ジナパパ一家の何てことない日常

ペットの事。家族・育児の事。趣味のギターの事。日常の何てことない事。とにかく一貫性のないブログになってきました(笑)

なんか最近ブログ更新が滞っててすみません(ネタ切れ)。

さて、皆さんは中古ギターを買ってきたらまず何をしますか?
「弾く!」…の前にまず「バラして磨く!」っていう方も多いのではないでしょうか(僕がそうです)。もう何もしなくてもいいくらいにピカピカに磨かれてて完璧に調整された状態で売られている中古ギターって、案外多くないですもんね。。。


先日買った中古ギターです。
光の当たり具合で見え方が変わるので きっと画面では普通にキレイに見えてるとは思いますが、実際はキズだらけです。それも、過去オーナーが意図的につけたと思われる線キズだらけ。レリック加工でもしようとしたのでしょうか?汗


こっちの写真の方がわかりやすいですね。
IMG_7770
キズがわかりやすいよう、天井の蛍光灯が映って反射するような角度で撮ってみました。
丸い蛍光灯もボヤ〜っとしてますし、細かい傷が無数に入っているのがわかると思います。

今回はこの細かい線キズを消していく作業です!
使う道具はこちら!
IMG_7778
まず、電動ポリッシャーです。
何用ってことは無いと思いますが、パッケージには車の写真が描かれているのでおそらく車を磨くことを想定した商品なのでしょう。
我が家の電動工具(?)の中では意外と使用頻度が高い物の1つです。


そして、
IMG_8020
Holtsの液体コンパウンドです。
これはカー用品として売られている物です。細目・極細・超極細という3種類を使っています(超極細は使用頻度が高いので大きいボトルも用意してます)。


言うまでも無いですが、細目→極細→超極細という具合に、粗い方から細かい方へという順番で使っていきますよ。
もちろん電動ポリッシャーではなく手で磨いても良いんですが、時間と労力を考えたら絶対に買って損は無いと僕は思います


このような感じで、どんどん傷が無くなっていきます。順にどうぞ↓↓↓IMG_7770
↓↓↓
IMG_7771
↓↓↓
IMG_7774
↓↓↓
IMG_7777
あくまでも消すのは細かい線キズであって、大きいキズや打痕、塗装欠けではないですからね。
新品みたいにビカビカにするつもりではないので、こんなもんでしょうか。


IMG_8021
家の中が輪郭クッキリの状態でしっかり映ってるのがわかると思います(^^)


一口に「キズが目立たなくなる」と言ってもコンパウンドは研磨剤ですから、要は塗装面が削れている(薄くなっている)ということです。トップコートの下まで達するほど磨かないよう、またニトロセルロースラッカーやビンテージギター等の弱い塗膜に使う場合など特にご注意ください!


先日、2024年一発目のライブが終わりました。
今回の会場は僕にとっては初めて演るライブハウスだったのですが、キレイで雰囲気がいいしスタッフさんもめちゃくちゃ親切(機材セッティングなどもこっちが申し訳なくなるくらい手伝ってくれました)で、とても楽しく演奏できました(^^)


ところで先日、中古で買ったギターを開けたらアビゲイル・イバラさんのイニシャル入りのフェンダーカスタムショップ製ピックアップが載っていたという話をブログに書きました↓↓↓



おそらく、Custom 69というピックアップだと思われます。
ある時期までのCustom69にはデフォルトでイバラさんのイニシャル(AY)が書かれていて、別に高いわけではなく他のピックアップと同じような値段で普通に売られていたんですよ。
(今思い返すと贅沢でしたね)

このアビゲイルイバラ女史のピックアップをKanjiのストラトに移植してみました!
IMG_E7574
うーん…そこはかとない既視感が…
それもそのはず。


実はKanjiにはアビゲイルイバラのピックアップを約4年前にも載せていたのでしたw
※ ちなみに4年前と今回は違うピックアップ(同モデルの別個体)です



2回目とはいえ4年も前の話なので、ぶっちゃけ音のことは覚えてません。当時の自分のレビューを読み返して「あーそんな感じだったっけねぇ…?」という程度。
でもこのピックアップが載ってたトーカイストラトの音がとても好印象だったので、Kanjiに載せたらかなりいい感じになるのでは?と期待大


IMG_7639
結果的にはかなりFENDERライクで、巻き弦でもブチン!と金属がはじけるようなブライトサウンドになりました!
今まで載せていたSuhr MLがミドルで抜けていくタイプなら、アビゲイルイバラはハイで抜けていくタイプですね。弾いてて非常に気持ちいい音ですが、Suhrとどっちが好みかという意味ではすぐに答えは出せそうにありません(つまりどっちも良いw)。
誰もがイメージするであろうThat'sストラト!という音は、間違いなくアビゲイルイバラです
でもライブでこれ1本だけ持って行って…というシチュエーションを考えると、Suhr MLの方が強そうにも感じますね。


で、話を冒頭のライブに戻します。
ライブにはKanjiのストラトを持って行ったんですが、実は今回は歪みを一切使わずクリーントーンのみの演奏だったんです。
クリーンでは、シングルノートのメロディ弾き、アルペジオ、コードストローク、カッティングなどなど演奏方法によるピッキングダイナミクスの違いでかなり音量差が出るので、こんな時はほんとコンプが必需品だなと実感しました(一方、歪みサウンドではピッキングダイナミクスは音量ではなく主に「歪みの深さ」として現れます)。


コンプ好きなのでいろいろ試してきましたが、今ボードに載せているのはZauber Pedalsのビルダーさんがご自分用に作られたコンプを譲っていただいた物です。

特に僕のようにバックバンドのサポートギタリストは、曲によってメロディ隊が自分(ギター)しかいない場合もあればもう1人ギターがいる場合もあるし、キーボードがいる場合も(なんなら2人の時も)あるので、そういったバンド編成の違い(つまり音数の違い)によってもかなりコンプの存在やそのセッティングは重要です。


ところで僕いつも思うんですけど、コンプって家で一人で弾いててもわからないことだらけですよね!?何言ってんだコイツと思われるかもしれませんが、ギターが埋もれずに抜け出してきてくれるかをバンドに混ざって確認してこそ、初めてコンプとして評価できると思うのです。
1人で弾いてて「いかにもコンプ掛けてますっていう音がわざとらしい」と感じても、バンドに混ざると案外ちょうど良いってパターンもありますしね。

そんなことを改めて強く感じた今回のライブでした!(^^)




KAPA(カパ)というブランドのコンチネンタルというUSA製のギター。
IMG_8804
1965年製のビンテージ!…と言いたいところですが、いわゆるビザールギターですね。

演奏中の切り替えはまず無理な2つのミニスライドスイッチのPUセレクター。音がモコモコのヘフナー製ピックアップ。…と、実戦ではなかなかに扱いにくいギターです。。。

入手後、実用に足るギターにするべくいろいろと自分でモディファイしてきました。
全ての記事リンクを貼るのは大変なので、一応これを読んでもらえれば大体のモディファイ経緯がわかるという記事のリンク1つだけ貼っておきます↓↓↓



IMG_9785
この時点でとりあえず改造は完成のつもりでした。
まぁ「完成」と言うと聞こえは良いですが、正直に言うと完成と言うより「これが限界」って感じ。生音がイマイチで、弾いててテンションが上がらないんですよ。ピックアップをトムアンダーソンのミニハムに交換したことで、アンプを通せばそれなりに良い音ではあるんですけどね。
見た目はめっちゃ好きなのでなんだか憎めず、何とかならないもんかとずっと考えていたのです


そこでまず考えたのがネック交換
実は我が家には同年代のKAPAがもう1本あります!
IMG_E5797
こっちの赤いKAPAの方がネックが太め(厚め)で、僕好みです。
交換することで音がどう変化するかはさておき。弾き心地はあきらかにこっちのネックの方が好きなので1本目のKAPAと入れ替えてみたところ、思惑通り弾きやすくなりました!(当たり前)


IMG_E7496
軽ーくトラ目が出ていて、見た目もいい感じ。
音も幾分タイトになって、低音が体に響くようになったと思います!


ちなみにこのネック交換の際に、、、
IMG_E9383
トレモロユニットを留めるビスの穴が何箇所かガバガバになっていたので、穴を埋めてから開け直し、全てのビスがガッチリ締まるようにしました。

するとビックリ、生音激変

ルーズだったポコポコ感・シャカシャカ感が締まり、高音には鈴鳴りが出てきたではないですか!…いやぁー答えはここにありましたか。。。たしかに考えてみたら弦とボディが直接繋がるパーツのネジが緩くなっていたんですから、弦振動がボディに伝わり切れていなかったということですもんね。。。

という訳で、サウンド的にはもう大満足当初の状態と比べればめっちゃ良化しました(^^)
まぁそれでもストラトやレスポールのような完成されたギターに比べれば「甘さ」や「遊び」を感じる点は多々ありますけどね(笑)


ところで、このKAPAには他にも気になる点がありまして、、、
まずはトグルスイッチの位置
IMG_9792
トグルスイッチをアウトプットジャックのすぐ横に取り付けてしまいました(僕が)。
演奏中はシールドとスイッチの間に指をすべり込ませなきゃならず かなり困難なうえ、そこへ更にアームバーがあるとどれだけ邪魔か、ギタリストなら容易に想像できると思います。
ライブ中ならまず無理!
なのでトグルスイッチを場所移動させたい


そして気になる点がもう1つ、、、
IMG_9789
かつて2つのスライドスイッチが付いていた穴がピックガードに開きっぱなしなのです。
まぁこれに関してはこのままでも悪くないかな?なんて思ってたんですが、生音で弾いている時にこの穴を手で塞ぐと生音が変わるんです(ジャ〜ンと音を伸ばしながら手をかぶせたり離したりすると「ウーワーウーワー」と変化)。
最初はステッカーでも貼って隠せばいいかなと思っていたんですが、生音のことを考えたらここはしっかり厚みのある物で塞ぐべきですね。


という訳でこの2点を改善しました!
IMG_E7484
↑↑ビフォー

↓↓アフター
IMG_E7504
トグルスイッチは手前側に移動させ、穴はFenderジャガー用のメタルプレート(穴無しver.)で塞ぎました。
これで演奏中も難なくピックアップを切り替えできるように
そしてピックガードの穴を塞いだことで生音もよりタイトになりました!

この程度の生音の変化はアンプに通したら大した違いは無いのかもしれませんが、なんせ弾いてる本人の気持ちはかなり違います^m^


IMG_E7508
これにてKAPAコンチネンタルの改造が完成!!
今回はピックアップ交換などサウンドキャラクターを大きく変えるような改造は無いのですが、

・ネック交換による弾きやすさの向上
・トレモロビス締め直しとピックガード穴を塞ぐことによるサウンドの向上
・トグルスイッチ移動による操作性の向上
・そしてこれらが改善したことによる愛情の向上!

という、僕的には非常に大きなモディファイとなりました!


では最後に動画をご覧ください。
適切な言い方かどうかわかりませんが、誤解を恐れずに言うなら「普通に使えるギター」になりました!「普通に」って言うとあまり褒めてるように聞こえないかもしれませんが、オリジナル状態でのこのギターにはその「普通」すらちょっと難しかったのです(汗)
そこから考えればほんと実用に足るギターになりました!


IMG_E7510
IMG_E7507
いやぁー満足満足!
次のライブでさっそく使おうかなと思ってます




ブログにも何度か書いていますが、僕は職場に練習用のギターとアンプを置いています。ライブ前など真剣に練習する時は、環境的に家よりも職場の方が集中できるのです^m^


職場なので大きい音は出せない(出す必要がない)ので、アンプはミニアンプ
これまでVOX AC1 RhythmLANEY MINI SUPERGを経て、現在はこのアンプです!
IMG_E7460
JOYOJA-02 iiというミニミニアンプ。
価格は新品で6000〜7000円くらい。中古だと3000円台で買えたりしますね

結構前から使っているのですが、そういえばブログに載せていなかったなと。
最初に買ったきっかけは「かわいいから」「安く売ってたから」みたいな感じだと記憶してますが、鳴らしてみたら予想以上に音が良かったので、この後2台追加購入(ピンク・ブルー・ブラックの全3色コンプリート)しました(笑)

結局「3台も使わないぞ」と冷静になって友人にあげましたがw


IMG_E7458
小さくて軽いし、なにより色がポップでかわいいです。
充電式なので乾電池やアダプター不要だし、Bluetoothで同期させて音源やリズムマシンと一緒に演奏することができます。(←練習用としてはここが重要です!)


これまで使ってきた歴代のミニミニアンプ達と比較してみましょう。
IMG_E7463
左からLANEY MINI SUPERGVOX AC1 Rhythm、そしてJOYO JA-02 iiです。
サイズ的にはJOYOが一番小さいですし、乾電池不要なので重量もかなり軽いです。

この中ではVOXが最も先発のモデルなので仕方ないですが、今改めて鳴らすとちょっと貧弱な音ですね。LANEYはしっかりと生々しい「アンプが鳴ってる音」。そして同様にJOYOも生々しいサウンドで、LANEYよりもゲインやトーンの幅が広い印象です。

ちなみに公称値ではLANEYが3ワットJOYOが5ワットとのことですが、LANEYの方が聴感上の最大音量は大きく、また筐体がガッシリしてるせいか余裕を感じる鳴りです。
LANEYとJOYOは優劣ではなく好みっていう感じですね!

一方サウンド面ではちょっと劣勢なVOXですが、リズムマシンを内蔵してる点で「練習用アンプ」としてはかなり大きいアドバンテージです。…が、近年の練習用アンプは多くがBluetoothに対応していてリズムでも曲でも何でもスマホ経由で再生できるので、今となってはリズムマシン搭載も昔ほどありがた味は無いですかね…。


話をJOYOに戻しましょう。
IMG_E7457
コントロールは左から、

・Bluetoothのオンオフスイッチ
・BluetoothとAUXのボリューム
・電源スイッチを兼ねたギターボリューム
・ギタートーン
・クリーン/ドライブのチャンネル切り替えスイッチ
・ゲイン
・ギターインプットジャック

です。まぁ取説を読まなくても迷うことは無いですね


続いては裏面。
IMG_E7459
・AUXのインプットジャック
・ヘッドフォンアウト
・USB端子(充電用)
です。


歪みチャンネルしか鳴らしていませんが、動画を載せておきます!
(途中で鳴らしているクリーンは、歪みチャンネルのままギターボリュームを下げています)
※ 冒頭のノイズが大きいのはスマホマイクが勝手にコンプレッサーを効かせてくれちゃっているせいです(汗)
※ 愛用のZOOMの外部マイクを今回は使っていないので、いつもより低音がボワンボワン気味かもです

実は過去には練習用アンプとして大ヒットしているヤマハのTHRなんかも所有してたのですが、僕はこのJOYOや前述のLANEYの方が好きでした。歪みに関しては特にデジタルには出せない生々しさがアナログにはあると思うんですよね!(私感)

数年前まではミニアンプはあくまでも練習用と割り切ってサウンドはある程度妥協しなきゃいけない…みたいな偏見(というか所有してきたなりの感想)を持っていたんですが、最近のはサウンドも侮れないです
当然、筐体やスピーカーが小さいがゆえの限界はありますけどね。

価格も安いですし、オススメします!!


IMG_E7461



JOYO JA-02 II PINK Bluetooth搭載5W充電式アンプ

価格:6600円
(2024/1/21 10:55時点)

JOYO JA-02 II BLUE Bluetooth搭載5W充電式アンプ

価格:7000円
(2024/1/21 10:56時点)

JOYO ジョーヨー JA-02 II BLK/BEI Bluetooth搭載5W充電式アンプ

価格:7700円
(2024/1/21 10:56時点)



マルチエフェクターを「ペダル」と表現すべきか疑問ですが・・・
エフェクターには違いないのでペダル検証シリーズで扱わせていただきます。

まぁ今記事を書いてるものの、正直 入手したのは何年か前の話なのですが(汗)


IMG_7306
BOSS BE-5Mです!90年代初頭に発売されたらしいです。
操作盤にはまだ保護ビニールがついてますね。

ちなみにこのBE-5Mの方は各エフェクトのオンオフをプログラミングできるタイプですが、BE-5というプログラミングが出来ないモデル(要はエフェクト個別のオンオフしかできない)もあるようです(音に関しては基本的に同じと思われます)。


では内蔵されているエフェクトを順に紹介します!
IMG_7300
向かって右から。
まずはCOMPRESSORです。このコンプが非常に扱いやすくて僕はかなり好きですね!TONEツマミが付いているのでエンハンサー的に使うこともできるのがイチオシポイントです。


続いてはOVERDRIVE/DISTORTIONです。これが後に発売されるOS-2の基になっていると言われていますね。COLORツマミで、オーバードライブとディストーションのキャラを連続可変的に変化・ミックスさせることができます。
クセが無くてとても扱いやすい歪みにまとまっているあたり、さすがBOSSという感じです!


IMG_7301
続いてはEXT LOOP、要はエフェクトループ(センドリターン)です。ここに好きなペダルを挿入してそのオンオフをプログラミングに組み込むこともできます!


その下に並ぶボタンは、マニュアルモード/プログラムモードの切り替えや、プログラミングの設定・保存に使うボタンなどです。


IMG_7302
続いてはDIGITAL DELAYです。
サウンド的には同社のDD-2、DD-3(の初期)とほぼ同じような感じですね。ウェット音がシャリシャリしていて、いわゆる当時の「デジタルディレイ!」っていうサウンドです。いつもテープエコー系のディレイを使っている僕にとっては、なかなか仲良くなれない音であります(汗)

ちなみにBE-5Mはこのディレイだけがデジタルで、他のエフェクトは全てアナログです。


続いてはNOISE SUPPRESSORです。ワンノブで迷うことなく使えますね。
おそらくですが、こいつはツマミをゼロにしても少し効いているようです(違ったらスミマセン)。完全にオフにできる仕様だったらよかったのになぁと思います。


最後にCHORUSです。透明感がありつつもやはり今となっては少し古臭い感じがするようなコーラスサウンドです。コーラスってその「時代」が音に結構出ますよね!
同社の名機CE-2と同じ!というネット記事も見ましたが、はたして…!?


これらエフェクトの接続順ですが、取説によりますと
コンプ → OD/DS → ノイズサプレッサー → エフェクトループ → ディレイ → コーラス
とのことです。
正確にはコンプの前に「AMP」との記述もあったので、常時ONのバッファだと思います。


一応簡単にですが音を録ってみました!
0:00〜0:16がクリーン0:16〜0:53が歪みです。
発売されたのと同じような頃の曲、ジュディマリの「小さな頃から」を弾いてみました。
あえてこの時代っぽい音(特にクリーン)を狙って作ってみました^m^

この記事のタイトルに「令和でも使い物になるのか?」的なことを書きましたが、結論から言うと余裕で使えますね!!

完全に私感ですが、ノイズサプレッサーをオフにできて且つディレイがもっとアナログっぽい音だったなら、僕はこれでライブもできると思います。…てことはエフェクトループにお気に入りのディレイペダルを挿入すればいいってことだな(笑)
まぁノイズサプレッサーはどうもならないですけど。。
プラスチック筐体でめちゃくちゃ軽いので、可搬性も良さそうです!


IMG_7299
という訳でBOSS BE-5Mの紹介でした!
リサイクルショップ等で3000〜5000円程で買えると思うので、見つけたら試しに買ってみても面白いと思います!とりわけ、僕のようにツマミがどこを向いているか可視できないとダメなアナログ人間には特にオススメです!ww




このページのトップヘ