ジナパパ一家の何てことない日常

ペットの事。家族・育児の事。趣味のギターの事。日常の何てことない事。とにかく一貫性のないブログになってきました(笑)

1か月ぶりに帰ってきました、Eagleのセミアコ(335コピー)。


IMG_1242
いつもお世話になっているラムジーズさんネック・フレット周りの調整リペアをしていただいてたんですが、完璧に弾きやすくなって帰ってきました!いつもありがとうございます!


メーカーも含めて謎だらけですが雰囲気だけは抜群に良い、このイーグル。
純正かどうかはわかりませんが買った時からハイパワーなピックアップが載っていたので、ローパワーなPAFタイプに交換したくてリペア中にこんな物を買っておいたんです。
IMG_0712
JUNTONEさんのJH1というPAFタイプ的な位置づけのモデルです!
木枠のパッケージングがカッコイイ

・・・ところがわたくし、セミアコやフルアコのピックアップ交換は未経験です。
構造上、ピックガードや裏蓋を開けてちょいちょいっという訳にはいかないので難しそうで今まで避けてきたんですが、初体験の練習教材になってもらうなら62年製のES-330よりはどう考えてもこっちですからね(笑)


IMG_1246
やったことある方ならご存知のように、あらかじめポット類などにタコ糸を結び付けておき、Fホールからポット類を引っ張り出してハンダ作業をし、終わりましたらタコ糸を引っ張って予定の穴まで手繰り寄せるという作業。
文字にするのは簡単ですが、配線材やらタコ糸やらがいろいろ絡まり合っちゃって、戻す作業だけで一体どれだけ時間食ったかって感じでした

いやぁ・・・これは二度とやりたくないわ・・・
でも懲りずに何回もやらなきゃ慣れないんだろうな、きっと。

電気系統パーツのほぼすべてがピックガードに載っているストラトなどFENDERのギターが、どれだけ作業の効率化を考えて作られているか思い知らされますね!

しかし実は最後の最後に思わぬトラブルが!

あとはフロントボリュームのポットを通せば完成というところで、タコ糸を手繰り寄せてもフロントボリュームのポットが帰って来ない。。。シャフトの先端は見えてるんですが、、、ナゼだ??
そこでFホールから指を突っ込んで触ってみましたら、フロントPUの配線材がバインバインに突っ張っています!!どうやらピックアップの配線材の長さがもうちょいという所で足りていなかったようです(ToT)

すぐに連絡させていただきJUNTONEさんに配線材を長くしていただくことになりました。うちのイーグルがご迷惑おかけします
ただ届くまでの数日間はこのまま放置しておくことになっちゃいます。
そこで、、
IMG_1250
フロントPUを上下さかさまに取り付けたらタッチの差で届きました(笑)
そっか!!ゲイリームーアも配線材の長さが足りなかったからレスポールのフロントPUを逆さまに付けたんだな!!(絶対違うw)


という訳で、とりあえず完成
IMG_1249
「ちゃんと音が出るかな」とこんなにドキドキしたのは久々ですw
またやり直しなんて絶対イヤなので(笑)
弦アースもしっかり取れました


IMG_1257
元がハイパワーPUだったこともあってか、いい感じに歯切れの良さやエッジが出てきて非常に扱いやすくてカッコいい音になりました
セミアコ特有のジョリンとしたキャラとも合っているのかもしれませんね!
あとこれは絶対に書いておきたいんですが、JH1は僕が今まで出会ってきたどのハムバッカーよりも、ピッキングの強弱の追従性が素晴らしく良いですね!歪ませていても撫でるように弾くとしっかりブライトなクリーンになってくれるのがめっちゃ良いです


あと、ブランコテールピースとブリッジの間で弦が共鳴するのが僕的にあまり好ましくないので、
IMG_1289
ハードなスポンジを挟んでみて対応。これで共鳴が8割くらいは無くなりました(僕比)。
この高い音の共鳴がハウリングを呼ぶ原因にもなるんですよねー。

あまり所有経験の無いギターを持つ(弄る)といろいろ勉強になりますね(^^)
Fenderのマスタービルダーストラトみたいに弄るところが見当たらないくらい純正のままで素晴らしいギターもいいですけど、こうして自分好みに寄せていく余地のあるギターもやっぱりカワイイです





過ごしやすい陽気になってきて、思いっきり出掛けたいのに出掛けられないというこの時代をますます恨めしく思ってしまいますね。
IMG_1032
IMG_1030
庭の宿根草もだいぶ茂ってきました(^^)

かつてのジーナは庭に放ったら元気に走り回っていたのに、人間に換算すると80歳を超えてる今となっては「早く家に入れてよ」と言わんばかりに窓の外から家の中をジッと見つめてまったく動かないです(笑)


両親から、海の幸と 山の幸をもらいました
IMG_1049
今が旬の、石狩湾のシャコに、


IMG_1047
この季節が毎年待ち遠しい、ウドの酢味噌和えと天ぷら
あとここには写ってないけどフキとヨモギももらいました。
僕は比較的子供の頃からよく食べる方ですけど、歳をとるほどにどんどんクセやエグみがある食べ物が好きになっていきますね〜^m^
息子そうちゃんもそれを引き継いでるみたいで、山菜はよく食べます。
娘つぐちゃんは食べないですけどね^m^


あと、先日その息子がキノコを採ってきました。
IMG_1024
「おっと、これは・・・?」と思わず身構えてしまうルックス。
キノコ狩りっていうと落葉、ユキノシタ、ボリボリくらいしか思い浮かばなかったので「本当に食べれるキノコなの?」と一瞬 息子を疑ってしまいました(笑)
これは、アミガサタケっていうらしいです。ちゃんとお詳しい大人と一緒に採りに行ってたので、そこは安心です。・・・が、味は美味しいのだろうか。


IMG_1025
半分に切って水洗い。
アミガサという名前の通りカサは網目模様で穴だらけだし、断面図からもわかるように中身は軸も傘もチクワのように空洞。なので、よくいろんな生き物がこんにちはするらしいです
が、今回はなにも住んでませんでした。ホッ


IMG_1026
茹でます。
こうして茹でる時にでる蒸気にも毒が含まれる(!)そうなので、窓を開けたり換気扇回したりして換気しながら茹でます!


IMG_1027
日本のキノコというよりは、異国的な香りがします。
それもそのはず。イタリアンとかによく使われるキノコらしく、ポルチーニの何倍もの値段がするそうです(中1の息子談)!そんな高級品(?)が近くに生えてるとは。。。


IMG_1028
奥さんにパスタにしてもらいました!
うんうん、たしかにこういう料理に入ってるキノコっていうイメージだわ(笑)
アミガサタケ自体はそこまで主張する味がある訳じゃないんですけど、カサ部分に穴が多いせいか料理の味がとてもしみ込むので、すごい美味しかったです!





IMG_0881
最近入手した、Gibson The Hawkというギター。
JUNTONEさんのペイズリーというアルニコロッドマグネット使用のハムバッカーに交換したことで、音的にもかなり愛着のあるギターになってます
(その時の記事はコチラです)

これを買った時のブログにも書いたんですが、装飾が少なくてシンプルなギターだからこそルックス的な改造(ドレスアップ)をいろいろ思案してました。
そんな中で入手したのがコチラ。
IMG_1082
ショートヴァイブローラ。板バネっていう別名の方がメジャーだったりしますかね。
音程の可変幅は決して大きくないので、機能的なことよりドレスアップ目的です^m^
最近移転オープンした玉光堂楽器センターで半額の5750円になってたのをゲット

ヴァイブローラの取り付け自体は、センターさえしっかり取ればあとはネジ3本締めるだけなので作業はなんら難しいことはありません!
IMG_1110
アッという間に完成!
無骨でトラッドなルックスが、こういうマホ単板のシンプルなギターによく似合います


・・・ただ、ここからが本番でした。。
IMG_1115
この横からの写真でよくわかるように、弦がフワっとブリッジに乗っかってるだけ。
つるんとしたラップアラウンドブリッジなので弦溝が無く、ピッキングするだけで弦がブリッジ上を横滑りするためチョーキングなんてもってのほか。弦とブリッジが密着してないので変な共鳴音も鳴ってしまうしサスティーンも伸びない。。。
ジャガーやジャズマスターでよく言う『弦落ち』のもっと酷いバージョンって感じです。

この対策、みなさん一体どうしてるんだろう?
可動部分の曲がり具合とか角度など、板バネの個体差にもよるんですかね??


そういえば、、、
昔所有していた、ビンテージのEpiphone Wilshireもそうだったのを思い出しました。。。
IMG_7763
IMG_7764
(まぁこれは板バネではないですが)
「こういうモンなら仕方ない」と言ってしまえばそこで終了ですが、このままだとちょっとお世辞にもライブで使えるギターとは言いがたいので何とかせねば。。。


そこで考えたのが、こういうテンションバーを付けること。
87256348756
ただ、僕のザ・ホークにはこういう部品を取り付けるスペースすらありません。却下。

いろいろ考えたんですが、結局、
ボディをザグってバイブローラの位置を下げる
という方法しか思い付きませんでした


思い立ったら即行動!!
IMG_1127
キズで印をつけました。もう後戻りはできません(笑)
これ、あとから知ったんですけど本当はマスキングテープを貼ってその上に線を描けばよかったんですってね。我ながら無知って怖いですね〜


IMG_1128
トリマで3ミリ落とし込みます!
フロイドローズのリセス加工みたいな感じですね。
もちろん作業中の写真を撮る余裕などありません。


IMG_1129
直線を出す専用の定規など無いので、フリーハンドです
予定より大きくなっちゃいましたが、まぁ素人DIYレベルとしては及第点(笑)。
ホーク自身も買われて2週間そこそこでまさか穴掘られるなど思ってもみなかったでしょう。


あとは目立たないように塗装をして完成です
IMG_1133
ハナからプロのリペアマンのようなレベルの仕事ができるなんて思ってないですから、
まぁこんなもんでしょう。
実はこの塗装 赤いマッキーなんですが(笑)、これまたボディの色と合ってて違和感ゼロですw


IMG_1138
加工前よりブリッジにテンションが掛かるようになりました!
正直もっと深く掘ってもよかったくらい(1弦側がまだ緩い)ですが、まぁ見た目のバランスも考えたらこれくらいがいいところかなっていう感じです(^^)
弦溝のあるブリッジに交換すればもっと快適になるかなと。


IMG_1130
変な共鳴音も無くなったし、サスティーンが伸びて生音もしっかり鳴るようになりました
やっぱり弦が直接触れる部分の影響はデカいと再認識させられますね!
ビグスビーほどじゃないかもですが板バネもそれなりに重いですから、ユニット自体の質量がプラスされたことも音の変化に一役買ってると思います。
いやー、満足 満足(^^)


IMG_1140
もし高いギターだったなら正直こんな無謀なことはできませんでしたが(笑)、自分で木工作業したことによって更に愛着が沸きました!!





皆さん、ギターの練習してますか!
僕はステイホームでライブが軒並み中止となってしまい、今は練習の時と自分に言い聞かせて指先が痛くなるくらい練習してます!(いや、今まで練習しなさすぎただけですね)

で、これは僕だけじゃなくギタリストあるあるだと思いたいんですが。。。

練習してたらついついサウンドが気になってしまい、エフェクターを引っ張り出してきて弾き比べをし始めたり音作りをし始めちゃったりして、いつの間にか練習そっちのけで機材遊びに変わってた・・・なんてこと、ありませんか??僕はよくあります!

なので僕は基本的に、練習の時はライブで使うメインのエフェクターボードや真空管アンプは封印して、練習用ミニミニアンプ1個だけで練習します(^^)
そうするとほんと練習だけに集中することができます!
仮に「もっといい音で練習したい」と邪念が入ってしまったとしても、言葉は悪いですがそこは所詮ミニミニアンプ。足掻いたところで限界があるので、ハナからサウンドクオリティに悩む余地を自分に与えず練習に没頭できるという訳です


・・・とは言え、やっぱりある程度はいい音で練習したいですよね(笑)
ペラッペラの音では気分もあがらないですし

前置きが長くなりましたが、今回はそんな
練習用ミニミニアンプを3機種弾き比べ
してみたので、軽くレビューさせていただきます!!
皆様にとって練習がはかどるミニミニアンプが見つかったら幸いです(^^)
IMG_1060
左から、、、
VOX AC1 Rhythm
Laney SuperGroup MINI-SUPERG
Laney IRON HEART MINI-ST-IRON
です!
※ ちなみにLANEYの2機種はスマホを繋いでアプリで音を変えたりできるんですけど、今回はその機能は無視してデフォルト状態でレビューします!


まずVOXAC1リズム
現行品じゃないので今は中古でしか買えませんが、中古価格は2000〜3000円くらいですかね。
IMG_1056
これはもう僕の練習用メインアンプとして何年使ってるかわからないくらいの相棒です!
後継機種のAC2 Rhythmも買ってみたことあるんですが、結局古いAC1の方を僕は選びました。AC1はアナログなので音が生々しいです
ちなみに3日前のアドリブ練習のブログに載せた動画は、このアンプで弾いてます!


IMG_1058
これの良いところは、まずめちゃくちゃ歪むこと!つまり楽しい(笑)
そして名前の通り66種ものリズムパターン(ドラムマシン)内蔵なので練習にめっちゃ役立ちます!!僕はなんとなく惰性で練習してる時はリズムマシンやメトロノームの類はあまり使わない(いいことじゃないですけど)んですが、ライブ練習の時はリズムマシンを鳴らしながら練習します。その時にこのアンプは絶対に無くてはならない存在です(^^)


続いては、LANEYMINI SUPERGです。
価格は現在サウンドハウスさんで4100円ほどです。
IMG_1053
サイズは前述のAC1より小振りに見えますけど、奥行きがあってゴツイです。
見た目的にはサランネットがオシャレなせいか高級感があって一番好きです
ちなみに今回比較する3機種のうちこいつだけスピーカーが1発で、あとの2機種は2発です。


IMG_1054
コントロールは一番シンプル。まるで歪みペダルのようなコントロールです。
前述のAC1リズムのようにリズムマシンは搭載されてませんが、AUX inがあるので別途リズムマシンや電子メトロノームを入力することはできますね。
基本のギターサウンドはすごくいいです!
気持ちよくリード弾いたりハードロックやるくらいは歪みますし、TONEの効き幅も広いです。
そしてAC1に比べると低音がよく出るし、同じような音量でも音が耳に近く感じますね!デジタルアンプっぽい感じもまったく無いので、これもアナログ回路なのかな?きっとアプリ繋いでいろいろできるってことはデジタルのような気もするんですが、でもすごく好印象です
こいつだけスピーカーが1発しか載ってないというハンデもまったく感じないですね〜!!
これは好き!!!


最後は、LANEY MINI-ST-IRONです。
価格は現在サウンドハウスさんで6500円ほどと一番高いです。
IMG_1050
これはもう見ていただければわかるように今回の3機種で一番デカいです!
一昔前のBOSEのフルレンジスピーカーか、もしくはケンウッドのリアスピーカーかっていう見た目ですよねwww
重量もそれなりにありますし、ミニミニアンプではなくミニアンプって感じ(微妙な表現w)。
他の2機種はガワがプラスチッキーなんですが、こいつだけはしっかり合皮のトーレックスが貼られていて質感もちょっと他とは違うぞって感じ。


IMG_1051
こいつは2ボリューム式になっていることに加え、なんとディレイ搭載です!!
リピート回数は操作できません(アプリで操作できるのかな?)が、ディレイレベル&タイムは本体のつまみで操作できます。そしてこのディレイ、なんか不思議なんですけどディレイ音がサラウンドのように部屋のあっちゃの方向から聞こえてきます!ステレオディレイなのでしょうかね〜(^^)
基本のギターサウンドは、今回の3機種でやっぱり一番低音が出るし厚みがある感じ。ただ、今回の3機種の中で唯一のデジタル臭さがありますね。パワフルなのに音が耳から遠い感じ。僕はこのデジタル臭が気になり出すと止まらないです。
あと、こいつくらい機能やサイズがあったりすると、冒頭で書きました『練習に没頭できる』という主旨からちょっと外れて『どうせならもうちょっと〇〇だったら嬉しいのに』っていう欲と邪念が生まれてきそうになってしまいます(苦笑)


という訳で、ミニミニアンプ3機種の比較でした!!
image0
これはあくまでも僕の主観ですが、音的に一番好きなのはLANEY MINI-SUPERGですね!
で、機能的にはやっぱりVOX AC1 Rhythmのドラムマシンは欲しいところ
てことはMINI-SUPERGがもしリズムマシン搭載だったなら最高ww・・・って、そう思い始めたらどんどん『練習没頭用』という主旨から外れていくんですよね〜^m^
MINI-ST-IRONに関しては、これくらいの価格やサイズ(重量)が許される環境なら他にも選択肢はあるかなっていう感じですかね、僕的には。

ただLANEYの2機種は前述したようにスマホアプリでいろいろ音を変えられるので、それを駆使すれば評価はまた違ってくるかもしれません!

皆さんがどんな環境や機材で練習されてるかも、ぜひ教えてください!





船橋競馬のネット中継のBGMがなぜかキーGのブルースのバッキングだった(笑)ので
それに合わせてアドリブを弾いてみました

プレイは全然お見せするようなものじゃないですが、オチが笑えるので見て頂きたくて ^m^



ネタ切れで苦しくなってきたところで強制終了してくれて助かりましたww




このページのトップヘ