ジナパパ一家の何てことない日常

ペットの事。家族・育児の事。趣味のギターの事。日常の何てことない事。とにかく一貫性のないブログになってきました(笑)

久々にギブソンのレスポールを購入しました!

「貯まってる楽天ポイントで買いたいので楽天市場に掲載していただけないでしょうか」とお店にお願いして買いました。イシバシ楽器さん、無理言って申し訳ありません!

IMG_E3025
こいつはもう見た目のカッコ良さだけで買いました。
ていうか最近は見た目くらいしか購入の判断材料が無くなりつつあります(笑)
手前味噌ですがどんなギターでもそれなりに「自分の音」を出せるようになってきたという自負も多少芽生えてきましたし、そもそも音が悪いギターなんてこの世には無いですからね。たしかにキャラの違いはあって、それを各々が好きか嫌いか。それだけだと思います!(私感)

って、なんだか音が良くないことの言い訳みたいな書き出しにみえちゃうかもしれませんが、音もめっちゃいいです!それに関しては後述。

やりすぎ感のない適度なトラ目と、ボリューム・トーンノブ周辺のうねった杢が超好きです

実は上の写真、すでにパーツをいろいろ交換した後の写真です。
交換した内訳は、

・エスカッションをモントルーに。
・トグルスイッチノブをモントルーに。
・トグルスイッチリングをモントルーに。
・ボリューム&トーンノブをモントルーに。

それぞれ交換済みです。
決してモントルーの回し者ではないです(笑)

純正はそれらプラパーツ類が全て黒でした。ただの悪足掻きですが、クリーム色(アイボリーっていうのかな)のプラパーツに交換することで、少しでもかつてのゲイリームーアモデルっぽく見えるかな?と(笑)


IMG_E3054
ついでに大好きな じゃがたくんステッカーも貼ってます。


ではスペックなんかをザっと。
IMG_E3056
IMG_E3057
AAグレードのメイプルトップマホガニーバックのボディ。
マホガニーネックに、ローズウッド指板
ピックアップは、フロントが490Rで、リアがバーストバッカープロだそうです。

ちなみにこの2011年製レスポールスタジオプロというギターはチャンバードボディ(バックのマホガニーが大きくくり抜かれて軽量化されている)で、この個体はなんと重量3.3kgとそこいらのストラトより軽いんじゃないかってほどです。
賛否両論ありますが、ヘルニア持ちの中年ギタリストにとって軽いのは正義です

ブリッジとテールピースは共にToneprosのロックできるタイプの物が純正で付いています。
空洞ボディで生鳴りがポワっと膨らみ気味なので、ブリッジ回りの遊びを減らして少しタイトに鳴らすくらいが丁度いいのかもしれませんね。まぁギブソンにそんな意図があってToneprosを選んだかどうかは知りませんけれども(笑)


IMG_E3058
レスポール “ スタジオ ” なので、Gibsonロゴはインレイではなくシルクスクリーンです。


僕はシングルノートを弾く時、右手の薬指をボディに置いてピッキングすることが多いんですが、レスポールタイプはピックガードがついてる方が右手の高さが弦に近づいて弾きやすく感じるので、本来このギターには付いていないピックガードを付けました
IMG_E3128
見た目的にもピックガード有りの方が僕はしっくりきます(^^)
モントルーのプラパーツとも色合いが似てて、違和感ゼロです。

ちなみにこのピックガードはGibson純正品のヒスコレ用PRPG-050という物です。
ほんのちょっとキツめですが削ったりせずに搭載できました。
あ、もちろんボディ側には2か所ネジ穴を開ける加工が必要ですよ。


さて、サウンドですがまずは動画からどうぞ!
まだ歪みしか撮ってなくてスミマセン。
このツイートにも書いてますけど、賛否ある軽量化ボディでもしっかりThat'sギブソン!っていう音が出るんだな、というのが弾いてる本人の率直な感想ですねー。Gibsonらしい良い意味でのカッコいい荒さが、このギターにもしっかり感じられます(^^)

チラっと前述しましたが、このギターは数種あるウエイトリリーフ加工の中でも一番空洞の体積が大きいチャンバードなだけあって生音は結構ポコポコしてるんですけど、意外にもアンプに通すとそれを感じさせないのが面白いです。

あ、あとボリュームポットをプルするとピックアップがコイルタップされるのですが、そのタップの音がとても良いです!僕はコイルタップにあまり良い印象を持ってなかったんですが(タップすると出力が落ちすぎるのが苦手)、これは普通に使えそうです


IMG_E3130
このレスポールを買ってから、毎晩これを眺めながらベッドに横になり いつの間にか寝てしまうという日々を過ごしております(笑)

・・・なんか改めてですけど、
こうして人並みに収入もあり好きなギターを買える年齢になっても、昔憧れたGibsonを手に入れると今でもこんなに嬉しいもんなんだな、と実感してます。Gibsonはずっと僕の憧れです!




ジャンク売り場から救ってきました!
見た目のかわいさだけで購入。
ジャンクの理由は・・・なんでしたっけ?
まぁ、音が出なくてもいいんです。インテリア目的で買ったので。。


IMG_2167
このミニミニギターと並べたらかわよさそうじゃないですか!そんな理由です(笑)


IMG_2949
サイズは、高さ27 × 横幅28 × 奥行15センチ というところです。
「本来大きい物をそのまま小さくしちゃいました」的な商品にめっぽう弱い僕です。


IMG_2950
型番はMX-100R


IMG_2954
裏面のプレートには、ARIAのロゴ。
このARIAの書体は、まだビザールギターを作っていた時代のARIAによく見られた書体ですね。
ただ、ネットで検索するとここがARIAじゃなくBirdie(Boogieのパロディ?笑)と書かれた個体が有ったり、また裏面じゃなく前面サランネットにBirdieやLOCOというロゴプレートが貼られている個体もヒットしました。
共通して言えるのはどれにも「TIGER ELECTRONIC MFG.」と書かれているので、いろんなブランド名で売ってたんでしょうね。当時はエフェクターでもそういう売り方をしているの多かったですからね。


IMG_2951
インプットはHIとLOW。音量がかなり変わります。
コントロールはオーソドックスにVOLUMEMASTERBASSTREBLEREVERB
ミニアンプとしてはコントロールが充実しています(笑)
しかもリバーブはスプリングリバーブ
VOLUMEツマミがPUSH-PUSHポットになっていて、いわゆるブライトスイッチのON-OFFを切り替えできます。このブライトスイッチの効く帯域が非常にFenderアンプライク!


IMG_2952
サランネットごしに覗くスピーカーのセンターキャップがメタルな点がポイント高し!
アンプ自体がメサブギーっぽいことも相まって、まるでアルテックのスピーカーが載っているMark1なんじゃないかと思わされますww


IMG_2953
しかし現実はもちろんアルテックな訳はなく(笑)
主にPAスピーカーなどを売っていたEVANSというブランドの日本製スピーカーでした。
大雑把に定規を当ててみたところ、6インチか6.5インチといったサイズです。


IMG_2956
裏面も見ていきましょー!


IMG_2955
-20デシベルのラインアウト端子と、ヘッドフォン端子。
その右横にあるプラスドライバーで回すポットは、リバーブレベルだそうです。


IMG_2959
70年代(らしい)のいわゆる練習用小型トランジスタアンプに音の良し悪し云々を語るのは野暮ってもんかと思いますので、軽く弾いた動画だけ載せておきます!

ブライトスイッチの恩恵もあり、チャキっと軽快なサウンドです(^^)
この動画はクリーンのみですが、VOLUMEを上げて歪ませると大方の予想通り「歪む」というよりは「割れる」といった音になっていきます(笑)
VOLUMEつまみはクリーンがちょっと太くなり始める程度のところで止めるのが吉ですかね。


IMG_2957
というわけで、なんちゃってMesa Boogie、ARIA MX-100Rでした!
インテリア目的のジャンク品でしたが、何の問題も無く音が出てくれてよかったです(^^)




きっと皆様にとっても、ずっと憧れ続けている楽器があると思います。

20歳そこそこの頃の僕は、The BEATLESにドップリはまりました。
その頃はちょうど日本の古いコピーギター(巷で言うジャパンビンテージというヤツですね)にもハマっていたので、ビートルズが使っていたリッケンバッカーやカジノ、ヘフナー等のコピーモデルをいろいろ買い漁っていた時期でもありました。
BEATLES GEARという分厚い書物に掲載された彼らの楽器の写真を見ながら「ここが違う。ここは似てる」などと日々研究(?)してたものです。

でもやっぱりいつかはコピーではない本家の物を。
中でもポールマッカートニーが使っていたRickenbackerのベースを。
というのが、20歳過ぎから現在まで20年以上抱き続けた僕の憧れです(^^)

そしてついに20数年越しに、、、
リッケンバッカー 4001 V63をゲットできました!
厳密にいうと4001 V63はポールマッカートニーが使っていたモデルとは違うのですが、ドンズバを求めたら手も足も出ないので(笑)

ベーシストではない僕がベースを買った理由。
それはひとえに、前述のとおり「ポールへの憧れ」だけです。
録音にも使えるし。なんていうのはただの口実で、ほんと憧れオンリー。
もちろん、バイオリンベースではなくリッケンベースに憧れるのには、リッケンのルックスへの憧れもあります!

IMG_E2777
いやぁもう眺めているだけで酔えます。。。
なんて芸術的なフォルムなんでしょう。。。


IMG_2771
色はファイヤーグロー
ポールが手に入れた時もファイヤーグローでしたが、彼はのちに自らサイケペイントを施し、その後さらに塗装を剥がしてナチュラルにし、角の出っ張りも削ります。
本当を言うとそのナチュラル状態のリッケンベースに一番憧れているんですが、ファイヤーグローも実物を手に取ってみると鮮やかで非常にカッコイイです


IMG_2768
リアピックアップはマウントリングも含めて交換されています。Seymour Duncanだそうです。


IMG_2773
リッケンバッカーはローズウッド指板でもクリア塗装されているのが特徴ですよね!
購入時かなり弦高ベタベタだったのですが、バズってしまうので見よう見まねで少し上げてみました。現状12フレット上で6弦2.5ミリ、1弦2.0ミリくらいです。が、ベースのことはホント全然わからないので、適正値なのかどうか自分で判断できていません(汗)


IMG_2775
ヘッド。このヘッドがまたカッコイイんですよねー!!
メイプル材の両端に貼られた材(色が濃い部分)はたしかウォルナットという記憶が僕の中でずっとあったんですが、この4001V63はマホガニーだそうです。
ポールの実機と違って0フレットもありません
この0フレットまで再現されたFernandesのコピーモデルをかつて持ってました。


IMG_E2776
ヘッド先端からボディエンドまで1本メイプル材が走るスルーネック構造です。
ボディ材もメイプル
さぞかし重いでしょうと思ったんですがこの個体は3.9キロと、ギタリストの僕でも重さを感じずに持てるような重量です。


IMG_E2767
クラックが出てるところもあります(^^)
使用感は結構多め。前述のパーツ交換もあることから相場よりかなり安かったので、ギタリストの僕でも購入する踏ん切りがついたのです。金策のためギター1本売りましたけどね(笑)


入手した日、ろくに弾けもしないのに新鮮で楽しくてずっとスケールをボンボンなぞりながら即席で考えたフレーズを翌朝撮ってみました!
いやーもうホント何から何までわからないことだらけなので、今度ベーシストでもある高校時代の同級生にちょっと習いに行く予定です。指でボンボン(2フィンガーっていうんですかね)弾けるようになるのが目標です!!


IMG_2766
IMG_2772
という訳でRICKENBACKER 4001 V63の紹介でした!
自分にとっての目新しさのせいか、ベースは弾き始めると際限なくずっと弾き続けてしまいます。新鮮ですごく楽しいです!




ここのところ、中古で1万円もしない安ギターで楽しい想いをたくさんさせてもらってるせいか、再び安ギター熱が再燃しております!
先日もリサイクルショップでグラスルーツのイノランモデルを8800円で購入!
いやーこのネオカスタム、登場した90年代後半からずっとカッコイイと思っていたんですよー。
正直言うとLUNA SEAは有名どころの曲しか知らないのですが、当時バンドブーム(特にビジュアル系)の真っただ中でギターを始めた僕は、GLAY、ラルク、ルナシーなどの使用機材をチェックするためGIGSなどを穴があくほど読んでいたものです(^^)


IMG_E2741
イノランの、このギターを低く構える姿にも憧れました!
ネオカスタムがGIGS誌上で初めて紹介されたのは1999年のことでした。


IMG_2686
僕が見つけたのは、この濃いブルーです。
なかなか渋くていい色です(^^)

NEO CUSTOMのカラーバリエーションは、
IMG_E2742
サンバーストブルーレッドブラックがあったようですね。
赤も欲しい。。。


IMG_2679
買った晩に一生懸命磨いたのでピカピカになりました。
パーツなどは交換されておらず純正品のままだと思います。
安ギターはいろいろと改造しちゃいたくなりますが、そこをグっとこらえてまずは純正状態でのサウンドを楽しむのが嗜みだと思います(笑)


IMG_2683
アルダーボディ、メイプルネック、ローズウッド指板、3シングルPU、シンクロナイズドトレモロ、といった所謂オーソドックスなストラトの仕様ですが、シェイプがジャズベースのようなオフセットボディでコントロールパネルが金属というところが超カッコイイです。
近年、FENDER社のいろんなギターを合体させたようなコンセプトのギターが多いので、その先駆けと言ってもいいかもしれませんね^m^


IMG_2684
ヘッドシェイプはオーソドックスなSTタイプ。
書くまでも無いと思いますがGrassrootsというブランドは、ESPの下位ブランドであるEDWARDSの更に下位ブランドに相当します。このNEO CUSTOMというギターも、EDWARDSブランドでもESPブランドでも発売されていたので、それらも試してみたいですねー。
ちなみに現在はイノランはFENDER社とエンドース契約しているので、ESP系列であるこのギターなどはもう使ってらっしゃいません。。


IMG_2738
ボディバック。


サウンドは期待以上のものでした!!
(LUNA SEAの曲じゃなくてスミマセン)
巻き弦のガラ〜ンとした感じやゲロゲロ感が非常に気持ちいいです!

安いギターによく載っているセラミックマグネットの無名ピックアップは総じて元気いっぱいなサウンド。それが安ギターの鳴りの乏しさをカバーしてくれると思うんですよ。
僕の経験上、安ギターに芳醇な味付けのアルニコPU(僕が試したところではSuhr MLやFender CS製etc...)を載せても逆に活きないんですよね。意外かもしれませんが、謎の純正セラミックマグネットPUのままの方がいい音する!ってパターンは多いです(^^)

ただ、ポットやスイッチ、配線材などは信頼性や耐久性を考えたらそれ相応の物に交換するのも一考だと思います!僕もその辺は交換しようかなと思ってます。


IMG_2685
という訳でGrassrootsのNEO CUSTOMでした!
ネックやフレットの状態も悪くなくて非常に弾きやすいですし、音も予想以上に良くて、これまた良い安ギターをゲットできました!(^^)




先月リサイクルショップ巡りでGETしてきた、P-90が3発載ったストラトモデル。

4730円という安価で売られていたこともありほとんどメンテされていない状態で、僕が特に気になったのはナットの高さでした。
僕はギターのメンテはできることは自分でやっちゃいますが、ネック回りはトラスロッド調整くらいしか自分ではやりません。ナットやフレットに関してはプロのリペアマンにやっていただいた方がプレイヤビリティの面でもサウンドの面でも圧倒的に有利だとわかっているからです!

おそらく「安いギターにメンテや改造でお金を掛けるのは勿体ない」という考えの方はいらっしゃると思いますし僕もそれは否定しませんが、でも「安くても手をかけてやれば化けそう」というポテンシャルを感じる個体もありますからね(^^)

で、お世話になっているエレキ堂さんへ。

・牛骨でナットの作製。
・ヘッドの塗装が剥がされてムラになってるのでヘッドリフィニッシュ。
・エレキ堂さんで中古販売されていたペグの購入とその交換。
・ナットを交換したことでもしフレット擦り合わせが必要になるなら、それも。

というメニューでお願いしてきました。
で、時は流れ完成のご一報をいただいたので受け取って参りました!
申し訳なくなるくらいの価格でやっていただき、ありがとうございました!


IMG_E2618
久々の再会ですがやっぱカワイイですコイツ。

ちなみにフレット擦り合わせは必要ナシだったとのこと。
もともとネックやフレットの状態は良く、指板Rがフラット気味なことも相まって弦高を結構下げられるギターだったんですが、12フレット1弦で0.5ミリという驚異のベタベタ弦高でチョーキングしてもほぼビビリや音詰まりゼロという素晴らしい状態で帰ってきました!

とは言えやはりそれなりに弦高は確保した方が張りのあるサウンドになるので、適正くらい(あくまでも好みですけどね)まで上げてバッチリに。


IMG_E2620
ストラトタイプなのにナットの取り付けや形状はギブソン方式という謎仕様のギター(コピーしきれていなかった古い日本のギターによくありますよね)なのですが、ナットは細い形状にしていただきました(Rickenbackerを意識してみました、とエレキ堂M店長談)。ローフレットがめちゃくちゃ弾きやすくなり、ピッチも安定しました(^^)

ヘッドのリフィニッシュもしていただきましたよ!
ちなみに、リフィニッシュ前のムラ有り状態がコチラ↓↓↓
IMG_1942
M店長は「俺は塗装は専門じゃないから、指板やヘッド裏の色とはまったく同じにはできないよ」とおっしゃってましたが、いやいや初めの状態から比べたら大満足ですよ


ペグは、エレキ堂さんにストックされていた中古パーツから選ばせていただきました。
IMG_E2621
6連のクルーソンタイプ
形状などから判断するに決して高価なものでは無いと思いますが、元々ついていたイヤになるくらい精度の悪い純正ペグよりは10000倍くらい良いです(笑)


サウンドですが、生音の時点でいい感じになりましたね!
元々悪くなかった(というか結構好き)な生鳴りだったんですが、元来持っていたジョリン感に少し重心の低い帯域が加わった感じ。まぁ1か月弱ほど手元を離れていたので、脳内上位補正アリかもしれませんが^m^

アンプ通した音を撮ってみました。
(ちょっとiphone置く位置を誤って高音を録りきれなかったです。すみません)
このギターを買う時点で「元のオーナーはSUGIZOファンだろうな」とわかる仕様だったので、LUNA SEAのI FOR YOUのイントロ弾いてみました。
このイントロが流れてくると金城武と深田恭子の顔が浮かびますねぇ。

アンプはYAMAHA THR100HD。
キャビはMarshall 1974CX。
スギゾーパートがLEADモード。エフェクトはTHR内蔵リバーブのみ。
イノランパートがCLEANモード。エフェクトはTHR内蔵リバーブと、外部ディレイ&BOSS PS-6のデチューン(コーラスみたいなヤツ)です。

P90特有の巻き弦がブロロロォォォンって鳴る感じが非常に気持ちいいです。
この動画はフロントPUしか鳴らしてませんが、リアの太さやパワー感なんてある意味「ストラトのリアPUはP90がもう一つの答えと言ってもいいんじゃないか」と思わされるくらいに扱いやすいですね!
ぶっちゃけセンターは僕にはちょっと使いどころがわからないので、ダミーにしてフロントとリアのミックスにしようかなと考えてますが^m^


IMG_E2617
エレキ堂さんのおかげでますます愛着の湧くギターになったので、近々電装パーツやピックアップなどを交換して遊んでみたいと思います!




このページのトップヘ