ジナパパ一家の何てことない日常

ペットの事。家族・育児の事。趣味のギターの事。日常の何てことない事。とにかく一貫性のないブログになってきました(笑)

別に、敢えてマイナーなところを狙ってる訳じゃないんですけど、あまり出回ってないとか あまり人が使ってないギターや機材で良い物を見つけると妙に嬉しかったりしませんか?
こういうのを天邪鬼って言うんですかね^m^

買っちゃいましたよ、またマイナーなヤツを。


IMG_0800
GibsonThe Hawkっていうギター↑↑↑をご存知でしょうか?
Night HawkやBlues Hawkなら知ってるけど、、、っていう人はおそらく多いと思います。
そのHawkシリーズ(?)の中でも一番飾りっ気が無くて 一番安いのがThe Hawk

ちなみに購入価格は、新品でEpiphoneレスポールを買うくらい。
67年製330を売ったお金をローンの繰上返済にボンっとまわしたんですけど、全額返済に充てればよいものを「せっかくだから1本くらい安いギターを買っておこう」と思っちゃうのが僕の悪いところです。


IMG_0789
パッと見、レスポールジュニアとかスペシャルあたりの2ハム版にも見えますけど、よく見ると形は全然レスポールじゃないですし、、、


IMG_0793
ボディバックにはストラトのようにコンター加工があったり、、、


IMG_0796
よく見るとビミョーにヒールレス加工されていたり、、、


IMG_0805
そして何より、実はフェンダーと同じロングスケールだったりするのです。

ナイトホークにはセンターにシングルPUを加えたモデルや、6連サドルのハードテイルブリッジのモデルもあったりするので、フェンダーを意識したシリーズだったのかもしれませんね(゜o゜)



IMG_0788
ボディ材はマホガニーらしいです。
・・・しっかし、マホガニーっぽくない木目ですね (^_^;)
何枚か前のヒールレス加工の画像ならわかるように横から見ればちゃんとマホガニーの木目なので、きっと変な木取りの仕方なんでしょうね(苦笑)
それかもう、良いマホガニーはレスポールとか高級機種に回して、撥ねられ撥ねられ最後まで売れ残ったマホガニーがあてがわれたのかもしれませんwww


IMG_0790
ヘッドのGibsonロゴは、レスポールジュニアやJ-45と同じようなシルクスクリーン的なやつ。
The Hawkと打たれたロッドカバーが妙に素敵です(^^)


IMG_0794
ナッシュビル工場で作られた旨のラベルがあります。
ペグはクルーソンです。

あ、ちなみにシリアルは写っていないですが1996年製です。
僕が生まれて初めて自分のエレキギターを手に入れた年の製造なのが感慨深いです(^^)
まぁその頃はまだ全然ギターにドハマリする前ですけどね。


最初に『ホークシリーズの中で一番装飾が無くて一番安い』と書きましたけど、それはつまり『一番オーソドックスな仕様』ということでもあり、僕がギターを始めたころに聴いて憧れたあのギブソンの音がします
誤解を恐れずに言うなら、初めてヒスコレやビンテージを弾いた時に感じた「レスポールってこんなにハイが良く出るギターだったの??」って知る以前、「これがレスポール、これがギブソンの音だ!」と思っていたあの無骨でダーティな音まんまです(^^)
ブフォー!って鳴るのにピッキングのアタックだけは妙にピキャピキャ言う感じ。
・・・わかりにくいですね(笑)



IMG_0856
IMG_0859
90年代のギターでも、意外とウェザーチェックが入るのですね。
もう今から24年も前のギターですもんね〜


IMG_0798
ピックアップ490Tと490Rっていうヤツらしいです(たしか…)。
・・・実はこのブログを書いてる現在はもうピックアップ(とコンデンサ)は交換しちゃってるんですけど、長くなっちゃうのでそれはまた別の機会に書きます!

※書きました!ピックアップ交換レビューはこちらです!

ネックは結構厚みのある僕好みなタイプで、ガッシリしててすごく弾きやすいです(^^)
初めてコイツを見た時ナゼかまだ何も描かれていないキャンバスのように見えて、いろいろ頭の中で改造の構想が浮かんできたので、これから時間をかけてじっくり楽しませてもらおうと思います!






外出自粛のGW。
僕は仕事柄『連休』というものが無い生活をしているので、こうして稀にある連休の日は出掛けたい(出掛けなきゃ勿体ない)と思うタイプの人間だったのですが、こうして外出できない連休があるといろいろと家のことを片付けることができますね(^^)


連休前半は天気にも恵まれたので、今年初のBBQです。
IMG_0585
ホタテしか写ってませんけど^m^
お肉とか野菜とかいろいろ焼きました


IMG_0716
天気にも恵まれて最高に気持ち良かったです!
食べたり遊んだりしながら昼過ぎから夜まで外で過ごしました。
野球やバドミントンしたりして、翌日は体がバキバキに
子供たちも小学校高学年と中学生になり一緒に外で遊ぶっていう年齢じゃないので、すごい久々だった感じがします


IMG_0707
夜には残りの炭で、焼きマシュマロ (^^)
この連休は、近所でもご家族だけでバーベキューをしてるご家庭が結構ありましたねー

本当は友達家族も誘ってみんなでワイワイ・・・といきたいところですけど、それを許してくれないコロナはやっぱり憎いですね。実家の両親に孫の顔も見せたかったですけど、もう両親も高齢者ですから同じ市内ですけど帰ることも我慢しました。


次の日も天気が良かったので、
IMG_0730
IMG_0731
今度は帯広名物の豚丼です(^^)


IMG_0741
炭火で焼いて外で食べると、いつもの豚丼もより美味しく感じますね!
高カロリーなので食べすぎ注意ですw


IMG_0732
いい匂いに誘われる ぷっちょ。
味付きだから、あげれないのよ(^_^;)


子供の日には、お持ち帰り寿司を買って家で寿司パーティをしました。
IMG_0850

IMG_0851

IMG_0853
子供の日って、子供が何歳になるまで祝うんでしょうね〜
ちなみに我が家は、長男が中1になった今年から鯉のぼりを庭に掲げなくなりました。
お雛様なら大人になっても飾る女性が多いですけどね(^^)


あと、連休中は普段なかなかできないことを片付けましたー。
IMG_0782
猫に爪を研がれてボロボロになった柱にオシャレな板を貼ったりしてDIY。


IMG_0781
あまりに成長が速くてイヤんなる庭木の剪定。


IMG_0779
IMG_0780
小さな家庭菜園には、トマトとししとうを植えました(^^)


雨の連休後半は、家の中で猫ハウス作り。
IMG_0844
・・・と言っても、ダンボールに穴開けただけですけどね〜(笑)
猫チームも喜んでくれたし、お金かけずにいい暇つぶしになりますね〜

こんな感じで、生活維持のための買い物以外はほとんど家で過ごして終わった連休でした。

こんな情勢ですから仕事の面でもラクじゃないですし学校も休校でいろんな不安がありますけど、自分たちにできることをしながら、なるべく子供たちにだけは不安を感じさせないように生活を維持していきたいですね(^^)





IMG_0539
バラす、と言っても簡単にバラせるところまでですけどね
セミアコやフルアコって、ピックアップキャビティやFホールから電気系統を出し入れしなきゃいけないので、今回はポットとかスイッチまでは見ません(^_^;)


IMG_0531
IMG_0532
ピックガード外すだけでもずいぶん雰囲気が違うもんですねー


IMG_0519
IMG_0520
ブリッジノンワイヤーで、裏にはGIBON ABR-1と書かれています。
同年代くらいからはパテントナンバーが書かれた物も出てくるみたいですね。


IMG_0521
フロントピックアップのキャビティ
ピックアップの真ん中の位置くらいまで結構ゴツいマホガニー(だと思う、木目的に)のブロックが入っているのですね。それに加えて330はネックがボディに深く入り込んでる構造のため、ネックとボディの接地面積はかなり大きそうです。強度だけじゃなく音的にも影響はデカそうですね。


IMG_0522
フロントのP-90、ドッグイヤー
マウントビス部分が穴じゃなくて切り込みなんですね (゜o゜)


IMG_0523
フロントのピックアップカバー
UC-455と、数字の1?アルファベットのI?が書かれてます。
ちなみにフロントのドッグイヤーのカバーはスラントされていて、ボディTOPのアーチに合わせてネック側が高い方になるように取り付けます。


IMG_0529
リアピックアップのキャビティ
こうして見るとトップ材は結構な分厚さですねー!
フルアコもトップ落ちすることがあると一部で聞いたことありますが、アコギに比べて何倍も分厚いので素人考えだと「この厚さでトップ落ちするならよっぽどのモンでは」という気はしますw
これだけ分厚いからフルアコとは言えビグスビーの取り付けにも耐えられるのだなと納得です。


IMG_0527
リア用のP-90、ドッグイヤー
フロントと違い、こちらはマウントビス部分が穴になってますね。この仕様の違いは製造年によるのかとも思ったんですが、調べてみると同じ年代でもどっちの仕様も見られるようです。
謎ですねぇ


IMG_0526
リア用ドッグイヤーのカバーです。
フロント用とは違ってスラントされておらず、ストレートです。
UC-450-1と、2と書かれています。


IMG_0538
・・・と、まぁバラしたのはここまでw
電気系統は後悔しないように ちゃんとやり方を調べてから挑戦しようと思います ^m^

ちなみに僕のこの330ですが、

[楽譜 スコア] ムック ギブソンES−335プレイヤーズブック【ポイントup 開催中】

価格:2,420円
(2020/4/30 15:34時点)

↑この本のどこかに掲載されていますので、お持ちの方はぜひ探してみてください^m^





先日のブログで「電源周りの苦労話がある」と書きましたが、それについて書きます!
参考になればと思いつつも まぁ僕と全く同じ環境という人も限られるでしょうから、今回の苦労と解決法を忘れてまたいつか慌てるかもしれない未来の自分への備忘録がメインです ^m^


IMG_0499
先日組み終えた、このペダルボード。
アンプのスピーカーが飛ぶくらいのブゥーー!!という爆裂重低音ノイズが!
パッチケーブル全交換、DCケーブル全交換、ペダルの順番入れ替えなど思い当たることを一通り試したつもりが、一向に直りません。


IMG_0503
お手上げ状態だったんですが、何気なくFREE THE TONEのFF-1Y-Kだけ別のパワーサプライから電源を取ると・・・ピタっとノイズがやみました
パワーサプライの容量が足りてなかった訳じゃないし、なんなら数値的にはまだまだ余裕があるくらいだったんですけどね。
ちなみに使っているパワーサプライはRockboardのPOWER LT XLという充電式です。

なので、
IMG_0504
パワーサプライを2台使うことになっちゃいました
同じパワーサプライを3台所有してるので助かりました。
1台はFree The Tone FF-1Y-Kのみに電源供給。もう1台はその他のペダルに供給です。

アイソレートされたパワーサプライなら大丈夫だったのかもしれませんし、アイソレートされていなくても相性もあったりするのかもしれません。こういう消費電流の大きいデジタルエフェクターは専用ACアダプターから個別に電源をとるのが一番安定するのかもしれませんね。

しかしパワーサプライ2台使うとグランドループとかそういうのは大丈夫なんですかね?(^_^;)


IMG_0502
ちなみに、BIG MUFFとチューナー(KORG GA custom)は電池式なのでパワーサプライには繋がっておりません!
以上です!




まず、謝っておきます。
ペダルボード2020春バージョン的な主旨でブログを書くのはもうかれこれ3〜4回目になります。ってことは、春になってからもうすでに3〜4回ペダルボードが変わってる訳です
心変わりをお許しください。

なんでかというと、原因はビッグマフ

マフはデカいからボード小型化のためには外さざるを得ない

でもマフは音が好きすぎるからやっぱり乗せてボードを組み直す

マフがデカすぎて他に乗せたい物が乗りきらない・・・

マフを外してボードを組み直す

でもやっぱりマフを乗せたい!

をウロボロスのように延々と繰り返していました(^_^;)

マフのマフによるマフのためのボードも別個で組みましたが、常用するメインボードにマフがあって欲しい!という思いから、まず「マフありき」で考え、優先順位の低い物から差し引いていく and 小さくできる物は小さくしていくという方向で、ここんとこずっと奮闘しておりました ^m^

で、完成したのがコチラです!!
正真正銘、これがペダルボード2020春バージョン完全版(!?)

IMG_0451
使用したボードは、Pedaltrain METRO 24です!

真の目的であったビッグマフ ラムズヘッド導入を実現し、定番のオーバードライブと、数年にわたる僕のメイン歪みのシノーズを乗せ、さらに今まではテラエコーやOceans11、ディレイなどを駆使して作っていた幻想系サウンドを1台だけで賄うことが可能なフリーザトーンのKenモデルのディレイを導入!
そしてエレアコ用プリアンプまで乗せることができ、正真正銘これ1台だけで全てをカバーできるペダルボードの完成です\(^o^)/

いやぁここまでの道のりは険しかった。。。

ところで、先日のブログでも紹介したHOTONEのチューナー兼ブースターは小型化には素晴らしい商品だったんですが、それを買った直後にいつもお世話になっているZauber Pedalsさんから「実はジナパパさんが求めているであろうブースターを設計してました」という嬉しいお言葉と共に小型で可愛いブースターが届きました!(写真右上の白いヤツです)
その音がまた素晴らしいのです・・・!!
クリーンかな?いや軽く歪んでるかな?っていうくらいのギュム!!っとした真空管コンプレッションと僅かな飽和感がサウンド全体をリッチにしてくれます!
さすが僕の好みをわかってくださってる(T_T)

という訳でそのブースターをボードに入れるとなるとHOTONEのチューナー兼ブースターは不要に。しかしそれを外すのはつまりチューナーが無くなることを意味する。でもブースターとチューナーの計2個をボードに入れるスペースは無い・・・

と悩んでた時、ふと目に入ったのが以前から持ってたコルグのカード型チューナーGA Custom

KORG GA-CS GA Custom ギターチューナー

価格:2,964円
(2020/4/25 10:25時点)

それをビッグマフのデカい筐体を活かして表面に貼りつけて事なきを得ました^m^
このコルグのGA Customはペダル型じゃないので、オンオフのフットスイッチは無いしミュート機能も無いので基本オンにしっぱなしになるため突然の電池切れが心配だったんですが、試してみたところ電池が切れても(電池を抜いても)、また横にある小さいスイッチをオフにしてもしっかり音が出ることがわかりました!いっちょまえにトゥルーバイパスだったんですね^m^

あと、電源周りに関してもトラブル&苦労話があるので、それはまた別の機会に
(※ 追記しました。コチラです)


IMG_0449
もちろん、ノラネコぐんだんの場所も忘れていません(笑)


さて話は変わりまして、北海道でいち早く緊急事態宣言が出た2か月ほど前に、ステイホームでペダル集合させていました。その時の写真です。
IMG_0452
人に貸してる物もあるので全部じゃないものの思ってたほどの数じゃなかったなーというのが正直な感想だったんですが、このあと幸か不幸かステイホームでポチっとを繰り返しさらに10個20個と数が増え、70個を超えたあたりで「いや、実際使わね―のばかりだし」と冷静になり、ステイホームで断捨離を敢行しております(笑)
やっぱり近年はコレクター気質がかなり薄れてきたようです^m^





このページのトップヘ