ジナパパ一家の何てことない日常

ペットの事。家族・育児の事。趣味のギターの事。日常の何てことない事。とにかく一貫性のないブログになってきました(笑)

今日11月11日は、ついにジーナが我が家にやって来る日です

特大ケージが某メーカーの手違いで昨日やっと届き、

ようやくジーナを迎え入れる準備が整ったのです



今日で11か月になった息子をジナママの実家に預け、

札幌市南区澄川の北家というカレー屋さんで腹ごしらえをした僕とジナママは、

逸る気持ちを抑えながらショップへ向かいました


約束の時間よりちょっと早く着いてしまいました


すると、ショップのドッグランスペースでは、大型犬たちが

みんなで楽しそうに走り回っていましたよ

大型犬たち
















遠くにいるので写真ではわからないですが、

バーニーズ、ボルゾイ、アイリッシュウルフハウンド、コモンドール(?)、

ラブラドール、セントバーナードなどが遊んでます。



遊んでいたボルゾイは、10歳の男の子だそうです。

とっても体高が高く、コートもフサフサで超かっこよかった

10歳♂のボル君

 

 

 

 

 

 

 









お金を払ってから今日まで、ジーナの面倒をみてくださったショップの皆様、

本当にありがとうございました

ご飯も分けてもらい、いろいろお話を聞いたあと、ついに出発の時間が。

本当にありがとうございました!

そしてこれからも、いろいろとお世話になります





僕が運転し、ジナママはジーナと一緒に後部座席へ。

家までの道のりは、30〜40分です。

緊張して動き回るかと思ってましたが、予想に反してジーナは本当にいい子にしてました☆

帰り途中でスーパーに寄ったのですが(僕とジーナは車で待機)、

ジーナはリラックスして待っててくれました

車の中のジーナ
















目が細いジーナ
















ショップの方の話によると、ジーナは車や人がいっぱい居るような場所は

まだ慣れていないそうです。

車のドアがバタンと鳴ったり、人の話し声が聞こえるたびに、ジーナは

立ち上がってキョロキョロしてます

車で警戒するジーナ















ジーナ 「あっちもこっちも、知らない人ばかり・・・ソワソワ」





やっと我が家についたジーナ


我が家では、6匹のネコチームがジーナ大歓迎

・・・と思いきや、ほとんどの猫たちが2階へ逃げていきます・・・




ジーナは、今日はおとなしくさせます。

すぐケージに入ってもらいました。

ケージの中のジーナ















まだ緊張顔のジーナです。

そんなジーナを、我が家の長男であるぷんちゃん

ちょっと離れた場所から見つめます。

見守るぷんぷちゃん















ぷんちゃんは長男らしく、兄弟たちを守るためにずっとジーナを見つめます。

ほんと、頼もしいお兄ちゃんです

ピーちゃんは、これまたちょっと離れたテーブルの上から、

ジーナの様子をうかがってます。

ぴーちゃん




















おっちにゃん
は、写真では隠れているように見えますが、

実際は一番果敢に近づいてました

おっちにゃん























ジーナは意外というか想像通りというか、ドッシリと構えていました

ケージの中のジーナ2















ジーナ 「この猫たち、アタシより小さいけどみんなお兄ちゃんなんでしょ?」


タボちゃん&ジーナ



















ターボ 「やいやい、僕は一番小さいけどキミのお兄ちゃんだぞ」


ぴーちゃん&ぷんぷちゃん




















ジーナが来たら、当分の間は猫達がリラックスした姿は見れないんだろうな〜

と思ってたんですが、いつもとまったく同じようにリラックスしてました

うちの猫チームは、なかなか神経が図太いようで・・・



ジーナはご飯もいっぱい食べ、少ししたら寝てしまいました・・・

ジーナおやすみ



















ジーナ 「おやすみ・・・むにゃむにゃ・・・」





まだ人間や環境に慣れるまでは、しばらくお散歩は無しです。

今日はおしっこさせるために、ちょっと家の前をウロウロしました。

まだリードや首輪にもビクビクしてるので、ちょっとずつ慣らしていこうと思います


まだまだ初日ですが、ジーナの可愛さに早くもメロメロです

これからは大変だろうけど、みんなで楽しく暮らそうね

ジーナを我が家に迎えるまで、あと2日となりました!

楽しみで逸る気持ちを抑えつつ、今日は我が家の猫チームを紹介します

ちなみに僕は、小さなころから猫が家にいる家庭で育ちました。

隙間だらけで昔ながらの通称“ボロ家”に住んでいた頃、

ネズミを退治してもらうために飼ったのが始まりだった

・・・かな??


僕がある程度大きくなってから飼った「マメ」という猫は元々捨て猫で、

外に自由に出入りさせていた結果、野良猫からエイズをもらってしまい

5歳という短い生涯を閉じました。

それから、猫はしばらく飼わず、僕は小動物や爬虫類に傾倒して

いくのですが

のちに妻となるジナママと付き合ってから、また猫を飼ったんです

お互い猫が好きな事もあり、気付けば6匹の猫“チーム”と

生活を共にしておりました

がんばってマイホームを購入したのも、この猫チームたちに

のびのびと過ごしてもらうため








では、

さっそく紹介します

まず、トップバッターは、この子

ぷんちゃん















マンチカンという猫種の、プーチンです!

愛称は、ぷーちゃん、ぷんちゃん、ぷっぷ、ぷんぷくちゃん etc・・・

おっとりしていて落ち着いていて、頼れる長男っていう感じです

11か月になる実の息子に毛や皮を引っ張られても、

「ニャー…」と鳴いてジッと耐える、我慢強い子です。



続いては、この子

おっちにゃん















オシキャットという猫種の、オッシーです

愛称は、オッシー君、おっちにゃん、おちにゃんちゅう etc・・・

小さい頃は目の病気で、何度もの手術に耐えた頑張り屋さんです

ママ(僕の妻)の事が大好きですが、皆が一緒の時はクールを装い、

ママがトイレに行くと一緒について入って行って、

ゴロニャンと甘えているようです



続いては、この子

どら















ドラネコという猫種の、ドラちゃんです

愛称は、ドララ、ドラエ、トバエ、コマエ etc・・・

僕が昔働いていたペットショップを退社する際、職場の仲間達が

プレゼントしてくれた猫です

本名はドラえもんなのですが、ジナママが「ドラえもんに似てない」

という事で、ドラちゃんが本名になりました。

今は訳あってケージ飼いです・・・



続いては、この子

ぴーちゃん















アメリカンカールという猫種の、ピースです

愛称は、ピーちゃん、ピーじゅう、ぴじゅぴーじゅ etc・・・

猫とは思えないほどモコモコな毛に覆われた丸い体型と、

誰にでもスリスリするその愛らしい性格から、

もっとも可愛がられやすい世渡り上手なピーちゃんです



続いては、この子

たぼちゃん















シンガプーラという猫種の、ターボです

愛称は、タボちゃん、タンボちゃん、タンボコ etc・・・

シンガプーラは一番小型の猫で、犬で言うチワワです。

タボちゃんも小さいです

動きもチャカチャカして素早く、いたずら大好きな皆の弟分です

タボちゃんが他の子にケンカを仕掛けても、他の子たちは

「しょうがない赤ちゃんだなぁ・・・」という感じで、絶対に本気で

ケンカを買うことはありません



最後はこの子

もんぴちゃん















スコティッシュホールドという猫種の、モモちゃんです

愛称は、もんぴちゃん、もんぴこ etc・・・

猫チーム唯一の女の子で、とても女の子らしい性格で、

しなしなと歩くその姿はモンローウォークならぬ“モンピーウォーク”と

呼ばれています

うちに来た当初は、恥ずかしがり屋さんで全然1階に降りてこず、

たまに見かける程度の「隠れキャラ」的存在でしたが、

すっかりこの環境に慣れた今は、レア度も激減です




以上、6匹の猫チームでした

もうすぐ来るジーナと、みんな仲良くしてあげてね

もうすぐ、ジーナが我が家にやってきます

うちの方がジーナを迎え入れるための準備がまだ整っていないので、

まだショップで面倒を見てもらっているんです。

ショップの皆様、ホントに申し訳ありません・・・

でも、ジーナを迎えに行けるのはもう目前に迫っとります

やっと、超ビッグケージがうちに届いたからです

「待ってろよ、ジーーーナーーーー






…さて、話は変わって11月2日の日曜。

僕と妻と息子、そして僕の両親と姉の計6名。

それに、姉の子供たちであるフレンチブル君のぷぅちゃん、

ペキニーズのぺぇちゃんという計8名で、

北海道は苫小牧市のホッキフェスタなるお祭りに行ってきました



空はあいにくの雨模様・・・

雨もなにも、なかなか見れないほどの大雨でしたぁ・・・

でも、苫小牧市に着く頃には次第に青空も見え始め、

会場に入った時にはもうすっかり雨はあがりました

でも、やっぱ寒い!!!

ぷぅちゃんはご覧のように、姉のコートにくるまって

ガタブルガタブル震えてました

包まれるぷぅちゃん
















きゃわいい!!!!!!!!!!!!

ぷぅちゃんは寒さに弱いそうです。

こうしてコートにくるまり、イスの上にチョコンと座ったまま

じっとしてガタブルしてました。

知らない女性が

「あまりにも可愛いので、写真撮ってもいいですか?」

とやってきて、ぷぅちゃんはガタブルしながらもカメラ目線を送り、

写真を撮られておりました

さて、おいしいホッキご飯、ホッキ寿司、海鮮汁もいただいた事ですし…




次はいよいよジーナに会いにショップへ行きましょう★★★


うちの両親や姉、ぷぅちゃんぺぇちゃんは、もちろん

ジーナに会うのは初めてです。

前回行った時は、僕達に対しても緊張してたくらい臆病者のジーナ。

はたして、どんな顔で迎えてくれるのでしょうか???


ちなみに前回は、こんな緊張顔でした↓

ジーナ




























苫小牧からジーナの待つショップへ向かう道中、

ありゃぁ〜〜・・・また近年まれに見る大雨ですよ

でも、ジーナのところに着く頃には、すっかり


早速ご対面でーす

ジーナとぷぅ
















うちの両親が 「でかいねぇ〜〜」などと言っている中、

ジーナは早速ぷぅちゃんとご対面★

ちょっと腰が引けてます

でも

ジーナとぷぅ
















「今後ともどうぞよろしゅう」

すぐに打ち解けました

ジーナは犬が好きなようです★



そんな時、室内の窓からこんな2人の様子を見ていたぺぇちゃんが

うちの母に抱かれて出てきました。


ジーナとぷぅぺぇ
















ぷぅ 「こっちは、弟のぺぇちゃん。」

ぺぇ 「ご紹介にあずかりまちた、ぺぇちゃんと申しまちゅ」


ジーナはぺぇちゃんとも仲良くやれそう★



ジーナとぺぇ


















ぷぅ と ぺぇ
















ぷぅ 「ジーナって大きいけど、僕達より赤ちゃんらしいよ」

ぺぇ 「本当でちゅか!?」


ジーナとぷぅ
















ぷぅ 「じゃあ、僕達そろそろ帰るね」

ジーナ 「もうちょっとゆっくりしていけばいいのに」

ジーナは僕達が帰る時、いつもちょっとさびしそうな顔をします。

もうすぐ一緒に暮らせるから、それまで待っててね、ジーナ


ジーナ




















ジーナ 「みんな、また来てね〜〜〜〜」

ブログネタ
初めてのブログを書いてみよう! に参加中!

もうすぐ、新しい家族である

ボルゾイのジーナ(♀)が我が家にやってきます!!

ジナ





















うちには、6匹の猫チームと、生後10か月の我が息子がいるのですが、

はたしてうまくやってくれるでしょうか…???

今は、ジーナが快適に過ごせるように、準備中

早く一緒にお散歩したり、遊んだり、ドッグランに行ったり…

とにかくいろいろしたいです!

このブログでは、そんなジーナと猫チームの

何てことない普通の日常を書いていく予定です。

ボルゾイ好きの方々、そして、今ボルゾイと生活している方々。

どうか、いろいろアドバイスいただけると嬉しいです

そしてこのブログを通じて、たくさんの方々と交流ができることを

祈っています!

マメに更新できるようがんばりますので、どうか皆さん

今後ともよろしくお願いいたします

このページのトップヘ