ジナパパ一家の何てことない日常

ペットの事。家族・育児の事。趣味のギターの事。日常の何てことない事。とにかく一貫性のないブログになってきました(笑)

ギター友達マーラさんから素敵なペダルをお借りしました!
ありがとうございます!!

IMG_9931
Vin-Antique LABPPSE '79です!

Vin-Antique/PPSE '79 【在庫あり・再入荷!】

価格:9,800円
(2020/4/7 11:53時点)

TS系ということでアナウンスされているようで、非常にいい意味でTSの進化系という印象ですね。発展させ過ぎたせいで もはやTSじゃなくなってるペダルもある中(笑)、PPSE '79は僕的にはしっかり「TS」してると感じます。音質とかどこの帯域がっていう話じゃなく、トータルで見た時の「歪みの質」ですね。ミドルがしっかり出てるのに枯れてスコ〜ンと抜けるようなニュアンス、っていうんですかね。洗練され過ぎていない印象。TSは洗練させちゃダメだと思うんですよ、僕は(笑)。

所有してる本家TS-9と比較してみたところ、TS-9のTONE12時あたりと似たニュアンスになるのがPPSE'79のTONE7〜8時位ですかね。つまりPPSE'79の方がブライト方向への可変が大きいです。が、僕の印象だと上げ過ぎるとちょっとTSからはかけ離れていくかな、という気がします。まぁそこが進化系と感じる所以だと思うので、このペダルにTSらしさやTSの代わりを求めるのか、はたまた進化した音や使い心地を求めるかによって、この辺の評価は分かれるんでしょうね。

あと、ゲインは結構高いところまでいけます。
ゲインを上げても分離感がいいのが特徴的です!
「分離がいい」と言うとスッキリしててTSっぽくなく聞こえそうですけど、そうじゃないところが絶妙なチューニングなんだと思います。

ホームページを拝見するとかなり拘って設計、製作されているのがわかります。
それで価格は税込みで9800円ですよ。回路云々パーツ云々っていうのは正直よくわかりませんが、この価格はほんと素晴らしいと思います。「ほぼほぼコピーなのに開発費取るか?」って愚痴も出ちゃうような高価なペダルも世の中にはありますからね(^_^;)

今ブログ書いてる段階では残念ながらメーカー欠品になっているようですが、
これは落ち着いたらきっと買います!!




札幌も(気象台発表では)積雪が無くなり、すっかり春めいてきました(^^)
積極的に外に出たくなる季節ですけど、今は自粛自粛で家にこもりがちになってしまいますね。
そんな時は家で機材いじりです!

Zauber Pedalsさんのご厚意で、3機種を貸していただきました!ありがとうございます!
ザウバーペダルスさんには以前からお世話になっていて、スイッチャーやペダルなど数台オーダーさせていただいたり、Modや修理などしていただいてるものの、よくよく考えたら販売されているレギュラー製品を1つも弾いたことがありませんでした
すみません(^_^;)


まずはこちらです!
IMG_9791
Zauber Pedals OVER LOADです!
プレキシマーシャル系ということですね!

実は僕、マーシャルのアンプは大好きなのに「マーシャル系」とか「プレキシ系」って謳われているペダルで良いと思った物に正直あまり出会ったことが無いです。もしかしたらビンテージMarshalを使っていたからついハードルを上げてしまうのかもしれませんが、コンプ感がわざとらし過ぎたり、汎用性を高めたいのかデフォルメし過ぎてまぁ普通だよねっていう物が多い気がするんですよね。
その点このOverLoadはまずコンプ感がわざとらしくないのが良いです!
本来プレキシなどビンテージマーシャルって、コンプ感のコの字も無いくらい全然マケてくれないアンプ。それが難し過ぎたりバンドで使いにくかったりするから、先人たちは皆TSなどを噛ませていい感じに上と下を削ってまとめた上でコンプ感を足して扱いやすくするんですよね。そういう扱いやすい音を狙って作っちゃうせいでプレキシ系ペダルはコンプ感が強すぎるのが多いのかもしれないですね〜(勝手な想像)。
でもそこは気を利かせてくれなくていいから!TSは自分で用意するから!だからあの扱いにくくも魅力的なプレキシの音だけを再現しといてくれ!って言いたくなるペダルが多いんですけど、その点OverLoadはすごくいいです!ガラスを叩き割ったようなズッシャーーン!っていうプレゼンス成分もうまく再現してます!
あ、でもやっぱり実機よりは当然使いやすいですよ!


続いてはコチラ。
IMG_9792
Zauber Pedals HEXEです!

これはお借りした中で一番汎用性が高いというか、いろんな場面でメイン張れる系の歪だと思います!僕の第一印象はトランスペアレント系のゲイン幅が広めな感じで、Jan Rayのイナタさを薄くしてモダンにしたような印象でした!
・・・が、Zauber Pedalsさんがおっしゃるには、イメージとしてはSuhrのRIOTをチューブっぽい柔らかいニュアンスにしたイメージだそうです。恥ずかしながら全然見当違いでしたが、僕RIOT弾いたこと無いんですよね(←言い訳ww)


最後はコチラ。
IMG_9790
Zauber Pedals BEDRAMです!
これはBIG MUFFラムズヘッドの73年製のタイプらしいです。

本家ビッグマフには無いMID(だったかな)のコントロールがついてて、すごい扱いやすい感じになってます。「扱いやすい」っていう表現はファズにおいては褒め言葉じゃないんでしょうけど(笑)、でもやっぱりなんだかんだ言ってエッジを加えられたりハイミッドあたりの張り出し感をコントロールできるのは便利です!ツマミの設定次第ではオリジナルのビッグマフの音ももちろん出せますしね!

ちなみに僕が所有しているビッグマフは76年製で、まぁラムズヘッドの中でもあまり評価されてる年の物ではないんです(苦笑)。だから初期(それこそ73年とか)のラムズヘッドってどんな感じなのか非常に気になっているんですが、実機では無いにしろこうして73年をモデルとしたペダルを体感できたのは良かったです(^^)
最近ビッグマフがメインの歪みになっていることもあって、BEDRAMめちゃくちゃ好きです
ただ、ここはどうしようも無いんですが、やっぱりビッグマフってあのデカさと無骨なデザインが所有欲を満たすっていうのは確実にあるんですよね。同じ音が出るとしてもその筐体が足元に無いっていうのは一抹の寂しさを感じますよね、正直(笑)。


という訳で、ザウバーペダルスさんからお借りした3機種でした!!
まずBEDRAMをオーダーさせていただくことは自分の中で決定してるんですが、「ジナパパさんが持ってる76年の回路に変更もできますよ」というザウバーペダルスさんの一言でどういう仕様にしてもらおうかめっちゃ悩み始めちゃいました(^_^;)
73年の音ももちろんいいし、でも自分が所有してる76年製の音は慣れ親しんでるので音作りのしやすさも含めて魅力だし・・・!



先日はわたくしの40ウン回目のバースデーでした(^^)

IMG_9587
76951161
豪華な手料理に舌鼓を打ち、


IMG_9592
手作りバスクチーズケーキをいただき(めっちゃ美味しかった!!)、


IMG_9591
小6の息子からはマイクラでお祝いの打ち上げ花火を上げてもらい(笑)、

そして誕生日プレゼントには
IMG_9578
豆から挽けるコーヒーメーカー!!
ここ数年コーヒーにドハマリしてるのでめっちゃ嬉しいです\(^o^)/


IMG_9579
早速カルディでコーヒー豆を買ってきました。
毎晩ジーナのお散歩が終わってから寝るまでの間に淹れて、優雅な一時を過ごしています
めっちゃ美味しくて、もうカフェで飲むことは無さそうなくらいです。
(朝は時間が無いのでインスタントです ^m^ )
いろんな豆を試してみたくなりますね!!



最近ペダルボードネタばかりでスミマセン。
早速ですが、Myエレアコ用ボードです。
4861562525
2台だけならもっと小さいボードで十分。
と思っていたら、いいものを見つけました。

IMG_9712
Rockboard DUO2.0です。

IMG_9718
前述のDUO2.1が横幅約46センチなのに対し、こちらDUO2.0は横幅約31.5センチ
(高さと奥行きは同じです)
小さくてめっちゃカワイイです
この小ささなのに高さがあるので裏面にパワーサプライも隠せます。

IMG_9713
ちょうどエフェクター3台載せるのにちょうどいいサイズ感。

そこで思いついたコレ。
486565
ギターマガジン最新号のこの企画、
「もしも、ペダル3台だけでボードを組むなら?」
すごい面白かったし勉強になりました。
僕なら何かなぁ?と考えたら、、


IMG_9717
MAXON Dual Boost DB10
Electro Harmonix Big Muff pi
JHS Lucky Cat Delay

ですかねー(^^)
DB10はブーストが2系統入ってるので、その2つでビッグマフを挟むように配線すれば、ゲインブーストも音量ブーストもできます
「ビッグマフにゲインブースト必要か??」とか言わないの^m^
ブースト目的だけじゃなく、DB10のCleanチャンネルはゲイン低めの掛けっぱなしでバッファとして使ってもクリーンが元気になるんで、これ1台で使い道はかなり広いんですよ。

本当はチューナーも入れたいんですけどね、ミュートスイッチ目的で。
ほら、ビッグマフはギターのボリュームをゼロにしてもノイズ大きいですから(笑)


IMG_9715
IMG_9716
しかし丁度いいサイズ感!
必要か否かは別として、こんなカワイイと無駄にサブボード組みたくなっちゃいますよね ^m^

って、エレアコ用ボードのはずだったのにww




コチラの記事に書きましたように、最新バージョンのペダルボードを組んだのが僅か1か月前。
IMG_8913
写真下がその時に組んだサブボードなのですが こちらの方が手軽に使えて必要十分なので、あれからサブボードばかり使っていてメインとサブの立場がすっかり逆転してしまいました

ちなみに上の写真のあと、サブボード上のBOSS SD-1は同社のOS-2(mod)へと入れ替わったんですが、それがもう非常に良くって。↓↓
IMG_9086
76年製のBig MuffラムズヘッドとBOSS OS-2を同時にONするとめちゃくちゃ気持ちいいリードサウンドが作れます!ラムズヘッド単体よりOS-2を足すことでピッキングのザク!っていうアタックが加わって、より汎用性の高い音に

歪みを弱めたい時(バッキング等)は、ギターのボリュームを絞ればOK。
ラムズ単体でギターボリュームを絞るとモコってくるんですが、ここでもOS-2を加えることで歯切れ良い音のまま下げることができます←めっちゃオススメです!(^^)

ブルージーな感じやクランチまで下げたい時はOS-2単体で使えばOKですね。
OS-2のCOLORつまみ1つで、ムチっとした音からジョリっとした音まで連続可変できます。
OS-2単体でギターボリュームを下げた時のチャキっとしたクリーンもカッティングに合うので使えるんですよね〜


ギターのボリューム操作で歪み具合を変えるのは、以前ビンテージマーシャル+ブースターというスタイルだった時分ずっとやってた方法なのですが、ここ数年はスイッチャーで歪みペダルを切り替えることで歪み具合を変化させていました。なので、今になって原点回帰した感じですね(^^)

スイッチャーひと踏みで音色が切り替わる方が便利でラクなはずなのですが、ボリューム操作でシームレスに音色を変化させられる方が今はフットワークが軽い感じがします


そういうスタイルになると基本的にラムズヘッドとOS-2は頻繁にバチバチ踏む感じではなくなるので、他に踏むとすればディレイとワウくらい。
そうなってくるとスイッチャーの存在意義が(^_^;)

という訳で、
48965654649656256235
早くもメインボードを組み直しました!!w
スイッチャーだと基本的にはあらかじめ組んでおいたプログラム間を行き来する感じになるんですが、スイッチャー無しだとその時の感性で柔軟に変化させられるのがいいですね(^^)
あ、フットワークが軽く感じるというのは、ここかぁー

信号の流れと短評です。

ギター

チューナー(Ibanez Big Mini)
安いのに見やすいし反応もいい!

ワウ(Crybaby JHM9)
小さい!

バッファ兼ブースター(Gernica Poral Star)
音が元気になる!

オーバードライブ(BOSS OS-2 mod)
BOSSの歪みで一番好き!

ファズ(Electro Harmonix Big Muff pi)
とにかく気持ちいい!

ボリュームペダル(BOSS FV-30L zauber pedals mod)
音質変化を抑えるモディファイ物!

ディレイ(JHS Lucky Cat)
招き猫の絵がかわいい!

リバーブ(Electro Harmonix Oceans 11)
宇宙に行った気分になれる!

エコー(BOSS TE-2)
これが無いと途端に物足りなくなる!

アンプ


です。
テラエコーは以前から常時ONで、空気感+エンハンサー効果を担っています。
じゃあ同じく残響系のOceans11はなんのために?と言うと、これは飛び道具系の残響が豊富なのでビッグマフと組み合わせることでエキセントリックな想像力が掻き立てられて、完全に一人の世界に入り込むことができるのです(笑)
また、11種類の音色の中には簡易的ではありますがモジュレーションやディレイもあるので、そういうのが必要な時にも使えます(あくまでも簡易的です)。

とりあえず現状では完璧なシステムになりました!
・・・が、ライブで使ったらやっぱり「スイッチャーの方が便利だわ」ってなる可能性もかなり高いと思われますね(笑)


さて、メインボードからエレアコ用プリアンプが外れてしまったので、今までサブボードに使っていた小さいペダルボードを利用してエレアコ用ボードを組みました
4861562525
ギター

エレアコ用プリアンプ兼DI(ZOOM AC-2)
ピエゾ臭さが生っぽくなる!

ディレイ(Behringer EM600)
変態系な効果も揃ってる!

PAへ


ベリンガーの名機EM600は正直載せても載せなくてもどっちでもいいんですが、本当はメインボードに載せようと思ってたのをやめたので、もったいないのでコッチに使いました(笑)
EM600は僕が現状で使用を想定する機能が全て揃っているディレイなので最高!・・・なはずだったのですが、一番使用頻度が高いと思われるタップテンポが 踏んだテンポ通りになってくれないという致命的な欠点があるのでメインでは使えませんwww
さすが安ペダルの先駆けww
でも名機と呼ばれるだけあってなかなか使えますよ!ディレイとしてはもちろん、コーラス効果を狙うなら前述のエレハモOceans11より全然こっちの方が使えますし、揺れ物系と残響系のマルチエフェクターと言っても過言では無いと思います


IMG_9356
という訳で最新のペダルボード2台です。
メインとサブではなく、エレキ用とエレアコ用となりました(^^)


あと、ついでにアンプの紹介です。
IMG_9358
ポールリベラさんが80年代初期に作った名機Fender Super Champからゲインブーストとリバーブを取っ払ったアンプ、CHAMP2です(^^)
以前がちゃさんからお借りした時からずっと欲しかったアンプ。
がちゃさんはスピーカーを12インチ化してた(純正は10インチ)ので僕も家にあるボグナーの豆キャビに繋いで鳴らしてみたんですが、断然12インチの方がいいですね!ヘッドルームが小さいので歪み始めは早いのですが、家で鳴らすには最高です


IMG_9357
おや?
同じFENDERの空箱がもう1つありますが、これについてはまた後日!!




このページのトップヘ