ジナパパ一家の何てことない日常

ペットの事。家族・育児の事。趣味のギターの事。日常の何てことない事。とにかく一貫性のないブログになってきました(笑)

以前、ヒロプリさん宅に呼んでいただいた時のオフ会のDVDを

ヒロプリさんよりいただきました

今回もありがとうございました、ヒロプリさん&ウルトラふくちゃんさん







P1020979



















ジーナ 「あ、わたしなのね〜」








P1020980



















画面の中の自分と見つめ合うジーナ。







P1020982



















P1020983



















ジーナ 「楽しかったのね〜。また皆と遊びたいのね〜。」






ヒロプリさん、ありがとうございました






最近、姉にデジタル一眼レフを借りました

ここぞとばかりにジーナの写真を撮ったので、一気にお見せしま〜ス








DSC_0025


















DSC_0027


















DSC_0101



















なかなか美人に撮れてるでしょ (親バカ








続いては、ドッグランひまわり編です〜

この日は、看板犬のモカちゃんアンちゃんも、他のお客さんもいなかったので

貸切り状態でしたよ〜








DSC_0247


















DSC_0221


















DSC_0190


















DSC_0189


















DSC_0185


















DSC_0183


















DSC_0175


















DSC_0156


















DSC_0153


















DSC_0148


















DSC_0144






















やっぱ、デジタル一眼レフは素晴らしいですね〜 欲しいっス






DSC_0134

















ジーナ 「以上なのね〜」





ご飯をあまり食べないことで有名な(?)我が家のジーナ。

そんなジーナがちゃんとご飯を食べてくれる法則を発見しました







それでは、ご覧頂きましょう。









P1020909



















まず、息子がジーナの食器から、ご飯をひとつかみ。









P1020910



















そして、ソファーで休むジーナの目の前に 「どうぞ」。










P1020913



















するとジーナは、カリカリ食べるんです(笑)

息子は何度も何度も往復してジーナにご飯をあげるんですが、

そのたび、ちゃんとジーナはカリカリ食べます



なんか微笑ましくて、見ているコッチが幸せな気分になります






こちら北海道は札幌市。

雨ばかりの蝦夷梅雨が終わったかと思いきや、遅れていた夏を取り戻すかのように

ここ数日は30度を超す暑さが続いております

今のうちに夏を満喫しようと、函館にドライブ行ったり家族で楽しんでいましたが

ちょっと温度差で体をやられてしまったようで、風邪気味になってしましました(僕が)



そこで、火曜日には家の庭で、息子やジーナ、ジナママとプール遊びをしましたよ






P1020861



















はじめての水遊びでしたが、けっこう楽しんでるようです







P1020887



















ジーナ 「喉も渇くのね〜」







P1020893



















途中で近所のワイマラナーさん達がお散歩に来ました。






P1020860



















ジーナ 「ひゃっほ〜なのね〜」







P1020857



















ジーナ 「水遊び、楽しいのね〜」







P1020850



















ジーナの後ろ脚、良く見るとちょっとだけ浮いてます(笑)






P1020858



















ジーナ 「楽しかったのね〜。また遊びたいのね〜」






この週末、hiropuriさんにお誘いいただいたオフ会に参加できなかったのは

残念でしたが、なんとか短い夏を満喫できたジーナでした

まだ、北海道の夏はちょっとだけ続きそうです





先日、ある1通のメッセージを頂きました。

ボルゾイを買ってらっしゃった方からです(僕と同じく北海道在住)。

我が家のジーナとは、ブリーダーさんを通じて繋がりのあるボルさんだったそうです。







CIMG1761



















ハンナ君という子だそうです。コートもフサフサで立派で、カッコイイですね





しかしこのハンナ君、8歳で虹の橋へ旅立ったそうです。

飼い主さんが僕にメッセージをくださったのは、ブリーダーさんを紹介してほしいとの

ご依頼だったんです。

もちろん、僕に協力できる事はさせていただきましたよ





ワンちゃんが旅立つ気持ちって、やっぱり経験した人しかわからないと思います。

僕も幼少の頃から、犬や多くの猫を看取ってきました。

でもまたこうして「ボルゾイと暮らしたい」って思う方がいるって、うれしいですよね★

メッセージくださった、ハンナちゃんのママさん。

また素敵なお庭でボルさんと楽しい生活を送れる事を、心から願ってます

またメッセージくださいね






でも素晴らしいですよね。

ジーナという1頭のボルゾイを通じて、こうしていろんな方々と知り合えたんですから。

ブログってなんか気恥ずかしくて、「マメに更新しなきゃ」って思うほど面倒くさくて…

でもただの自己満足で終わるんじゃなくて、こうしていろんな人たちと出会えて

本当にやってて良かったって思ってます★





このページのトップヘ