ジナパパ一家の何てことない日常

ペットの事。家族・育児の事。趣味のギターの事。日常の何てことない事。とにかく一貫性のないブログになってきました(笑)

ちょうど1年前くらいに入手して気に入っている、ゲルニカのPoral Star。



これは一応ブースターという括りになるんでしょうけど、僕はここぞという時にブーストさせるといった使い方はしていなくて、そのキラキラっとしたエンハンス効果と、僅かに歪んでるかな?という設定にして真空管アンプっぽいコンプ感とサチュレーション感を軽く加える、という用途がお気に入りです。
掛けっぱなしで「クリーントーンをワンランクUPさせる」みたいな(^^)

このゲルニカというブランド、すぐ無くなってしまったのかもう作ってないですし流通してる数もすごく少ないのですが、こんな物を見つけたのでゲットしてみました!
IMG_6630
GuernicaCrescent Moonです!
先ほどのPoral Starは名前に「Gain Booster」と付きますが、こちらには「Clean Booster」と付いているように “ 歪ませるクリッパーを挟まないバージョン ” だそうです。
Poral Starは「僅かに歪ませた時が真空管のサチュレーションっぽくて好き」と書きましたが、こっちはきっと音質は同じような感じだけど音量のみをブーストさせるというコンセプトなんだと思います。「6弦開放の僅か上の周波数からブーストするので巻弦がブーミーにならない」という説明もPoral Starと共通ですしね(^^)

ただ、いくらキャラがPoral Starと似てると言っても「歪んでるか歪んでないか」の違いよる印象はかなり違ってくる(きっと倍音感とかコンプ感など結構違いますよね)もんで、単純に「Poral Starの歪まない版」とはならないですね〜。こちらは素直な印象です!

Poral Starを歪みの前段Crescent Moonを歪みの後段
という繋ぎ方がいい気がしますね


ところで余談ですけど、、、
IMG_6629
Crescent Moonは「三日月」っていう意味ですよね。
Poral Starは「北極星」っていう意味・・・と思いきや、
北極星のスペルってPoralじゃなくて「Polar」なんですよね。

・・・間違えちゃったのかな?(゜o゜)





僕がペダルボードで愛用している電源は、
RockboardPower LT XLという充電式パワーサプライです。
アダプターが無いことによるフットワークの軽さや、ライブの転換のスムーズさ
そして何より電源由来のノイズの影響を受けないのが超お気に入りです
(あくまでも電源由来ですよー)

ただ、充電式なので当たり前ですけどバッテリー残量は気にしなきゃいけません。
今まではたまに充電する程度で全然持ってたんですが、最近すぐバッテリーが切れる。。。
残量メーターが半分あるからまだ大丈夫だろう、と思ったその日に切れるなんてことも。

最近増えたエフェクターで、電気を喰うヤツがいるんでしょう。
たしかに心当たりは大いにある。。。
という訳で、いつものTRUETONE mA meterで消費電流を計測してみました
まず、きっとたくさん電気食うだろうなと容易に想像がつくコチラから。
IMG_6609
Ernie Ballのチューナー内蔵ボリュームペダル、VPJR Tunerです。
こんな大きい液晶画面がある上、画面がオフになることなく常に表示されてますから
152mAという数字も頷けます。。。
この影響はデカい。
一般的なチューナー(例えばTC Electronicのポリチューン2ミニ)だと、
IMG_6612
この程度で済みますからね・・・。


あと最近増えた物と言えば、
Electro HarmonixのSwitch Blade Proというラインセレクターです。

こいつがなかなか予想外な数値を叩き出しまして。。。
IMG_6610
まさかの171mAです。。。
一般的にラインセレクターは消費電流少ないどころかむしろ電源必要ない物も多々あるのであまり食うイメージは無かったんですが、よく考えたらコレは接続順を入れ替えたり、直列・並列を切り替えたり、バイパス音をミックスしたりと多機能なのでそのせいでしょうか


その他にも、最近ではなく元々使ってる物としては、
IMG_6611
270mAも食うEmpressのTAPE DELAYという強者もいます(笑)

普通にコンセントから電源とるならまったく問題ナシなんですけど、
充電式の便利さとノイズの少なさ(ジナパパ比)を味わってしまうと戻れる自信がないのでw
ちょっとなにか対策考えなきゃいけませんねー・・・





最近のメインギターGibson ES-330のサブが欲しいと思ってたところで出会いました!
IMG_6438
1961年製のカジノを1961本限定で再現したリミテッドモデル(写真右)だそうです(^^)
ちょっと立派なハードカバーの証明書などもついてきます。
・・・て聞くとなんだか凄そうな感じがしますが、物としては普通に中国製のカジノ。
2011年製です。


IMG_6430
IMG_6432
素敵なグレーのハードケースがついてきます
ケースも1961年のレプリカなんでしょうかね??


IMG_6439
1962年製Gibson ES-330と共に。
このカジノは中国製の再生産物ですけど、1960年代当時はギブソンES330とエピフォンカジノは同じギブソン工場で作られていた “ ブランド違いの兄弟 ” みたいなモデルでした。


IMG_6449
なかなか雰囲気ありますよねー!
近年の中国製やインドネシア製などのギターはレベル上がってる気がします


IMG_6446
ビキニロゴ」などと呼ばれるエンブレムです。
後のエピフォンのヘッドより太いシェイプのファットヘッドです。
ポールマッカートニーのカジノもファットヘッドでしたね!


IMG_6447
ピックアップはGIBSON USA製のP-90が奢られています
さすが50周年のリミテッドモデル!といったところでしょうか。


IMG_6448
トグルスイッチとジャックは、スイッチクラフト製が載っています。
この辺はプチモディファイのターゲットになる所なのでありがたいですね
ただ、欲を言うならポットもCTS製あたりにしてくれたらもっと嬉しかったですね。なんせ箱物のアッセンブリ交換はめっちゃ大変な作業なので(^_^;)

ちなみにこのモデルにはトレモトーンというトレモロユニットが搭載された仕様もあるのですが、僕が買ったのはトラピーズテールピースの仕様です。


IMG_6451
外の景色が写っちゃいましたが、ボディバック
トップもそうですけど、いい色味ですよね(^^)
塗膜のポテっとした質感とかバインディングのプラスチッキーな感じは、やっぱりこの価格帯だとどうしてもありますけどね。


IMG_6452
冒頭にも書いたように「ES-330のサブ」として買ったんですが、サウンド傾向としては大まかには同じ方向性ではあるもののキャラは結構違いましたね。
330は歪ませるとハイが暴れるんですが、こちらのカジノは良くも悪くも落ち着いたトーンです。まとまってると受け取ることもできるんですが、シンボディーフルアコの軽快さがちょっと薄れてる感もあるかな。最近はカジノや330をネオソウルで使うギタリストが増えてる気がしますが、こちらはもっと無骨なロックンロールやブルースに合いそうです(^^)


IMG_6450
IMG_6431
いや〜、なんといってもルックスがほんとカッコいいです!
べっ甲のピックガードもしっかり厚みがあっていい雰囲気ですよ。



ストラトをメインで弾いてきた僕にとって、トレモロアームの無いギターに対して不自由を感じることが結構あります。弾きながら脳内再生されてる音はアーミングされた音なのに実際の音は揺れずにツーーンと伸びてるだけなのが非常に気持ち悪いし、誤ってアームバーを握ろうとしてしまうこともあります・・・


IMG_6191
最近お気に入りのGibson Les Paul Specialに、トレモロアームが欲しいのです。。。
この手のギターに載せるとなるとまぁ一般的にはBIGSBYってことになるんでしょうね。


IMG_5668
Gibson The HAWKに載せているショートバイブローラ(通称・板バネ)も見た目的にはすごく好きなんですけど、なんせ音程の可変幅が小さい


962147852652
Les Tremも気になります!Youtubeで見る限りだと音程の可変はすごく良さそう
だけど僕の好みとしてはもっとトラッドで無骨なのが載ってる方がGIBSON!って感じがするので、いずれ見た目的に満足できなくなりそうな予感がヒシヒシと・・・


もしレスポールスペシャルにビグスビー載せるとしたら一般的にはB7なんでしょうけど、我が家にちょうどB5(ES339に載ってたヤツ)があるので、試しに当てがってみました。
(置いてあるだけです)
IMG_6424
おっ、思ってたより全然いい感じです
見慣れてる感でいえば圧倒的にB7の方なんでしょうけど、こっちも悪くないですね!
ビブラメイト(ビグスビーをボディ加工無しで搭載するためのアタッチメント)も持っているので、一度実際に載せて使い心地など試してみたいと思います!




少し前に入手してたペダルなんですが紹介していませんでした。

IMG_6418
J.ROCKETT AUDIO DESIGNSTouch Overdriveです。
イラストがおしゃれですね(^^)
いわゆるミニペダルよりちょっとだけ大きいくらいのサイズ感です。

公式からは「TS系からプレキシ系」という紹介のされ方をしていますが、この触れ込みを読まず事前情報ナシでこのペダルを鳴らしたら、僕はきっとプレキシ系とは感じなかったと思います。
僕的にはThat's TSで、それもすごくいい感じのTS系です。

本家以外のいわゆる「TS系」と呼ばれるペダルって、欠点の排除や扱いやすさを追求するほどにTSの良さが削がれている物が多い気がするんですよ。あと妙にバカ高いとか。。。
Touch ODも乱暴に言うとトーン幅を広くとったりゲイン幅を上げたりしたTSっていう印象なんですけど、本家の美味しさをしっかり感じるんですよね!ストラトのフロントで鳴らすと「レイヴォーンの音だ」って思うタイミングがバンバン来るタイプです。

TONEは、下げれば高域が落ちて 上げれば高域が増すっていうタイプじゃなく、ピークの位置が移動するようなタイプだと感じます。だから最低まで下げてもコモらないし最大まで上げてもキンキンしません。ローミッドからハイミッドへピークが移る感じですかね〜。トーン上げ方向にいくとたしかにプレキシっぽいニュアンスになるかもですが、VintageのプレキシMarshallを持ってた僕としては「言われてみれば」という程度のものかなーっていう。TS系と思った方が素直に受け入れられると思います(^^)

あと、本家TSに対して「低音がもっと出てくれたら」って思っている向きの人は、Touch ODでも同じように思ってしまう気がします。「低音がスポイルされるあの感じだからこそTSのあのサウンドになっている」と “ 長所 ” として受け入れられる人ならバッチリかと

総じてこのペダルは非常にオススメです!
これぞオーバードライブのお手本!っていう感じですね(^^)
仮に今は使わなくても長いギター人生で絶対使うタイミングは何度か来る、っていう(笑)


J.ROCKETT AUDIO DESIGNS Touch OD 【オーバードライブ 】

価格:18,150円
(2020/12/16 11:44時点)




このページのトップヘ