ジナパパ一家の何てことない日常

ペットの事。家族・育児の事。趣味のギターの事。日常の何てことない事。とにかく一貫性のないブログになってきました(笑)

最近我が家の機材に加わった1969年製Fender Deluxe Reverb、通称デラリバ





過去に書いたデラリバ紹介記事はコチラです↑↑


上のリンク先記事ではクリーントーンの動画を載せていなかったので、今回の記事に載せます
まずはコチラ。
これはギターのピックアップはフロントデラリバに直結
デラリバのボリュームは3ちょいで、家だとビクビクするような音量ですねw

ツイート内の文章にも書いた通り、これまで所有してきた6L6パワー管を使用して整流部がソリッドの高出力のフェンダーアンプにと比べて、6V6管で整流部が真空管のデラリバはチャリ〜ンとした鈴鳴り成分が少なめに感じます。
ギター単体で一人で弾いてる分には6L6の方が気持ちいいかもしれませんが、バンドに混ざった時はデラリバのミドルがある方が存在感が出そうな予感がします(^^)

続いてはコチラ。



前述のフロントピックアップの動画でもうちょい鈴鳴り成分があってもいいかな?と感じたので、こちらではフロント&センターのハーフトーンで撮ってみました。
ミドルがスクープしたことで鈴鳴り感が増した感じがしますね!


一応補足として、以前67年製Fender SHOWMANで撮った時のハーフトーンの動画も貼っておきます。まぁアンプだけじゃなくギターも録音環境も違うので、あくまでも参考程度ですけどね!
やはり6L6パワー管で整流部がソリッドのFenderアンプの方が、こういうキラキラっとしたサウンドは得意だと思いますねー(私感)
当然、スピーカーに依存する部分も大きいですけどね!
どっちが良いか悪いかっていう話ではなく、好みや演奏ジャンルで選んだら良いかと(^^)

という訳でデラリバのクリーントーンでした!

まぁ、タイトルの通りの作業です(笑)
IMG_1977
ネック仕込み角や弦高、シンクロのフローティング具合などセッティング次第ではありますが、このように弦高調整用イモネジが出っ張る場合が往々にしてあります。
特にブリッジミュートなどをすると、右手の手刀部分にイモネジが当たって痛いです。


なので交換します!
IMG_1958
ALL PARTSの8mmのイモネジです(型番はGS-0049-001)。
ちなみに元のイモネジは10mmなので、2mm短くなります

お使いのサドルが、インチ規格かミリ規格かを確認してから買いましょう。


IMG_E1978
このようにほぼ出っ張らなくなりました
600円ちょいの改造(?)ですし、見た目的にも精神衛生的にもこの方が良いです(^^)


横から見た方がわかりやすいですかね?
IMG_E1957
IMG_E1959



続いては、ピックアップカバーの交換です。
交換前は、フロントがアイボリーで、リアがブラックでした↓↓
IMG_E2003
リアのディマジオDLX-PLUSの中古を探している時にブラックしか見つけられなかったため、元々アイボリーだったフロントと色違いになってしまたんですが、この配色も案外悪くないと思い しばらくこのままになってたのです(笑)

しかし前述のイモネジを注文した際、フロントに取り付けるためのブラックカバーを購入
IMG_E2004
おおー端整な顔立ちになりました^m^
締まって見えますねー



IMG_1965
やっぱりギターは見た目も大事ですよね!


IMG_1966
IMG_1967
これまた200円程度でできる改造(?)なので、雰囲気をちょっと変えたい時などの費用対効果は大きいと思います!

僕の長年のメインギター、Kanjiのストラト
とあるプロギタリストさんに譲っていただいた宝物です。
IMG_3518
そんなKANJIですが ここ最近、生音がポコポコしているのです。
特に6弦が顕著で、強くピッキングしても「ビィーン!」ではなく「ポーン…」
具体的にいつからというのはわからないのですが、気付いたらそうなってました。

原因はきっとネックやフレット周りにあると想像はしていたのですが、そんな折、なんとなく気分でピックアップを交換してみました(^^)IMG_E1896
JUNTONE PICKUPSジナパパシグネーチャーセットに交換です

このピックアップについてはこちらの記事に詳しく書いています↓↓


すると、なんと驚くことに生音が復活したのです!
全ての弦がシャリーンと鈴鳴り感アップし、ポコポコが顕著だった6弦もバチーン!とブライトに鳴るようになりました!

ちなみに、生音ポコポコ問題の解決のためにピックアップ交換した訳ではありません。ポコポコしてたのはアンプからの音ではなく あくまでも “ 生音 ” だったので、電気系統であるピックアップを交換して生音が変わるなんてそもそも思ってないからです。アンプからの出音が変わるなら当然ですけどね。


…でも実際、そんなことありえるんでしょうか??


IMG_1937
交換前に載せていたピックアップは、フロントとリアがSuhr ML。センターがJUNTONEのジナパパシグネーチャーでした。この組み合わせだとJUNTONEだけホットとコールドが逆(?)で、Suhrに合わせて黒線と白線と配線するとハーフトーンでフェイズアウトしてしまうため、センターのJuntoneだけ黒線と白線を逆に結線してました。

よくわかんないけど、これが原因じゃ??

Fenderタイプのピックアップって、S極トップとN極トップが存在するじゃないですか。それらが混在することでピックアップ表面の磁界が乱れ、そして弦が正確に振動してくれなくなる、みたいな。

この推理に違いない!!
…と思ってJUNTONEさんにお聞きしてみたのですが、どうやら違ったみたいですww

JUNTONEさんがおっしゃるには、ピックアップの物理的な重さの影響が大きいのではないか、ということでした。Fenderのビンテージのピックアップはコイル表面にしかポッティングされていないため重量が軽いのに対し、近年のピックアップは内部までしっかりポッティングされているため重いらしいのです(ハウリングやマイクロフォニック防止のため)。
JUNTONEジナパパシグネーチャーはフェンダーのビンテージピックアップに準じているため重量が軽く、それによってボディ鳴りに影響するというのがJuntoneさんのお話でした。
ストラトはピックアップがピックガードに吊り下げられている構造のため、より顕著に生音に現れてくるのではないかとも付け加えてくださりました(^^)

なるほど!非常に納得できる推測ですね!
いや、推測ではなく実体験に基づいたことなのでしょう!
このピックアップと生音の関係については、Juntoneさんも注目されているポイントだそうです

いやーこんなことがあるなら、それぞれのピックアップの重さを量っておけばよかったですね!


ちなみにですが、、、
この5月2日のツイートで僕が「Suhrに戻そう」と言ってるので、少なくとも5月中にはフロントとリアをSuhr ML、センターをJuntoneジナパパシグにしたと思います(それまではFender Custom69セットだった)。
ということは(この記事を書いてるのが6月16日なので)約1か月間くらい生音ポコポコ状態で弾いてたということになりますかね?

まぁそれもFender custom69の時は大丈夫だったという前提の話ですが、なんせその頃の生音をよく覚えてないので定かじゃないですww


IMG_1938
なんにせよ、生音のブライトさが完全復活して超気持ちいいです
ストレス無く弾けるのってこんなに気分が良いもんか、と改めて実感してます。


IMG_E1898
生音が復活したことにより、アンプからの出音も本来のストラトらしい鈴鳴り感とゲロゲロ感のあるサウンドになりました(^^)

生音のポコポコ感は、ピックアップ交換する前まではリフレットしなきゃ直らないと思っていました。もしも数万円かけてリフレットしても、ピックアップ交換しなきゃ生音ポコポコのままだとしたら、きっとかなりショックを受けてたと思います。。
よかったよかった

とは言っても、Kanjiは酷使してるのでそろそろリフレットは必要なんですけどね!

中華ブランドのペダル…正直、安かろう悪かろうだった時代もたしかにありましたが、今はサウンドに関してはもう全然普通に使えるレベルになっていますよね。ただやっぱり耐久性や信頼性においては僕的にはまだ半信半疑なところがあり、ライブ本番で使うのは正直トラブルが怖いという思いは拭い切れないですし、現に先日もリハで壊れましたし…。

でも意外とマニアックなラインナップがあったりデザインが面白かったり、そして何より価格が安いということもあり、弥が上にも気になってしまう。そんな存在でもあります(笑)


IMG_1860
という訳で今回は、RowinTAPE DELAYをご紹介します!
この記事を書いている現在、アマゾンでは3000円台くらいで買えるようです。僕もそれくらいの値段で購入しました。

僕が低価格帯の中華ペダルを買う時は、実用性とか音の良さなどは正直気にしません。なのでYoutubeで音をチェックしてから買ったり、他の競合ペダルと比較して選んだり…みたいなことはせず「まぁ安いしネタの1つにでもなれば」くらいの気持ちで買っちゃいます。仮に実用性が無かったとしても、安いので懐のダメージは小さく済みますから(笑)

でも今回のこのペダルは買って正解でしたね!!


IMG_E1864
TAPE DELAYという名が示すように、テープエコー系のローファイなディレイサウンドです。
そのローファイ具合を3段階で切り替えるのがFILTERというスイッチ
あとはFEEDBACK(やまびこの回数)D TIME(ディレイタイム)MIX(原音とディレイ音のバランス)というオーソドックスなツマミ類に加え、BOOSTつまみは原音も含めた全体のマスターボリュームとなります。
BOOSTは、飛び道具として使う際に目立つよう音量を上げるとか、ギターソロで音量を上げるみたいな時に便利そうです


サウンドの前にまず原音の音ヤセについて。中華ブランドなどの安いペダルを買う人はきっと「繋いだだけで音がやせるのは当たり前」という ある意味 “ 諦め ” のような感情を持っていると思う(笑)のですが、このペダルに関しては「繋いだだけで」というほどの劣化は無いと感じます。
ただONにすると原音のザラっとしたハイの帯域が持って行かれてクリンと丸くなるのは実感としてわかります。
とは言えそもそもがローファイなディレイですからギリ許容範囲かなと(私感)。


IMG_1863
続いてディレイ音(ウェット音)について
ローファイで余韻がどんどん劣化していく(歪んでいく)ようなテープエコー系のディレイが好きな人なら普通に受け入れられるサウンドだと思います。前述しましたように一応ローファイ具合を選ぶ3段階スイッチはありますが、どのポジションにしてもデジタルディレイのように原音通りの音が返ってくることはありませんw
まぁテープエコー系ディレイの使い処をしっかり理解なさってる人なら「なんじゃこりゃ」ってことにはならないだろうと思います(笑)


さて、僕がこのRowin TAPE DELAYを買って良かったと感じたポイント、
それは発振の素晴らしさですね!!
なにはともあれ動画を見てみてください。
宇宙と交信できそうな素晴らしい発振サウンドです!
FEEDBACKつまみを1時過ぎたあたりくらいから「あ、発振し出すかな」っていうくらいにヒュンヒュン言い始めます(笑)

発振させたままギターを置いてステージから去る、というライブパフォーマンスをしたくなりますよね!^m^

最近入手した1969年製Fender Deluxe Reverb、通称デラリバ
69年といえば伝説のウッドストック・フェスティバルが開催された年で、ロック史上において非常に重要な年ですね(^^)



先日書いた記事↑↑では細かい所まで触れていなかったので、続編記事を書かせていただきます


IMG_1627
フロントビュー。
Fenderのアンプは1967年に、それまで続いたブラックフェイスからシルバーフェイス(銀パネ)へ切り替わります。銀パネに変わった当初は、パネルに縦のブラックラインが入っていたり、グリルクロスの淵に金属枠が付いていたり(ドリップエッジ)するのですが、この個体はそのどちらも廃止された後の1969年製です。

ちなみにそれらは見た目の話なので音には関係ないですが、市場価格には反映されますねー。


IMG_E1630
内部に貼られたラベル。通称チューブチャート
右上に書かれた「AB763」が63年7月の回路であることを表しています。つまりこのアンプは製造年こそ69年の銀パネですが、63年のブラックフェース期のプリ回路がまだそのまま使われているということを意味します(使われているコンデンサ等の部品は年式によって変化しますよ)。


続いて、コントロールパネルいきます!
IMG_1624
まず左側のNORMALチャンネルから。
INPUT 12。そしてVOLUMETREBLEBASSというシンプルなコントロールです。

こちらは後述のVIBRATOチャンネルよりもミドルに寄った甘く太いサウンドです。僕は今までBRIGHTスイッチが搭載されたFenderアンプ(Vibrolux Reverb、Bassman、Bandmaster、Showman)を所有してきましたが、こっちのNormalチャンネルの音はブライトスイッチをオフにしたようなキャラですね


IMG_1625
続いて右側のVIBRATOチャンネル
INPUT 12。そしてVOLUMETREBLEBASSというノーマルチャンネル同様のコントロールに加え、REVERBトレモロのSPEEDとINTENSITYです。

前述のノーマルチャンネルに比べてこちらのビブラートチャンネルは、BRIGHTスイッチをオンにしたようなハイが出てきます。もちろん好み次第ですが、僕の感覚では現代の音楽をやるならビブラートチャンネルのサウンドがデフォルトになるんじゃないかな?

リバーブはもう「スプリングリバーブと言えば」でイメージするまんまの残響音。

トレモロはそんなにエグく掛かる訳ではなく、常に浅くかけててもいんじゃないか(奥田民生さんのように)と思わせる音ですね!幸いトントンノイズなど一切無く、非常に良い状態です


IMG_1626
細かいところですが、モデル名(ここではDELUXE REVERB)の後に「- AMP」の文字が付くのは、この時期までです。


続いてはバックビューです!
IMG_1628
フットスイッチも一緒に写してみました(^^)
フットスイッチは、リバーブとトレモロのON/OFFを切り替えられます。

・・・あ、スピーカー交換後の写真の前にまずは純正スピーカーが載っている状態の写真を載せるべきでしたね。
IMG_1282
これが純正スピーカー(OXFORD製)です。スピーカーデイトは1969年
あと写真には撮っていないですが各トランス、チョークも全て1969年製を示すデイトが打たれていました。


IMG_1631
記事冒頭に載せたリンク先にも書いていますが、このアンプを入手してから僕がJENSEN C12K(Kochラベル)に交換しました。純正スピーカーの紙っぽいザラっとしたサウンドより、C12Kによる実音感の強さとストレートさを優先させた結果です(^^)
C12Kの方が汎用性が高く、幅広く使える音になると思いますよ!(私感)

まぁ平たく言えばコッチの方が好みということですね(笑)


IMG_1629
さっきよりちょっと「寄り」のバックビュー(笑)


さて気になるサウンドです(^^)
比較のため、まずはデラリバ購入前のメインアンプである67年製SHOWMANから。
IMG_E4607
↑これがSHOWMANです
SHOWMANは6L6パワー管が使用された約80ワット出力のアンプ。整流部は真空管ではなくソリッドなので、お気付きの方もいらっしゃるかと思いますがツインリバーブからリバーブを抜いたような仕様です。そのためレンジが広くてバキーーン!と飛んでくるようなサウンドですね。
そしてSHOWMANはミドルつまみがある(Vibratoチャンネルのみ)ので、ミドルつまみの無いデラリバよりも音作りのバリエーションは多いです。


IMG_1634
それと比べ デラリバは6V6パワー管使用の約20ワット整流部はソリッドではなく真空管で、ちょっと古臭いと言うか SHOWMANのレンジを少し狭めたようなサウンドです。
これがまたエレキギターの美味しい帯域にちょうど集約したサウンドで、ここにデラリバが評価され、そして定番化した理由があるんだと僕は思います!

この双方の違いは、マーシャルでいうところの1959(100W)と1987(50W)、もしくは1959とJTM45の音の違いに似てるところがあるようにも感じますねー。


動画を載せておきます!


・・・ええ、わかっております。「フェンダーアンプといったらクリーンだろ!」とおっしゃりたいのですよね?わかっておりますが、しかし今はまだRATで歪ませた音しか撮っていないので、どうかお許しください(笑)

まぁまじめな話、僕のスタイルではクリーントーンより歪ませて弾くことの方が多いので、アンプで重要なのは歪みペダルとの相性だったりする訳です。だってFenderアンプですよ?クリーンは心配するまでもなく当然良いにきまってるじゃないですか(笑)

とは言いつつ、クリーンも撮ったらちゃんと載せるのでもう少々お待ちください ^m^


IMG_1623
IMG_1632
という訳で1969年製 Fender Deluxe Reverbでしたー。
いつものように、サウンドはちょいちょい撮って追加していくと思います!


※2024.6.19追記
クリーントーンも撮ったので、記事を書きました!


このページのトップヘ