_1757
リアが80年代のGibsonのティムショーPAF(New PAF)です。
近年再評価されてきてて僕もレスポールDCに載せているPUですが、ぶっちゃけもうちょいブライトで垢抜けた音の方が僕個人としては好きです。

ブリッジが前後逆に付けられて届きました。面倒なのでまだそのままです。
塗装が剥げた部分の色を見るとブラス製ブリッジのようですね。塗装はニッケルです。


IMG_1730
ウェザーチェックがびっしり入っていますが、これが経年変化によるものなのか、僕みたいに冷却スプレーで人為的に入れたものなのかはわかりません。
ただ雰囲気は悪くないですね。
僕が「只者じゃないかも」と思わされたポイントでもあります。


「只者じゃないかも」・・・とは言え、ぶっちゃけ僕はそんなに「見る目」を持ってるわけじゃないので、ただの安物コピーギターである可能性も否定できません。
と言いますのも、、、
IMG_1761
なぜかボディバインディングの上に塗装されてしまってるという謎ポイントが。。。
これは意図がまったくもって不明ですね
バインディングが無い335と言えばGibsonではES-335 Studioという廉価モデルを思い起こさせるので、普通ならバインディングが見えてる方が良いと思うのが心情だと思うんですが、なぜ敢えて隠してしまったのでしょうか???(-"-)


そして、
IMG_1729
指板にバインディングが無いのもまた、ES-335 StudioやEpiphoneのDOTといった廉価版を彷彿とさせるなぁ。。。と思いきや、あとから調べたらGibson ES-335は初年度の1958年製は指板にバインディングが無かったことがわかりました。
それを狙って再現された物なのか否か憶測の域を出ませんが、もしかしたらマニアックな人がオーダーした(製作した)ギターかもしれませんね ^m^

・・・まぁ、そこまで拘りのある人ならボディバインディングを隠しちゃうってのはあまり考えられないので、ただコストと手間を削減しただけという可能性も捨てきれませんが


IMG_1760
さて、気になるサウンドです。
今、比較対象がストラトしか無いのでそう感じるのかもしれませんが、ブリっとした低音が良く出ますね!特にフロントはDeArmondの特性もあるのかそれが顕著です。それに比べるとリアは意外とエッジーで、これならロックでも全然イケます
フロントで深めに歪ませてロングトーンでリードを弾くと超気持ちいいです
ただ全体的にはもうちょっとブライトな方が好きかな。

あと、セミアコなので当たり前なんでしょうけど生鳴りが大きくてサスティンもとても長いので、アンプに繋がないで弾いてもとても楽しいです!!昨日は午前で仕事終わらせて帰宅したんですが、夜までずっと爪弾いていました(^^)
ネックとフレットの状態が良くて非常に弾きやすいのも嬉しいポイントです

所有経験がほとんど無くてセミアコのことはよくわからないので、比較対象として他のセミアコ(欲を言うなら本家335)と一緒に弾いてみたいですね〜。


という訳で、謎セミアコのご紹介でした!
最後に、一応この個体が紹介されているハードオフのURLを貼らせていただきますね!
HARD OFF 久留米国分店 ギターメンテナンス MILFORD JAZZ GUITAR SEMI HOLLOW

あ〜素性が知りたい!!



このページのトップヘ