ジナパパ一家の何てことない日常

ペットの事。家族・育児の事。趣味のギターの事。日常の何てことない事。とにかく一貫性のないブログになってきました(笑)

火曜日、またジーナを連れてバーナードスクエアへ行ってきましたよ

あまり天気は良くなく、平日の夕方だというのに、たくさんのお友達がいましたよ★





P1000948



















ジーナ「前よりもさらに雪山が高くなってるのね〜

もう大人の背丈を越える高さになっていました★




P1000946



















僕も登ってみました。

ジナママや息子が小さく見えます





P1000939



















ターゲット発見っ

ミニチュアシュナウザーのウェル君です。





P1000938



















僕を置いてピューっと駆け下り、ウェル君にご挨拶です。

ウェル君とは、2〜3回ほどここで会ったでしょうか。

このランがお散歩コースに入っているようで、いつも来るようです。






P1000954



















ミニチュアダックスのコーク君と、プードルちゃん2人にも

遊んでもらいましたよ★

飼い主のお姉さん達は、ジーナを「カワイイ」と言ってくれて、さわりたがっていましたが、

ビビリのジーナが他人に体を触らせるはずはなく…






P1000959



















室内のカフェで温まります

ジナママは、冷たいアイスにホットな抹茶の何かがかかった、

おしゃれな飲み物を飲んでました(ゴメンナサイ、名前がわかりません

僕はいつものホットココアなので、写真はもう撮りません。






P1000960



















ジーナ「ジナも飲みたいのね〜

ジーナは、今日はワンコパスタは我慢です。中途半端な時間でしたから…





このあと、息子が足を滑らせて顔を強打し、

口の中を切って出血したために家に帰りました〜

今はもう大丈夫です★





P1000911



















家では猫チームとリラックスしてます

例のソファーも、まだまだ無事です





P1000974



















最近は、こんな微笑ましい姿も見られます★

プンちゃんが、ジーナのごはんを一緒に食べるんです。

仲良くするのはいいけど、ただでさえジーナは小食なんだから

あまりごはんを横取りしないでね、プンちゃん




ご存知のように、我が家には現在5匹の猫チームがおり、

各々、爪をとぐ場所が決まっています。



まず、プンちゃんは猫用の爪とぎで。

オッチにゃんは、主にカーペットで

モンピちゃんは、キャットタワーに付いている爪とぎで。

そして、ピーちゃんとタボちゃんはと言うと



ここです↓
P1000674



















そう、息子の背中です。

・・・って違いますよ

よ〜く見てください、ソファの背もたれ部分を・・・。

名称未設定 1
















見事にやられてますね…

猫が爪をといで穴をあけ、その穴から息子がワタをつまみ出すという悪循環…



実はこのソファ、2代目なんですよ。


1代目は、我が家を購入した時にサービスで付いていたヤツでした。

布製だったので、猫も爪をとぎやすかったんでしょうね。

あっと言う間にボロボロにされました


そして2代目が上の写真の合皮製。

布だろうが合皮だろうが、爪がきちんと引っ掛かって

足場が安定していれば、何でも爪とぎになってしまうようです…。



そこで人間は考えました。

ならば足場が安定しないソファなら、爪をとがれずに済むのではないか?と。

そして出会ったのが、このソファです
P1000880



















基本は木枠でできていて、そこにクッションが並べてあるというタイプのソファです

特に背もたれ部分は、ただ立て掛けられているだけなので、

猫が背もたれの上に乗っかれるほどの安定性はありません。

ここが勝負の分かれ道でしたね

おかげで猫もここでの爪とぎは諦めたようです

猫 VS ソファ(人間)の約2年3か月におよぶ壮絶な争いに

ようやく終止符が打たれました。



しかし。P1000885




















今まではソファに見向きもしなかったジーナさんが、このソファに変えた途端に

座りたがるようになってしまいまして…

いや、いいんですよ、別に。

ただ、ソファに爪のキズ痕がついちゃうんですよ

我が家のキャパを超えた金額のソファだっただけに、ちょっと遠慮して欲しいなぁ〜…

ボルゾイのジーナと、猫チーム。

我が家にはこの他にも、まだゆかいな仲間たちがいる事を

まだこのブログで発表していませんでしたね。



まずは、ジーナはもちろん猫チームの誰よりも

僕と長〜い付き合いの、この子です★





P1000875



















ホルスフィールドリクガメの「カメッチ」です

カメッチとは、かれこれ8年くらい一緒に暮してます。

1年以上、まったくご飯を食べなくなった時期もありましたが、

今は食欲旺盛でどんどん大きくなっています






他にも、こんな仲間もいます。





P1000867



















熱帯魚クン達です

これは掃除したばかりの時に撮った写真なのでキレイですね





P1000877



















他の水槽には、金魚ちゃん達もいます

2匹は買った子。2匹は金魚すくいで捕った(?)子です。




昔はトカゲとかヘビとか昆虫とか、いろいろいたんですけどね〜。

今はこれが限界ですね







P1000814



















この前、ジーナがひっくり返ってました

たま〜に、こうして自分の手を甘噛みするんですよ。





P1000817



















ちょっと興奮してきたようです。





P1000819



















ジーナ 「こんなハシタナイ姿、撮らないでなのね〜








P1000763



















ちなみに、最近のブログをご覧になられている方の中で

「最近ドラちゃんの姿が見えないな〜」と

気づいてくださった方はいらっしゃいますか??

訳あって、ケージ飼いだったドラちゃん。

実は、去勢してるにもかかわらず、ある日突然スプレー(マーキング?)を

するようになってしまい、そのせいでケージ飼いだったんです。

ケージ飼いで環境が変化すれば直るかもな〜なんて思ってはじめたケージ飼い。

ケージの中ではスプレーしなかったので、頃合いを見計らって外に出してみたら、

速攻でカベにピピッと・・・

どうしていいかわからず、そんな間にも運動不足でドラちゃんはどんどん太っていき…。

最後の手段として、僕の実家に連れてってみたんです。

そしたら、先住犬のコーギーのポチ君ともうまくやっているようですし、

スプレーもまったくしないそうです。

そして、僕の父と母にベッタリの甘えん坊さんになったようです。

う〜ん、本当はドラちゃん、僕やジナママに甘えたかったんでしょうね…。

でも、他の猫や犬、さらに人間の赤ちゃんまで家族が増えたもんですから

甘えられなくなって、ストレスでスプレーしちゃっていたようです。

・・・反省ですね。

ドラちゃんにかわいそうな事をしてました。

僕の父と母にお願いして、ドラちゃんを一応永久的に世話してもらう事になりました。

もちろん、快く了承してくれましたよ★

実家なら市内ですぐ会いに行けますし、何よりもドラちゃんがその方が幸せそうですから

これからは実家に行った時はドラちゃんの写真を撮って、このブログにもきちんと

アップしていきますから、これからもドラちゃんをお願いしますね

どら



















ジーナの姉妹を発見

と言うか、先方からジーナを発見していただきました

このブログを見てくださっていた方が、ご自身が飼ってらっしゃるボルゾイさんが

ジーナと同じ誕生日で、容姿も似ていることから、

僕にメッセージをくださったんです★

血統を教えていただいたところ…



同腹の姉妹でした



ブログにコメントくださっている、み〜たんさん宅のユリヤちゃんです★

ブログをやってらっしゃるので、ぜひ見てみてください

さすが姉妹、ジーナに似てます

『ワンコと暮らす日々』
http://yuricyann.blog97.fc2.com/
(み〜たんさん、勝手に宣伝してごめんなさい



しかし…

ジーナとは血の繋がってない、よしみママさん宅のラピスちゃんと

ジーナがソックリなのはナゾですよね…(笑)



今日は雨です。

こんな真冬に雨。それも最高気温は8℃…。3月下旬くらいの気温だそうです

暖かいのはいいんですが、この雨で雪が溶け、そして夜になるとそれが全て

になるんです。

道はどこもスケートリンク状態です。





b65e















先日、レインコートを買っておいてよかったです★

ジーナはちょっと迷惑そうですが・・・。

これは、ジーナがちゃんとレインコートを着て散歩してくれるかを試すために

買ってみた安い物です。

大丈夫そうなので、今度もっと可愛いヤツを買ってあげます





このページのトップヘ