ジナパパ一家の何てことない日常

ペットの事。家族・育児の事。趣味のギターの事。日常の何てことない事。とにかく一貫性のないブログになってきました(笑)

昨年入手して、いろいろ手を加えたフォトジェニックのレスポールコピー(1本目)。
(その時の記事を並べておきます↓↓↓)




音にもとても満足していました!
が、この個体は一通りいじってライブで一度使ったら満足して売ってしまいました(笑)
いくら雰囲気が良くてアップグレードした個体とは言えフォトジェニはフォトジェニ。
リセールバリューは悲しくなるほど安かったです(汗)


ブログには書きませんでしたが、実はその後 同じく旧ロゴ(初期ロゴ)のレスポールカスタムコピーも入手しました。しかしジョイントはボルトオンだし、バラしてみたらボディはスッカスカの多層ミルフィーユ構造だし…ギターとしてのクオリティは一昔前の安ギターの最下級仕様でしたね(^_^;)
一口に初期ロゴのフォトジェニと言ってもいろんな仕様があるんだなと知らしめられました(^_^;)

(ヘッドの形状やジョイントが同じなので多分この動画の個体と同じ仕様かと思います↓↓↓)



そして時は流れて先日。
貯まっていた楽天ポイントの有効期限もあることだし何かに交換したいな、と思ってた時にこれまた雰囲気が良さそうなフォトジェニックのレスポールコピーを見つけてしまいました
どんだけ好きだよ、と言われそうですが、別に敢えてフォトジェニを探してた訳じゃなくたまたま目に入っただけですからね(笑)


そして届いたフォトジェニックがコチラです!!
IMG_2370
うん、ネットで感じてた通り実物も非常に雰囲気が良いです!!(見た目)
写真じゃ伝わらないと思いますが、1本目のフォトジェニック同様にボディトップのカービングが外周に向かって反り上がっていくような色っぽいカーブ(いわゆるディッシュカーブと呼ばれる感じですね!)を描いています(^^)

カラーリングも90年代のGibson レスポールスタンダード(レギュラーライン)を彷彿とさせるような、僕好みのハニーバーストのような色!
いやぁ、これはお気に入りだった1本目のフォトジェニックよりも更に雰囲気が良いです


ボディバック(…ってトップもですがw)には謎の木が使われています。
木目的にはマホガニーではないのは間違いないですね。

ツイッターで「ナトーという木だ」という情報を頂きましたがそれはあくまでも現行モデルでの情報。僕の2本の個体のように昔のロゴが貼られた同時期と思われる個体同士でさえ それぞれ全然違う木目の木が使われているので、きっとこの辺の安ギターは固定のスペックは無いに等しく、いくつかの工場によってその時に一番安く大量仕入れできる木材を選んでいたと思います(推測)。

ちなみに1本目のフォトジェニのボディは縦にも横にも木材が貼り合されており、何ピース・何プライなのか数えるのもバカらしくなるくらいのツギハギボディでした。が、今回の2本目の個体は横方向にだけ貼り合された3ピースボディでした!
安ギターはスペックが統一されてないからこそ、僕が所有した個体たちのようにこういう点に差異が生じるのでしょうねー(良くも悪くも)。

トップには、バックとは違うと思われるメイプルっぽいルックスの木材が貼られています。
とは言え、きっと表面だけ薄い1枚の化粧板がラミネートされているのでしょう(笑)


ネックやヘッドの写真を撮り忘れたのですが、この動画に映っているのでぜひご覧ください。
重量は4.17キロとしっかりしています。


さて、も載せておきます!
かなりブーストさせた歪みしか撮っていませんが ^m^
まだドノーマルの状態なのですが、全然 普通に使えるサウンドが出てると思います!
安ギターの泣き所の代表であるナットとペグくらいは早く交換したいですねー。。


IMG_E2376
という訳でPhotogenicレスポールコピーモデルの紹介でした。

安ギターの代表格とも言える、フォトジェニックというブランド。
誤解を恐れずに言うならば、中古で5000円程度で買えるこの激安ギターに対して「安ギターなんだから細かいことはどうでもいいし高クオリティを求めるのもお門違いだろ」と心の中で思うことも実際あります。

ただ、ロゴ、年式、個体によってここまでスペックにバラつきがあると「他の個体はどうなんだろう?」と興味を引かれますし、その中で実際に良い個体に出会えたら「もっと良い個体があるかも」と期待してしまうのも事実です。

そして気になる個体に出会えた時、なんの躊躇も無く買えてしまう値段!

他にも、前述したように個体による木材の違いなどから、中国のギター製造工場の事情や時代背景などといった「ストーリー」もぼんやり見えてくる(妄想できる)あたりにちょっとロマンも感じるのです(^^)

現代の工業製品は品質のバラつきが無く安定しているからこそ、逆にフォトジェニックのように謎な木材で作られていたり品質にバラつきがあったりすることで思いがけない「当たり個体」が爆誕してしまう可能性があるのです!!(少なくとも僕はそういう夢を見てます笑)

・・・ほら、あなたも欲しくなってきたんじゃないですか?
え?ならない?
ですよね(笑)




バンド仲間のギタリスト、ケンちゃんとスタジオで遊んできました!
実はケンちゃん、いろいろ事情があって家でアンプを鳴らせなくなってしまったそうなので、ストレス発散が一番の目的です(^^)


一方、僕は
IMG_E1655

DV MARKのアンプ、DV Raw Dawg EG エリックゲイルズモデルをスタジオで爆音で鳴らすのが目的。横幅22.5センチ、重量2.6kgという超小型ヘッドなので、適当なバッグに入れて持ち運ぶのも全く苦じゃなかったです
可搬性の良さはクリアー!!素晴らしい!!

バッグ(本来はエフェクターケース)も買いました(^^)
専用品ではないけど、ピッタリ!

MUSIC WORKS EBB1-SS BK エフェクターケース

価格:4,150円
(2022/5/31 09:54時点)



IMG_2347
スタジオ常設のMarshall JVMの上に置くと、この小ささ…!
これで出力250ワット(4オーム)ですから驚きです。

まぁでも以前持ってたZT AMPのランチボックスみたいに公称値200ワットでも「思ったほどデカい音じゃないなぁ」っていうアンプもあったので、実際の聴感上の音量はどんなもんか気になるところ。同じワット数で比較してもトランジスタアンプの方が真空管アンプより音が小さい、とも言われるので、パワーアンプ部が真空管じゃないこのアンプも案外そこまでデカい音じゃないのでは?という疑問も。。。


IMG_2346
・・・っていう心配が杞憂だったと思うくらいの爆音でした!!(笑)
いやー、素晴らしいです。
もちろん音量はスピーカーの能率にも起因しますが、スタジオ常設のMarshall 1960Aキャビ(16オーム)に繋いでVOLUMEつまみ12時手前くらいで既にライブで鳴らすような大音量が出てます。これで公称値のとおり4オームのキャビに繋いで250ワット出たらどれだけ爆音なのか…!?恐るべし!

あと、どれだけVOLUMEを上げたら歪み始めるのかも気になってました。
結果は、時計の針で1時を過ぎたくらいから、ごくごく軽く歪み始めてるかな?という感じ(普通のシングルコイルのストラトモデルの場合)。ただこの時点でもうかなりの爆音なので、このアンプで歪ませるのは現実的では無いな、という印象です(笑)
ヘッドルームが大きくクリーンの領域が広い、という期待通り挙動を見せてくれました!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※追記

この日のスタジオでは、足元のコンプで少しレベルを上げていたため1時を過ぎたあたりから歪み始めていたことがわかりました(汗)。すみません。
後日改めてスタジオで、アンプ直結での状態で鳴らしたところ、普通のシングルコイルだとボリューム3時を過ぎるくらいで「僅かに歪んでるかな?いや歪んでないかな?」という程度。ただこの時点でスピーカーが飛びそうで怖くなるほどの爆音なので、これ以上はボリュームを上げれませんでした…!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

家とはキャビが違うのでそこは考慮しなきゃいけませんが、音量を上げるほど帯域のバランスがとても良くなります!ハイとミドルに適度な固さと張り出しを感じるようになりますね!

家音量だとTREBLEをかなり上げてBASSをかなり下げないとコモり傾向なので、やはりそこは大出力アンプならではの「音量上げなきゃ真価を発揮しない」感はあるかもです。小音量からしっかりと鳴らすという意味では、同アンプの60ワットバージョンの方が適してるのかもしれません(^^)

このアンプ、サイズ的にも音的にも本当に買って良かったです!!




最近アンプ熱が再燃しております。
ギターやエフェクターも言うまでもなく大切ですけど、最終的な音の出口であるアンプ次第で音が一番大きく変化するので、楽しくてついついいろいろと試したくなっちゃうのはやっぱり昔から変わりませんねー(^^)


IMG_E2286
今回買ったのはこちら、マーシャルLEAD20 Model#5002です!
家庭用Marshallとして同シリーズのLEAD12と並んで「リトルJCM800」と呼ばれたりするアンプですね。そのLEAD12は過去に何台か所有(コンボもスタックも)したり、ピロさんに鳴らさせてもらったりしたことがあるんですが、LEAD20は記憶する限り初体験です!

家庭用としては出力もサイズも小さいLEAD12の方が人気があって中古相場も高いので、こちらLEAD20は結構狙い目だと思います。加えてこの個体はレアなホワイトの割にはガリが多いとのこともあって安かったんですが、接点復活材で難なく直りました


IMG_2323
Tシリアル1985年製です。
情報によりますと、R、S、Tシリアルの約3年間は写真のようにコントロールパネルが金属製。それ以降は塩ビ板のような樹脂に変わります。1970年から続く往年のメタルパネルは「That'sマーシャル!」を体現したようなルックスでテンション上がります^m^


IMG_2324
コントロールはGAINVOLUMETREBLEMIDDLEBASS
迷いようの無いオーソドックスさ!
GAINは徐々に上がるカーブで、目盛り8.5を過ぎたあたりから一気にハイゲインになります。
歪ませるほどに低域と音圧が増してくるのですが、逆にクリーンだとBASSを上げても低域不足感は否めない(キャリキャリした音)ので、僕的にはこのアンプは思い切ってガッツリと歪ませてこそ!と思います。


IMG_2327
裏面。
近年のアンプのように充実した入出力は一切ありません(笑)
直結で歪ませてこそのアンプだと思うのでセンドリターンくらいはあれば便利なんでしょうけど、まぁそんな野暮な注文も出てこないくらいに音が良いです(詳しくは後述)!


IMG_2329
スピーカーはCelestionG10L-35(MADE IN ENGLAND)です。
余談ですが、LEAD12に載っているスピーカーは同じ10インチでもG10D-25というスピーカー。数値的には耐圧が10ワット違うだけですが、現物はこちらG10L-35の方がかなり大きなマグネットがついています。

このままで十分いい音なのですが、やっぱ12インチも試してみたくなります。筐体のサイズとしては12インチスピーカーも収まるので^m^


IMG_2322
と、まぁいろいろ書きはしましたが、なんと言ってもホワイトトーレックスというだけで所有欲が満たされるアンプです!白いマーシャルと赤いマーシャルは物欲が刺激されます^m^
実際のところ今回も買った一番の理由は「白いから」。
ネットで検索する限り、ホワイトトーレックスのLEAD20は1個もヒットしなかったので個体数はかなり少ないと想像します!(LEAD12なら白は結構あるんですけどね)


さて、簡単に音を撮ってみました↓↓↓

アンプ直結で、LEAD20のGAINをMAXにして歪ませてます。
往年のハードロックサウンドが何の小細工も無く飛び出してくるのは、やっぱりその当時のリアルタイムのアンプである強みですよね(^^)
さすがリトルJCM800の名をほしいままにするサウンドです!

ちなみにこのアンプは真空管では無くソリッドステート
クリーンは一昔前のソリッドステートらしさを感じますが、いざ歪ませればソリッドだチューブだなんて関係なく ギタリストの潜在的な魂に訴えかけてくるカッコいい歪みが飛び出します!


IMG_2330
横幅 約47.5センチ高さ 約43.5センチというサイズ感も良いですねー。
デカすぎず小さすぎず、といった感じで(^^)


IMG_E2287
1985年製 Marshall LEAD 20 Model 5002
の紹介でした!

僕は基本的に「アンプはクリーンで歪みはペダルで作る」というスタイルなのでクリーン主体でアンプを選ぶんですが、このマーシャルのような直結でハードロックを弾いて気持ちいいアンプもたまには良いものです。実用面とは違う部分でね!^m^
まぁそもそも数年前まではビンテージマーシャル使いだった訳ですし、Marshallの歪みで気持ち良くなるDNAは流れてるってことですね


※追記
12インチスピーカーを載せてみました↓↓↓





最近、「いかにアンプを小さく軽量にするか」をMyテーマとしてやらせてもらってます。
IMG_9221
昨年から愛用している1968年製FENDER BANDMASTERヘッド
これは横幅61センチ重量は13キロ台
それなりの出力を確保している真空管ヘッドとしては十分小さくて軽い部類のアンプなんですが、決して若くない上に頸椎と腰椎にヘルニアを持ってる僕としてはもう少し軽いのが理想。。。


で、リサイクルショップ巡りで見つけたこんなアンプを買ってみたり。
これはMarshall DSL1CRというコンボアンプで、出力僅か1ワット。。
まぁ家で鳴らすなら1Wで十分だしライブで使う訳じゃないし…と買ってみたものの、やっぱり日常的にFenderのビンテージアンプを鳴らしてる身としては満足に足る音質ではな…ゴニョゴニョ 汗


で、次に買ったのがこれです。
IMG_E1652

DV MARK DV RAW DAWG EGという小型アンプヘッドです。
フェンダーヘッドの上にちょこんと載ってるヤツがそれです。

いやーこれは良いですよ、ほんと。
詳しいことは上のリンク先に書いてるのでここでは割愛しますが、音が良いのはもちろんクリーンの領域が非常に広いので、ペダルで歪ませたり直列で空間系を入れたりする僕の環境ではとても扱いやすいです!
そして何と言っても横幅22.5センチ重量2.6キロというのが非常に魅力!
アンプを小さく軽くしたい!というテーマの僕には、うってつけのアンプです!


これでプロジェクト完了だな、と思ってたそんな時、
実は興味で買ってたジャンク品アンプが密かにあったのです。。。
それが今回のタイトルにもあります、VOXAC30 6TBです!
IMG_E1825
・・・いきなり全部バラしてある状態の写真ですみません(笑)

ちなみにジャンクたる理由は「ツマミがどこまでも回り続けて、効かない」といったもの。
しかし持ち帰って試してみると、ツマミがどこまでも回るのは単純にイモネジが緩んでポットに固定されてなかっただけ!
そのイモネジ1本を締めるという5秒の作業で普通に直ってしまいました(笑)

いやぁ これは嬉しい誤算と言うか、安く買えてほんとラッキーでした!

で、修理完了(笑)のAC30 6TBを純正のアルニコブルーで鳴らしてみたところ…めっちゃ良い!
さらに、MORGANキャビに繋いで鳴らしてみたところ…さらに良い!!
このアンプを所有するのは実は2回目なのですが、改めて良いですね!
※ ちなみに1回目の時の記事はこちらです



ただこのAC30 6TB。30キロ超える重量級のアンプです。。。
なので「ヘッド化して軽くしよう」と考えるのは必然的な流れ・・・!
お待たせしました。いや、お待たせしすぎたかもしれません。やっとタイトルに繋がります。
IMG_E1813
改めましてVOX AC30 6TBのシャーシ(アンプ部)のみです。
一口に「AC30」と言ってもいろいろバリエーションがあり、中でもこの6TBは「インプットが6個あるTB(TOP BOOST)回路のAC30」というモデルです。あまり細かく書いてもややこしくなっちゃうので簡潔に言うと、60年代から存在する所謂VOXといったらコレというAC30のリイシュー物です。

2001年製MADE IN ENGLANDですね。
ちなみにこの頃はご存知Marshall工場のOEMです。トランスだったり中に貼ってあるラベルだったりが当時のMarshallアンプと共通でなかなか興味深い^m^


・・・さて、このままだと真空管がむき出しです。
割れると危なくてスタジオなどに運搬できないので、なにか箱に収納しなければいけません

最初は木箱を自作して収納しようと考えたんですが、いいタイミングでいい物を見つけました。
IMG_E2028
GUYATONEのアンプヘッド(これまたジャンク品)です。
店員さんにメジャーを借りて内寸を測ってみたところAC30のシャーシが入るサイズだったため、購入してきました!
自作に必要な木材やトーレックス、ハンドル等を買い揃えるよりも安かったですし、なによりメーカー既製品の方が僕の自作品より間違いなくキレイですしね!


IMG_2030
グヤトーンのシャーシを取り出し、AC30を収納するのに邪魔な一部の木枠を外し、そして底面にアルミシールを貼った状態がコチラです。
あ、ゴツいプラスチック製のコーナーガードも好みじゃないので取り外しました。


そこにAC30 6TBのシャーシをINして底面からネジ留め!
IMG_E2032
おおぉ、ピッタリやないすか。。。
まるで最初からこういう状態で売られている既製品かのようです。。。
とはいえ、Marshallヘッドのようにこうしてフロント側にコントロールパネルが来るデザインのAC30ヘッドは実在しない(あったらスイマセン)ので、すごく新鮮でもあります…!


さあ、早速MORGANのキャビに積んでみましょう。
IMG_E2046
んー、仕方ないですが横幅が大きいので、キャビより出っ張ってしまいます。。。
ちなみにマーシャル等のヘッドと同じように横幅は75センチくらいで、重量は現在の状態で16キロ。まぁわかってたことなので想定内ですが、冒頭に書いた「いかにアンプを小さくて軽量にするか」というテーマからは完全に逆行しましたね(苦笑)


IMG_E2049
このアンプヘッド3台体制になってから毎日のように3台を鳴らし比べているんですが、サウンドはほんとどれも良くてとても1台に絞ることができません。。。
まぁサウンドで絞ることができなくてもサイズや重量を加味すれば答えは自ずと見えてくる気もするんですけどね。もしVOXをスタジオに持って行く日が来たら一瞬で「重い!イヤだ!」ってなるのかもしれませんし(^_^;)


IMG_E2047
IMG_E2040
という訳で、VOX AC30 6TBのヘッド化でした!
あとはフロントパネルを作って取り付ければ完成ですが、しばらくはライブのリハ等でバタバタしそうなので、これは夏休みの自由研究ですかねー(^^)




僕が所有する歪みエフェクター全種をギタ友デリさんにお貸ししていたんですが、それが全部帰ってきました。それをきっかけに改めて家にある歪みペダルを全部鳴らしてみたのですが、アイバニーズのチューブスクリーマーTS-9の良さに改めて気付き、ペダルボードに載せることに


IMG_2082
という訳で、ペダルボード2022初夏バージョンです!
・・・実は先日もブログにペダルボードを書いたばっかりなのですが(汗)、今回は来月のライブに向けた実戦用も兼ねたボードということで改めて書きます。

先日書いた記事はコチラです↓↓↓

↑↑この記事に書いたペダルが今回もたくさん登場する(ていうかほぼカブってる)ので、それらはこの過去記事を見ていただくとして今回は詳細は省きます。


IMG_E2082
冒頭に書いたようにIbanez TS-9 Tubescreamerが加わっただけの変化ですね。

一応、機種と接続順くらいは書いておきます。
TC Electronic Polytune mini 3 noir
Zauber pedalsビルダーさんが昔自作されたコンプレッサー
Tricolors Caper Molly
Ibanez Tube screamer TS-9
Tricolors Eugene the Jeep
Zauber Pedals Abyss mod.


IMG_E2084
チューブスクリーマーって鳴らすアンプや用途によって印象が結構変わる、意外と難しいペダルだと僕は感じてます。ド定番な割にはね。
以前ビンテージマーシャルをメインで鳴らしていた頃は所謂「ゲインブースター」として使っていたんですが、その後フェンダーアンプを使うようになってからは「単体の歪み物」として使うことが増えました(もちろん何にでも使えますよ)。


今の僕のセッティングの場合、TSは歪み単体としても、後段に繋いだディストーションのゲインブースターとしても、あと前段に繋いだオーバードライブでゲインブーストしてハードブルース的なものを弾いても、それはそれは良い音が鳴ってくれます(^^)

TS-9を1台加えたことによって歪みのバリエーションが3パターン増えたということですね。
2台のペダルそれぞれの歪みは良くても、組み合わせた途端に相性が悪くて使いにくい歪みになってしまう場合も往々にしてありますからね。そこはさすがチューブスクリーマー!

チューブスクリーマーを加えてからの音を撮ったので、載せておきます!
チューブスクリーマーを踏んでることはもちろん、アンプがDV MarkのRaw Dawg EGエリックゲイルズモデルなので、今までの音とはちょっと違うと思います(^^)


IMG_2090
ちなみにこの状態で基本サウンドは網羅できているものの、ライブによっては「一瞬だけフランジャーを使う」とか「この曲だけピッチシフターを使う」ということがこれまでも結構ありました。そういった場合 今まではボードをいちいち組み替えてきたんですが、今後はこの基本ボードのままでスポット的に必要なエフェクターを追加できるよう改良するプランを計画中です!
乞うご期待!




このページのトップヘ