ジナパパ一家の何てことない日常

ペットの事。家族・育児の事。趣味のギターの事。日常の何てことない事。とにかく一貫性のないブログになってきました(笑)

メーカー不明」ということで、こういうの大好きなので買ってみました(笑)
解像度が悪くて細かい部分がよくわからない数枚の写真を頼りに買ったのですが、それでもなんとなく雰囲気が良さそうなことは伝わってきたので。。。

とは言え、まぁこういうのは9割方ギャンブルですね(笑)

IMG_3977
こちらが現物でございます。
なかなか雰囲気はいいと思いません?^m^
買う時に見た写真では、バインディングはボディには有るが指板には無いと思っていたのですが、実際に現物を見てわかったのは、


IMG_3949
ボディのバインディングはウッドバインディング(ボディエッジだけ着色していない)でした。
そして
IMG_3950
指板には黒いバインディングが巻かれてありました。
アバロンのポジションマークも相まって、TAK松本モデルのようです^m^


そして何より予想外だったのが、、、
IMG_3952
まさかのフラットトップ(笑)
これは正面からの写真だけではまったくわかりませんでした。。
ボディ厚もかなり薄めで、どっちかと言うとレスポールスタンダードというよりレスポールスペシャルなんかの感覚に近いギターと思った方がよさそうです。


IMG_3953
バックのマホガニー材は、なんだか結構良さげな雰囲気。。。


IMG_3955
ボリュート有りのネック。
これまた良さそうなマホガニーが使われています。
それなりに経験ある人の自作品か、どこかの工房製、という感じがします。

ペグはシングルラインでDELUXEと刻印されています。クルーソンですかね?


IMG_3957
メーカー不明ということもあり、ヘッドは無印です。
ヘッドシェイプも細身でなかなか良いです。トラスロッドカバーも無し。



IMG_3951
ブリッジは買った当初はバダスタイプだったのですが、家にストックしていたVOXの純正ブリッジに交換しました。これアルミでめっちゃ軽いし、バダスやラップアラウンドブリッジのように弦を曲げなくてよい点がお気に入りです。


では電装系を見ていきましょう。
IMG_3938
まずフロントピックアップ。
Duncan DesignedのP90タイプが載せられていました。
ちなみに写真でわかるようにネックジョイントはディープジョイントです。
ザグリも非常にキレイで好感がもてる仕事が為されています。


IMG_3940
リアピックアップ。
Duncan DesignedのHB103というハムバッカーで、Seymour Duncanブランドでいうところのダンカンディストーションの廉価版ということです。

・・・実は買う前に見た写真で、このハムバッカーの特徴(スクエアウィンドウで、しかも〇の中心からズレた位置にスクエアウィンドウが開けられている)がオールドPAFやその精巧なレプリカに似てると感じたので、こりゃ只者じゃないピックアップが載ってるのかも!と淡い期待を寄せて買ったのです。
・・・が実際届いてみたら何てことないダンカンの廉価版でした(笑)
写真の解像度の低さにやられましたが、まぁ届くまでいい夢見させてもらいました^m^


IMG_3943
コントロールキャビディ
ここもザグリが非常に丁寧だし、配線の這わせ方もすごいA型気質を感じます(笑)
さきほどのピックアップも含め、電装系のパーツ類は比較的入手しやすい物がチョイスされているといった印象ですね。


IMG_3959
生鳴りはレスポールスタンダードほどタイトではなく、どっちかと言うとマホガニー単板の薄いギターのように大味に鳴るタイプです。


IMG_3978
廉価版のダンカンデザインPUということで正直音はそこまで期待していなかったんですが、フロントはP90の特徴をしっかり捉えているし、リアはハーモニクスが鳴りやすい倍音タップリのパワー型で、非常にわかりやすいキャラに仕上がっていると感じました!
ハムとP90のミックスは、キラキラ感とプリプリ感が強調されてクリーンでのカッティングやストローク向きのサウンドです!
いやー、これは好きな音!!
最近P90にどっぷりハマっているんですが、フロントP90、リアハムという組み合わせは僕の中でギブソン系ピックアップレイアウトの1つの回答とまで感じさせてもらいました!


IMG_3947
メーカー不明で情報が少ないということもあり安かったギターなのですが、実際は作りも材もなかなか良さそうだし丁寧に作られていて、尚且つ音も好みで非常に気に入りました!
素性がよくわからないけど良い音という謎めいたギターを持つことも、ある意味一流ブランドを持つこととは違った意味での満足感があります^m^






先日デリさんがnewギターを購入されたとのことで、そのスタジオデビューに同席させていただきました
IMG_3895
ディバイザーのブランドであるSeventy Sevenのセミアコです!
先日のスタジオで僕のGibson ES-330をいたく気に入ってくださったデリさんが、さっそくES330と同じようなギターをゲットされたというわけです!とはいえ、330がフルアコなのに対しこちらはセミアコ構造。ネックジョイント位置も330は16フレットジョイントですが、こちらは19フレットジョントです。汎用性が広いとなるとこちらの方が有利でしょうね!(^^)


IMG_E3993
アジア製のギターですが最終調整やセットアップが日本のディバイザー工場で為されている「Japan Tune UPシリーズ」というそうで、デリさんがおっしゃるには多少作りの粗さが気になるところはあるがセットアップが良いので非常に弾きやすいということでした


そして僕は、
IMG_3900
前述のSeventy Sevenをデリさんに買わせるきっかけとなった(笑)、62年Gibson ES-330と、


IMG_3898
あと密かにゲットしていたArchtop TributeAT130というギター。
これはフルアコ構造に16フレットジョイントという、68年以前までのGibson ES-330の仕様を踏襲したコピーです。「日本の箱物の工場といえば」の寺田楽器製。

62年のES-330と比べるとカッチリと作られている感じが生音にもアンプを通した音にも如実に表れていて、クリーンから結構な歪みまで幅広くイケちゃう感じが「優等生」といった印象。…と言うと「面白味は無いギター」と受け取られがちですが、基本が超しっかりしてる素晴らしいギターです!ただ比較対象が究極すぎるせいでwwという。


IMG_3924
前回も試させていただいた、デリさんのRoland Blues Cube Stage
ソリッドステートアンプですが、トーンカプセルという真空管みたいな見た目のアタッチメントを挿し替えることでサウンドを変化させることができます。


IMG_3929
デリさんはその中でも「New York Blues」というトーンカプセルをチョイスされていました(^^)
これは「EL84のブリティッシュコンボアンプ」と謳われていることからもVOX AC30を意識したトーンカプセルなんだと想像します。
前回のスタジオの時はトーンカプセルを挿さない “ ド純正 ” 状態だったのですが、それからの違いで真っ先に気がついたのはドライブチャンネルが「クリーンチャンネルのキャラのまま歪みを増した音」になったという点です。純正の時は両チャンネルのキャラが結構違った記憶があるんですよね。基本的に純正時にちょっと扱いにくさを感じたブーミーさが抑えられた印象です!
アンプ買い替えるイメージでこうやってチューニングできるのは面白いですね!


IMG_3907IMG_3905
ラストは恒例の撮影会タイム(笑)


さて、スタジオのあとは超久々の2人でのリサイクルショップ巡りへ!!
ここ数年はずっと1人だったので、話し相手がいるとめちゃくちゃ楽しかったです(^^)

ギターの話や家族の話などをしながら最後の1店舗で、、、
現行パシフィカ最上位モデルを、ヘタしたら最下位モデルより安いんじゃないかっていう破格で見つけてしまいました…!
いやー、久々の掘り出し物ゲットで大満足です!

デリさんもその後Seventy Sevenのモディファイ計画を進められるそうなので、そちらも楽しみ!




必ずしも前兆があるものでもないとは思うのですが、ほんと突然でした。
フレンチブルドッグのぷっちょくんに癲癇(てんかん)の発作が出てしまいました。
IMG_3788
9月10日の夜に初めての発作。
手足をビーンと張って倒れ込み、その後は寝ころんだまま走るようにジタバタと1〜2分ほど。

9月12日の夕方にまた同じような発作。
病院に行きましたが、まだ1回2回の発作なので抗てんかん薬を飲ませるほどの判断はしてもらえず、発作が出た時の坐薬を出してもらいました。
そして、発作が出た時に動画を撮ってくださいとのこと。

9月12日の夜、この日2回目の発作。
お医者さんの指示通りに動画を撮ります。落ち着いたら坐薬を入れる。
過去2回のように発作自体は1〜2分で収まりますが、その後は心ここに有らずという感じで何にも反応せずひたすら家の中を2時間ほど徘徊し続けます。

IMG_3858
9月13日の夜、発作。
前の晩と同じような発作後に坐薬を入れてから、徘徊。
意識が戻ってもなんだか常に様子がおかしい感じ。

9月14日、朝一で病院へ。
発作の頻度が多いとの判断で、抗てんかん薬を飲ませることに。
夕方に発作。その後、坐薬。
徘徊もするが、意識はそこまで飛んではいないような感じ。

その後、抗てんかん薬が合っているのか、
9月15日から今日21日現在までは発作は出ていません。
いつも体調が悪そうな感じでボーっとしていましたが、ここ2日くらいは目力もあるししっかりした足取りで歩くようになりました。
体調が良さそうな時に、ちょっとだけ外の空気を吸わせてあげました。
486546686
足取りはいつもと変わらず軽快(^^)
まだ様子見なのでほんの数分でしたが、いい気分転換になったかな?


IMG_E3965
いつも若々しいぷっちょくんも、もう11歳。
老犬の仲間入りなので、今まで以上に体調管理には気を配ってあげたいと思います。

※さっきから散らかった写真ばかりですみません。
発作が出た瞬間にぷっちょ君が吹っ飛ぶように倒れ込むので、ぶつかったら怪我をしそうなところにガードを立て掛けたり、汚れてもいい小さな絨毯を敷いたりしているのです。




またまた買ってしまいました・・・20年前くらいのパシフィカ312。
中古で1万円ほどでも買えちゃうPAC312はほんとコスパが高いギターだと思います。もちろん好みは人それぞれですが、僕に限っては買って後悔するような音の個体に当たったことはありません!

そんな訳でPAC312(やパーツ色違いの112)はいったい何本目か自分でもパっと思い出せないくらい買ってますが、今回は僕にとって初のメイプル指板・アッシュボディの312です!

※ご指摘いただいたのですが、アッシュボディではなく正確にはアッシュトップ・アルダーバックのようです。失礼いたしました!

IMG_3664
って、もうバラしてるじゃないかとつっこまれそうですが、うっかり届いた状態の写真を撮ってなかったようでカメラロールにありませんでした(汗)
PAC312M という型番のMはメイプル指板、兇アッシュボディを示すようです。
他はPAC312に準じた仕様ですが、パーツはゴールドじゃなくクロームメッキでした。

※ご指摘いただいたのですが、アッシュボディではなく正確にはアッシュトップ・アルダーバックのようです。失礼いたしました!


IMG_3665
ピックアップを見て「おっ」と思った人はなかなかパシフィカマニアですね!


IMG_3666
フロントとリアのシングルコイルがPAC312の物と違います。
手元の資料によりますと、PAC312の方はセラミックマグネット、そしてPAC312M兇諒にはアルニコマグネットが載っているそうです。
また、外観は同じに見えますがリアのハムバッカーもアルニコとのこと。
M兇諒がちょっとだけアップグレードという位置付けなのかな?と思ったら、当時の定価はどちらも同じでした。
まぁアルニコの方もプラスチッキーなボビンで決して高価な物でないことは想像できますが。


IMG_3668
PAC312を買うたびに思いますが、ザグリが本当キレイで気持ちいいです!


このパシフィカ、今まで買った歴代PAC312の中でもネックの木目がキレイです。
IMG_E3673
IMG_E3684
整ったトラではないですが、うねった感じの杢も雰囲気があっていい感じ(^^)


さて、現在のメインパシフィカはこちら。
IMG_1802
これに載っているアッセンブリーを、
ピックガードごとPAC312M兇飽椰してみることにしました


IMG_3669
一気に完成写真(笑)
同じギターを持っていると共通パーツがあるから載せ替えが簡単ですね!
・・・と言いたいところですが、このPAC312とPAC312M兇亡悗靴討魯團奪ガードの形状は同じもののネジ穴の数が違うのです。ピックガードで隠れる部分なので僕はまったく気にならないですが、ボディに新たなネジ穴を開けるのがイヤな人は要注意ですね。


IMG_E3686
ネックも取り付けて完成!
ちなみに指板は貼りメイプルで、軽くトラ目が出ています。
前述したネックの杢に合わせてちょっと良い指板材が選ばれたんですかね?^m^


IMG_E3678
なかなかポップでかわいらしい、女子受けしそうなギターに仕上がりました(笑)
40半ばの僕が持つのは憚られるくらいです(汗)


IMG_E3680
アッセンブリはメインパシフィカから載せ替えただけなのでコチラの記事にも記していますが、
フロント&センターPUはJUNTONEのジナパパシグネーチャーピックアップ
リアはDimarzioのスティーブヴァイシグネーチャーDark Matterです。
あと、ブリッジにはSuper VeeのBlade Runnerをチョイス。


IMG_E3679
サウンドは、メインパシフィカに比べてブライトでチャイミーです。
これはメインパシフィカがアルダーボディ&ローズ指板なのに対し、こちらはアッシュボディ&メイプル指板であることが影響しているのかもしれませんね!アンプに通さない生鳴りも、メインパシフィカの方が重心が低くてネバっとしてます。
メインパシフィカの方は、どっちかと言うと僕のFENDERストラトと似た方向性に向くようにイジってきたので、このようにキャラの違いが出るのは面白いかもしれませんね(^^)

※ご指摘いただいたのですが、アッシュボディではなく正確にはアッシュトップ・アルダーバックのようです。失礼いたしました!


しっかし、やはりこの20年程前のPAC312は良いギターだなと改めて思わされます!
IMG_E3685
中古で1万円台ならお財布にも優しいし、仮に気に入らなくてもヤフオクとかで売れば買ったような値段で売れるので、ぜひいろんな人に弾いてみていただきたいです(^^)




もう一週間前になりますが、デリさんとスタジオで遊んできました(^^)
IMG_3320
タイトルにも書きましたこのローランドのブルースキューブステージをデリさんが購入されたので、大きい音で試す機会に同席させていただいたのです。
いやぁ。デリさんとは付き合いが長いですが、デリさんがマイアンプをスタジオに持ち込まれるのは記憶する限り数年前のVOX Lil Night Train以来2度目でしょうか!


IMG_3349
このアンプに合わせて組んだというペダルボードと合わせて鳴らさせてもらいましたが、クリーンが非常に良い!!何をもって真空管アンプの音なのかって話なのでむやみに「真空管っぽい」とは言いたくないですが、でも言わせてください。真空管アンプっぽいですww

軽く歪み始めるくらいのクリーンとクランチの境目あたりが非常に美味しい!
基本的にはキラキラっとしてるというよりはブルージーな方向性だと感じます(さすが “ ブルース ” キューブっていうだけあって)。
でもブライトスイッチ的なスイッチをオンにすればシャキ!っとしたサウンドにもなります。
あと、ブーストスイッチは別にブーストさせる目的が無くともオンにしてた方が音の密度が増す感じがしましたよ(^^)

一方、歪みチャンネルは結構クセがありますね。ブーミーに潰れるような歪み方といいますか。
歪みペダルでブーストするとより顕著になるので、ある程度のゲイン量が欲しい時は歪みチャンネルをペダルでブーストするより、クリーンチャンネルに歪みペダルの方が汎用性が高い歪みになる気がします!もちろんペダルとアンプの相性が重要なのは言うまでもないですけどね。


ちなみにスタジオで写真は撮り忘れてしまったんですが、僕は、
IMG_2120
このYAMAHA THR100HDを持って行きました。一応、真空管アンプのモデリングという意味ではブルースキューブと同じような位置づけのアンプなので聴き比べてみよう!と思って持ち込んだのですが、これを繋ぐキャビがMarshall 1960Aしか無く、そのキャビとの相性が良くなくて
家でいつも気持ちよく鳴らしてるようなサウンドが全然作れませんでした。。。


あともう一つイベントがあり、それがこのBOSS SD-1とIbanez TS-9の聴き比べです!
IMG_3319
このツイートにも書いたように、
.痢璽泪襪SD-1
Jan Rayのオペアンプに交換したSD-1
5SD-1W
ぅ痢璽泪襪TS-9
Jan Rayのオペアンプに交換したTS-9

という5台の弾き比べを敢行!!

SD-1Wは見た目でSD-1Wだってわかりますが、他の4台はどれがノーマルでどれがジャンレイオペアンプに交換した物かは外観からはわかりません。そんな半ブラインドチェック状態でデリさんに弾き比べしてもらったんですが、なんとデリさん全問正解
やはり定番と呼ばれる2機種のサウンドは耳に焼き付いてるから、それが変化すると気付けるものなんでしょうか。にしてもさすが!凄い!

サウンドに関しては、当たり前すぎて言うのも憚られますがジャンレイのオペアンプを載せたからといってジャンレイの音には全然なりません(笑)
ちょっとはジャンレイっぽくなるね!・・・っていうことも全然ありません(笑)
面白かったのが、SD-1にジャンレイオペアンプを載せるとTS-9に似ました(゜o゜)
TS-9にジャンレイオペアンプを載せると・・・音が固くなってチューブスクリーマーらしさ(美味しさも含め)半減っていう感じでしたね(私感)。

実験としては非常に興味深かったし楽しかったですが、やはり歴史的名機たちの偉大な設計者がチョイスしたオペアンプのままで鳴らすのが一番素晴らしいということなのでしょうか
勉強になりました!!


あとこの日の収獲として、、、
IMG_3323
僕のGibson ES-330を弾いたデリさんに、帰る頃には「金策していつか330を買う」と言わせるまでドハマリさせたことでしょうかww




このページのトップヘ