ジナパパ一家の何てことない日常

ペットの事。家族・育児の事。趣味のギターの事。日常の何てことない事。とにかく一貫性のないブログになってきました(笑)

フェンダージャパンは、JVシリアル期が良いとかEシリアル期が良いなどよく聞きますよね。
「メーカーの気合が入ってた時期」「いい木材を使ってた年」などたしかに根拠はあると思うんですけど、実際のところどうなんですかねー?JVの全部が全部いい音するわけないでしょーと思いながらも、たしかにちょっと興味はあります(笑)


IMG_2392
という訳で、冒頭から話が逸れましたがFender JAPANESQUIREです!


78458561456
ちょっと見づらいですけど、ジョイントプレートに「A」から始まるシリアルナンバーが打たれています。フェンダージャパンのシリアルって、ネック裏やヘッドに書かれているのはたくさんありますけど、ネックプレートに書かれている物もあったんですね。あ、JVシリアルもプレート刻印でしたっけ?
Aシリアルは1985年〜1986年製造だそうです。


磨くついでに、各所見ていきましょう!
IMG_2376
ネックエンドには、1985年6月29日を表す表記がありました。
フェンダージャパンが創設して3年後ですね。この記事を書いてる今日現在で、35歳のようです。
スラブボードですね!


4836526562563156154653
TES61-70という型番なので、フェンジャパルールに則ると61年モデルのリイシューで定価は7万円ということになりますね。61年仕様なのでスラブボードなのですね。



IMG_2368
IMG_2370
ジョイント部分にはTLC-54Bという表記がありました。
実際の型番とは違いますが、ネットで調べると他の個体もこの記号が書かれているようです。
TLC-54Bというモデルと共用のボディ&ネックなんですかね?


IMG_2367
さっき載せましたカタログ写真によると、ピックアップはFender USAのTL-VINTAGEというモデルが載っているそうです。
ちなみにエスクワイアはピックアップがリア1発のみです。


IMG_2369
3wayレバースイッチが付いてるのですがピックアップは1個しかありませんので、このスイッチはトーン切替スイッチみたいな役割になってます。

通常のリアポジションでトーンをバイパスした状態。
通常のセンターポジションでトーンが効く状態。
通常のフロントポジションでトーンをゼロに絞ったような状態。

となります。
・・・まぁ必然的にセンター固定って感じになりそうですよね〜(笑)


IMG_2372
ボディは普通のテレキャスターと共用のようで、フロントピックアップのキャビティなどは開けられています。いつでも手軽に普通のテレキャスターにもできますね^m^


IMG_2387
クルーソンタイプのペグは磨いてキレイになりました
テレキャスターのヘッド裏って、改めて見るとなんだか色っぽい形状ですね!


IMG_2386
ヘッドにはタバコを挟んだような形跡があります(笑)
本家USAのエスクワイアも、61年なのに円形のリテイナーだったんですかね??


IMG_2382
ボディの継ぎ目がわかりやすいですね〜(^_^;)
フェンダージャパンのこの年代のサンバーストってこういう風に継ぎ目がハッキリ出ちゃってる個体を頻繁に見ますけど、塗料のせいなのですかね??

IMG_2393
IMG_2385
という訳で、1985年製Fender Japan ESQUIREでした!
実はまだ動作確認程度しか音出していないのですが(汗)、昨夜磨き終わっていい写真が撮れて嬉しくなったのでブログに書いちゃいました^m^
しっかり音出ししたらまた続き書きます!





例えば「クリーンや軽いクランチでバッキング」「深い歪みでギターソロ」など1曲の中で歪みの深さを変える際、複数の歪みペダルを用意して踏み分けるよりも1つの歪みモノのまま手元のボリューム操作だけで歪みの深さを操る方が自由度が高い気がします。かつて僕も使用していたプログラムスイッチャーはもちろん便利なんですが、プリセット内だけを行き来するっていうのは ライブ中に直感で微調整するとなると逆に制約を感じたり。

そこで、ボリュームの追従性が良くて、なおかつ絞った時にしっかり “ 使えるクリーン ” になってくれる歪みペダルを最近探していましたところ、これだ!という物に出会えました\(^o^)/


IMG_2308
Crazy Tube CircuitsConstellationというファズです!
コンステレーション(星座)という名前と、星空のようなデザインが素敵です。
「真空管座」も描かれていますね(笑)

おそらく現段階でまだ日本には正規には入って来てないと思いますが、なんで気になったかというと、おなじみピートソーンさんが「これを踏んでボリュームを絞った時のクリーンが最高だ」的なことを動画で言ってたからです^m^



非常にグラッシー&チャイミーで魅力的なクリーンだし、なんと言っても手元のボリュームの追従性がとても良さそうで、この動画を観た瞬間に「これは買わなきゃいけないヤツだ」と思いました(笑)


IMG_2309
この真ん中のツマミで、6種類の音を切り替えます。
ff → ファズフェイス
vtb → VOXトーンベンダー
3/2 → トーンベンダーmk1.5
2 → トーンベンダーmk2
rm → レンジマスター
rmff → レンジマスター+ファズフェイス
という6種類です。
ちなみに僕は部品のことは正直よくわかりませんが、マニュアルによるとNOSのゲルマニウムトランジスタが使われているとのことです。

ファズというとBig Muffのラムズヘッドが好きなんですが、ラムズヘッドはボリュームの追従性がそんなに良くないんですよね。絞るとモコる傾向にありますし。
ファズフェイスは絞ると鈴鳴りのクリーンになるというのは良く聞いてましたが、実際に実機を使ったことはありません。いきなり本物では無いシミュレーター的な物から入るのもどうかとは思いましたが、前述のピートソーンさんの動画を観ちゃったらもう買わずにはいられませんでした

一言でいうともう最高です。
期待してた通りの音と使い心地で、なんの文句も見当たりませんね!
いや、きっとファズフェイスやトーンベンダーを使ったことある人なら「なにを今さら」的な感じなんでしょうけど、この世界を今まで知らなかった僕は結構な衝撃です。

ボリューム10で飽和したファズサウンド。
ボリューム9で少しタイトに落としたディストーション。
ボリューム8でブリティッシュロック〜ハードブルース的なオーバードライブ。
ボリューム7で切れ味鋭いクランチ。
ボリューム6でクリスタルクリーン。

みたいな感じです(私感)。
グシャグシャに歪ませてもボリューム6でもうクリーンになっちゃうのは衝撃的でしたね。。
(もちろんボリュームポットのカーブにもよりますけどね)
純粋なハムバッカーが載ったギターは持ってないので試せてませんが、ストラトとES-330ではどちらでも上記のような音の変化が楽しめました
rmff(レンジマスター+ファズフェイス)はレスポールで気持ち良さそうだなと思わされます!


では最後に、上記のものとはまた違うピートソーンさんの動画を載せさせていただきます!









コロナのせいで1月以来ライブができていないこともあり、半年ぶりくらいにやっとスタジオに行くことができました!!
と言いましても今回はリハではなく遊びです
ライブリハは来週あたりから始動です!


こちら、ピロさんのニューギターです。
IMG_2252
以前、一緒にセカストで見つけて買われたEpiphoneレスポールスタンダード
リアがセイモアダンカンのハムバッカーにアップグレードされてる状態で1万円しない価格!


IMG_2251
ロッドカバーに縦書きでGIBSONと書かれているのはちょっと古めなエピフォンらしいです。1996年製だったかな?我々オッサンにとって90年代ってつい最近みたいに思っちゃいますけど、実はもう20年以上前なんですよね(笑)
ヘッドのLes Paul MODELという書体も細字なので雰囲気すごくいい
なんかもう、やっぱりレスポールをマーシャルに直でつっこむだけでROCKですよね!

そのマーシャルですが、
IMG_2246
IMG_2247
スタジオ常設のMODEL2555っていうモデルです。
僕はここ数年「Marshall離れ」が進んでるので記憶が定かじゃありませんが、たしかシルバージュビリーのレギュラー版として出たモデルだったような記憶がありますね(違ったらご指摘ください)。

もうなんと言いますか、音が良いとか悪いとか、好きとか嫌いとかを超越した「これだよ、これでいいんだよ」っていう説得力のあるドライブサウンドがたまらないですね(笑)
ちなみに僕はスタジオに着いてまずJC-120(これも久々に使いました)を鳴らしてフツーに満足してたんですが、マーシャル2555や持参したFender Champ2を一通り鳴らしてからまたジャズコに戻ると、やっぱりジャズコっていろんな意味で簡単ではないアンプだなっていうのを痛感しますね(^_^;)


僕はGibson ES-330を初めてスタジオに持って行きました!
IMG_2255
クリーンだとギブソンらしい温かい音なんですけど、フルアコの倍音成分の関係か歪ませると途端にジャキン!とエッジの立った暴れるドライブサウンドになるのが面白くて、それが僕が330にハマった一番のポイントです


IMG_2254
Marshallとの相性もバッチリ


9565666526523
しばらく弾いてて、ハッと「そういえばまったくハウってない!」ということに気付きました。ハウリングのことが意識から抜けてたくらいにハウりませんでした!!ライブでも普通に使えそうです(^^)
これと入れ替える形で手放した67年の330はもっと軽快な鳴りなので ファンクやネオソウルで使う人も多いみたいですけど、こっちの62年の方はさらに中低域を粘らせた感じの音です。


あと、すみません自分の備忘録も兼ねてFender CHAMP2のことも書いておきます。
IMG_2116
(スタジオで撮らなかったので家での写真ですが…)

出力12ワット(だったはず)で家庭使用に最適!・・・みたいなイメージもあるアンプですけど、今回スタジオで実感したのは、家庭音量じゃ全然真価を発揮できてなかったんだな、と。ハイミッドからハイにかけての押し出しや、ブッチーーン!という巻き弦の張り感は、やっぱりそれ相応の音量じゃなきゃ出てきてくれないのがよくわかりました。
ただ、それくらいの音量になると6弦の音を伸ばした時のアンプの共鳴が酷い
スピーカーの限界なのかエンクロージャーがパワーを受け切れないのかわかりませんが、低音を鳴らすとビリビリ(というかボボボボボ・・・)と鳴っちゃいます
これはやはりヘッド化して別途キャビで鳴らすのがよさそうです。


今回久々のスタジオで実感したのは、やっぱりデカイ音でギター鳴らすのって幸せだなぁっていうことですかね ^m^
デカい音だと機材が真価を発揮していい音で鳴ってくれるというのももちろんありますし、メンタル的にもストレス発散になりますし、そしてそれは昨今のコロナ禍のためスタジオやライブに行けず音を浴びていなかったからこそより実感することなんでしょうね。
短い時間ですけどすごく幸せな一時でした





ハードオフのジャンクコーナーを見てましたら、僕らの夢がつまったあの青いコンテナボックス(笑)にフェンダーのモノグラムストラップが入ってました。
いわゆる「横ロゴ」だったのでビンテージかと思いましたけど、状態はまるでさっき開封しましたと言わんばかりのピカピカだったので、きっと今年リリースされたばかりのハマ・オカモトさん監修Vintage Modified Monogram Strapだと思い、買ってきました\(^o^)/


IMG_2175
ところが帰ってきてから調べてみると、ハマさん監修のは縦に縫い目が入っていないんですよね。僕が買ってきたヤツ(写真)は縦に縫い目が入ってます。年代までは調べてないですけど、どうやら古い物のようです。最初期のはバックルが金属なので、今回のこのプラスチックのヤツは最初期よりは新しめっていうところでしょうか?^m^


IMG_2176
多分これ、一度も使用されてないっぽいですよねー
ピンを通す穴がまったく広がってないです。


IMG_2177
値段は、ジャンク箱に入ってたくらいなのでお察しいただけると思います。
いい買い物しました





6月21日をもって、北海道発祥の大衆イタリアンレストラン「ペペサーレ」が閉店しました(T_T)
まぁそんな頻繁に行ってた訳じゃないですが、我が家は家族みんなここのシュリンプロッソが大好きだったので、ちょっと寂しいです。
IMG_2094
↑シュリンプロッソ


965256565
最後に、娘つぐちゃんと2人で食べに行ってきました。
・・・まぁ、行ってきたというより、たまたま行ったら閉店の2日前だということを知ったんですけどね


IMG_2091
クマさんフォカッチャも、子供たちは小さい頃からよく食べてたなぁ(しみじみ)。

で、最後にペペサーレ行ってきたことを息子そうちゃんと奥さんに報告しましたら案の定「最後にシュリンプロッソ食べたい!」ってことになりまして、最終日に家族みんなで食べてきました(笑)


さて、コロナウイルスによる外出自粛がきっかけで、庭でバーベキューすることが多くなってる我が家ですが、バーベキューを快適にすべくタープを買いました!!
79865652625625
道民の強い味方ホーマックのPB、DCMのタープです^m^
3m×3mで蛇腹式(っていうのかな)にミョ〜ンと伸ばして設置するタイプなので楽々です。一応1人でも組み立てできるっていう触れ込みですけど、サイズがサイズなだけにやっぱり4人で4つ角を持って伸ばした方が効率いいです。

屋根があって直射日光を防げるだけで、ずっと屋外にいるあの独特の疲れが無くなるのですごくいいですね!ちょっとそれに気付くのが遅かったです
屋根の高さを段階的に調整できるんですが、低めにすると妙な「守られてる感」があって、すごく落ち着きます^m^


IMG_1969
BBQする時はいつも子供たちと何かしらスポーツもするので、いい運動になります
この日はバレー部に入部した息子そうちゃんとバレーボールをしました(^^)
バレーなんて高校の体育以来、20数年ぶりです^m^


先日の父の日は、子供たちと奥さんが美味しいご飯を作ってくれました
IMG_2136
とっても美味しかったです!
息子そうちゃんからは手紙、そして娘つぐちゃんからは手紙と鬼滅の刃のキーホルダーをもらいました!
自分が若い頃を思い返すと父の日や母の日を疎かにしてた年頃もあったので子供たちもいずれそうなるかもしれないですし、だからと言って義務のようにやってもらいたいとも思わないですけど、お互いを尊重し合う気持ちや、1年に1回や2回くらいは誰かを思いながら料理したりプレゼントを考えたり、そしていつもとはちょっと違う気持ちでみんなでご飯を食べるという時間を大切にしていきたいですね





このページのトップヘ