ジナパパ一家の何てことない日常

ペットの事。家族・育児の事。趣味のギターの事。日常の何てことない事。とにかく一貫性のないブログになってきました(笑)

世間はGWですね!
今年は10連休!まぁ僕は毎年のことながらフルには休めないですが、それでも僕にしては結構長いお休みを満喫したいと思います
なんて言いながらこのブログは職場から更新してるんですけれども(T_T)


さて。
職場と言えば、ずっと職場に置きっぱなしで放置していたVOX AC30 6TBをやっと自宅に持ち帰りました!!放置してたと言っても好きで放っておいた訳ではなく、本当は持って帰る気マンマンだったんですが年明けからずっと頸椎椎間板ヘルニアの発作が出ていた僕には、あまりに重すぎるこのアンプを持ち帰ることができなかったんです
・・・まぁ、たとえ五体満足でもなかなか運べないような重量ですが
たしかこれ30キロ超えてるんでしたよね?
重いアンプは音がいい!!なんて言いますけど犠牲にするものもデカイです (^_^;)
2分割してやっと車に積みましたからね。。。


IMG_0273
存在感もすごいですね。
って、以前はマーシャルのスタックを部屋に積んでた僕が言うセリフじゃないかもしれませんが。寝室の片隅にしか機材置き場がない今となっては、2発はデカイです。。。


事務所ではまともに音出しできてなかったので、昨日やっと少し大きめの音で鳴らしました!
いやぁ、めちゃくちゃ良きです。。。
クリスタルクリーンなんですけど、極々僅かに倍音だけが歪んでるようなシャキン!とした感じがまたFenderのクリーンとは違いますね。

歪みペダルで歪ませてもめっちゃ良かったです!
トレブル、ベース、カットだけのトーンコントロールなんですが、ブリリアントチャンネルとノーマルチャンネルどっちインプットに挿すかによっても音がガラっと変わるのでかなり音の幅は広いんですね!
これは素晴らしいアンプです。さすがBeatlesが選んだアンプ。。。



去年、大阪でピックアップを製作されているJUNTONE様のST 60’s というストラト用ピックアップセットをモニターさせていただきました。
その時の記事はコチラです。

そのピックアップの詳細は上のリンク先をご参照いただくとして・・・その際に「ジナパパさんのお好みのピックアップを作ってみせますので3か月程お時間をください!」と言ってくださっていたJUNTONE様ですが、そのお言葉通りに先月ピックアップを完成させてくださいました!

ピッタリ3カ月と有言実行のJUNTONE様に感動(T_T)
本当にありがとうございます!!
JUNTONE様とは結構やりとりさせていただくんですけど、お人柄も本当に素晴らしいかたなんですよ。あまり褒めすぎて逆に胡散臭く聞こえたらいけないので程々にしときますが(笑)
でも実際、ハンドメイドのギターや機材を買う時その製作者様のお人柄って結構皆さんも気になったりしませんか?(^^)


IMG_9144
前出のツイッターにも書いてますように、ワインダーを使わない完全手巻きで、ポールピースやボビン間隔も1から再設計して作ってくださったスペシャル仕様だそうです!もうその文章から凄みが伝わってくるようですね ^m^

ただ、送っていただいたちょうどその頃僕はライブの練習でいっぱいいっぱいだったので、実際にギターに載せるまでお時間を頂戴してしまい、つい先日やっとKanjiのストラトに載せることができたのであります。

せっかく試すなら大音量で、とスタジオでの交換作業。
昨年 ST 60'sの交換&試奏の際にも立ち会ってくれていたギタ友デリさんが今回もご一緒でした。一緒に音を聴いてくれていた人のご意見は絶対参考になるはずですから


IMG_0100
IMG_0103
Kanjiのストラトモデルに搭載!!

昨年ST 60'sというPUを試させていただいた時は、比較対象のPUがSuhr MLだったせいもかなり大きいとは思いますが僕の好みとしては正直ちょっと音が固めかな?という感じもあったんです。しかし今回のPUは「これぞ良いストラトの音だよね」というブライトさや芯の太さをしっかり維持した上でも非常に弾きやすい “ マケてくれるPU ” という印象です!ストレートに音が耳に飛んでくる印象だったST 60'sよりも今回のPUの方がエアー感もあります!
アルニコマグネットらしい柔らかさもしっかり感じますね。

誤解を恐れずに言うなら、ピックアップって弾き心地としてはハムバッカー寄りにチューンすればマケてくれるPUになる傾向はあると思うんです。ただそれは同時にシングルコイルの良さを犠牲にしてしまう訳ですので非常に難しいと思うんですよね。そのバランスをこのPUは高次元で融合しているのが本当に素晴らしいと思いました!!

っていう内容をJUNTONEさんにお伝えしたところ「ターン数を増やし大きく面取りをとったよくあるハイパワーPUではジナパパさんに絶対バレてしまうと思ったので、今回も攻めた仕様で製作しました。イメージしていたサウンドをそのまま感じ取っていただけて嬉しいです」という、僕も嬉しくなっちゃうようなお返事を頂戴しました(^^)


IMG_0188
ミドルPUの明瞭なキャラが立っていて、カッティング等に最適でさらにハーフトーンにした時に音が引っ込まないのはST 60'sから一貫して共通する特徴ですね(^^)
あとリアは歪ませた時の噛みつくようなバイト感がすごく気持ち良くて、クリーン〜クランチに留まらず強めに歪ませる音作りも積極的に行ないたくなるピックアップです

遠鳴り感というか、スモーキーというか、そういうキャラではないと思うんです。
イメージするところのスラブボードのストラトのようなサウンドよりかは、もっとブライトだけどそのブライトさの中にも1本太い鉄の芯が入っているようなサウンド。そんなイメージですね!
前出のツイッターにもチラっと書きましたが、キーボードが2人いるバンドでもギターサウンドが抜けてくると容易に想像できるような音ですね
それは当然、ミドルもしっかり存在することに由来します\(^o^)/

去年試させていただいたST 60'sというピックアップも大まかに言うと同じ方向を向いているPUではあると思いますので、こういう感じの音が好きそう!とか、今のストラトにもう少し明瞭さやハッキリとした輪郭が欲しい!という方はST 60'sの方を試してみるのも良いかもしれませんね!


IMG_9145
という訳でJUNTONE様に作っていただいたオリジナルPUのご紹介でした!
前回のST 60'sに引き続き、大変貴重な機会を与えてくださり本当にありがとうございました!!
最後に改めてJUNTONE様のサイトのリンクを貼らせていただきます。
JUNTONE ←←← クリック



厳密に言うと「ペダル」っていう表現が正しいかどうかわかりませんが・・・。

熊本県でハンドメイドエフェクターを作ってらっしゃるZauber Pedals(ザウバーペダルス)様から、Fenderツインリバーブのプリアンプ部を抜き取ったペダルサイズのプリアンプを試させていただけることとなりました!!
貴重な機会を、本当にありがとうございます!!

最近このように「試してみませんか?」とご提案いただく機会が増え、長くブログやってきて良かったなぁと実感しております。。。

プリ管(12AX7)が入っているチューブプリアンプで、ジャズコのリターンに挿して使用することが想定されているそうです。つまり、ジャズコのパワーアンプ部だけを使う方法ですね。

さっそくスタジオで遊んできたのでじっくり試させていただきましたよ!
IMG_0118
接続は、ペダルボード → ツインリバーブプリアンプ → ジャズコのリターン(mono)で、リターンレベルは+4デシベルです。

・・・えと、
ツインリバーブプリアンプって長いので、以下では便宜上TR Preと書かせていただきます。


一応事前にことわっておきますが僕は語れるほどFenderアンプは使ったことが無く、ツインリバーブがどういう音なのか?も正直よくわかっていません
なので、、、
ツインリバーブ実機を借りてきて、並べて比較です!!
めちゃくちゃ興味深いでしょう? ^m^
もちろんツインリバーブって一口に言っても年代によって音も違えば個体差もあるし、真空管やスピーカーのへたり具合にも差異がありますが、そういう細かいことは置いといての比較です(^^)


とは言え、なんだかんだまず気になるのは実機に似てるか?
「ツインリバーブプリアンプ」と名乗ってるくらいですからね!!
僕の印象は、ツインリバーブ実機よりもTR Preの方がEQの可変域が広くとられているので音作りの幅がはるかに広いです。丸い音からジャッキンジョッキンの音までイケますね!
注)
Zauber Pedals様にお聞きしたところ、ツインリバーブ実機と回路は全く同じだそうです。EQ可変幅が広い理由はそもそもパワーアンプやスピーカーが違うこと、そしてパーツの質と組み込み精度が高いことに由来するそうです。TR Preは高級ハンドメイドアンプと同レベルのパーツ選定や組み込みを実現していて、回路がシンプル故にこういう差が音に如実に表れるとのことでした!


音作りの幅が広いだけにつまみをちょっと動かすとガラっと音が変わるため、突き詰めてツインリバーブ実機と同じような音を作ろうと思ったらちょっと時間が足りませんでした

だがしかーし!!
僕が一番感動したのは、音質云々よりも弾き心地がめちゃくちゃツインリバーブ実機に迫っているという点ですね!!具体的には、何を差し置いてもコンプ感ですね!
このチューブコンプレッションが実機に迫っているという点だけでTR Preを使う意味が大いにあると思いました!

特に僕はこのブログでも「ジャズコのクリーンを真空管アンプのクリーンに近づけたい」と何度も言ってきました。それは音質的なことじゃなく弾き手が感じるニュアンス的なことなんです(言葉にするのは難しいですがきっと皆様はわかってくださいますよね)。
そのためいくつかのペダルコンプを試してきましたが、TR Preはしっかりとチューブコンプレッションが効いていて1・2弦のプレーン弦の引っ込みが無くしっかりと前に出してくれるんですね。同時に太さもあります。それによって真空管アンプを弾いてる時と同じ感覚で、クリーンのアルペジオやストロークを弾くことができるんです!!

ためしにTR Preを外して普段通りのジャズコの使い方をしてみると、1・2弦の音量があからさまにガクっと落ちます。こうして比較することで改めて、良くも悪くもジャズコの特性であるこのフラットな部分を再確認しましたね。。


IMG_0180
あとミドルつまみが、実機よりもTR Preの方がローミッド寄りに設定されてる気がします。
これは完全に僕の好みの話になっちゃうんですが、ツインリバーブ実機のミドルは3くらいまで下げてもカーーンと耳につく感じ(僕の好み話ですよ)で正直あまり得意な音ではありません。しかしTR Preのミドルつまみはもう少しローミッド寄りな帯域をいじれる感じがします。この帯域はギターソロとバッキングで音の差をつける時などに一番いじりたい帯域なので、すっごく使い勝手が良いですね!
ただ同席していたギタ友のピロさんとデリさんは「実機の方がミドルに色気を感じる」と言っていたので、何度も言うようにこれは好みの問題なのでしょう。


IMG_0074
繰り返すようですが、とにかく真空管アンプを鳴らしている時のようなチューブコンプレッションが得られるというだけで、そこをジャズコで追求してきた僕にとってはめちゃくちゃ嬉しいですね!「もっと早く出会いたかった」という思いもありますが(笑)、いつも言うように遠回りしたり散財したりしながら自分でいろいろ試してきた経験は自分だけの財産になりますからね

こんなことを言うと怒られちゃうかもしれませんが、別にツインリバーブのプリアンプじゃなくても、デラックスでもベースマンでも良かったんですよ。なんなら別にFenderじゃなくても良かったんです。僕が欲してたのは「真空管アンプの音質」ではなくて「真空管アンプの弾き心地」だったと再確認でき、そしてそれをTR Preはめちゃくちゃ高次元で実現してます




さて、変わっては家での使用について。
僕は家では主にヘッドホンでギターの音を聴いています。
今まではコチラに書いてますように ペダルボードの最後段にMooer Radar(スピーカーシミュ兼ヘッドホンアンプのような物)を繋いでいたのですが、今後はペダルボードとRadarの間にZauber PedalsのTR Preを繋ぎます
いや、もうね、ハッキリ言ってこれで自宅練習は十分すぎるくらいの音ですよ。
下手にチューブアンプを小音量で鳴らすくらいならこっちの方が全然満足できますね!
まぁ実際にスピーカーを鳴らすということはその場の空気の振動をも変えることですから、大きな音が出せるならそれはそれで非常に気持ちいいんですけどね(^^)


という訳で、Zauber Pedalsのツインリバーブプリアンプでした!ザウバーペダルス様のサイトのリンクも改めて載せておきます。
Zauber Pedals ←←← クリック


・・・さて、これをペダルボードに載せるためには、まず12Vに対応するパワーサプライを用意しなければいけません。スペースはMarshallのコンプを外して詰めれば何とか載るかな・・・?

※追記
こちらの製品はAC出力のパワーサプライでなければ動作しないそうです。12Vという数字しか考えていませんでした。。。何か考えなければ・・・



先日、初めてバックバンドのギタリストとしてライブ出演しました!
いつものようなセッションライブでも自分のバンドでもありません。

オファーをいただいた時はまず真っ先に「無理、断ろう」って思いました
まるでスタジオミュージシャンのように様々なアーティストのいろんなジャンルの曲をワンステージで演奏しなければいけないからです。しかも本番まであまり時間が無かった。完全に僕のキャパを超えてると思いましたね(^_^;)
でも札幌で様々なライブを開催している主催者さんが直々に僕を指名してくれたため「こりゃいろんな意味で断れないぞ」と

結果的にはなんとか自分でも満足できるプレイが出来ましたし、オーディエンスもめちゃくちゃ盛り上がってくれてとにかく楽しく演奏できました!

生まれて初めてギャラをいただいてしまいました。。。
とにかく良い経験をさせていただきました!
主催者さんから「次回は2〜3曲増やしてもいい?」と言われてしまいましたが「今日の僕の出来でご判断いただければ」とお返事することしかできませんでした(苦笑)


さて本題です!
そのライブで初めてデビューさせたギターがコチラです!
IMG_9793
ZemaitisウッドトップS22WT 2A Tという型番です。覚えられませんね(笑)
神田商会がゼマイティスの権利を継いで間もない2005年6月生まれです(この頃のゼマイティスはシリアルナンバーに規則性が無いので、正確な製造年月を知るには神田商会に直接問い合わせるしか方法は無いです。詳しくはコチラ)。
いわゆる、今は無きトニーズコレクションというシリーズですね。ホンジュラスマホガニー3Pネック&3Pボディというゼマイティス爺さんが採用していた構造をまだしっかりと継承していた頃のモデルです。


以前持っていた2本のゼマイティスやGibsonヒスコレ、他にもレスポールDCやフライングVといったハムバッカー搭載のギターを一通り手放してからの僕は、すっかりストラトオンリーになってました。それがなぜまた急にハムバッカー搭載のゼマイティスを買ったのか?

・・・は実は自分でもよくわからないんですよね
聖子ちゃん風に言うとなんかビビっと来たんでしょうか?^m^


ただ、ここ数年こうしてライブをするようになってから「派手なギターは持たないというポリシー」が自分の中で確立されたので、過去に持っていた2本のゼマイティス(メタルフロント&トラ目バリバリのウッドトップ)のようにギラついていない、この地味なルックスに妙に惹かれたのは間違いないですね!地味な分、価格も安めですし(笑)


IMG_9795
パッと目を引くのはやっぱりBIGSBYですかね!
ビグスビーはライセンス物しか所有したことが無かったんですけど、聞いてたほどはチューニング狂わないなぁというのが僕の印象でしょうか(シンクロ等に比べるともちろん狂うけど)。
あと、音程の可変幅が決して広くないので、ちょっとビブラートかけるだけでも派手な手の動きをしなきゃいけないのが良いですね!ライブでも前列の女性に
「この人 股のあたりでなに棒をグワングワンやってるのかしら」
みたいな目で見ていただけたのがハイライトでしたねw

ビグスビーはサウンドがタイトになる的な話を聞きますけど、僕はこのギターでビグスビーを外したサウンドを聴いたことが無いのでよくわかりません。まぁでも生音はチャキっとしてるかな?それがビグスビーの恩恵なのかどうかは知りませんが(笑)


IMG_9792
実は買った当初は弦高が高かったんです。
ところが弦高を下げてみると、どこまで下げても全くビビらないし音詰まりも無い!!
音的なことを優先するなら弦高はある程度確保したいところですが、もう思い切って弾きやすさ最優先でセッティングしてやれ!と思ってベッタベタに下げました(笑)
こうしてめちゃくちゃ弾きやすく出来たことが、ストラトを差し置いて急遽ライブデビューさせることになった理由ですね


IMG_9791
ピックアップは純正のディマジオです。ディマジオPAFをゼマイティス用にチューニングしたモデルだったかな?最近あまりスペックとか気にしなくなったので、全然覚えられないんですよね。
ハムバッカーだけどあまりゴォ〜ゴォ〜言わないタイプなので、普段ストラト使いの僕でも受け入れやすかったですね。

あ、そうそう。
以前持ってた2本のゼマイティスもそうだったので知ってはいましたが、こうして久々に握るとやっぱりネックがめっちゃ薄いです。これは正直好みがかなり分かれるところだと思います。
買う前には握って確認されることをオススメします!


IMG_9794
という訳で、ゼマイティスの紹介でした!
まだドノーマルですし、先日のライブで少し改良点が見えてきたので、これからちょっとずつ実戦仕様に改造していきたいと思います。まずはコイルタップスイッチの増設かな!




自分も含め、DCケーブルにこだわってる人は周りにほとんどいませんでした。
シールドケーブルやパッチケーブル、スピーカーケーブルなんかはみんな好みのモデルがありますけど「どこどこのなんちゃらって言うDCケーブルはミドルが芳醇でさぁ〜」とかっていう会話はあまり聞かないですよね。なんとなくこのメーカーので統一してますっていうのはあるかもしれないですけど、それでもシールドほどこだわってる人には出会ったことがありません。
パワーサプライに付属してくるDCケーブルをそのまま使うとか、そんなところですよね??

でもきっと音は違うんでしょうね。
僕の駄耳がその違いを聴き分けられるかは別として・・・。

そんなある日、ツイッターを通じてKensei Ogata様からDCケーブルのモニターのご依頼をいただきました!!
ありがとうございます!!\(^o^)/


IMG_0017
こちらがご提供いただいたDCケーブルです。
ちなみにコチラのサイトで販売されています!
こういう見るからに丁寧に作られているケーブルって、いいですよね〜。まぁ僕の場合はペダルトレインの裏面を這わせることになるので隠れてしまうんですが ^m^


で、タイトルにも書きましたように「DCケーブルで音は変わるのか?」ですよ。我が家には何種類かのDCケーブルが常駐してますので、その中から3本を抜粋して比較してみましょう!

まずは、
IMG_0003
ご提供いただいたKensei Ogata DCケーブル


続いては
IMG_0005
「高いヤツ代表」としてFREE THE TONEのDCケーブル


そして最後に、
IMG_0006
「安いヤツ代表」として数百円で売られている分岐DCケーブル(メーカー失念)。
この3本を比較してみます。

Rockboardの充電式パワーサプライから3種類のDCケーブルで電源をとったSHINOS Naughty Brainを鳴らす。という環境です。

では比較動画をどうぞ!


どうでしょう。違いがわかりましたでしょうか?
ヘッドホン推奨です。

「もっと軽い歪みで聞かせろよ」っていうご意見もあろうかと思ってノーティブレインのGAINを下げてほぼクリーンでの音も録ったんですが、実は歪ませてる時ほど違いが現われなかったのでカットしました。この点からもこの3本の比較では「歪ませた時の倍音の鳴り方」の違いがわかりやすかったと言っていいと思います!

短評

Kensei Ogata DCは倍音が良く聴こえるので、明瞭で、良い意味で荒々しいロックな歪みだと感じましたね。でも決してハイ上がりではなく全体的に音に厚みもあります!

比較するとFREE THE TONEはハイが落ち着きます。アンプのプレゼンスつまみを下げたような感じかな。単音弾きだとシルキーで良いです。ただちょっと音量が下がって聴こえるというか、良くも悪くもおとなしいです。

メーカー失念の安物分岐ケーブルは、Kensei Ogata DCと比べるとハイもミドルも落ちます。薄っぺらくなるっていうんですかね ← 語彙力


っていう感じでしょうか!

正直、すごい大きな違いを期待していた人なら「全然変わらないじゃん」って思っても不思議じゃないような違いかもしれません。
ただ、逆に僕のように「どうせそんなに変わらないんじゃないの?」って疑ってかかってた人にとっては「聴いてわかるほどの違いなんだ!」ってちょっと感動したほど

あと、どれが良いとかどれが悪いっていうことじゃなく結局は「好みの世界」だと思いました!安物分岐ケーブルだって全然フツーに使える音ですしね(ただ正直この比較検証をした僕は今後は敢えて数百円の分岐DCケーブルを選ぶことは無いかな?とは思いますが)。


今回の検証は歪みペダル1台にDCケーブル1本という環境でしたが、これが例えばペダル数台分のDCケーブルを一気に交換したらもっと違いが出るのかもしれませんし、空間系ペダルやデジタルエフェクターで検証するのも興味ありますよね!!


という訳でDCケーブル比較でした!
最後に、こんな素敵な機会を与えてくださったKensei Ogata様に心から御礼申し上げます!
また一つ、経験という財産が増えました(^^)

改めまして、今回ご提供いただきましたKensei Ogata様の販売サイトのリンクです!
クリック→→→Kensei Ogata Band



このページのトップヘ