ジナパパ一家の何てことない日常

ペットの事。家族・育児の事。趣味のギターの事。日常の何てことない事。とにかく一貫性のないブログになってきました(笑)

以前、Provision Guitarさんに作っていただいたピックガード。
IMG_E7656
IMG_E7669
燃えたぎる炎のようなピックガードですね!
これはアクリルべっ甲という材質のピックガード材。アクリルべっ甲の透過性のある薄茶部分から、裏面に貼られたアルミシートが透けることで光を反射するので、このように派手に見えるのです


IMG_E2439
一方こちらはゾディアックのギター。
これもアクリルべっ甲のピックガードを装備しているので、前出のProvisionと同様に裏面にアルミシートを貼ってギラつかせてみようと思います!


IMG_E2440
これはアルミシートを貼った面、つまりピックガード裏面の写真です。
使用したアルミシートは片面が糊になっていて、簡単に貼ることができます

アルミは幅が約5cmほどしか無いので写真のように5列に分けて貼りましたが、ピックガード材が半透明のためアルミシートの継ぎ目が透けて見えてしまう恐れがあります。なので、べっ甲の柄と照らし合わせてなるべく目立たないような模様の箇所に継ぎ目がくるよう貼るとよいです(^^)
まぁ本当は1枚物のアルミシートがあればよかったのですが(笑)


ちなみに、ピックガード裏にアルミシートを貼るのは大抵の場合はシールド効果を狙ってのこと(ノイズ対策)と思いますが、今回のゾディアックに関してはピックガードでキャビティや電装パーツを覆うような構造にはなっていないため、シールド効果はまったく狙っておりません。完全に見た目だけです。


という訳でアルミシートを貼ったピックガードを装着
IMG_E2441
うーん、さり気ない!!(笑)
変わる箇所をお伝えしてるから気付いていただけるでしょうけど、知らないで見たら「え?なんか変わった?」って感じですよね汗

光の当たり具合でも印象は変わるものの、このギターに関しては元々ボディのイエロー部分にピックガードがあるため、ベースの色味としてはほぼ変化ナシです。前出のProvisionはギター自体がグリーンだったので、ピックガードが際立ちましたけどねー

こうして横並びにすれば比べやすいですね。
まぁでも多くの皆様が気付いてくださったようで良かったです!(リプ参照)


同じようなアングルでビフォーアフター写真を撮ったので、比べてみましょう!
↓↓ビフォー
IMG_1965
↓↓アフター
IMG_2484


↓↓ビフォー
IMG_1967
↓↓アフター
IMG_2485
あくまでも好みですけど、アルミシートを貼る前の落ち着いた感じの方が好きだったかも(汗)
まぁすぐに見慣れるでしょう!w

69年製のデラリバに、JensenのP12Nを載せてみました!
IMG_E2244
P12Nにはベルカバー付きとベルカバー無しの2パターンが存在しますが、今回試したのはベルカバー無しの方です。まぁ音は一緒でしょう(?)
ちなみにP12Nのスペックをザッと紹介しますと、サイズは12インチ耐入力は50ワット重量は3.1kgとなっております。
この記事を書いている現在、サウンドハウスでは新品49800円という高級機種です!…まぁ僕は中古購入ですけどね。


ではサウンドについて。
IMG_E2245
クリーントーンでは、ドッシリと量感のある低音と、程良い紙っぽさを感じるサラっとした肌触りの良さを感じますねいつまでも弾いていられるような気持ち良さです!

一方歪ませると、ザラつきやジャリ感が際立ってかなりハイが暴れん坊になります。そのせいでクリーンの時には存在感を感じてた低音が相対的に弱くなり、かなり腰高に感じます。クリーンと歪みでEQを大きく変えたくなるほどです。
1弦ハイフレットのシングルノートでは「太く艶やかなサスティーン!」…とはいかなくなってしまいますね。まぁそもそもそういう演奏に向いているスピーカーではなく、公式サイトで謳われているように「キング・オブ・クリーン・トーン」を活かす場面がベストなのでしょう(^^)


IMG_1631
という訳で、僕的にはデラリバにベストマッチなのは、現状ではJensen C12Kです(^^)
クリーンからクランチ、ディストーションまで幅広く高い総合点を出してもらうためには、セラミックスピーカーの汎用性の高さはやっぱり魅力ですね

フェンダージャパンについてググると、予測検索(?)の欄に

“ フェンダージャパン 当たり年 ”

ってのが出てくるんですよね。
なにが書かれているんだろう?と思って開いてみると、上の方にヒットするサイトには
「1982〜1997年のMADE IN JAPAN表記のフジゲン製造期がアタリ年」
「1997年以降のCrafted in  Japan表記のダイナ楽器製造期がハズレ年」
って書いてるんですよ。

・・・

・・・

・・・

ほ、ほぅ・・・

まぁ、僕が言いたいことはご想像いただけると思いますので敢えては言いませんw

さて、そんな一部から「ハズレ年」と言われてるらしいダイナ楽器製造期のフェンダージャパンですが、さらに分類しますと
1997年〜2008年・・・他社に外注したボディ・ネックをダイナ楽器で組み込み
2007年以降・・・・・ボディ・ネックも全てダイナ楽器で製造

となるそうです。
(これは僕よりもっとお詳しいサイトさんがたくさんありますのでそちらを見てください)

ダイナ楽器のギター製造設備が整う2007年以降は、自社で全て製造できるようになるそうですよ。でも2008年までは外注の個体も同時に存在するのは、他社に頼んでた分を全て出荷し終えるまでのタイムラグってことなんでしょうかね?

2008年までのボディやネック(つまり木部)のOEM先にはトーカイ楽器、寺田楽器、アトランシアという錚々たる日本の楽器メーカーが名を連ねていたそうです!(一部ではムーンも見ました)

いや待って、めっちゃ良さそうじゃん!なのにハズレ年なの??

という疑問が沸きますね!← 皮肉ってるだけです(笑)

あるサイトでは「フジゲン製はボディのコンター形状やヘッド形状がフェンダーUSAとは違う」「トーカイ製やアトランシア製の方がフェンダーUSAの形状に近い」と書いてました。
ぶっちゃけ僕は細かい部分の形状やコピー度などはよくわからない(てか気にしていない)のですが、まぁギターの評価ポイントは「音」だけではないということをよく表していますよね!


という訳でコイツです。
IMG_2366
いやぁー前置きが長かったwww
Fender JapanST62-70TXというストラトです。
Rシリアル2004年〜2006年製造となり、前述の内容に照らし合わせると「ボディネックを外注先に作らせ、それをダイナ楽器が組み込んだ個体」ということになります。
僕は外見で製造工場を特定できるほどの知識は無いので、単純に「なんか雰囲気が良いぞ」というだけで買ったと言っても過言ではありません(笑)


各部を清掃しながらバラしてみました!
IMG_E2339
ネックポケットには「ST62-70」「050525」「3TS」「7」「13」のスタンプ
「13」はスタンプじゃなく手書きかな?

言うまでも無くST62-70は型番で、3TSは3トーンサンバースト(色)を示しています。

勝手な憶測ですが050525は05年05月25日(検品日?組み込んだ日?)を示しているんじゃないかなと予想します。Rシリアルの製造年に当てはまりますし、ネットで見た他の個体もこの数字と製造年が当てはまったからです。まぁ偶然っていう可能性も否定はできませんがw

7と13の大きいスタンプの意味はわかりません。
ですが、「7」「ST62-70」「3TS」はスタンプのサイズや字体、濃さなどが同じなので、製造工場で商品管理のために押されたスタンプだと想像します。
で、このボディが完成してダイナ楽器に持ち込まれてから組み込み、そして出荷されるタイミングでその日の日付である「050525」がダイナ楽器によって押印された、というのが僕の勝手な想像です。


IMG_E2340
ネックには「ST-62」「A」「H」のスタンプ
AとHは何を表してるんでしょうね?
ちなみに写真には写っていませんが、ネックエンド部には特にスタンプや記述はありません。

そうそう。ボディとネックのジョイントがかなりタイトに作られていて、4本のビスを外しても簡単にネックが外れないですし、逆に組み込む時はキツいので擦れて塗装が削れたりチップしてしまうのではないかと怖くなるほどです!


IMG_E2343
ボディのサグりがめっちゃキレイです。
ササクレやチップが一切ありません!
Tokai製だとフロントピックアップのキャビティに特有の記号のようなスタンプ(トーカイ好きの人ならわかりますよね)があるはずなのですが、この個体にはそれが無いので、トーカイ製では無さそうと想像できますね。


IMG_2342
ピックアップ下まで覆うように貼られたアルミシート。
そしてピックアップはセンターの配線だけ黄色なのでFender テキサススペシャルだと思います。


IMG_E2345
こちらのザグリも非常にキレイです!


IMG_2362
ヘッドストック
トーカイのヘッド形状は、デカール下のカットラインがもっと波打つような感じになってると思うので、この点でもこの個体はトーカイではなさそうな気が。

このツイートをしましたところ、「ボディスタンプからアトランシア製ではないか」という有力情報が得られました!情報をくださった方々、ありがとうございます!
この判別方法はフェンダージャパンから公式にアナウンスされている訳ではないので、有力とは言えあくまでも憶測の域を出ないんですけどね。
僕的にはどこ製だから良いとか悪いとか評価が変わることは無いんですが、興味として自分が持ってるギターの素性は知りたくなりますよねー(^^)


IMG_2360
しっかし非常に雰囲気の良いストラトです(^^)
あ、ここだけの話、実はこれST62-58として売られてたんですよ(笑)


IMG_2365
べっ甲柄のピックガードですが、よく見る「いかにもべっ甲柄の印刷です!」という感じではなく、それより奥行きを感じるような質感になってるのもお気に入りポイントです


IMG_E2350
という訳で FENDER JAPAN ST62-70TXと、それに付随してダイナ楽器期のフェンダージャパンについてを簡単にですがまとめてみました!

まぁどこで作られていようが、他人からアタリと言われようがハズレと言われようが、自分が気に入っていればこれ以上素晴らしいことはない!ってことです!
↑無理矢理まとめた(笑)


最近我が家の機材に加わった1969年製Fender Deluxe Reverb、通称デラリバ





過去に書いたデラリバ紹介記事はコチラです↑↑


上のリンク先記事ではクリーントーンの動画を載せていなかったので、今回の記事に載せます
まずはコチラ。
これはギターのピックアップはフロントデラリバに直結
デラリバのボリュームは3ちょいで、家だとビクビクするような音量ですねw

ツイート内の文章にも書いた通り、これまで所有してきた6L6パワー管を使用して整流部がソリッドの高出力のフェンダーアンプにと比べて、6V6管で整流部が真空管のデラリバはチャリ〜ンとした鈴鳴り成分が少なめに感じます。
ギター単体で一人で弾いてる分には6L6の方が気持ちいいかもしれませんが、バンドに混ざった時はデラリバのミドルがある方が存在感が出そうな予感がします(^^)

続いてはコチラ。



前述のフロントピックアップの動画でもうちょい鈴鳴り成分があってもいいかな?と感じたので、こちらではフロント&センターのハーフトーンで撮ってみました。
ミドルがスクープしたことで鈴鳴り感が増した感じがしますね!


一応補足として、以前67年製Fender SHOWMANで撮った時のハーフトーンの動画も貼っておきます。まぁアンプだけじゃなくギターも録音環境も違うので、あくまでも参考程度ですけどね!
やはり6L6パワー管で整流部がソリッドのFenderアンプの方が、こういうキラキラっとしたサウンドは得意だと思いますねー(私感)
当然、スピーカーに依存する部分も大きいですけどね!
どっちが良いか悪いかっていう話ではなく、好みや演奏ジャンルで選んだら良いかと(^^)

という訳でデラリバのクリーントーンでした!

まぁ、タイトルの通りの作業です(笑)
IMG_1977
ネック仕込み角や弦高、シンクロのフローティング具合などセッティング次第ではありますが、このように弦高調整用イモネジが出っ張る場合が往々にしてあります。
特にブリッジミュートなどをすると、右手の手刀部分にイモネジが当たって痛いです。


なので交換します!
IMG_1958
ALL PARTSの8mmのイモネジです(型番はGS-0049-001)。
ちなみに元のイモネジは10mmなので、2mm短くなります

お使いのサドルが、インチ規格かミリ規格かを確認してから買いましょう。


IMG_E1978
このようにほぼ出っ張らなくなりました
600円ちょいの改造(?)ですし、見た目的にも精神衛生的にもこの方が良いです(^^)


横から見た方がわかりやすいですかね?
IMG_E1957
IMG_E1959



続いては、ピックアップカバーの交換です。
交換前は、フロントがアイボリーで、リアがブラックでした↓↓
IMG_E2003
リアのディマジオDLX-PLUSの中古を探している時にブラックしか見つけられなかったため、元々アイボリーだったフロントと色違いになってしまたんですが、この配色も案外悪くないと思い しばらくこのままになってたのです(笑)

しかし前述のイモネジを注文した際、フロントに取り付けるためのブラックカバーを購入
IMG_E2004
おおー端整な顔立ちになりました^m^
締まって見えますねー



IMG_1965
やっぱりギターは見た目も大事ですよね!


IMG_1966
IMG_1967
これまた200円程度でできる改造(?)なので、雰囲気をちょっと変えたい時などの費用対効果は大きいと思います!

このページのトップヘ