ジナパパ一家の何てことない日常

ペットの事。家族・育児の事。趣味のギターの事。日常の何てことない事。とにかく一貫性のないブログになってきました(笑)

新しい方じゃないですよ!初代の方です!
IMG_2995
YAMAHA THR10です!
がちゃさんからお借りしました。いつもありがとうございます!!

なぜ急にTHR?なぜ今さら旧型?かと言いますと、、



完全にこの動画にやられました。
ビンテージエフェクターはズルい!って感じはしますが(笑)、いくら良いペダルを使おうが音の出口であるアンプがダメだとそれを活かせないですからね!フィリップ・セイスの腕だろっていう部分は完全に無視してます、はい(笑)

まぁ実際、名立たるプロギタリスト達が練習やバックステージで使っていますしね。プロが選ぶものなら間違いないでしょう。


アプリを駆使するといろいろ練習に最適な機能があるようですが、とりあえず「アンプとしての音」のみにフォーカスしてレビューします!
ベース用やエレアコ用の音色もありますが、ここではエレキギターで主に使うであろうCLEAN、CRUNCH、LEAD、BRIT HI、MODERNという5種類のアンプシミュレーションについて書きます。
弾きながら音を聴いた上での僕の勝手な憶測ですが、、、

CLEAN → ジャズコ
CRUNCH → デラリバやツインリバーブあたり
LEAD → JCM800あたり
BRIT HI → 1959のハイインプット
MODERN → レクチあたり

ていう感じのシミュレーションでしょうか。
どれも非常にわかりやすい感じにデフォルメされていて、思わず「あー、はいはい」っていう声が出てしまうようなサウンドですね。
特に「CLEAN」のジャズコっぽいフラット感と言うか「ストラトの1・2弦が引っ込むからコンプ感が欲しいわ―」という気持ちにさせられるところなんか非常にうまく再現されていると思います(笑)

全体的にはジョリン!としたキャラで、低音の出方は、、、あれです、90年代に流行ったミニコンポのバスブーストスイッチをONにしたみたいな「小さいスピーカーで無理に低音を増幅させてます!」的な一生懸命さを感じる低音ですね(笑)
総じて、サイズを考えると流石だなーと思わされる音ですね!

さて、前出の素晴らしい動画のあとでは録音環境面でも演奏技術面でも公開処刑のような動画ですが(苦笑)、さらっと弾き流したのを載せます(笑)



後半のディレイは、THR内蔵のディレイです。非常にいい感じです


IMG_2994
僕が一番気に入ったのは「CRUNCH」
で、これにいつものペダルボードを使うと歪みもいい感じに乗ってくれて、いつも使ってるフェンダーアンプと同じような感覚で音作りできました!THR内蔵の歪み(特にハイゲインなやつ)は僕的にはちょっとデジタル臭を感じちゃうかなー。自動で発動するノイズゲートのせいもあるかもですが。きっとアプリを使えばこの辺の設定もできるんでしょうけどね。

という訳でヤマハTHR10をレビューさせていただきました!
小型練習用アンプとしてはさすがプロにも選ばれるだけあって素晴らしかったです。
ありがとうございました!






恥ずかしながら、ディレイって数年前までは原音を変化させなければどれでもいい、くらいにしか思ってませんでした。ところが何機種か試すうちに、ギター単体で使った時に気持ちいいディレイがバンドでは馴染みが良いとは限らない、などいろいろわかってきて、それが気になると厄介なことに「ディレイはなんでもいい」だったはずが「ディレイって難しい」に変わりました


今回は、僕のブログでは珍しくディレイを紹介させていただきます!
IMG_2946
EMPRESSTAPE DELAYです!
いざ買おうと思ったらどこにも売っておらず、某店で取り寄せを頼んでしばらく待ってたんですが コロナの影響で入荷が未定になってしまったと連絡が。。
ところが島村楽器に聞いてみましたら「全国で一店舗だけ在庫があります!」とのことで、早速最寄りの島村楽器に移動してもらって無事購入できました


「テープディレイ」という名からも音の傾向はご想像いただけると思いますので、サウンドレビューはそこそこに(笑)
一体僕がこのディレイのどこに惹き付けられたかというと、

モジュレーション機能が普通にコーラスとして使える!
アウトプットレベルを調整できる!
好きな設定を3パターンもプリセットしておける!
操作が簡単!


という「機能面」です!!

に関しては、まぁモジュレーションがついてるディレイは結構存在するので特に目新しい感じは無いかもしれませんが、モジュレーションをONにしておいてディレイタイムとフィードバック回数を最小にしておけば、普通にコーラスを使ってるのと同じようなサウンドが得られます。とは言えモジュレーションが掛かっているのは実際はディレイ音のみなので、原音とコーラス音が並列で鳴っているということになりますね。mixツマミでディレイ音と原音の音量バランスを調整できるので、強めにコーラスサウンドを聴かせたい時はディレイ音のバランスを上げれば良いのです!

に関しては、これが最もこのディレイが好きになったポイントです!!
ディレイ音の音量だけを調整できるディレイはたくさんある(ていうかほとんどがこのタイプ)んですが、これはディレイ音と原音の音量バランスを決めた上で最終的なマスターボリューム(outputつまみ)も設定できるんです!つまり、outputを上げ気味にしておけば例えばギターソロの時にディレイをオンにすると同時に全体の音量も上げることができるんです!要はクリーンブースターを1個積んでるみたいな考え方ができますね。僕みたいにギターソロ時にEPブースターなどのクリーンブースターも踏んでた人間にとっては、ワンアクション減るしペダルボードのスペースも空くし良いこと尽くめです!!

に関しては、これはができるからこそ,鉢△活きると言っても過言では無いですね!
3つプリセットできますから、例えば1つはタップテンポを利用した付点8分の設定。2つ目は擬似コーラスペダル的な設定。3つ目はギターソロ用にマスターボリュームを上げた設定。という感じでプリセットしておいて、瞬時にそれらを呼び出すことができます!!

に関してですが、こういうプリセットできるような多機能なディレイって操作がマルチエフェクター式みたいな感じの物もあるんですけど、これはツマミとスイッチだけで全操作ができるので簡単だしツマミが指す位置を目視しながら直感的に音が作れます!


もちろんいくら機能的に素晴らしくても音がイマイチだと元も子もないですが、このディレイはサウンドも非常に素晴らしいですまだバンドでは使えてませんが、テープの劣化具合をシミュレートしたスイッチやフィルターの掛かり具合(トーン設定のような物)を選ぶスイッチによってかなりいい感じに馴染みそうな予感がします(^^)

そしてこれだけの機能があって横幅約11センチとそんなに大きくないのも嬉しいですね!


では最後に、ここ最近コロコロ変わり過ぎているペダルボード2020お盆の写真です!
IMG_2947
自分的にはかなり嗜好と実用を兼ね備えたボードになりました(^^)
本当はボリュームペダルも載せたいんですが、そうなるともう一回り大きいボードになっちゃうので、今そこを悩み中です。
あともう1つ、絶対に買っとくべきヤツ!と思ってるペダルもあるんですよね〜^m^

悩んでる時間もまた楽しいんですけどね(^^)v






上半期は競馬で勝ちまくってたので、このまま今年は勝ち逃げしてやろうと思いここしばらく競馬やめてたんですが、何となく思い立ってちょっと買ってみたら12万馬券当たりましたw

IMG_2848
向こう数年分の運を使い切った感がありますね(笑)


泡銭は使うに限ります!
IMG_2873
今までは、春雨なのか何なのかわからない細いヤツしか食べたこと無かったんですけど、生まれて初めてフカヒレの姿煮を奮発して食べてみました in 中華料理店。
「カスベの煮付けみたいなもんでしょ?」って思ってたのは内緒の話です(笑)
めちゃくちゃ美味しいですね・・・これは高いお金出して食べる価値あるわ・・・
まぁ、味はフカヒレの味というよりはスープの味なんでしょうけど。
コラーゲンみたいにトゥルンと口の中ですぐ溶けて無くなる系かと想像してたんですけど、とろみの中にもしっかりとブチン!ブチン!という弾ける歯ごたえが

まぁ子供たちには「美味しいからまた食べたいと思っても次に食べるのは何年か後かな」と言っておきましたよね(笑)



メインの歪みサウンドが決まり「さてギターソロ用のブースターを何にしようかな」という時、キャラはそのままでゲインだけブーストしたい、というパターンもあれば、ゲインと同時にミドルもブーストして目立つ音にしたい、っていうパターンも結構多いと思います。

IMG_2912
FOXGEAR QBOOSTです!
上のQ FILTERというツマミでブーストしたい周波数を決め、
下のVOLUMEでその周波数のブースト量を決める。
という物です。

QFILTERつまみで選ぶ周波数は「250hz〜960hz」というミッドの帯域なので いわゆるミッドブースターと思い勝ちですが、これは特定の周波数をピークに鋭角な山を作ってブーストするため、実際はパラメトリックイコライザーの中域特化版という認識の方が正しいです。

いわゆるミッドブースターというカテゴリの商品はミッドにピークを作りながらもその周辺の周波数も一緒に引っ張ってなだらかな山を作る『富士山』なイメージ。なので音楽的というか自然なミッドブーストとなるんですが、このQBOOSTは周りの周波数はあまり引っ張らずに鋭角に上げる『東京タワー』なイメージ。グライコで特定のフェーダー1つだけ上げたり、ワウペダルを途中で止めたことがある人はピンとくると思いますが、マイケルシェンカーやTAK松本のワウ半踏みサウンドを容易に作ることができます。てか、そういう使い方を求めて買うべき商品だと思います^m^
裾野の広がりを調整して富士山にしたり東京タワーにしたり・・・という機能は無しです。

250〜960hzと数字で言われても慣れてない人は想像しにくいと思いますが、擬音で表すと

250hz
    ドーー
    ボーー
    ゾーー
    ソーー
    コーー
    カーー
    ケーー
960hz

っていう感じでしょうか(笑)

グライコもそうですけどこういうイコライザー系のペダルってついつい極端な設定にしてしまい勝ちですが、さり気なく使うくらいで十分バンドに混ざった時に頭一つ出てくるようになりますよね(^^)
マイケルシェンカーや松本さんになりたい時は極端なセッティングでも面白いと思います!






こちらの記事で紹介しました、フェンダーのベースマン20というアンプ。
80年代頭のいわゆるポール・リベラ期のベースアンプです。


このリンク先の記事内にも書きましたけど、元来ベースアンプのためかギターアンプらしくない帯域にピークがあり、ハイミッドあたりがカーーンと耳に痛いのと、エレキギターらしいザラっとした帯域が乏しいのが悩みの種でした。

載っているスピーカーはフェンダー純正のエミネンス製15インチ
IMG_2744
IMG_2751
これを一瞬だけ12インチのCelestion Vintage30に交換したらエレキギターらしいいい音になったので、いずれ12インチ化したいなぁと思いつつも、大きさは15インチのままで別の銘柄のスピーカーに交換するだけでも良くなるかな?とかいろいろ考え、サウンドハウスでポチろうか、いや止めようか、やっぱりポチろうか、いや…と優柔不断を発揮していました(^_^;)


そんな時タイミング良く、
IMG_2900
ハードオフでフェンダー純正の12インチスピーカーが2200円で売られているのを発見
ブルースジュニア3純正EminenceLightning Boltというスピーカーのようです。
決して高いスピーカーではないですが、フェンダー純正品だからフェンダーアンプに合わない訳は無いでしょう(?)。
はたして。


IMG_2852
簡易的ではありますが、12インチ用即席アダプター(笑)を介して早速搭載。
いやぁ、実にすばらしい音です!!
完全に「ギターアンプ」になりましたね。
今まで乏しかったクリーンでの鈴鳴り、そして歪ませれば「ザ行の音」が実にRockです!
元が15インチだから12インチ載せたら隙間だらけですが、それがちょうどバスレフポート代わりになっているだろうとポジティブに捉えます(もちろん冗談ですよ。笑)

Vinetoneさんにお聞きしたところ、このBASSMAN20はコンデンサの定数を1,2個換えるだけでギターアンプになるという「このまんまでも問題ないくらいほぼギターアンプなベースアンプ」らしいんですが、おっしゃる通りコンデンサ換える必要を全然感じないくらいにスピーカー交換だけで素晴らしいエレキギターサウンドに生まれ変わりました


IMG_2861
ただこのままだとグリルクロス越しでもわかるくらい12インチ用即席アダプターが目立つので、


IMG_2899
IMG_2901
黒く塗装して、


IMG_2902
完全にバッチリ目立たなくなりました(^^)

強風の時間帯に風の音にまぎれておそるおそるボリュームを10(最大!)まで上げてみたところ、「ん?歪んでるかな?」っていう程度には歪み始めるものの、ほぼクリーンのままでボリューム10の大爆音まで上げることができるという非常にヘッドルームの広いアンプであることがわかりました!!(一般的なストラトを使用)
音量を上げると基本クリーンのままで太さ、コンプ感、サチュレーション感が増していくという感じですね!

いやぁ・・・このアンプ、なかなか出会うことが無いアンプだとは思いますが、僕はめちゃくちゃオススメしたいアンプです!!(ギターで使うなら純正スピーカーは交換を推奨)

ボリューム&3バンドEQという構成なのでプリ部をツインリバーブにすれば…など考えていましたが、全然その必要は無いくらいに素晴らしいサウンドです
元があまりハイの再生能力が無いスピーカーだったせいも多分にあるとは思いますが、それにしてもやっぱり音の出口であるスピーカーの影響はデカいことを再確認しましたね(^^)






このページのトップヘ