ジナパパ一家の何てことない日常

ペットの事。家族・育児の事。趣味のギターの事。日常の何てことない事。とにかく一貫性のないブログになってきました(笑)

コロナのせいで1月以来ライブができていないこともあり、半年ぶりくらいにやっとスタジオに行くことができました!!
と言いましても今回はリハではなく遊びです
ライブリハは来週あたりから始動です!


こちら、ピロさんのニューギターです。
IMG_2252
以前、一緒にセカストで見つけて買われたEpiphoneレスポールスタンダード
リアがセイモアダンカンのハムバッカーにアップグレードされてる状態で1万円しない価格!


IMG_2251
ロッドカバーに縦書きでGIBSONと書かれているのはちょっと古めなエピフォンらしいです。1996年製だったかな?我々オッサンにとって90年代ってつい最近みたいに思っちゃいますけど、実はもう20年以上前なんですよね(笑)
ヘッドのLes Paul MODELという書体も細字なので雰囲気すごくいい
なんかもう、やっぱりレスポールをマーシャルに直でつっこむだけでROCKですよね!

そのマーシャルですが、
IMG_2246
IMG_2247
スタジオ常設のMODEL2555っていうモデルです。
僕はここ数年「Marshall離れ」が進んでるので記憶が定かじゃありませんが、たしかシルバージュビリーのレギュラー版として出たモデルだったような記憶がありますね(違ったらご指摘ください)。

もうなんと言いますか、音が良いとか悪いとか、好きとか嫌いとかを超越した「これだよ、これでいいんだよ」っていう説得力のあるドライブサウンドがたまらないですね(笑)
ちなみに僕はスタジオに着いてまずJC-120(これも久々に使いました)を鳴らしてフツーに満足してたんですが、マーシャル2555や持参したFender Champ2を一通り鳴らしてからまたジャズコに戻ると、やっぱりジャズコっていろんな意味で簡単ではないアンプだなっていうのを痛感しますね(^_^;)


僕はGibson ES-330を初めてスタジオに持って行きました!
IMG_2255
クリーンだとギブソンらしい温かい音なんですけど、フルアコの倍音成分の関係か歪ませると途端にジャキン!とエッジの立った暴れるドライブサウンドになるのが面白くて、それが僕が330にハマった一番のポイントです


IMG_2254
Marshallとの相性もバッチリ


9565666526523
しばらく弾いてて、ハッと「そういえばまったくハウってない!」ということに気付きました。ハウリングのことが意識から抜けてたくらいにハウりませんでした!!ライブでも普通に使えそうです(^^)
これと入れ替える形で手放した67年の330はもっと軽快な鳴りなので ファンクやネオソウルで使う人も多いみたいですけど、こっちの62年の方はさらに中低域を粘らせた感じの音です。


あと、すみません自分の備忘録も兼ねてFender CHAMP2のことも書いておきます。
IMG_2116
(スタジオで撮らなかったので家での写真ですが…)

出力12ワット(だったはず)で家庭使用に最適!・・・みたいなイメージもあるアンプですけど、今回スタジオで実感したのは、家庭音量じゃ全然真価を発揮できてなかったんだな、と。ハイミッドからハイにかけての押し出しや、ブッチーーン!という巻き弦の張り感は、やっぱりそれ相応の音量じゃなきゃ出てきてくれないのがよくわかりました。
ただ、それくらいの音量になると6弦の音を伸ばした時のアンプの共鳴が酷い
スピーカーの限界なのかエンクロージャーがパワーを受け切れないのかわかりませんが、低音を鳴らすとビリビリ(というかボボボボボ・・・)と鳴っちゃいます
これはやはりヘッド化して別途キャビで鳴らすのがよさそうです。


今回久々のスタジオで実感したのは、やっぱりデカイ音でギター鳴らすのって幸せだなぁっていうことですかね ^m^
デカい音だと機材が真価を発揮していい音で鳴ってくれるというのももちろんありますし、メンタル的にもストレス発散になりますし、そしてそれは昨今のコロナ禍のためスタジオやライブに行けず音を浴びていなかったからこそより実感することなんでしょうね。
短い時間ですけどすごく幸せな一時でした





ハードオフのジャンクコーナーを見てましたら、僕らの夢がつまったあの青いコンテナボックス(笑)にフェンダーのモノグラムストラップが入ってました。
いわゆる「横ロゴ」だったのでビンテージかと思いましたけど、状態はまるでさっき開封しましたと言わんばかりのピカピカだったので、きっと今年リリースされたばかりのハマ・オカモトさん監修Vintage Modified Monogram Strapだと思い、買ってきました\(^o^)/


IMG_2175
ところが帰ってきてから調べてみると、ハマさん監修のは縦に縫い目が入っていないんですよね。僕が買ってきたヤツ(写真)は縦に縫い目が入ってます。年代までは調べてないですけど、どうやら古い物のようです。最初期のはバックルが金属なので、今回のこのプラスチックのヤツは最初期よりは新しめっていうところでしょうか?^m^


IMG_2176
多分これ、一度も使用されてないっぽいですよねー
ピンを通す穴がまったく広がってないです。


IMG_2177
値段は、ジャンク箱に入ってたくらいなのでお察しいただけると思います。
いい買い物しました





6月21日をもって、北海道発祥の大衆イタリアンレストラン「ペペサーレ」が閉店しました(T_T)
まぁそんな頻繁に行ってた訳じゃないですが、我が家は家族みんなここのシュリンプロッソが大好きだったので、ちょっと寂しいです。
IMG_2094
↑シュリンプロッソ


965256565
最後に、娘つぐちゃんと2人で食べに行ってきました。
・・・まぁ、行ってきたというより、たまたま行ったら閉店の2日前だということを知ったんですけどね


IMG_2091
クマさんフォカッチャも、子供たちは小さい頃からよく食べてたなぁ(しみじみ)。

で、最後にペペサーレ行ってきたことを息子そうちゃんと奥さんに報告しましたら案の定「最後にシュリンプロッソ食べたい!」ってことになりまして、最終日に家族みんなで食べてきました(笑)


さて、コロナウイルスによる外出自粛がきっかけで、庭でバーベキューすることが多くなってる我が家ですが、バーベキューを快適にすべくタープを買いました!!
79865652625625
道民の強い味方ホーマックのPB、DCMのタープです^m^
3m×3mで蛇腹式(っていうのかな)にミョ〜ンと伸ばして設置するタイプなので楽々です。一応1人でも組み立てできるっていう触れ込みですけど、サイズがサイズなだけにやっぱり4人で4つ角を持って伸ばした方が効率いいです。

屋根があって直射日光を防げるだけで、ずっと屋外にいるあの独特の疲れが無くなるのですごくいいですね!ちょっとそれに気付くのが遅かったです
屋根の高さを段階的に調整できるんですが、低めにすると妙な「守られてる感」があって、すごく落ち着きます^m^


IMG_1969
BBQする時はいつも子供たちと何かしらスポーツもするので、いい運動になります
この日はバレー部に入部した息子そうちゃんとバレーボールをしました(^^)
バレーなんて高校の体育以来、20数年ぶりです^m^


先日の父の日は、子供たちと奥さんが美味しいご飯を作ってくれました
IMG_2136
とっても美味しかったです!
息子そうちゃんからは手紙、そして娘つぐちゃんからは手紙と鬼滅の刃のキーホルダーをもらいました!
自分が若い頃を思い返すと父の日や母の日を疎かにしてた年頃もあったので子供たちもいずれそうなるかもしれないですし、だからと言って義務のようにやってもらいたいとも思わないですけど、お互いを尊重し合う気持ちや、1年に1回や2回くらいは誰かを思いながら料理したりプレゼントを考えたり、そしていつもとはちょっと違う気持ちでみんなでご飯を食べるという時間を大切にしていきたいですね





手稲の万代でBOSSのエフェクターはノブやネジの欠品が無ければ最低2000円買い取り保証!ってんで売りに行ったら、買取価格はナゼか1000円。明細には「使用感あるため」との記述。そっか、まぁちょっとキズはあるしそんなもんかぁと思ってそのまま売り、その後ギター売場を見てたら「キズがあっても汚れてても2000円保証!」的な店内アナウンスが。
あとで「使用感」を広辞苑で調べ直してきます・・・


さて、先日 断捨離欲求の波が押し寄せてきていることをブログに書きましたが、こうして周期的にやってくる断捨離欲求の際まず一番に整理したくなるのはいつでも「アンプ」なんですよね。
もちろん、アンプが一番優先順位が低いという訳じゃないですよ!

理由は、、、
7894164256256
まず、アンプは場所を取る(笑)
機材部屋があるならいいんですけど、僕みたいに寝室の片隅しか許されていない人間にとってアンプのスペースは限られるのです。
あと、僕は結局ライブでは箱のマーシャルを借りるので、とりあえず家には最低限満足できるアンプが1台あれば十分というのもあります。

でも、家での音作りの都合を考えると、本番のアンプと家のアンプのキャラは似てるに越したことはない。そしてヘルニアのことを考えると20キロは超えてほしくない。などなど、いろいろ自分の中で理想論があるのです^m^

・・・みたいな理屈を並べても結局アンプが好きなので、気になるモノはついつい条件など完全無視で買ってしまったりする訳です(笑)
だからアンプは増える!!
いや、アンプに限らずギターもエフェクターもだな・・・


まず先日買ったばかりのTokai TA-35OC
IMG_2118
これなんてもう前述の条件からすると完全無視の代表みたいなもんですね。
見た目の渋さだけで購入。


続いてFENDER Champ2
IMG_2116
家で使うにはサイズ的にも出力的にも丁度いい真空管アンプ。ですが、たまにスタジオにも持って行って爆音で鳴らしたい僕にとって、ヘッドルームが狭くて歪み始めが早いのが唯一の残念ポイント。しかもその歪みがちょっとイケてない(←小声)。。。もちろんそういう趣旨で設計されているアンプですから、単純に僕のわがままです。
純正の10インチスピーカーではちょっと心許ないサウンドですが、後述するボグナーの12インチキャビに繋ぐとクリーンはめっちゃ良いです


という理由からChamp2は外部キャビに繋ぐべく「ヘッド化」を計画しているのですが、
IMG_2117
エンクロージャーをぶった切ってヘッド化したあとやっぱりコンボに戻したくなった際に使えるようにと、がちゃさんが空エンクロージャーを譲ってくださいました!ありがとうございます!


そして現在我が家にある唯一のスピーカーキャビネットがBogner豆キャビとかキューブとか呼ばれているこの12インチ1発キャビです。
IMG_2121
もちろん音もいいですが、赤っていうところが一番のお気に入りポイント
イングランド製のCelestion Vintage30が載っています。


その豆キャビとサイズがピッタリのTEISCO BASS NOTE 50
962553463
名前の通りベースアンプなんですが、ギターに使っても非常に素直な出音です。
キャビに合わせて赤いトーレックスに貼り替えました
ただ実際のところまったく出番はありません。。。


そして最後にメインアンプのGDS 18Wです。
IMG_2119
「これがメインアンプ」と言うより「他をほぼ使っていない」と言った方が正しいか
本来コンボアンプだった物をヘッド化しました。重さ約7キロで腰にも優しい(笑)
Marshallのコピーなので、本番で使うMarshallと近からず遠からずみたいな感覚で音作りしています。が一口にマーシャル同士と言っても本番のはJCM900なので似てるとは言えません(笑)
このアンプは音が本当に好きで、ビンテージから現行、高いのから安いのまで過去には様々なアンプを手に入れてきましたが、現状これが一番好きです!豆キャビとの相性はもちろん、スタジオ定番の1960Aキャビで鳴らしても何の苦労も無く素晴らしい音が出るのが非常にありがたい!


こういう風に改めてブログに書いてみると、自分にとって必要な物とそうじゃない物がハッキリ見えてきますね・・・w
とは言っても嗜好品は必要に迫られて買うというよりも「好きだから買っちゃう」が正解だと思ってますから、増えるのはある意味必然(笑)。買ってから考えればいいのです^m^
で、今がその「考えてる時期」ということでw





久しぶりのライブが “ 一応 ” 決まりました!
コロナ禍でまだ制約が付くでしょうし状況によってはいろいろ条件も流動的なのでしょう。けどまずは約半年ぶりに目処が立ったというだけでも非常にありがたく思います
ライブハウス関連で残念な知らせもあった中、いつもライブさせていただいてる所がこうして存続してくれていること、そして配信ライブなどで繋いでくれていたアーティストさん達、ご自身のことだけでも大変な中で準備してくださる主催者さんやスタッフさんには感謝しきれません!

決まったライブに向けて、という訳ではないですが新たにペダルボードを組み直しました!
IMG_E1996
どんどん小型化していきます(笑)
重さはきっと過去一番軽いんじゃないかという3.5キロでした。ストラト程度 ^m^

チューナー(TC Electronic Polytune2 mini)
 ↓
バッファーブースター(Zauber Pedals オリジナル)
 ↓
ワウ(Cry Baby ジミヘンモデル JHM9)
 ↓
メイン歪み(Shinos Naughty Brain)
 ↓
ボリュームペダル(BOSS FV30L Zauber Pedalsモディファイ)
 ↓
ディレイ(Free The Tone FF-1Y-K)

必要最小限に収めたという感じです!
ビッグマフ(ラムズヘッド)は音は好きすぎるんですけど、筐体がデカくて場所を取るわりにライブでは当面使いそうにないので、降りてもらいました。。。(ToT)/~~~

IMG_2002
RockboardDUO2.1という、今までサブボードを組む時に使っていた小型で横長なボードを使用しています。横幅46センチ、奥行14.6センチです(^^)


IMG_1998
この無地の白いペダル。Zauber Pedalsさんが作ってくださったブースターです。

クリーンの存在感をアップさせる常時ONのバッファーブースターが欲しくて、EPブースターやマイクロアンプなどの定番機種からちょっとマイナーなゲルマブースターまでいろいろ試してきました。でもワンノブブースターって意外と好みにビシっ!と合う物が無いんですよ。極々僅かに歪んで欲しいなーと思ってもそこまで上げる頃には音量もデカくなり過ぎたり、逆に理想よりも歪み始めが早かったり・・・。そんな僕の試行錯誤を見ていたZauber Pedalsさんが僕に合いそうな物をと密かに作ってくださっていた逸品です。
2ノブはなんだかんだやっぱり便利です

贔屓目でも何でもなく、どクリーンではなく多少歪んでるかなっていう位のギュムっとしたコンプ感とエンハンス効果がなんとも言えず気持ち良いのです。しかもこれ、上げていくとそこそこ歪むので普通にオーバードライブとして使ってもめっちゃ気持ちいい
あと決め手はサイズですね。小型ボードなのでサイズは重要事項です!


IMG_1997
他はいつも通りのスタメン選手たちですね〜
シノーズのノーティーブレインに至ってはかれこれ3年間ずっとメイン歪みです(^^)
今までリードを弾く時はオーバードライブも一緒に踏んでたんですけど、ノーティー単体を強めに歪ませておいてギターのVolでリードからバッキングまで操作します。その方が今の僕にはフットワークが軽い気がします。前述のバッファーブースターが繋がってるので、しようと思えばブーストできますけどね!


IMG_1999
お約束(?)のノラネコぐんだんフィギュアも載りました
使いたいエフェクターを載せるのは大前提ですが、僕にとっては最後にこのノラネコのスペースを確保できてやっと「完成!」という気持ちになるのです(笑)

あと、ghsのFAST-FRETピックケースもですね!
別々にしちゃうと僕はすぐ忘れ物をするので、絶対に持ち運ぶペダルボードに常時載せておけば忘れずに済むという訳です


最後にふたたび全体像を。
IMG_E1996
軽いってやっぱり素晴らしいですね(笑)
腰と頚椎のヘルニアが年々悪化してる今、機材に一番求めるのは音より「軽さ」かもしれませんw





このページのトップヘ