ジナパパ一家の何てことない日常

ペットの事。家族・育児の事。趣味のギターの事。日常の何てことない事。とにかく一貫性のないブログになってきました(笑)

マルとクルを家族に迎え入れて1週間が過ぎました(^^)
くわしくはコチラ

2匹とも無事(?笑)に爪切りもできましたよ^m^

IMG_5861
ケージから出す時間も徐々に増やしています。
悪いこと(笑)もせず、2匹ともいい子でやってますよ


IMG_5877
ケージの外でも基本的に2匹くっついていることが多いかもです。
ニャン友ネットワークの方がおっしゃっていたように本当に仲良し、というか信頼しあっていうような関係で、2匹一緒に引き取ってよかったと心から思います(^^)


でも、
IMG_5872
この前、マルがワープくんと一緒のベッドで寝てました!
マルクルが来た当初、ワープくんは結構シャーシャー言ってたので一安心です(^^)
ワープくんも保護猫なので、先輩としていろいろ指導してあげてほしいです^m^



先日新たに我が家にやってきたネコちゃん2匹(くわしくはこちら)。

2匹とも環境に適応してくれるのがとても早く、うちの先住猫・先住犬たちも優しく接してくれるおかげで体調を崩したりもせずに毎日を過ごしてくれています


そろそろ大丈夫かな?と思い、ケージの外の世界にも少しずつ慣らし始めました!
IMG_5779
「外に出るの?怖くない?」「大丈夫だよ!みんな優しそうだし!」
そんな会話が聞こえてきそうな写真^m^


IMG_5796
先に飛び出したのは、めすのクルの方でした(^^)


IMG_5809
さっそく、むー子からのご挨拶。


IMG_5820
メイちゃんとぷっちょも。
ぷっちょは本当に心優しい犬でよかったです(^^)
ジーナは・・・ケージから身を乗り出して見てましたが、出てきません


IMG_5810
おすのマルも出てきそうな素振りは見せるんですが・・・


IMG_5819
ドアが開きっぱなのに、しばらく外に出る気配なし。やっぱり緊張してるんですね〜。そもそも、うちに来た日からマルの方がクルより緊張してるっぽかったんですよね。


IMG_5821
でもしばらくすると、警戒しながらも出てきました(^^)
物陰に隠れながら、忍者のように移動します^m^


IMG_5824
しばらくすると、2階のぼくの部屋まで来てくれました(^^)
こうして部屋のドアを開けっぱにしてても、入ってくる猫と入って来ない猫がいるんですよね〜。きっとギターの音が大きく聴こえるのがイヤな猫があるんでしょうね


この後爪切りに挑戦。
おすのマルは最初すごく抵抗しましたけど、なんとか切ることができました
クルは・・・まだ挑戦していません。
クルは蜘蛛のように網戸をよじ登る(!!)ので、早く切りたいんですけどね


ジーナのお散歩の時に、外から家のベランダを見たら、
IMG_5825
クルが外を眺めていました(^^)
前の家に住んでいた時は、こうして外を眺められる生活をしてたのかな?1DKに100匹以上ですから、外から見られないようにカーテンを閉め切られてたのかな?とか、考えちゃいます。


ある日の旧北海道庁、通称・赤レンガ。
IMG_5659
昔、ここで写真撮ったら窓に霊が写るとか、有名でしたね^m^

・・・ってそれはどうでもいいとして、
この赤レンガ前で開催されていた、ネコの譲渡会に行ってきました!
IMG_5660
いろんな団体さんが出展していました(^^)


ここで出会った、この2匹。
IMG_5671
実家のドラちゃんを彷彿とさせるトラ模様の子と、
若き日の亡きプンちゃんを思い出させる白い体!
もちろん他にもかわいい子はいっぱい、、、というか例外なくみんなかわいいんですが


・・・北海道の方は特に、ニュースでご覧になられた方も多いかもしれませんが。。。
先日の、1DKのアパートから100匹以上のネコと1匹の犬が保護されたという多頭飼育崩壊のお話をご存知でしょうか。くわしくはコチラをご覧いただきたいのですが、この譲渡会では本件で保護されたネコちゃんもたくさんおり、写真の2匹のネコちゃんもその中の子だったんです。

「前回の譲渡会でこの2匹を別々のケージに入れたら、すごく寂しがって体調を崩しちゃって・・・」とはスタッフさんのお話。2匹一緒に保護して欲しいという想いが伝わってきました。でも、いくらネコを飼いたいという想いで譲渡会に来ても、いきなり2匹同時に増えるのは現実的に厳しいという人も多いでしょう。他の保護猫よりも里親さんが見つかるのに時間がかかるかもしれない・・・。そう考えたら、うちがこの子たちの里親になりたいと思ったんです(^^)
その旨をスタッフさんにお伝えすると、喜んで泣いてらっしゃいました。


猫ちゃんは首にそれぞれ異なる番号が書かれた札をぶら下げています。
1軒の1DKのアパートから100匹以上が保護されたので、「どの子がワクチンが済んだ」「どの子が避妊去勢手術が終わった」など混乱しないよう番号で管理されているそうです。
「この番号札が首から外された時が、この子たちが本当に幸せになれる時なんです」と、ニャン友ねっとわーく代表の勝田さんがおっしゃいました。もう涙をこらえるのに必死でした。。。


さて!!
そんなこんなで数日後!!
IMG_5711
晴れてこの子たちは我が家の家族となりました!!
里親として認めてくださったニャン友ねっとわーくさんに心から感謝します m(_ _)m
先住猫のメイちゃんが見張り役のように鎮座しています(笑)


IMG_5714
むー子も気になるようす。

保護猫たちは、この2匹に限らずとても人に慣れているし、100匹以上で暮らしていただけあって猫に対してもそんなに物怖じする素振りもありませんでした(^^)
IMG_5708
来たその日からご飯を食べましたよ


IMG_5721
仲良く2匹でくっついて寝ました
やっぱり一緒に引き取らせていただいてよかったです(^^)


で、名前が決まりました!!
IMG_5734
まず、トラ模様の男の子。マルといいます!
1歳くらい、とのことです。


そして、
IMG_5725
白い毛の女の子。クルといいます!
3歳くらいじゃないか?とのことです。

2匹合わせて、マルクルです。
ハウルの動く城に出てくるキャラクターからとった名前だそうです(奥さん談)^m^
いまだに、頭の中で「どっちがマルでどっちがクルだっけ」と一旦整理してからじゃなきゃ名前を呼べません


昨夜からちゃんとトイレで用を足せるようになりました!
マルはちょっと軟便だったけど、緊張がほぐれれば徐々に良くなっていくでしょう(^^)

これからはこの子たちもうちの大切な家族として、1分1秒でも長く幸せを共有していけたらいいなと思います


ブログ読者様に重要なお知らせ

※ この記事はしばらくトップに掲載されるよう設定しております


私のブログ・ギター繋がりの友人知人に、
挨拶代わりにギターをお貸しします
○○をプレゼントするので使ってみてください

とコンタクトをとってくる人物がいることが、多数報告されています!
おそらく当ブログや私のSNSを辿って人を選んでいると予想します。そうじゃなければ「送った相手がたまたまジナパパの知り合いだった」なんていう偶然が重なるのは考えにくいからです。

ご本人は親切のおつもりなのか意図はわかりませんが、「ジナパパさんのブログに登場してた○○さんからメールが届いたのだが、一体どういうことなのだろうか?」「見ず知らずの個人から突然こんな高価な物を貸すとメールが来るなんて、裏がありそうで怖い」と困惑されている方々もいらっしゃるのは事実です。リアルタイムでご報告いただいてなくても、世間話の中で「実はうちにもメールが来てたんだよ」という話をあとから聞いて知るというパターンもございました。

私には皆様の人間関係を強制する権利はありませんので、該当人物からのレンタルやプレゼントを受諾されるか否か、また該当人物とお付き合いされるか否かは皆様のご判断にお任せします。
ただ、私ジナパパは一切の関与はしておりませんし、皆様と該当人物との間で起こったことに関して一切の責任は負えませんことをご理解ご了承いただけますよう強調させていただきます

このようなことを書きますと、「よくコメントしてる人か?」「よくジナパパとスタジオに行ってる人か?」と勘繰られる方もいらっしゃるかもしれませんが、該当人物のことが書かれた当ブログの記事やコメントは削除済み(漏れがありましたら発見次第随時削除していく所存です)ですので、現状で当ブログにお名前がある方々は該当しません。皆様、私にとってとても大切な方々です。

ここからは注意事項です。
今後 皆様がコメントをくださる際、念のために皆様のブログのURLは記入なさらない方がよいかもしれません。 ←URL記入欄は閉鎖しました。メールアドレスに関しては管理人である私しかわからないような設定になっておりますので、従来通りご記入いただいて大丈夫です。直メッセージや拍手コメも同様に大丈夫です。←拍手機能は削除しました。
場合によっては今後はコメント欄そのものを閉鎖 or 非公開にするかもしれません。

不可抗力ではありますが、私がブログやSNSをやめることでしかこの状況を止められないのであれば、今後ブログやSNSの削除も検討せざるを得ません。私や、メールが届いた皆様に、これまで直接的な危害があった訳ではございませんので、今まではご報告をいただいても特に行動は起こさず静観しておりましたが、正直なところ「お前の友達なんなの?」という目で見られるのも悔しく、また、何年もかけて信頼関係を築いてきた大切な皆様がこのようなことで離れてしまうとすれば本当に悲しいですし、そしてなにより今後さらにイヤな思いをされる方が増えてしまうのは耐えられませんので、複数の方のご助言をいただいて本文を掲載することを決めました。

ご迷惑が掛かってしまった方々、誠に申し訳ありませんでした。

アコギの話です!!
僕は今まで4本のエレアコを、人前での演奏で使いました。
10数年前に、当時働いてた会社とテナントさんや取引先さんとの合同新年会で弾いたタカミネ。そして昨年末から約10か月の間に3回ライブで使ったフォルヒヤマハFGアヌエヌエです。
タカミネのことはほぼ覚えてないので割愛(笑)。

6be2dd31
フォルヒ
多分、いろんな意味で一番使いやすかったし音も良かったのはコレだったんじゃないかな、と思います。もちろんライブですから、エレアコとして使った場合の話ですよ。生音はそんなにガンガン鳴るタイプの子じゃないですが、ボディサイズも手ごろで とにかくまとまりが良かったですね!元はPUが載っていない純粋な生ギターだったんですが、おそらくこれくらいの生鳴りのアコギの方が電気通した時も扱いやすいんでしょうね。
ストローク、アルペジオ、単音弾きのバランスが一番良かった。ここが評価としてはデカいですね!!


bf49be2b
ヤマハ FG1200J
こいつはとにかく生鳴りがドッカンドッカン鳴るタイプですね!!電気通さないで弾いた時の、弾いてるこっちのテンションをガンガン上げてくれる様はピカイチ。今でもやっぱりFGが欲しくなっちゃうんですが、正直電気通しちゃったらここまでの鳴りは必要無いかな?っていうのと、最近は取り回しの手軽さとかも考えちゃうので、ちょっとこのサイズのアコギはもう買わないかもしれませんね〜。
ギター1本で弾き語りとか路上とかで演るなら良いんでしょうけどね^m^


image
そしてアヌエヌエ
こいつは総単板なのでオール合板のモデルと比べたらやはり良く鳴ってはくれますが(こちら参照)、それでもやっぱりミニギターなのでサスティーンが短いですし、ふくよかさは前述の2本には全然負けます。でも音量は意外なまでにデカいんです!メリットはやはり取り回しの良さと弾きやすさ、そしてこのルックスですかね!!ライブで重要なところを一通り網羅しているという意味では本当にいいギターに出会ったな!という感はあります
ただバンドの中で使うという意味では、良くも悪くもちょっとした音の加工というか工夫は不可欠だなと前回のライブで感じましたね〜。単音弾きでリードとったりなんかしたら、一気に曲が素朴になるというか、牧歌風になるという(笑)。


とりあえず新しいアコギを買う予定は現在はまったく無いですが、もし次があるとしたらアヌエヌエでバック&サイドがローズ系のモデルを弾いてみたいですね!ミニサイズであることと相まってか、マホガニーだと結構ジャキジャキが強調されて軽さが際立ってしまう嫌いがあるようにも感じるからです。
アコギのサイド&バック材というと主にマホ系とローズ系の比較になってしまうせいか、「柔らかいマホより、固いローズの方が明るく明瞭な音がする」と思われている方もいますが 僕的には真逆で、マホガニーの方がジャキっとキレがあって明瞭でパーカッシブという印象。ローズ系はもっと深みや粘りがあり、どっちかと言うとマホ系よりも良い意味でダーク?シック?アダルティ?(笑)だと思います。アヌエヌエくらいのボディサイズだと、ローズ系の方が良さを発揮できるのかな?という勝手な予想です(^^)
もちろん、材だけで音が決まる訳じゃないのは言うまでもないですがね!

・・・って書いてて、やべぇ、欲しくなってきた(笑)


このページのトップヘ