ジナパパ一家の何てことない日常

ペットの事。家族・育児の事。趣味のギターの事。日常の何てことない事。とにかく一貫性のないブログになってきました(笑)


IMG_7339
IMG_7338
中学からの親友と行ってきました!
友達はGLAYのライブはちょうど20年前の北見市以来!(その時も一緒に行きました)
今回のニューアルバムは名曲揃いでGLAY史上ナンバーワンというくらい好きなので、そのツアーである今回のライブはもう歌いまくりの叫びまくりでめちゃくちゃ楽しめました
GLAYは僕の青春です。
ギターにのめり込んだきっかけでもあります!
毎日仕事が忙しいこの年末に、ストレス発散をさせていただきました\(^o^)/
IMG_7341



NO DEMOCRACY (CD ONLY盤) [ GLAY ]

価格:3,300円
(2019/12/10 11:48時点)



すっかり冬景色になりました札幌。
1週間以上前から治らない風邪に悩まされ続けたまま、これから予約してたインフルエンザの予防接種に行ってくる前のちょっとした空き時間にブログ更新です。この体調(微熱あり)で予防接種打ってくれるんだろうか・・・??

さて、Simble Predriverのご紹介です。
IMG_7428

Mad Professor Simble Predriver FAC プリアンプ/ブースター/コンプレッサー/エンハンサー ギターエフェクター

価格:24,640円
(2019/12/4 12:31時点)

デザインを見てお察しのようにマッドプロフェッサーが販売しているようですが、ブランド名はシンブルというようです(素性はよくわからん・・・)。

公式の説明を要約すると、
こいつはコンプレッサーでもあり、ブースターでもあり、エンハンサーでもある
とのこと。

・・・いやいやちょっと待って。

僕が真空管アンプのクリーントーンに求める「ちょっと歪んだ感じから生まれるチューブコンプレッション感と、キラっ!としたクリーン」がこれ1台で作れるってことじゃありませんか!?

これは買わねば!と思っていたところ、実はがちゃさんがこれをお持ちだという情報を入手しまして(笑)、早速ご本人にお願いしてお借りしました^m^
いつもありがとうございます!!

使ってみた感想としては、なかなかいい感じですね!
たしかに真空管アンプのパワー管が軽く歪み始めたあたりのサウンドをよく再現していると思います。僕の印象としては、フェンダーアンプの、それもツイードのブリっとした歪み方をしてるように思います。要はシャキ!キラキラ!っとした音じゃ無いです(エンハンサーって書いてるのにね)。なのでハムバッカーで使うとちょっと低音がブーミーになるのは否めないですね。どっちかと言うとストラトに合うと思います。

完全なクリーンにするにはギターのボリュームを下げることになるのですが、その場合はこれまたがちゃさんからお借りしているLOVEPEDALのTCHULA(のブラックマンバ)の方が積極的にボリュームを弄りたくなる音をしてますね〜。あくまでも比較したらの話ですよ。

僕は、ギター単体で1人で弾いてる分にはブライトでシャキっとした音にしがちですけど、バンドでは「要らない帯域」「必要な帯域」っていうのが最近だんだんわかってきて、そういう意味ではこのSimble Predriverはきっとバンド内でのギターに必要な美味しいところがグっと出てくるだろうなっていう感じがします(^^)

という訳で自分でも早速購入して、ボードにIN!・・・したのですが、
なんとここで伏兵が登場!!
それに関しては改めてブログにします。カミングスーン!!

・・・病院いってきます。


※2019.12.10追記
続きはコチラ」です!





所持本数4本まで膨れ上がってしまったヤマハのパシフィカ。
気に入って買い集めたもののさすがに多いだろうっていうことで選抜会をした模様がコチラ。
                 ↓↓↓


当時の定価3万円程度の安いギターでも やっぱり木で作られている以上は想像以上に個体差があるもんです。載ってるパーツが共通だからこそ純粋に「木の違い」だけが比較できて、これだけでも非常にいい勉強になりましたね

さて、選抜会で残ったのが指でさしたこの2本。
4AM3EJnhVcLwMQ81575339258_1575339413
※ 選抜に漏れた真ん中の2本は既にドナドナ済みです

この残った2本について。
シースルーブラックの方はライブでも使ったメインパシフィカで、ピックアップにSuhr MLを載せていたりブリッジにはBLADE RUNNERを奢っていたりとすでに改造済み。
チェリーサンバースト系の方は厳密に言うとパシフィカではなく、パシフィカが誕生する前のYGS112Tというモデル。パシフィカじゃないとは言っても仕様はパシフィカPAC112とまったく同じなので便宜上パシフィカと呼んじゃいます。

メインパシの方はグレードUPさせてるので良いのは当然。・・・と言いたいところですが、ギターは「良いパーツを載せりゃ音が良くなる」という単純なものではないのが面白くもあり難しくもあるわけです。

ブリッジ。中でも、シンクロナイズドトレモロのイナーシャブロック。
まるで神話のようにスチール製が良いとされズッシリ重いヤツがありがたがられますが、僕は必ずしもそうではないと思う。適材適所っていうんですかね。音の違いがあることは間違いないので求める音によって柔軟にパーツ選びした方がいいし、その方が自分の個性が出せると思うんですよね。でも盲目的に「ビンテージのストラトが〇〇製の部品だったからそれにならって交換しとけ」みたいな安易な考えの人も多いような気がして。

ちょっと脱線しましたね
まぁ実際のところ、パシフィカ112や312には安ギターによくある薄っぺらいイナーシャブロックのシンクロナイズドトレモロが載ってるんですが、どノーマルのYGS112Tもこれで全然 必要にして充分です。目隠しされて「さてどっちが分厚いイナーシャブロックの音でしょーか?」って聞かれても絶対に答えられない自信があります(笑)

さて。
この選抜2本のパーツを入れ替えてみなきゃ平等な比較はできませんから、アッセンブリーとブリッジをそっくりそのままチェンジしてみました。
IMG_7315
ひとつハッキリしたことは、パシフィカ純正のブリッジはどっちのギターに載せても鈴鳴りを引き出すっていうことですね。逆にBLADE RUNNERはブリッジをボディにガッチリ固定しちゃう仕組みのせいかタイトで音質的にはムチっとなります。どっちが良いか?と聞かれると難しいんですが、弾いてて気持ちいいのは今の僕は確実に純正ブリッジの方ですね(^^)
シースルーブラックのパシフィカにSuhr MLのアッセンブリーを載せ、ブリッジは純正で。っていう組み合わせが一番好みのパシフィカになりそうな予感です




ダダリオの弦を買ったんですが、、、

IMG_7314
IMG_7312
IMG_7313
・・・こんなの初めて(笑)




最近お友達のおかけで様々なペダル達を試す機会に恵まれ、ペダル熱がふつふつと燃え上がっております。ゴールなど無いですしね。ペダルの数だけ夢とロマン(と沼w)がありますからね!

ちなみにこれが、11月頭のライブ時のペダルボード↓↓
必要最低限に収めた、ここ数年ではもっともシンプルなボードと言ってよいでしょう
IMG_6772
重量も軽いし、音も良いし、大満足!!
・・・なのですが、冒頭に書きましたように ちょうど同時進行でお友達からたくさんのペダルの名機たちをお借りして試していたので、実は心の中で「あれも載せたい、これも載せたい」という候補はあったんです(^_^;)

そういう訳で完成した、ペダルボード2019冬バージョンがこちら↓↓↓
IMG_7211
組んだ自分でも気持ちいいくらいにピッタリ
パズルのように詰め込まれているのですごく増えたように感じると思いますが、実際の数としては2台増えただけです。ビッグマフがデカすぎるせいもありますね^m^

増えた物1つ目は、ボード最前段に繋いだSimble Predriverです(オレンジ色っぽいやつ)。
最近、ライブではハイファイでレンジの広いサウンドよりも、ある程度ローファイな方が好きというかバンドの中で扱いやすいと感じてるんですが、そんな僕にこのSimble Predriverはいい仕事してくれるんですよ。これについては改めてブログに書きます。

Mad Professor Simble Predriver FAC プリアンプ/ブースター/コンプレッサー/エンハンサー ギターエフェクター

価格:24,640円
(2019/11/24 12:12時点)


2つ目は何と言ってもビッグマフのラムズヘッド
これはもう本っ当に気持ち良くて、ラムズヘッドを鳴らした後にいつものディストーションやオーバードライブを鳴らすとめちゃくちゃ物足りなく感じてしまうという 凄まじい中毒性をもったサウンドです・・・!

ELECTRO-HARMONIX Ram's Head Big Muff Pi ファズ ディストーション エフェクター ラムズヘッドビッグマフ

価格:13,200円
(2019/11/24 12:13時点)

↑ちなみにこれは最近出たリイシュー。

IMG_7212
余談ですが、しばらく怠けていたプラグやジャックの清掃も同時にやりました。
気付いたらジャック部分で接触不良を起こしかけててガサゴソ言うことありますからね!


このページのトップヘ