ジナパパ一家の何てことない日常

ペットの事。家族・育児の事。趣味のギターの事。日常の何てことない事。とにかく一貫性のないブログになってきました(笑)

滝野すずらん丘陵公園で、息子そうちゃんとヘビ講座に参加してきました!
息子の付き添い・・・じゃなく、僕が参加したくて息子に付き合ってもらったんですが^m^
ヘビは昔、アオダイショウやボアコンストリクターを飼っていました。

IMG_2542
顔の形や目の形、模様や鱗の数で種類を見分ける方法など教えてもらいましたよ


IMG_2539
冒頭に書いたようにそうちゃんが行きたいと言い出した訳ではないので初めのうちは「そうちゃん楽しんでくれてるかな」と不安でしたけど(汗)、クイズがあったりヘビを触ったりしてすっかり楽しんでるようで安心しました^m^

徳田龍弘先生のお話はとてもわかりやすくて、2時間はあっという間でした。最後に徳田先生が書かれた北海道の爬虫類・両生類図鑑を買って、サイン書いてもらいました(^^)
とても楽しくて勉強になりました!!


2c0108ac
こうして爬虫類の勉強をしてから改めてうちの子達を見ると、なんだかいつもとはまた違う風に見える感じがしておもしろいですね(^^)



IMG_2513
IMG_2511
ハードオフで買ったミルフォードという謎のセミアコ。
ピックアップは、フロントにDeAlmond、リアに80年代のGibsonティムショーPAFが載ってる状態で買ったんですけど、興味本位でPRSの59/09というPUに交換してみました
PRSの59/09は以前プロビジョンのレスポールに載せて好印象だったPUなんですよね〜。

交換作業は、構造上サウンドホールから電装パーツを出し入れしなきゃいけなくて難しそうだったので、プロに依頼しました(^^)


IMG_2468
フロントボリュームのポットのシャフトが他より出っ張ってるのがおわかりでしょうか?プッシュプッシュポットにして、コイルタップできるようにしてもらったんです
ソリッドボディに慣れてる僕としては、カッティング等で(特にフロントの)モッタリ感が気になる場面があったので、一応タップもできるようにしてもらったんです(^^)

あ、PU交換のついでにジャックもスイッチも配線材も全て一式交換してもらってます。


IMG_2469
IMG_2508
サウンドは・・・ぶっちゃけ交換前の方が好きでしたね
まぁでもこればかりは、実際にやってみなきゃわからないことなので仕方ないです(^^)
もちろん悪い音じゃないんですよ。ただ、ハムのギターにおいては、もっとピッキングのアタックが下品なくらい「ピキュッ!!」と言って、ロックな張り出し感があるサウンドを僕は求めてしまいます。

タップした時の音はシングルコイルっぽさを期待してたんですがそうでもなく
これは「セミアコ」というボディ構造がもたらすサウンドの影響力のデカさゆえなんでしょうね。
余談ですけど、タップした時の音はやっぱりディマジオのPUが一番実用性あるように「僕は」感じますね〜。


あ、リペアマンさんから「最後に各部の調整しましたけど、これいいギターですね!」と言っていただけました。得体の知れないギターなだけにプロの目にもいいギターに映ったのが嬉しかったですね!(^^)



長かった蝦夷梅雨が明けました(?)。
今年は関東の方は梅雨明けが早かったそうですが、こっちは関東よりもずーっと永いこと雨が降り続いていました。北海道は梅雨が無いっていう時代はもう終わったのかもしれませんね。


そんな晴れ間がのぞいた(世間では)3連休初日の土曜日。
まずは息子そうちゃんと公園でラジコン(^^)



速いラジコンは売っちゃいました。だって速いヤツはすぐバッテリー無くなるし、狭い公園や道路じゃすぐぶつかるだけなのでサーキットに行かなきゃつまらないんですもん。その点グラスホッパーはその辺の道や公園で走らすにはスピードがちょうどいいです


ラジコンのあとは子供らと3人で汗だくになりながらボール遊びして、昼からサクランボ狩りへ。
IMG_2329
札幌は都会ですけど、車でちょっと走るだけで大自然っていうのが好きなところです
ちなみにここも、我が家と同じ区内。


IMG_2335
IMG_2341
子供たちにとっては食べるのももちろんですけど、採るのが楽しいみたいですね。


IMG_2333

IMG_2456
お昼ごはん食べないで行ったんですけど、ご飯いらないくらいお腹いっぱいサクランボを食べました!でも今年は雨が多かったせいでサクランボがあまり実らなかったんですって。


IMG_2399
果樹園内にあるブランコ。


娘つぐちゃんが「天気いいからバーベキューしたい!」と言い出したので、食材を買って帰ったらそのまま家の前でBBQをしました。
IMG_2444
ピーマンの丸焼きって、食べたことあります??
切らずに丸いまんま焼いて丸ごと(中の種も)食べるんですけど、切ってないから水分が逃げないので超みずみずしくて美味しいんですよ〜
正直、僕ピーマンって好きじゃないんですけど、これは大好物です!!
1人5個くらいは余裕で食べられますね(^^)


IMG_2460
お腹いっぱい食べて大満足
外で食べるとなんでこんなに美味しいんでしょうね?


その夜。。。
娘つぐちゃんが最高のお手紙を書いてくれました(^^)
「またこういうふうになんないかな?」っていう表現がストレートで心に響きます。。。
つぐちゃんはちょこちょこ手紙を書いてくれるんですけど、これって女の子特有なんですかね?
息子そうちゃんは近しい人の誕生日とかでも「お手紙書いてあげたら?」って声を掛けなきゃ絶対に自分からは書かないんですよね。気が利かないというか、、、性格の問題かな



ぷっちょにとって、兄貴分のぷぅちゃん。僕の姉のおうちのフレンチブルです。
あと数日で13歳を迎えるという先日、息を引き取りました。。

先月末から体調を崩していて「CT検査とその結果によって手術を」という予定になっていたんですが、結果的には麻酔に耐えることができませんでした。入院に立ち会った時には手術して元気に帰ってくるものだと疑いもしなかったのですが、、、残念です。


IMG_2485
これは2年前にぷっちょがお泊りさせてもらいに行った時の写真。右がぷぅちゃんです。
ぷっちょより5歳年上の兄貴分ぷぅちゃんは、弾丸のように落ち着かないぷっちょをいつも優しく見守っていてくれました。


IMG_7653
これは今年のお正月に撮った写真。
この時はまだ元気いっぱいだったので、僅か半年で・・・と信じられません。


IMG_2302
金曜日、ぷぅちゃんの火葬に立ち会いました。ぷっちょも一緒です。
姉と義兄はまだフレンチブルの姿を見るのは辛いかな?と思ったんですが「もちろん連れて来てあげて」と言ってくれたので、ぷっちょにもお別れを言わせてやろうと思って。


IMG_2304
ぷぅちゃんと苦楽を共にしてきた、ペキニーズのぺぇちゃん。
ぺぇちゃんは、ぷぅちゃんが体調崩してご飯を残すようになったら 一緒になってご飯を食べなくなってしまったそうです。ぺぇちゃんまで元気なくなったら困るから、寂しいだろうけどご飯はちゃんと食べてね。


IMG_2309
ぷっちょも、ちゃんとお別れできました。

ぷぅちゃんと5歳違いのぷっちょは、まだ8歳。若い若いと思っても8年なんてあっという間でしたから、いい歳になるのもあっという間なんでしょうね。
単純な年数で言えばワンちゃんの寿命は人間の5分の1以下。そう考えたらほんと、1日1日を精一杯生きなきゃ!ということを動物は身をもって教えてくれているようですよね。。。


IMG_2310
帰りの車で熟睡のぷっちょ。
ぷぅちゃんと一緒に走り回ってる夢を見ているのかな。。



IMG_2182
YAMAKI R-60
先日リペアマンさんにフレットの擦りあわせの相談をしたんですよ。12フレットの1弦が音詰まりするので。。。で、その場で現物を見てもらって、リペアマンさんが軽く音出しすると、

「これはフレット打ち替えなきゃダメですね」
と、おっしゃる。

いや、そんなバカみたいに減ってる訳じゃないのでとりあえずすり合わせだけでいいんです、と思ったんですが、

「フレットの端が指板から浮いちゃってます。指で押すとフレットがメコメコと動いているのがわかるでしょう?音を聴いただけですぐわかりましたよ」
と。。。

さすが楽器のプロですね。。。全然気づきませんでした
お恥ずかしい。。。
なるほど、ここにも「ジャンク」たる理由があったのですね。。。

という訳で、現在リフレットしてもらうほどの経済力も無いので(涙)保留と言うことに。
フレットが浮いてるということは指板のフレット溝がガバガバになってる可能性があり、そこの修繕なども入れると結構な金額になるでしょう(+o+)

あとから「どうせ3000円で買ったギターだし自分でリフレットに挑戦してみようかな」と思ったんですが、最近ご自分でリフレットされたピロさんのブログを改めて読み返してみると非常に難しそうで、器用でらっしゃるピロさんでさえ難航されたなら僕には絶っっ対に無理だと悟りましたね(^_^;)

人間、時には諦める勇気も大切です。

それにいくら3000円で買えたとはいえ、本来ならもっと高価な良いギターですからね
僕の素人作業で貴重な1本を潰すわけにはいきません!



このページのトップヘ