ジナパパ一家の何てことない日常

ペットの事。家族・育児の事。趣味のギターの事。日常の何てことない事。とにかく一貫性のないブログになってきました(笑)

今夏は北海道も35℃近くは当たり前という日々が続いております。。。
北海道なので全部屋エアコン完備!なんて家庭はまだまだ少なく、我が家も例に漏れずリビングにしかエアコンが無いため、酷暑の2階でギターを弾く時間が圧倒的に減っております。。。

そんな中、見つけてしまいました。
もう何年も前からずっと欲しい欲しいと思っていたシロモノを!
IMG_2116
YAMAHA THR100HDです!
ヤマハのTHRというとラジカセ型の練習用小型アンプが非常に人気ですが、こちらはヘッド型。その中でも2チャンネルのDUALです。


IMG_2332
僕はデジタル機器の類の操作が苦手なんですが(パラメーター1つ弄るにもいちいち液晶画面にパラメーターを呼び出してから弄って、保存して画面を戻して…みたいな)、このTHRヘッドはいつも使っている真空管アンプなんかとほとんど操作性が変わらないのが欲しくなる一番のポイントでした。
まぁ要はややこしい操作が苦手な古い人間なだけなんですが(苦笑)
ほぼ未使用品(本体以外のフットスイッチ等にいたっては未開封!)が税込 送料込で29800円で出てきたのを迷う間も無くポチりました!


IMG_2333
僕が買ったのはDUALなので2チャンネル式です。
チャンネル1、2をそれぞれ単独で鳴らすという当たり前の使い方はもちろん、2つのチャンネルを並列でミックスすることもできますし、さらにはパワーアンプも各チャンネル独立しているのでチャンネル1と2それぞれにギターを繋いで2人でセッション、なんてこともできます。

各チャンネルには、SOLID、CLEAN、CRUNCH、LEAD、MODERNという5つのアンプモデリングが搭載されていて、


IMG_2336
更にそれぞれにパワー管(真空管)シミュレーターを割り当てられるので、たとえば
「CLEANに6L6GC管を組み合わせてFenderアンプのシミュレート」や、
「LEADにEL34管を組み合わせてMarshallアンプのシミュレート」、
「CRUNCHにEL84管を組み合わせてVOXアンプのシミュレート」みたいな音作りができます!
これが当機の目玉ですね!
しかもこれらを本体側だけで操作できるのが素晴らしい。最近はこういう細かい設定はPCやタブレットを繋がなきゃできない機材も多いですからね。

とはいえ、内蔵ブースターの種類の選択やスピーカーシミュレーター、IRなどの設定はUSB端子からPCに繋いでやる必要があります(この辺は僕はまだ未経験)。


IMG_2334
操作はほんと簡単です。
普通にギターアンプを触ってきた人はまったく迷うポイントなど無いと思います。
出音の自然さも相まって「これほんとデジタルなのかな?」って一瞬思ってしまうほど。


IMG_2337
25W、50W、100Wと出力を3段階に切り替えることができます。


IMG_2338
前述したようにスピーカーシミュレーターやIRを搭載しているので、ラインアウトから直にライン録りもできます。


Marshall 1974CXキャビに繋いで鳴らしていますが、非常に自然な出音です!
歪みに関してはもうなんの文句も無いです!EQの幅も広いので音作りで困ることは無さそう。
特殊なエフェクトを使う曲目の無いライブなら、あとはエフェクトループにディレイだけ繋いでおけばワンステージいけるんじゃないでしょうか!チャンネル1にクリーン〜クランチ、チャンネル2に歪みを割り当てて付属のフットスイッチでCh切り替えし、ギターソロの時のブーストONとディレイONもフットスイッチでできますからね(^^)


IMG_2339
FenderのBANDMASTERヘッド(真空管アンプ)と比べてしまうと、CLEANモードなんかではどうしても本当のチューブコンプ感みたいなニュアンス面で物足りなさを感じてしまいますが、あくまでも並べて比較したらの話であってTHRヘッドも全然満足できる音です!


IMG_E2253
THR100HDはクラスDのデジタルアンプなので小さいし軽い(4kgほど!)ので、可搬性が良いのもいいですね!それでいてサウンドが犠牲になってないというか、まぁこれは好みの問題ですけど僕的には音もめっちゃ好きなのが嬉しいです(^^)

大人気のラジカセ型THRは新型が発売されてますが、その裏でヘッド型はひっそり生産終了
良いところは残しながらもアップデートで今後もどんどん進化していったら嬉しいのですが(^^)




最近めっきり見なくなってしまったヤフオクを珍しく見ていると可愛いミニギターを見つけたので、アンプの上に飾ろうと思い落札しました!
IMG_2144
ストラトを模したミニギター
ZO-3や一般的なショートスケールなんかより更にスケールが短いこの手のミニミニギターは過去にもいくつか買ったことがありますが、チューニングやピッチが全然安定しないので大抵の個体は「演奏用」としてはほぼ役に立ちません(笑)
冒頭に書いたようにアンプ(Fender Bandmaster)の上に飾るために購入したもので演奏用ではないので、特別なメンテまでするつもりはありませんでしたが、ただとにかく汚い状態なのでまず磨きます


IMG_2140
IMG_2141
ヘッドや指板は特にほこりや汚れの固着が目立ちますねー。。。
ギターの傷や汚れはそんなに気にしないタイプの僕でも、ネックや指板の汚れは他人の汗や手垢だと思うと拒否反応が。。
こうして見るとフレットが結構減ってたり凹んでたりします。過去オーナーは演奏用として結構使ってたりしたんでしょうかね?


IMG_2142
ピックガードは手作業で切り出したかのようなアバウトな外周。
ピックアップは3シングルです。


IMG_2145
V(volume)と、T(tone)のイニシャルが書かれたかわいいノブ。古いビザールギターなんかにこういうノブが使われているイメージです。
PUセレクターはストラトのレバースイッチではなく、3wayピンスイッチです。ミニギターですから「スペースの都合上」ってことでしょうね。


IMG_2146
ブリッジはハードテイル。
各パーツの状態はパッと見悪くないので、磨けばそのまま使えそうです。


IMG_2147
弦は裏通しですがブッシュは無く、ただ木に穴が開いてるだけです(笑)
弦の張力でボールエンドがどんどん木にメリ込んでいきそう(汗)

ボディはしっかりコンター加工されているし、木目もなかなか良いですね。
そしてもうお気付きとは思いますが、なんとセットネックでございます!!


IMG_2150
このいい加減なマスキングの跡が笑えます(笑)
ここまでザっと見てきて、このギターはメーカー既製品ではなく自作物なのではないか?という気がなんとなくしてきました。


開けてみましょう!
IMG_2151
意外にも(失礼)しっかり3シングルのザグリになっていました。
ネックエンド側にトラスロッドのネジがあると予想してました(ヘッド側に無かったので)が、ありませんでした。このギターはトラスロッドが仕込まれていないようなのでネックが反ったらアウトです。


IMG_2152
ピックアップや電装部品は予想通りのクオリティですね。
シングルコイルですがDカーブの500kΩのポットを使っている意図が気になります。


各所ザっと見てきました。
いつもだとここでバラしたついでにポットや配線材なんかを交換することが多いんですが、何度も言うようにこのギターは飾り用なので、磨いて弦を張っただけで完成とします(^^)
IMG_2167
おー、見違えるように良くなりました!
くすんでいたボディやネックも光沢が復活して、高級感マシマシです。


IMG_2169
ペグはよく古い安ギターに付いてるタイプですが、精度も悪くないようです。
このまま普通に使えますよ!


こちら、磨く前のヘッド裏の写真です。ペグのサビが酷い。。↓↓↓
IMG_2148
それをシコシコと磨き、、、


IMG_2173
すっかり輝きが戻ってきました!


IMG_2176
フレットもしっかり磨いてキレイになりましたよ。
メイプル1ピースネックで、ミニミニギターとは言えガッシリした厚みのあるネックです。


IMG_2172
ボディバック。
Fender American Professional の Sienna sunburstっぽい色がかわいいです。
外周のカーブも丁寧に面取りされている印象。


IMG_2171
で、やっぱりセットネックなところが気になる(笑)
そしてマスキングの甘さもやっぱり気になる(笑)


IMG_E2179
IMG_E2180
当初の予定通り、バンドマスターの上に置いたらバッチリでした!
スタンドを買わねば。
木目もなかなか素敵ですよねー!

で、非常に予想外だったのが、普通に演奏に使えるんです!
10〜46のゲージを張り、音程を2度半上げてチューニング(ウクレレに5〜6弦を加えた感じ?)したのですが、ピッチの危うさもほぼ無いししっかり演奏することができます!オクターブチューニングもしっかり合わせることができます。
これは嬉しい誤算ですねー。


バーベキューのまったりタイムにちょっと爪弾くのにバッチリでした(^^)
人間と比べると小ささがわかるでしょ?


IMG_2175
という訳で、メーカー不明のミニストラトのご紹介でした。
飾り物のはずが演奏用としても使えることがわかった途端、電装パーツをしっかりした物に交換したくなってきました(笑)
なによりもこの愛らしいルックスにやられましたねー(^^)




改造用とかジャンク品など「遊び目的」で買っちゃうギターは相変わらずちょこちょこあるものの、実戦で使うメイン機材はかなり固まってきました。特に歪みペダルに関してはここのところまったく変化ナシ。
キャビのマーシャル1974CXは購入以来大きな音では鳴らせていなかったので、先日スタジオで鳴らしてきましたよ!


IMG_E2005
ところで、この1974CXに純正で搭載されているスピーカーはCelestion G12M-20 Greenback Heritage
このスピーカーは耐入力が20Wしか無いので、上に積んでるFenderバンドマスターヘッドは許容オーバー。いずれスピーカーを交換しなければ。

と思ってたんですが・・・、

バンドマスターの出力を60Wとするとそれは設計通り4Ωスピーカーを繋いだ際の出力のこと。もしも8Ωのスピーカーを繋げば式に当てはめると40Wとなり、さらには16Ωのスピーカーならば15Wとなるそうです。
つまり16Ωで耐入力20Wのスピーカーなら許容内ということで、セレッションG12M-20グリーンバックのままでも計算上は大丈夫、と教えていただきました!
(vinetoneさん、ありがとうございました)
もちろん出力と耐圧の問題だけじゃなく「サウンドの違い」もありますから、そこは耳と応相談ですけどね!

家で鳴らす限り音はかなり好印象でできればスピーカーは交換したくないと思っていたので、他のスピーカーを買っちゃう前にこれを教えていただけたことはラッキーでした。


IMG_E2012
大きな音量で鳴らしても非常にいい感じでした!
以前いわゆる定番のマーシャル1960(セレッションG12T-75が4発のキャビ)に繋いでバンドマスターを鳴らした時は定石通り(?)にトレブルを下げることとなったのですが、こちら1974CXではハイの痛さは感じないし低音の量感も十分です。
やはりグリーンバックがいい仕事してるんでしょうね!
オープンバック構造による広がりや、軽量な材による箱鳴りも、BandmasterのFenderらしさを損なわせ過ぎずにいい感じです!実戦を想定すると、どこが特出してるっていうことより「非常に扱いやすそう」という印象が先行しますねー。

アンプ、ギター、エフェクター。全てだいぶ固まってきた感があります!!




今に始まったことじゃないですが、ここ最近だけで市内はもちろん旭川方面、苫小牧方面、帯広方面…と総距離1000km以上を走って趣味のリサイクルショップ巡りをしています。最近youtubeでハードオフに行った動画がよくアップされてるようですが、休日を利用して1日に10店舗廻ったりするのが日常の僕なら大長編を作れますね(笑)

そんな趣味のリサイクルショップ巡りで最近出会った1本です!
IMG_E1891
P-90(ソープバー)タイプのピックアップが3つ載ったストラトモデルです!
4730円という、なんとも良心的な価格。
前オーナーはSUGIZOファンだったんだろうな、と容易に想像できる1本ですね!

軽く試奏させていただいた限り特に問題らしい問題も無さそうだし、4730円なら仮にすぐ飽きても痛くない価格なのでほぼほぼ即決でレジへ。


IMG_1942
IMG_1943
IMG_1941
ロゴが剥がされているのでメーカー不明ということで売られていましたが、
・Gibson系と同じナットの取り付け方
・昔の安ギターによく付いてたペグ
・3弦と2弦が接近するような位置に付けられたストリングリテイナー
・2ピースで継がれたラージヘッド(風)
などと言った特徴から、グネコロゴ期のGRECOまたはそれと同じくマツモク製の他ブランドのストラトコピーであると想像しましたがどうでしょう。
追記:憶測の域を越えませんが、おそらく70年代のフレッシャーと思われます!


IMG_1932
IMG_1947
ボディの塗装は、目止めされていないのかもしくは経年で痩せたのか、導管がハッキリわかります。塗膜の質感もとてもいいです(^^)


IMG_1944
自家製レリックされていますが、悪くないですね!
塗膜のトップと木肌の段差を見ると(触ると)、かなり塗装が薄いのがわかります。


IMG_1938
MADE IN JAPANと刻印されたジョイントプレート
ネックが飴色でいい感じに焼けてますねー。


IMG_1937
1弦サドルのイモネジが1つ舐めてしまっていて、回すことができませんでした。
なので現状1弦だけは弦高が高いまま。


IMG_1940
S.T.C. MADE IN JAPAN」と書かれたシンクロナイズドトレモロは、古いトーカイの物だそうです(ネットの受け売り)。


IMG_1939
ボディ裏はなんてことないストラトモデルっていう感じ。
木材は何なんだろうなぁ。


開けてみました!
IMG_1901
Bと書かれたジョイント部。
他、デイトなど記述は何もありませんでした。


IMG_1900
3シングルのザグリだった名残りがありますが、現状はいわゆる弁当箱ザグリに拡張されていて、そこにMDF板が貼られてました。ピックアップの木ネジを打つ分の厚みを稼ぐためと想像します。
弁当箱ザグリのカット面はご覧の通りかなりキレイなので、しっかりプロのリペアマンに依頼したのかもしれませんね!
一方で、1か所だけ雑なザグリがあるのと貧弱な電装系のままというのは気になりますが(笑)

ちなみにピックアップはネック用を示す「N」とブリッジ用を示す「B」が刻印されただけの無印な物でした。きっとYibuyなどの安価な物でしょう。


IMG_1936
ストラトモデルにP90という組み合わせはほぼ未経験でしたが、音は僕が想像してたよりも「ストラト」でした!やはり構造や形状による影響は大きいですよね。とは言え、ちゃんとしたGibson P90ならもっとギブソン寄りな音になるのかもですが(笑)
素材としては決して高いギターではないはずですが、すごくいいですね!
いわゆる普通のストラトと比べると、リアは大方の想像通り。一方フロントはよりウェッティーでピッキングの「クチュ!」っとしたアタックが超気持ちいいです
めっちゃ使えます!!


という訳で、P90が3発載ったストラトコピーでした!
IMG_1935
IMG_1945
一見ポップで可愛らしいですけど、よく見ると塗膜の質感などにビンテージテイストが漂っていてとても素敵なギターです
名の知れたメーカーのP90に交換してみたいですねー。




休憩中などの練習用として職場に置いている、ヤマハのパシフィカ。
僕は自宅でギターを弾く場合、朝の出勤前と帰宅してから20時までという限られた時間しか鳴らせないので、なんやかんや職場でパシフィカを弾いてる時間が一番長いのです。


5ce5095b
2b24b3cb
dce9c122
2年以上前、こんなジャンク状態で1620円で買ってきたパシフィカをまさかこんなに愛用し続けるとはその時は思っていませんでしたねー(^^)

これはパシフィカの中でもPAC312という型番です。20年くらい前のモデルですね。
ところで、パシフィカの型番の数字には法則があるのをご存知でしょうか?
僕の「312」を例にしますと、
・最初の「3」はグレード。数字が高いほど値段も高い。
・次の「1」はハムバッカーの数。
・最後の「2」はシングルコイルの数。
となっております
僕の知ってる限り、現行のパシフィカにもこの法則は継承されています。
とか言って万が一例外もあったりしたらすみません


では本題に戻ります。
僕はこのPAC312が気に入ってライブでも使用したくらいなのですが、その後も4〜5本ほど購入して多い時で計4本のパシフィカを同時所有してた時期もありました(笑)

1万円前後(中古)で買えるので、油断すると増えちゃうんですよね。
現行品のお高め(定価6〜7万)のモデルも一時期所有しました。

が!結局は音的にもルックス的にも最初に買ったこのPAC312より気に入る個体には巡り会えず、今でもちょこちょこと手を加えながら愛用し続けてるというわけなのです。

その「ちょこちょこ手を加えた末の最終形態」をブログに書いていなかったことに気付いたので、紹介させていただこうと思います!


まずは全体像。
IMG_1802
いやぁ・・・カッコイイです。
まぁ完全に好みの世界なんですが、このギターはどっちかと言うと音より見た目に比重を置いていじってきたので、ルックスはかなり僕好みになってます。とは言っても音もめっちゃ気に入ってますけどね!


IMG_1796
ピックアップはいろいろ試しました。3シングルにしていた時期もあります。
最終的にはSSHで、フロントとセンターはJuntoneさんに作っていただいたジナパパシグネーチャーシングルコイルリアはDimarzioのスティーブヴァイモデルです。センターピックアップはほとんど使わないんですが、フロントはビンテージテイスト溢れるシングルコイルサウンドで、リアはモダンでハイパワーなハムバッカーサウンドです。意外と出力バランスは良好です

ブリッジは以前はSuper BeeのBlade Runnerを載せていた時期もあるのですが、シンクロ特有の金属的な鳴りが薄れて、ちょっとまとまりすぎた感があったので純正品に戻しました(^^)

黒いアームバーはその辺に転がってたヤツです(笑)


IMG_1799
薄いイナーシャブロックで決して高価では無いシンクロナイズドトレモロタイプなのですが、精度としても音的にも全然使えると思います!スプリングはたしか買った時のまま。


IMG_1798
現行のパシフィカとはロゴの書体が違います。
ペグもパシフィカ純正品です。
ナットとペグの間が共鳴してキーーンと鳴ってしまうので、スポンジを挟んでます。

ところでこのネック、実はこのPAC312の純正ネックではありません。
その後購入したパシフィカのうちの1本(PAC112)に付いていたネックです。
IMG_1801
派手ではないですがトラ目が出ているネックだったので、312の純正ネックと挿し替えました!
PAC112と312はサイズ的な規格は共通なので、そのままポン付けできます
これが6や9から始まる型番のパシフィカだとジョイント形状が違うのでポン付け不可です。


IMG_1795
あと見えないところですが、電装系パーツはグレードアップさせています。
正直僕はよっぽど粗悪な物じゃない限り電装パーツはそんなに拘らない派なのですが、このギターは音が出ないジャンク品として買ったギターなので、どうせ買い替えるならやはり耐久性・信頼性のあるパーツを選びますよね(^^)


IMG_1797
という訳で、PACIFICA PAC312の最終形態でした!
もちろん現行のパシフィカも良いギターでしたが、非常に優等生であまりいじる余地が残されていないという面でも僕にとってはそんなに楽しめるギターではありませんでした。心置きなくいじれるギターを探している人に20年前位のPAC312やPAC112はオススメです
(112と312は金属パーツやピックガードの色が違うだけで基本的に同じギター)
いじっただけ応えてくれるポテンシャルも持っているギターだと僕は思います!
・・・中古で1万円ちょっとで買えますしね^m^




このページのトップヘ