ジナパパ一家の何てことない日常

ペットの事。家族・育児の事。趣味のギターの事。日常の何てことない事。とにかく一貫性のないブログになってきました(笑)

ヤマハのパシフィカが大好きで過去に5本ほど所有した僕なのですが、また買ってしまいました。
IMG_8442
PAC112というモデルです。コミコミで12000円也。
あ、ちなみに僕は近年物のパシフィカも買ったことがありますが、弾き比べたところ結局20年くらい前の初代パシフィカが好きだということがわかったので、今回のも古いパシフィカです(^^)


古いか新しいかの判別は、
IMG_8451
Pacificaロゴでわかります。
古いのはこの写真のような筆記体で、近年のはブロック体です。
とは言っても、何年からロゴが変わったのかは知らないんですけどね


余談ですが、こちらはかねてから所有してる僕のメインパシフィカであるPAC312。
IMG_4667
1620円で買った物ですが絶大な信頼を寄せていて、ライブでも使いました。
とにかくめちゃくちゃ弾きやすいし音もいいです!

で今回買ったパシフィカPAC112。
PAC312との違いは金属パーツがゴールドかクロームかの違いだけで、あとは全て共通です。


IMG_8450
20年前のPAC112と312は当時の最低グレードなので、お世辞にもいいパーツは載ってません。
とは言え僕的にはノーマルのままでも十分好きな音なのでパーツ交換する必要性に迫られる訳では無いんですが、でもやっぱり改造したくなるのがギター好きの心情ってもんです^m^


まずは御開帳。
IMG_8455
112や312を買うと毎回思わされるのが、ザグリのキレイさ
切断面のボソボソが一切無いのが気持ちいいですよね!


IMG_8457
ピックアップは僕が岐阜メンと勝手に呼んでるマグネットがついたシングルコイルと、無印のハムバッカーです。これがなぜだか妙にいい音するんです(笑)


今回の改造メニューは、ピックアップ交換ブリッジ交換です。
という訳で一気に完成写真です!!
IMG_8461
素敵なルックスになりました!\(^o^)/


IMG_8460
ピックアップはフロントとセンターがJUNTONEの僕シグネーチャーモデル
リアがDimarzioスティーブヴァイシグネーチャーモデルです。完全に見た目だけで選びましたw
そしてブリッジはSuper VeeのBLADE RUNNERに交換です。

このBLADE RUNNERというブリッジは機能的にはとても良いんですが、音が結構変わります。
ボディとの相性もあるんでしょうけど、総じてちょっとポコンとした生鳴りに変わり、シャリーンとした煌びやかな鈴鳴り感とは逆方向の音になりますね(私感)。

ということもあり、僕的には純正のブリッジの音の方が好きかなー。。。
あくまで好みの問題なんですけどね。
ピックアップはいい感じですね!
スティーブヴァイモデルのハムバッカーは、元気いっぱいという感じです(^^)


という改造を経て改めてメインの312と比較してみたところ、面白いモンでやっぱり同じような音がしますね!僕が過去に112や312を何本も所有してきたせいもあってか、このモデルはほんと「これだ」とすぐわかる音がします
ただ総合的にはメインパシフィカの方が好きかな(愛着の分かも(笑))


あ、そうそう、書き忘れていましたが、
IMG_8453
わかりますかねー?
今回買ったパシフィカはネックに少しトラ目が出てるんですよ
なので次は、この112のトラ目ネックとピックアップをそのままメインパシフィカに移植してみようかと思います!!

先日デジマートで見つけた、こんな商品。
スピーカー不明ということですがセンターキャップにEVのロゴが入っているしElectro Voiceであることは間違いないので、1万円なら安いと思ってポチってみました

無事、エレボのEVM-12Sであることを確認♪
過去にはEVM-12Lは使っていましたがSは初めてです。
ちなみにSはLよりコーン紙の深さが浅いそうですね。100ワット級のアンプを大音量で鳴らすわけではないので、Sの方が環境的にはマッチしそうです(^^)


IMG_8484
販売店さん曰くこのエンクロージャーは自作品だそうですが、丁寧なフィンガージョイントになっているしかなり頑丈にしっかり作られていそうなので、このまま使わせていただきます。
製作時から重量級のエレボを載せるつもりだったのか、バッフル板が20ミリ厚もありますしかなり剛性の高そうな箱です(゜o゜)


IMG_8483
62年製Fender Princetonのスピーカーアウトからこのエレボキャビに繋いで鳴らします
プリンストンは10インチなので比較すると可哀想なのですが、それにしても単純に12インチに口径アップしただけでは得られない迫力音圧、そしてクローズドバックなのに広がり感まで感じるのはさすがですね!!
ハイも痛くならない帯域がしっかり出ているので艶感がありますが、その一方でセレッションスピーカーでよく感じる「ロックなザラっと感」は抑えられているので、しっとり落ち着いた印象もあります。
以前マーシャルでEVM-12Lを鳴らした時はもっとザラっとした帯域が欲しくなってしまったので、フェンダー系アンプの方が合うのかもしれませんね!

ただこれだけの高耐圧(200W)なスピーカーですから、もっとデカいパワーを入力してやらなきゃ正当な評価はできないだろうとは思います。少なくとも、低ワッターのプリンストンを家でチマチマ鳴らすためのスピーカーではないですからね(笑)
とは言え、家庭音量でもこれだけ迫力ある音がプリンストンから鳴ってくれるというのは、すごい収獲でしたねー!


IMG_8481
このキャビの横幅がまるで測ったようにプリンストンやペダルボードとピッタリだったので、いい置台にもなりました^m^


そういえば正式名称を知らないので、ここでは「真空管ブースター」とします
IMG_8031
いつもお世話になっているZauber Pedalsさんの、真空管ブースターです。

3wayのトグルスイッチで低音の出方を変更できる他は、単純にレベルの上げ下げのみ。
非常にシンプルで迷いようの無いペダルです。

これ、実は結構前から持ってるんですが、僕的にちょっと変更して欲しい点があったのでザウバーペダルスさんにお伝えしてモディファイしてもらったらめちゃくちゃ良くなって帰ってきました


IMG_8178
なのでボードのスタメン入りです(^^)
ただ480mA消費するので充電式パワーサプライのバッテリーの減りが早いです ^m^
まぁリハやライブ本番は持つので、日常的にはマメに充電すればいいだけの話なんですけどね。
電流をたくさん食うっていうことはそれだけ強い電気で真空管を駆動させてるから良い音になるんだと思います!←テキトー


ブースターといっても僕は常時ONで、
コンプ兼エンハンサーみたいな目的で使用しております。
特にストラトのクリーンカッティングなどで音量が揃うようコンプを使ってきたんですが、この真空管ブースターでも「音量が揃う感じ」と「真空管アンプらしいクリーンのプリっと感」が付加されるんです(^^)

でもコンプみたいに低いレベルを上げる訳じゃないのでノイズも増えちゃうようなことは無いですし、むしろ「コーー、ホーー」という帯域のノイズが無くなります。ローミッドあたりが落ちるようなチューニングがされてるのかな?と思ったんですが、ギターの原音のみを注意して聴いてもローミッドが減るような感じはほとんど受けません。不思議。でもそこがお気に入りポイントです


僕は元々普段から真空管アンプを使っているので「真空管らしさ」が加わってるかどうかという意味ではよくわからないですが、今度スタジオのジャズコなんかでも試してみたいと思います!

セールでエフェクターみたいな値段になってたので思わず買ってしまいました!
IMG_8203
フェンダーホットロッドデラックスという真空管アンプです。
僕は(外観での)製造年の調べ方がわからないですが、90年代の物だそうです(購入店談)。

僕ら世代からすると、モダンなシリーズという認識の方も多いんじゃないでしょうか。
いわゆるTWEEDやブラックフェイスからの発展形ではなく、80年代のポールリベラ期の流れを汲んだ「歪みチャンネルもあるFENDER」みたいな(^^)
もちろんFENDERらしいキラっとしたクリーンも出せますけどね!


IMG_8204
チャンネルは2つで、クリーンチャンネルドライブチャンネルです。
ドライブチャンネルはモアドライブスイッチもあるので実質3チャンネルみたいな感じですね。
ただモアドライブをONにすると音量も結構上がっちゃいます。ギターソロの時にオンにして歪みと音量を両方アップ!みたいな使い方を想定しているのかもしれませんが、歪み・音量共に上げ具合は任意で設定できず、アンプ任せとなります(^_^;)

僕的にまだちょっと歪みチャンネルを活かせていない感があるので、今回のレビューは主にクリーンチャンネルについて書きます!


IMG_8207
HOT RODシリーズはリミテッドモデルなど仕様違いが結構多いんですが、僕が買ったごく普通の個体にはエミネンスの12インチスピーカーが純正で載っています。

真空管がチラっと写ってますが、パワー管は6L6が2本、プリ管は12AX7が3本です。
あとスプリングリバーブも搭載されていて、このあたりはトラッドなフェンダーの流れを汲んだアンプという感じですよね(^^)


チラっとですが音も録ってみました!
この動画はクリーンチャンネルで鳴らしてます!
ちなみにドライブチャンネルのゲインを下げて作るクリーンだと、これより丸くて太い感じのクリーンサウンドになりますね。

ズバ抜けて特出した部分は無いのかもしれませんが、難しいこと考えずに簡単にFenderの音が出てくれるアンプですね!こういうところが定番たる所以なんでしょうね(^^)


IMG_8202
左のアンプは以前から愛用している62年製のFender Princetonです。
プリンストンは10インチスピーカーであることもあり、また元来「ツイードとブラックフェイスの中間」と言われるようにいなたくてミドルにシフトした音なので、一般的にイメージするフェンダーの音は案外ホットロッドデラックスの方かもしれません(^^)

あと個人的には、ホットロッドデラックスで音作りした方がライブ本番の箱のアンプにそのまま行きやすいのでありがたい、っていうのはありますね^m^


IMG_8206
真空管アンプって よく、小さい音が出せない(ボリュームゼロからちょっとでもツマミを上げるといきなり音量がデカい)物がありますよね。 このホットロッドデラックスも、そこまで酷くは無いもののポットのカーブのせいなのか自宅音量あたりの微調整がちょっと難しいアンプです。

そんな話をギタ友ジェイさんにしましたら、センドリターンにボリュームペダルを挟む方法を教えてくださいました\(^o^)/
IMG_8226
ジェイさんのおっしゃる通り、非常にボリューム調整しやすくなりました!
特にクリーンチャンネルはワンボリュームなので、これをマスターボリュームのように使えるというのは便利です

※ 近年のホットロッドデラックス3や4はボリュームのカーブが改善されているらしいですよ


IMG_8205
という訳で今日はFENDER HOT ROD DELUXEの紹介でした!
いやー、これ、改めてすごくいいアンプです!


こちらで紹介しました、トーカイLS-120

↑↑この記事内にも書いてますように純正ブリッジがU字に湾曲してたので、家にあったナイロンサドルのブリッジ(Montreux)に交換してあります。
IMG_8150
ところがやっぱりどうもレスポールにナイロンサドルというのは気持ち的にしっくり来ないので、こんな物を用意しましたよ。


IMG_8212
SCUDのABR-1と、KLUSONのアルミテールピースです。

SCUDのABR-1はポストの穴径が大きいので、以前ナッシュビルタイプのGibsonレスポールにもコンバージョンポストを使わずに取り付けることができました。
トーカイLSに載せているモントルーのブリッジはキツめなので、穴の大きいSCUDなら余裕があるだろうと睨んでこれを選んだのです(^^)

あとKLUSONのアルミテールピースですが、これは残念ながらトーカイLSには載せられませんでした。スタッドボルトのネジがアンカー合わないし、トーカイ純正のスタッドにテールピースだけを取り付けることも不可能です(KLUSONの方が厚みがあってトーカイのスタッドにハマらないため)。


という訳でブリッジだけ交換
IMG_8153
やっぱりコッチの方がしっくりきますね(^^)
ちなみにSCUD ABR-1のサドルはブラス製だそうです(ネットの受け売りですが)。


78956454565626
トラッドなスタイルのギターが増えてきました(^^)

このページのトップヘ