ジナパパ一家の何てことない日常

ペットの事。家族・育児の事。趣味のギターの事。日常の何てことない事。とにかく一貫性のないブログになってきました(笑)

メインボードがいい感じに完成すると、今度はサブボードを組んで遊びたい欲求がフツフツと燃焼してくるのはギタリストあるあるでしょうか ^m^

IMG_2473
僕にとって「歪みがファズしか入っていない」という今回のメインボードはなかなかの冒険であり挑戦でもあるので、サブボードの方は思いっきりトラッドなロック〜ブルースを “ 安心して ” 弾ける構成にしようと(笑)
で、上の写真のようにいろいろと繋ぎ替えながら久しぶりに
・ストラトキャスター
・チューブスクリーマー
・フェンダーCHAMP ii

という組み合わせを改めて鳴らしたところ、、、めっちゃいい。。。
先日スタジオでレスポール+マーシャルを久々に鳴らしたら「これこれ、これだよ」という説得力に改めて脱帽したのですが、同じ意味でコッチの組み合わせの説得力もハンパないです。。。
良いとか悪いとか好きとか嫌いを超越した『なにか』があります!
そして、
「この王道の組み合わせで良い音が出せないならそれはお前の腕のせいだ」と、なんだか挑戦状を叩きつけられているような気すらします。。。

ふと、メインボードのコンステレーション(ファズ)で手元のボリュームを絞ったクランチにTSを組み合わせたらめっちゃ良さそうという妄想が・・・
いやー、尽きないですねホント(笑)





コチラの記事↓↓↓で紹介しました、Crazy Tube CircuitsConstellationというファズペダルを早速ボードに載せてみました。



5965956
ラムズヘッドの時にもすごい感じましたけど、ファズって単体もいいですけどブースターと組み合わせることで、なんていうかすごい “ 使える音 ” になりますよね!
ファズに対して使える音って言うとなぜか褒め言葉に聞こえないですが(苦笑)、でも実際ステージで使うことを想定してある程度の汎用性も求め出すと、ブースターやODとの合わせ技はかなり有効な気がします
という訳で僕もZauber Pedalsさんに作っていただいたブースター(ペイントしちゃいましたw)との合わせ技が超お気に入りなサウンドです。


IMG_2309
このコンステレーションに搭載されている6種のファズ(内1つはブースター)はどれもエッジが立っていて鋭く、ハイが暴れるような荒々しいサウンド。オーソドックスなOD〜DSのサウンドに比べると常にジリジリした成分が基音に纏わりついてるので、いわゆる甘くてクリン!とした歪みが欲しい時にはギター本体のトーンをいじるようになってきました
恥ずかしい話、ギターのトーンってただコモるだけみたいな印象しか無かった時期が非常に長かった(汗)んですが、ピッキングのバイト感やコンプレッション感などの変化に気付いてからは「これ操作できるようになったら武器になるんだろうなー」ってずっと思ってはいたんですよね^m^
ただ、まだ全然使いこなせてはいないです。。。
ライブで演奏中となると、もっと弄れないでしょう。。。w


さて、エフェクターボードの写真を載せたので、ついでに裏面も。
9631456321486
電池ボックスを載せました!
コンステレーションは極性が逆なのでパワーサプライを他と共有できないためです。
電池ってインプットジャックからケーブルを抜かなきゃどんどん消費しちゃうじゃないですか。でもボードに組み込んでるとコンステレーションをボードからいちいち取り外さなきゃケーブル抜き挿しできないんですよね。なので、オンオフスイッチ式の電池ボックスを外付けにしました(^^)

バッテリースナップ【 DC9V乾電池用BOX ON・OFFスイッチ付 】L型 DCプラグ付

価格:1,680円
(2020/7/8 17:15時点)

今週末からいよいよリハが始まるので、このボードを試すのが楽しみです





IMG_2437
本来6月に旬を迎えるので「ジューンベリー」という名前らしいのですが、北海道は涼しいせいか我が家のジューンベリーは毎年7月に入ってから収穫期を迎えます(^^)
サクランボより2回りくらい小さくて赤い実は、食べても鑑賞しても良しです
食べきれないくらい実るので、小鳥たちが食べに来ても追い返したりせずそのまま食べさせてあげます。


IMG_2448
ロシアリクガメのカメっちもジューンベリーを食べます。
野生ではこんなもの食べてないはずなので、あくまでもオヤツ程度ですけどね^m^


IMG_2439
日課である日向ぼっこ。
最近は外の環境にもすっかり慣れてきたようで歩き回るので、箱に入れて日光浴させてます
モルモット用などの折り畳みサークルとか用意してあげたら良さそうですね〜


さて、最近週末の定番行事となりつつあるバーベキュー
IMG_2418
あら…バーベキュー写真は生の状態だとあまり美味しそうに見えませんね(笑)

ママ友さんが買ってきてくれた氷下魚を初めて焼いてみたんですが、小さいので食べようと思えば骨ごと食べれるのでバーベキューに最適ですね!
子供たちも5人集まったんですが、やっぱり子供は遊びに夢中になっちゃって実際そんなにガツガツ食べないので、食材の買いすぎ注意です(笑)


IMG_2428
夜は花火をしましたよ。
この記事に書いたタープの天井にLED照明をつけたらめっちゃ快適になりました
ガスランタンも持ってるんですけど、点火する時ボッ!ってなるし 点けてる間ずっとシュゥゥ〜〜ってガスの音がなってるのが少々恐怖感もある(汗)ので、僕はLEDの方が好きです^m^
「電球色」っていう物を買えば屋外の雰囲気を壊さないですしね!

T9-TX084LA ドウシシャ LED多目的灯 連結タイプ 1600lm(電球色相当) DOSHISHA 仮設防水ライト [T9TX084LA]

価格:6,028円
(2020/7/7 15:49時点)


ドウシシャT9-TX084LAという物です。
3メートル四方のタープに、長さ84センチのLED1本だけで十分でした(^^)
万が一明るさが足りない場合は買い足せば連結していくことができます。
今後大活躍してくれそうです






フェンダージャパンは、JVシリアル期が良いとかEシリアル期が良いなどよく聞きますよね。
「メーカーの気合が入ってた時期」「いい木材を使ってた年」などたしかに根拠はあると思うんですけど、実際のところどうなんですかねー?JVの全部が全部いい音するわけないでしょーと思いながらも、たしかにちょっと興味はあります(笑)


IMG_2392
という訳で、冒頭から話が逸れましたがFender JAPANESQUIREです!


78458561456
ちょっと見づらいですけど、ジョイントプレートに「A」から始まるシリアルナンバーが打たれています。フェンダージャパンのシリアルって、ネック裏やヘッドに書かれているのはたくさんありますけど、ネックプレートに書かれている物もあったんですね。あ、JVシリアルもプレート刻印でしたっけ?
Aシリアルは1985年〜1986年製造だそうです。


磨くついでに、各所見ていきましょう!
IMG_2376
スラブボードなのがわかるネックエンドには、1985年6月29日を表す表記がありました。
フェンダージャパンが創設して3年後ですね。
フェンダーUSAやマーシャルアンプ等の手書きデイトは読めない物もよくありますが、これは書いた人の性格が表れているような丁寧な字ですねww


4836526562563156154653
TES61-70という型番なので、フェンジャパルールに則ると61年モデルのリイシューで定価は7万円ということになりますね。61年仕様だからスラブボードなのですね〜。



IMG_2368
IMG_2370
ジョイント部分にはTLC-54Bという表記がありました。
実際の型番とは違いますが、ネットで調べると他の個体もこの記号が書かれているようです。
TLC-54Bというモデルと共用のボディ&ネックなんですかね?


IMG_2367
さっき載せましたカタログ写真によると、ピックアップはFender USAのTL-VINTAGEというモデルが載っているそうです。
ちなみにエスクワイアはピックアップがリア1発のみです。


IMG_2369
3wayレバースイッチが付いてるのですがピックアップは1個しかありませんので、このスイッチはトーン切替スイッチみたいな役割になってます。

通常のリアポジションでトーンをバイパスした状態。
通常のセンターポジションでトーンが効く状態。
通常のフロントポジションでトーンをゼロに絞ったような状態。

となります。
・・・まぁ必然的にセンター固定って感じになりそうですよね〜(笑)


IMG_2372
ボディは普通のテレキャスターと共用のようで、フロントピックアップのキャビティなどは開けられています。いつでも手軽に普通のテレキャスターにもできますね^m^


IMG_2387
クルーソンタイプのペグは磨いてキレイになりました
テレキャスターのヘッド裏って、改めて見るとなんだか色っぽい形状ですね!


IMG_2386
ヘッドにはタバコを挟んだような形跡があります(笑)
本家USAのエスクワイアも、61年なのに円形のリテイナーだったんですかね??


IMG_2382
ボディの継ぎ目がわかりやすいですね〜(^_^;)
フェンダージャパンのこの年代のサンバーストってこういう風に継ぎ目がハッキリ出ちゃってる個体を頻繁に見ますけど、塗料のせいなのですかね??

IMG_2393
IMG_2385
という訳で、1985年製Fender Japan ESQUIREでした!
実はまだ動作確認程度しか音出していないのですが(汗)、昨夜磨き終わっていい写真が撮れて嬉しくなったのでブログに書いちゃいました^m^
しっかり音出ししたらまた続き書きます!





例えば「クリーンや軽いクランチでバッキング」「深い歪みでギターソロ」など1曲の中で歪みの深さを変える際、複数の歪みペダルを用意して踏み分けるよりも1つの歪みモノのまま手元のボリューム操作だけで歪みの深さを操る方が自由度が高い気がします。かつて僕も使用していたプログラムスイッチャーはもちろん便利なんですが、プリセット内だけを行き来するっていうのは ライブ中に直感で微調整するとなると逆に制約を感じたり。

そこで、ボリュームの追従性が良くて、なおかつ絞った時にしっかり “ 使えるクリーン ” になってくれる歪みペダルを最近探していましたところ、これだ!という物に出会えました\(^o^)/


IMG_2308
Crazy Tube CircuitsConstellationというファズです!
コンステレーション(星座)という名前と、星空のようなデザインが素敵です。
「真空管座」も描かれていますね(笑)

おそらく現段階でまだ日本には正規には入って来てないと思いますが、なんで気になったかというと、おなじみピートソーンさんが「これを踏んでボリュームを絞った時のクリーンが最高だ」的なことを動画で言ってたからです^m^



非常にグラッシー&チャイミーで魅力的なクリーンだし、なんと言っても手元のボリュームの追従性がとても良さそうで、この動画を観た瞬間に「これは買わなきゃいけないヤツだ」と思いました(笑)


IMG_2309
この真ん中のツマミで、6種類の音を切り替えます。
ff → ファズフェイス
vtb → VOXトーンベンダー
3/2 → トーンベンダーmk1.5
2 → トーンベンダーmk2
rm → レンジマスター
rmff → レンジマスター+ファズフェイス
という6種類です。
ちなみに僕は部品のことは正直よくわかりませんが、マニュアルによるとNOSのゲルマニウムトランジスタが使われているとのことです。

ファズというとBig Muffのラムズヘッドが好きなんですが、ラムズヘッドはボリュームの追従性がそんなに良くないんですよね。絞るとモコる傾向にありますし。
ファズフェイスは絞ると鈴鳴りのクリーンになるというのは良く聞いてましたが、実際に実機を使ったことはありません。いきなり本物では無いシミュレーター的な物から入るのもどうかとは思いましたが、前述のピートソーンさんの動画を観ちゃったらもう買わずにはいられませんでした

一言でいうともう最高です。
期待してた通りの音と使い心地で、なんの文句も見当たりませんね!
いや、きっとファズフェイスやトーンベンダーを使ったことある人なら「なにを今さら」的な感じなんでしょうけど、この世界を今まで知らなかった僕は結構な衝撃です。

ボリューム10で飽和したファズサウンド。
ボリューム9で少しタイトに落としたディストーション。
ボリューム8でブリティッシュロック〜ハードブルース的なオーバードライブ。
ボリューム7で切れ味鋭いクランチ。
ボリューム6でクリスタルクリーン。

みたいな感じです(私感)。
グシャグシャに歪ませてもボリューム6でもうクリーンになっちゃうのは衝撃的でしたね。。
(もちろんボリュームポットのカーブにもよりますけどね)
純粋なハムバッカーが載ったギターは持ってないので試せてませんが、ストラトとES-330ではどちらでも上記のような音の変化が楽しめました
rmff(レンジマスター+ファズフェイス)はレスポールで気持ち良さそうだなと思わされます!


では最後に、上記のものとはまた違うピートソーンさんの動画を載せさせていただきます!









このページのトップヘ