ジナパパ一家の何てことない日常

ペットの事。家族・育児の事。趣味のギターの事。日常の何てことない事。とにかく一貫性のないブログになってきました(笑)

なんだか写真は妙に粗いし、文字サイズも大きくなったり小さくなったりで変な記事になってたので、もう一度書き直します(^_^;)
ライブドアアプリを使ったスマホでのアップは、イマイチよくわかりません


リサイクルショップから掘り出した、爆安JMP1H
IMG_8065
IMG_8084
正直、youtubeでJTM1やJCM1との比較動画を見ていた時は、JMP1が一番イケてない・・・もとい、一番好みではない気がしてたんですが、やっぱり実機を自分で鳴らしてみなきゃ正当な評価はできないもんですね!
VOLUME、TREBLE、BASSフルテンでJMP特有のズシャッ!とハイが潰れるような歪み方をしてくれて、「さすが本家、1wでもうまいこと爐△硫鮫瓩鮑遒辰討るなぁ」と感心させられます

ただ、ギターのボリュームを絞った時のパキッとしたクリーンの表現力は、やっぱり100wに軍配が上がりますかねー。
いや、しかし総じて素晴らしいベッドルームアンプだと思います


IMG_8085
裏面には50周年のプレートが。


IMG_8087
ゲインブーストスイッチはちょっとノイズが目立ちますねぇ。これなら、好みのオーバードライブでゲインブーストした方がサウンドを追い込めると思います(私感)。
HighとLowを切り替えられるパワースイッチは、Lowだと0.1wに出力を下げられるようです。前面のボリュームをMAXにしてても、このパワースイッチをLowにすると音が小さすぎる感じですね。おまけに音がシャーシャーして変にハイが目立っちゃうような音になる気がします。0.5wくらいなら良かったのに(?)。
あくまでも僕の環境での話ですが、High(1w)のままでも家でフルボリュームにすることは可能です。ただ10分くらい弾き続けると奥さんから「そろそろいい加減にしたら?」と怒られそうな音量ではありますね ε-(´∀`; )


IMG_8088
パワー管とプリ管1本ずつかな?と思ってましたが、計4本も刺さってました!^m^


さて、どうせ見てもチンプンカンプンですが、ご開帳でございます。
IMG_8089
うん。やっぱりチンプンカンプンです(笑)


IMG_8090
生意気(失礼!)にも、Dagnall社のトランスが載っているんですね
Marshall好きとしてはこういうところでテンション上がりますよね

というわけで、今更感満載なMarshall JMP1の紹介でした!
最近の僕はアンプはクリーンで歪みはペダルで作るスタイルなので、そういう用途においては正直ジャズコの方が断然素直でペダルに変な味を加えないので使いやすいです。でも、たまには歪ませたJMPにブースター1発でハードロックサウンドを掻き鳴らすのも悪くないですね!!(^^)



バンド練習後にフラっと立ち寄ったリサイクルショップで出会っちゃいました(^^)

IMG_8065
あれ?Marshall JMP-1Hって、こんなに安かったっけ???
最近、マーシャルから随分遠ざかってるので、相場もよく覚えてません。でも、ここまで安い値がつけられるような物ではなかったような・・・
お店の人、Class5と間違えて値付けしちゃったのかな?


・・・でもまぁ手持ちも無かったし、とりあえず退散。そして1332さんに報告LINE。


で、あとからヤフオクの過去の落札履歴を調べたら、これ、10万円くらいで取引されてるじゃありませんか これは久々に掘り出し物に出会っちゃったかも
万が一 音が気に入らなくても、ヤフオクに出せば損はしなさそう^m^


という訳で、、、
IMG_8066
お金おろして、改めて捕獲しに行ってきました^m^
最近アンプはVox MV50というミニミニヘッドしか持っていなかったので、小さいながらもこうしてMarshallロゴの入った真空管ヘッドを積むとテンション上がりますね

そういえば、買った時にレジの店員さんが
「これ、先日入ってきたばかりなんですよ。かなりお得ですよね!50周年モデルですし!」
って言ってました。
と言うことは相場よりかなり安いことは店員さんも認識してるってことですよね。
なんでこんなに安い値段にしたんだろう???



こちらでエフェクターボードを小さくする計画について書きましたが、それが完成しました
経過などツイッターで呟いちゃってるので目新しくないですが御覧ください


DSC_0252
DSC_0254
前より、横幅が約15センチも小さくなりました!この差はデカいですよ。
ちなみにボードは、PedaltrainのCLASSIC Jr.というモデルです。
だいたい45.5センチ×31.5センチという感じのサイズですね。


DSC_0258
エフェクターを減らしたことでスイッチャーをBOSS ES-5という5ループのモデルに変更しました。ES-8からES-5に替えたことによるサイズの違いが一番デカいですね!


DSC_0255
前と同じように、One Controlのジャンクションボックスをここにハメ込んでいます。もちろんメーカーはここにハメることなど想定して作っていないでしょうけど、ピッタリなのが本当にうれしい(笑)

・・・ただ、今回このジャンクションボックスの中身が断線するというトラブルが発生。ボードを組んだのに音が出ず、原因がジャンクションボックスにあると断定できるまで2時間くらいテンパりました
ちゃんとハンダつけ治しましたよ(^^)


DSC_0256
これまた前と同じように、ボード裏面にTC Electronicの小さいリバーブを忍ばせています。
ボードをひっくり返さなくてもスリットから指を入れて手探りでノブを回せます( *´艸`)


DSC_0257
歪みは2台のShinosのペダルで賄います!
The BLASTは弱いクランチ設定。単体使用でのコードワークはもちろん、前段のコンプと同時使用でブルージーなプレイやリードに使ったり、後段のNaughty Brainのゲインブースターとしても使用します。こいつはマジで万能ですよ!
Naughty Brainはマーシャル系と謳われていますが特に「プレキシ系」とか「JTM系」とかみたいな特化型ではなく、非常に汎用性の高い上質な歪みです!
僕はメインの歪みに使っていて、ギターソロの時はBLASTでブーストします


さて、今までのボードと見比べてみましょう。
IMG_7068
DSC_0252
うん、かなり変わりましたね!
小さくなった分、なんか要塞感というかロマンもちょっと薄れた感はありますが
でも可搬性はかなりアップしたし、カフェバーの小さいステージでセッションライブする時もかさばらないサイズ感は魅力です




お正月にドンちゃんをお迎えして、一週間が過ぎました。

これは、たしかドンちゃんがうちに来た日の写真だったかな?
IMG_7761
IMG_7784
IMG_7820
IMG_7794
来た初日からすぐにおもちゃで遊びだすという肝の据わりっぷりでした(^^)
やっぱり子猫(と言ってももう生後半年近くですけど)の方がまだ怖いもの知らずなので、適応力は高いんですかね。大人になってから来る子の方が警戒するように感じますね〜。


IMG_7969
お腹を見せて寝てるので、かなり安心してくれてるようです(^^)


普段はケージの中でご飯を食べさせているんですが、
IMG_7985
みんなと並んで食事もできるようになりました


IMG_7974
徐々にケージから出ている時間も増えてきましたよ。当初はみんなにフーーフーー唸るヤンキー気質だったんですが、今はだいぶ穏やかになってきました^m^



なんか、定期的に小さくしたがってる気がしますが^m^
という訳で、またペダルボードを小さくしたい熱が再燃してまいりました。
「小さくしたい」というよりも「こんなに大きい必要は無い」と気付いたと言うべきか。。。


現状はコチラ。
IMG_7900
このラインナップで落ち着いた感があります。
歪みも満足してますし、買い足したい物も現状皆無です。ところが、このボードを何か月か使い、何度かライブにも持ち込んだところ、ここまでのシステムは必要無いなと気付きました

まず歪み物
「こんな音も使いたくなる時が来るかもな」と先を見据えて入れてた歪みペダルは思い切って外しましょう。「この先もしかしたら使うかも」でボードに載せてたらキリがないですからね。

続いてBOSSのハーモニストPS-6
一度ギター1本でハモらせるのをライブで使った時に導入したんですが、その後は使わず。でもハーモニストとしてではなくデチューンモードで「コーラスの代わり」としてもすごいいい音なので載せたままでした。ただ現在はHotoneのXtompがあるので、もし揺れ物系の音が必要になったらXtompにお任せしましょう。ということで外します。

続いては、ボード裏面に密かに忍ばせているリバーブ
これはボードから外すのではなく、スイッチャーのループから外します。結局どのパッチにおいても常時ONなので、それならループに入れなくてもスイッチャーの後段に繋げばいいだけの話ですからね(笑)


このように、スイッチャー(BOSS ES-8)の全8ループから3つのエフェクターが減ると5ループで間に合う計算になるため、スイッチャーはES-8じゃなくES-5で充分っていうことになります。ES-5になるとサイズがかなり小さくなるため、ボードも小さくできそう!

という訳で、現在ボードやスイッチャーの入れ替え作戦中です!
今週末のライブに新ボードが間に合うかどうかはわかりませんが、着々と進めていきたいと思います


※ 完成しました!!コチラです。



このページのトップヘ