ジナパパ一家の何てことない日常

ペットの事。家族・育児の事。趣味のギターの事。日常の何てことない事。とにかく一貫性のないブログになってきました(笑)

2019年一発目のマイニューギアです(^^)
IMG_7350
ボスのテラエコーです。

IMG_7351
塗装が車で言うところのホワイトパールっていう感じですね。素敵です

最近クリーントーンの時に掛ける “ 幻想的系エフェクター ” を探してて、ブティック系を主としていろんなリバーブやディレイを物色していたんですが、そういえば定番のBOSSにこんな素敵なエフェクターがあったじゃないか!と。Tポイントでゲット。
・・・ちなみに「幻想的系」っていうのは僕が勝手に言ってるワードなので「歪み系」とか「空間系」みたいに万人に通用するワードじゃございませんのであしからず^m^


早速鳴らしてみました!
10秒を過ぎたあたりからAadd9のコードをホールド(ペダルを踏みっぱなしにしてエフェクト音を鳴らし続ける)して、その後はなんちゃってアドリブです。

このエフェクターの肝はS-TIMEつまみにあると思います!
S-TIMEを絞り気味にすると意外にも普通な残響音ですが、上げるにつれ残響音に「キューン!」とか「ピコピコ…」いう音が混じります。上にあげた動画では特に9秒あたりで残響音が「キューン…」と鳴ってるのがわかりやすいと思いますが、その「キューン」をどれだけ強調するかをTONEつまみで設定する感じですね。ちなみにこの「キューン音」はピッキングの強さでも鳴り方が変わります!

他にもチリンチリン…という音やゥワンゥワン…という残響音が鳴ってるようですし、跳ね返りのTIMEも一定ではなく徐々に遅くなってるように聴こえる時もあったり、結構複雑な掛かり方をしてるように思います。それが幻想的な雰囲気を作り出してくれてるんでしょうね(^^)

こういうエフェクターはセンスが問われますし使いどころも限られるとは思うんですが、でもコイツは前述したように設定次第では意外とフツーっぽいリバーブにもなるので、案外使える予感はしてます



ちょっと遅くなりましたけどクリスマスのご報告をば(^^)
我が家は年末になると毎年写真撮影に行くんですけど、今年は24日しか予約が取れなくて(汗)クリスマス会を23日に繰り上げました
世間よりちょっと早いクリスマスです(^^)

息子そうちゃんが「回転ずしやりたい!」と言うので、何年も前からこういうイベント事の時にはたびたび登場する「超ニギニギおうちで回転ずし」の登場です(^^)
未だにこういうのやりたがるなんて小5と言ってもまだまだお子ちゃまだこと(笑)

IMG_6833
楽しいクリスマスを過ごしてもらえたようです


さて24日のクリスマスイブは予定取り写真撮影へ。
終わった後には遅くなったのでファミレスで晩ごはんを食べました。
IMG_6881
子供たちは誕生月だったので、デザートと写真撮影のサービスが
たまたまですけど嬉しかったみたいです(^^)

しかしクリスマスイブにファミレスって初めて行きましたけど・・・ご飯時を少し過ぎた時間だというのに2組くらいしかお客さんが居ませんでした
みんなやっぱりクリスマスイブは家で過ごしたりちょっと高級なお店に行ったり、またはムフフな時間を過ごしたり・・・って感じなんですかね?^m^

・・・てか、ムフフな時間って自分で書いててオッサンになったなとちょっとショック(笑)

サンタさんからのプレゼントにも喜んでいましたよ!


こんな感じでクリスマスを過ぎれば世間はあっという間にお正月モード!
僕も明日からお正月休みに入ります!
いや〜、今年の終盤は仕事が忙しくて心身ともに参りました(+o+)
でも来年はますます元気に頑張ります!

皆様、よいお年を!!



とても嬉しいご依頼をいただきました!\(^o^)/
大阪でハンドワイヤリングでピックアップを製作されているJUN TONEさんからの企業案件をちょうだいいたしました!

めちゃくちゃキレイですね〜
機材でもそうですが、見た目がいい物は音もいい!逆に言えば見た目を疎かにしている物は音もイマイチ!(完全なる主観(笑))なので、期待が膨らみます\(^o^)/

ちなみにいくつかバージョンがあるようで、僕がご提供いただいたのは60年代を模した「ST60's」というタイプ。60年代と言うと漠然と62年あたりのスラブボードのストラトサウンドかな〜なんて想像しますが、これはグレーボビンなので60年代後半以降な感じでしょうか?


せっかくなら大きい音で試したいので、スタジオで交換〜試奏です!




という訳でザザーっとツイッターを載せました^m^
まず、コイルの巻きつけもポッティングもとても丁寧で好感が持てますね!!大事です

細かい感想はJUN TONEさんに既に伝えさせていただきましたが、せっかくご依頼いただいたので僭越ながらここでも感想を書かせていただきます!!

まず第一印象は「ブライト」ですね!
イメージするところのいわゆるストラトらしいサウンドで、ジョリーン感と5・6弦のゲロゲロ感が気持ちいいですこれは特にセンターPUで顕著で、センターがこういうキャラなのでハーフトーンにした時に音が引っ込まずに前に出てきてくれます。「ハーフトーンは使わない」っていうストラトプレイヤーさんもよくいますが、そういう向きの方にもぜひ試していただきたいですね!
僕の印象では、60年代前半のスラブボードの粘りあるストラトサウンドというよりかは、やはりグレーボビンらしい60年代後半以降のサウンドですね「ブードゥー」とか「ジミなんちゃら」っていう名前が付きそうな感じって言えばわかりやすいですかね(笑)

ロックにも合いそうなサウンドですが、特にリアに関しては僕的にはもっと低音が出て粘っこい方が扱いやすくて好きかな〜。もちろんいい音なんですよ、あくまでも僕の好みです。きっとウマい人ならリアでこれだけブライトでもいい音出せちゃうんでしょうけど、僕にはまだちょっと荷が重いかなっていうガリ!!っと噛み付くようなバイト感などを求める人には良いはず
特に交換前のSuhr MLがストラトらしいブライトさがありつつ粘りや芳醇さも持ち合わせた素晴らしいピックアップなだけに、キャラの違いによってそう感じたのかもしれませんね。
ただ、JUN TONEさんでは今はリアだけパワーを上げたセットも出たようなので、そっちもぜひ試してみたいですね〜(催促している訳ではない(笑))
ガリ!!っと噛み付くようなバイト感などを求める人には良いはず


という訳であまり細かく書きすぎてもアレなので自分的には簡潔にまとめたつもりですが、ご参考になりましたでしょうか(^^)

もちろんJUN TONEさんにはもっと細かく感想を伝えさせていただきました。
せっかく僕の感想を求めてご提供くださったのですから、変にオブラートに包んだりせずにしっかり感想をお伝えすることが礼儀だと思ったからです。
そして不躾ながらも僕の好みなどをお話させていただいたところ「ジナパパさんのお好みのピックアップを作りますのでお時間いただけますでしょうか」と嬉しいお言葉をいただきました!僕なんかのためにお時間を割いていただくのは恐縮ですが、お願いさせていただきました!

とても素晴らしいかたで最後はお互いに人間性の褒め合いみたいになって笑ってしまいましたが(笑)、でも僕は機材選びの時、特に日本製の物に関してはその作り手さんの人柄に惹かれて買うことも多いので、僕の中ではすごい大事な要素なんですよ


という訳でJUN TONEさんのST60'sというシングルコイルピックアップのレビューでした!
僕、申し訳ないことにこのお話を伺うまではJUN TONEさんのことを存じ上げておらず、ホームページ等も拝見したことがなかったのですが、すごく良心的な価格なのですね!ハッキリいってこの価格で手巻きでこのキレイさっていうのはスゴイんじゃないでしょうか!?
感動

JUN TONEさん、本当にありがとうございました!!



Fender CS ビルダーズセレクト グレッグフェスラー69ストラト。
IMG_7039
指板はフラット気味(9.5Rだったかな?)でミディアムジャンボフレットなので、プレイアビリティ的にはせっかくモダンな仕様なのにハイポジションのチョーキングで音が詰まり気味になるので弦高をあまり低くできない!

という訳で、以前もお世話になった地元札幌の工房、マージナルカスタムワークスさんフレット擦り合わせをお願いしてきました!!

同時に「ナットがピキン!って鳴る」ことも相談しましたら、ナットの溝も低くなってきてるということでしたので一緒にナット交換も依頼
ボーン、それのオイル漬け、タスクなどなど材質は何にするかと聞かれましたが、一体素材によって音がどう変わるのかも全然わからない僕。するとナット材をちょっと高いところからテーブルに落とした音を聴かせてくれました。人工象牙(?)だかのタスクっていうヤツはまるで金属を落としたかのような「チリーン」という音が鳴りました!ナットだけで音が決まる訳じゃないですが、これは特徴的なのでサウンドにも影響がありそう!興味深いですね〜(゜o゜)

でもまぁ結局は純正と同じ牛骨でお願いしました^m^

で、納期ピッタリの2週間後に完成のご連絡をいただいて引き取り!
いや〜、めちゃくちゃ弾きやすくなりました!!
フラット気味の指板Rとミディアムジャンボフレットの恩恵をやっと得られるようになったって感じですね〜。やっぱりプロの調整って大事ですね!弾きやすくなると弾けなかったフレーズも弾けたりしますもんね!

マージナルカスタムワークスさん、ありがとうございました!!
今後ともよろしくお願いいたします\(^o^)/

Kanjiのストラトのフレットすり合わせもお願いしたくなりました(^^)


で昨夜さっそくバンドで使ってきました!
すごく良かったです!
家で音作りしてた時は、キレのあるパワーコード用に音を作ると1・2弦の単音弾きだと細く感じてしまってたんですが、いざバンドに混ざると太い太い!とてもいい感じでした



ギタ友マーラさんのライブ映像(厳密に言うとライブ前の練習音源からですが)を拝見し、
なんて気持ちいいギターソロの音なんだろう
と感動し、マーラさんにどうやって音作りしているのか尋ねると「フリードマンのBuxon Boostを踏んでいる」と教えてくれました
聞くと3バンドEQがついてて、マーラさんはレベルブーストはほとんどしていないがミドル&ベースを上げてトレブルを下げているそう。ブースターとしてと言うよりイコライザとして使ってらっしゃる感じですね!

なんか直感的にすごい僕の好みっぽい・・・

という訳で、
貸していただきました!マーラさんありがとうございます!!

早速試させていただきましたが、もう想像通りというか、拝見してた動画通りというか、本当に気持ちいいリードサウンドが作れます!
「TREBLE」「MIDDLE」「BASS」って一言で言ってもメーカーや機種によってどのツマミにどの帯域が割り振られているかはバラバラなので「いじりたい帯域はソコじゃないんだよな…」っていうことが往々にしてあるんですけど、このBuxon Boostはいじりたい所ドンピシャなんですよね。まぁそこは人によって違うと思うので「僕にとっては」っていう言葉を付け加えなきゃいけないのかもしれないですけど、それでも漠然と「さすがフリードマンはチューニングのセンスがいいな」と思わされる説得力はありますね!!


という訳で、、、
早速購入!でもケチって並行輸入品!(笑)


決して今までの音に不満があった訳ではないんですが、今まで歪みモノ2段掛け+パライコで作っていたのが「ブースター+歪みモノ」だけで済むというのは精神衛生上非常によろしいです(^^)
シンプルイズベストっていうことですね。
まぁ「今までの音に不満はない」と言ったけど実際はSHINOS Naughty BrainをBuxon Boostでブーストという新しいスタイルの方が好きな音です


ところが、、、
まさかのスイッチ不良でした
新品とは言え並行輸入品なのでドキっとしましたが、販売店さんが迅速なご対応で他の新品と交換してくださいました。焦った〜




このページのトップヘ