ジナパパ一家の何てことない日常

ペットの事。家族・育児の事。趣味のギターの事。日常の何てことない事。とにかく一貫性のないブログになってきました(笑)

僕はライブではジャズコを使用しています。理由は単純明快で、どこにでもあるから ^m^
どこにでもあるアンプで良い音を出せるということは、どこのライブハウスに行っても良い音を出せるということ!

・・・と言いつつも、実はジャズコを使う本当の理由がありまして。。。

まず、僕は自分のバンドを組んでいる訳ではなくサポート or バックバンドのギタリストなので、僕1人がワンステージで10曲も15曲も演るわけじゃありません。
数曲のためだけにわざわざマイアンプを持ち込むのはダルい!!ww
(これは「甘ったれるな」と言われれば返す言葉もないっすね・・・(笑))

それに加え、バックバンドをやらせてもらってるライブイベントは基本的にボーカルさんだけが曲ごとに入れ替わる形態なので、曲間の転換が基本5分しか無いんです。
なので現実的にアンプのセッティングをしてる時間的余裕が無いんですね。


という理由でライブでは毎度ジャズコを使ってるわけですが、決してイヤイヤ使っている訳では無く、僕はジャズコというアンプが大好きです!!大抵のリハスタやライブハウスにはジャズコと並んでMarshallもあったりする訳ですが、僕はジャズコを選択します。そりゃ以前は部屋にビンテージMarshallの壁を作っていたような人間ですから、ちったぁ真空管アンプの良さもわかってるつもりです(笑)
下手なりにもギターを長く続けてきた自分史の中でいろんな考え方の変化は都度ありますが、今の僕は「どこにでもあるジャズコというアンプを使って、いかに自分の音を鳴らすことができるか」を追及することにロマンを感じている節もある訳です

まぁ、この考えがまたいつ変わるかは自分にもわかりませんよ?

という訳で今日のテーマは、ジャズコですよ。
いつもスタジオやライブハウスで使うジャズコはJC-120。ド定番ですね。
「本番でジャズコを使うのが大前提なら、家でもジャズコで音作りした方がいいべ」って訳で過去に所有したジャズコはJC-77とJC-40。

そして今回新たに導入したのが、コチラです!
IMG_3139
JC-60 というモデルです!

1975年にJC-120が誕生したのと同時に産声を上げたJC-60。
JC-120は言うまでもなくパワーアンプがステレオなのですが、このJC-60はモノラル。
回路上の難しいことは僕はよくわからないんですが、JC-60は “ JC-120の2ch側だけのヤツ ” という認識です(間違ってたらご指摘ください)。
モノラルだしスピーカー1発なのでコーラス効果などは当然違ってきますしチャンネルリンクも出来ませんが、単純にギターの音質という意味ではジャズコシリーズの中で一番JC-120に近いんじゃないか?と思ってずっと気になっていたのがJC-60なんです(^^)


しかし、一歩踏み出せない重大な理由が。
それは「JC-60にはセンドリターンが無い」という点です!!
つまり、別途用意したプリアンプ等を所謂「リターン挿し」することができない。。。

しかし!!よくよく調べますと、
IMG_3142
裏面にあるこの一番右のジャック、
IMG_3147
MAIN INという端子が、プリアンプをすっ飛ばして直接パワーアンプにinできる端子だという事実を知りました!これでプリアンプをリターン挿しするのと同じことができます

ただ、JC-60でも年式によって仕様が違ってて、MAIN IN端子が無いバージョンもありますのでご注意ください。そういう仕様の個体にはブライトスイッチも無いみたいです。


IMG_3141
ジャズコって実はスピーカーもいろんなパターンがありますよね!


気になるサウンドですが、僕が期待していた通り、今まで所有したジャズコの中では一番JC-120と似たような音&同じような感覚で使えます!
もちろん同じJC-120でも個体差だったり年式の違いによる回路の違いがあるので音は1台1台違うというのは大前提ですが、それでもライブ本番で使うアンプと同じ感覚で家でも音作りできるメリットはデカいです!

そしてサイズ感。JC-120と比べ横幅と高さが約15センチずつ小さいです!
それでも決して小さいアンプではないですが
重量は8キロくらいしか変わらないですね ^m^

あと何より、めっちゃいい音っすわ・・・
やっぱり僕、ジャズコはジャズコで大好きですね
正直クリーンで鳴らすとチューブコンプレッション感が恋しくなっちゃいますが、ペダルで歪ませた時の良い意味での暑苦しさや雑味が無くスカーーンと抜けていくような歪み方がまた時に良いんですよね(^^)



いやぁ、素晴らしいアンプをお借りしてしまいました。。。
ずっと前から存在は知っていたんですが、実際に自分で鳴らしてみたのは初めて。


IMG_3124
Dr.Zのカルンギアです。
いろんなバリエーションがあるらしいのですが、これはマスターボリュームが搭載されているバージョンなので非常に使いやすいですね
そしてEQはTONEつまみ1つしか無いのに音の幅がめっちゃ広いというか、必要十分と思わせてくれる効き方をしますね!!

ちなみに「カルンギアじゃなくてカルンギアだろ?」ってツッコミたくなってる人は恐らくフォルクスワーゲンのカルマンギアをご存知の方だと思います。たしかにこのアンプはフォルクスワーゲンのカルマンギアをもじって名付けられたらしいんですが、車の方はKarmann Ghiaで、アンプの方はCarmen Ghiaなのでスペルが違うんですよね。
このアンプのカルメンのスペルはオペラのカルメンのスペルと同じなのできっと正式にはカルメンギアって呼んであげるべきなんだと思うんですよ!

・・・って、まぁ、どうでもいい話ですね(笑)
ここまで言っておきながら、ここでは一般的に通ってる「カルマンギア」の呼称を用います(笑)


IMG_3125
お借りしている物なのでシリアルにはモザイクかけてますが、この25周年記念モデルは各色50台限定だったそうです!今となっては探してもなかなか無いみたいですね。
貴重です!!


IMG_3126
ちなみに、このBognerの豆キャビは自前です。レッドカラーが素敵でしょ
CelestionのVintage30が1発載っています。カルマンギアはVOX系という話を聞いたことがあるのでアルニコスピーカーが合うのかもしれませんが、そこはまぁ同じブリティッシュ系スピーカーということで^m^


動画を撮ってみました!
いやぁ・・・自分史上最高のクリーンと言っていいんじゃないでしょうか・・・。
ディレイこそ掛けてますがアンプ直でこの音。。。
これまで僕はエンハンサーやらコンプやら繫げてクリーン作りに奔走してきましたが、直結でこんないい音出されちゃもう参ったね ┐('〜`;)┌ って感じです。。。
iphoneカメラでこの音ですからね。実際はもっと素晴らしいと容易にご想像いただけるかと。。。

ちなみに今回の動画はクリーンのみですが、歪みペダルで作る歪みもめちゃくちゃ良いです!実音感が強くて、全然耳に痛くないのに前に張り出してくるような歪みが作れちゃいます。いつもの歪みペダルがワンランクもツーランクもレベルアップしたかのように錯覚しますね!


・・・と、ここまで気に入ったなら「僕もカルマンギアを買いたい!」と思うのが自然な流れなのですが、僕はヘタレなので、ライブにギターとペダルボードに加えアンプヘッドとキャビまで持って行くなんて現状では考えられないんですよね
車で行くならいいんですけどお酒飲みたいので交通機関で行くことになりますし。。。
なのでやっぱり、ライブで使うアンプ(=ジャズコ)でいい音を出せるよう足元を工夫していく道を選んでしまうんですよね ^m^

とは言えこのヘッド、真空管アンプなのになんと8キロ台という超軽量なんですよ!!
これならライブにも持って行けるかも・・・と思わせてくれますよね!!

最後になりましたが、ギタ友のがちゃさん。
改めまして素晴らしいアンプを貸してくださって本当にありがとうございました!!\(^o^)/
このクリーンを体感できた経験は今後の僕の音作りに多大な影響を与えてくれたと思います!!



コチラに書きましたように、先日ジャンクで1620円(税込)で買ったヤマハのパシフィカ。
買って来た当初は、ステッカーがたくさん貼られて音も出ないという状態。↓↓↓
IMG_2332
それをレストアして使える状態にしたのがコチラ。↓↓↓
IMG_2355
前回はここまでだったんですが、毎日触ってるうちにこれがまたいい感じで鳴ってきまして
まぁ、買ってきた当初は指板にカビが生えてたくらいですから、もうしばらく弾かれてなかったんでしょう。それを僕に拾われてマメに弾かれるようになったもんですから「鳴ってきた」というよりは「本来の鳴りに戻ってきた」という表現が正しいんでしょうね(^^)

でも当時の定価37000円という低価格帯にしては、いい鳴りしてるんですよ
なんか、パーツ交換したら化けてくれそう的な?^m^

なのでいろいろ弄ってみました!
と言っても新たにパーツを購入する訳では無く、とりあえず家にあるストックパーツで。

まずはブリッジ交換
これが純正のブリッジです。↓↓↓
IMG_2587
普通のシンクロナイズドトレモロですが、安ギターによく載ってるイナーシャブロックが薄っぺらいタイプのやつですね。

これを、BLADE RUNNERに交換します!
IMG_2595
中古で買って以前はKanjiのストラトに載せてたんですが、最近は使ってなかったんです。
こいつはパッと見は普通のシンクロですが、構造が全然違うんですよね〜。
ここでは詳細は省きますので、詳しくはコチラをご参照ください。
こいつに交換したことによって、生鳴りはシャリ〜ンとした軽い感じから中身の詰まったような重ためな音に変わりました。まぁ元のブリッジが華奢だったせいもあるでしょうけど、これはなかなか顕著な変化ですね。


続いては改造の大定番、ピックアップ交換です。
GIFMENと書かれた謎の純正のピックアップから、JUNTONE ST60'sという手巻きのピックアップへとパワーアップです!
IMG_2594
IMG_2593
もともとはSSHのレイアウトだったのを3シングルにしました。
やっぱ僕はシングルコイルの音が好きなので(^^)
あと、ハムとシングルはどうしてもパワー差があるので、歪み具合や音質の違いは割り切れるとしてもクリーントーンの時の音量の差が僕には使いにくくてしょうがないんですよね。。。
Juntone PUに交換したことによる音の変化はもう言わずもがなですよね。カリっとした硬質なセラミックマグネット特有の音から、明瞭だけど柔らかくてエアー感も感じる音になりました。
・・・って難しいことは抜きにして、とにかく音がワンランクもツーランクもレベルアップしましたね!!←語彙力


という訳で、
IMG_2592
家にストックしてたパーツなのでお金はかかってないとは言え、ギター本体の購入価格1620円を軽く凌駕するパーツ代です^m^
いや〜でもほんと期待通り、モディファイにちゃんと追従してくれるポテンシャルを持ったギターでした!!・・・と、ここまで改造し終わってからコンデンサを交換し忘れたことに気付いたのですが、もう面倒くさかったので次の機会に^m^


あ、あと、
リアピックアップのキャビティがガラ空きだったので、スポンジを詰めて終了!!なんかこの素人セルフモディファイ感がまたいい感じ^m^

という訳で完成です!!
IMG_2608
パシフィカPAC312、ますますいいギターになりましたよ!!
僕、昔から安ギターの改造が好きでよくやるんですけど、大抵は改造が終わると満足しちゃってすぐ手放すのがオチなんですよね。でもこのパシフィカは寝室に転がしといて一番手に取る機会の多いギターの座を射止めています

いや〜、いいギターを買いました!
当然、個体差があることは大前提ですが、パシフィカおすすめです!!



最近ユーチューバー系ギター講師さん達が動画で「良い!」と紹介していたり、ツイッターでもちょっと話題になっているヤマハのPacifica(パシフィカ)。僕が好きなユニコーンのギタリストであるテッシーもパシフィカユーザーです
(もちろんテッシーのは高いパシフィカですが)
弾いてみたいなーと思ってたところ、ハードオフで丁度いい素材をゲットしました!

IMG_2332
IMG_2333
IMG_2334
IMG_2336
IMG_2331
PAC312というモデルのようです。当時の定価37000円。
パシフィカの中でも低グレードのモデルですね。

シールべたべたで音が出ないというジャンク品で、値段はなんと税込1620円(笑)。でも手に取ってみるとネックやフレットの状態は悪く無さそうだし、音が出ないくらい何とでも治しようはあるので問題なし(^^)
ちなみに、シールで一部モザイクをかけた部分はプリクラが貼ってありました^m^
僕がオーナーならせめて自分の顔写真くらいは剥がしてから売るけどなぁ(笑)


指板のカビがやばい状態です
IMG_2338
触りたくないですね(-"-)
ポリッシュでサッとカビを取ったら、あとはレモンオイルで洗浄。そして指板が見るからに乾燥してたのでオレンジオイルで保湿。フレットはピカールで磨きます
IMG_2342
IMG_2341
黒々してて、結構いい指板ですよね!
まぁでもこの写真はちょっと良く写り過ぎましたかね(笑)


続いてはアッセンブリーのチェック。
ピックアップ配列は、SSHです。
調べると全て純正ピックアップで間違いないようですね。正直、見るからに安物ギターに搭載されてるようなセラミックマグネットのPUって感じです。
音が悪かったら交換しちゃうつもりですが、まずは純正の音を知りたいのでこのまま。

ジャンク品たる所以である音が出ない原因を追究する前に、どうせ全て配線し直すからいいや〜とチェックもせずにアッセンをバラしちゃいました(笑)
IMG_2347
使えるパーツはそのまま使います。
ポットはよく安物ギターで見る超小さいヤツだったので、国産の大きいヤツに交換。
あとは配線材をクロスワイヤーにしたくらいですかね。
あ、プラ製のジャックプレートがバッキバキに割れてたので金属製のに交換しました。


そしてここからが一番過酷な『シール剥がし』・・・!
雷神を使ってもなかなか剥がれないシールがあって苦労しました
シールを剥がしたらポリッシュで拭いてコンパウンドで軽く磨きます。
IMG_2348
IMG_2349
キレイに見えますけど、結構キズは多めですね。
色はシースルーブラック?と言ってもちょっと緑掛かったような黒ですね。


あとは組み込んで完成!!
IMG_2355
IMG_2350
IMG_2357
IMG_2354
いやぁ普通にカッコイイじゃないですかー!
ボディは4ピースなんですけど、この色なのでそこまで継ぎ目は目立たないですね
ハードオフで見つけた時に思った通りネックの状態が良いので、弦高もバシっと下げることができて弾き心地もすごく良いです。ネックの厚みや太さも標準で理想的ですね。


翌朝、弾いてみました!!
音もとても良いですよね!
「安物にしては良い」じゃなく「高いギターと比べても遜色無い」と思います
・・・褒めすぎ?^m^
で、これ生鳴りがすごくいいんですよ。シャラ〜〜ンと鈴なり感があって低音もしっかり出ます!ピックアップとかパーツを交換したらもっと良くなるポテンシャルを秘めてそうな予感


という訳で、パシフィカPAC312レストア記録でした!
こいつは事務所に置いて休憩中の練習用ギターに昇格です!!
でも持って行く前にもうちょっと弄りたいなぁ(^^)




5月の北海道でこんな20℃越えるのがデフォルトみたいな日々が続くなんて、ほんとここ数年の気候の変化は心配になってしまうくらいですね。
GW中の十勝旅行では31℃まで上がってましたし・・・

そんな春や初夏をすっとばして真夏みたいな今日この頃、
ペダルボードを一新しました

最近ペダルボードにまったく変化が無かったんですが、新たに
・Zauber Pedals ツインリバーブ・プリアンプ
・Zauber Pedals ABボックス
・BOSS FV30L(ボリュームペダル)

を増やしました!!

・・・ABボックスは、ツインリバーブプリアンプを通す場合と通さない場合をスイッチで切り替えるために作っていただいたんですが、実際に配線してみて気付いたんですがABボックスを介さなくてもケーブルを1本挿し替えればいいだけの話だったので、結局今回は使いませんでした

ツインリバーブプリアンプとボリュームペダルというデカブツが増えたことによって、コンプレッサーとエンハンサー/ブースターがボードに乗らなくなってしまったんですが、ツインリバーブプリアンプを通すことでチューブコンプレッションが得られるため結果オーライです!(詳しくはコチラ
このZauber Pedalsさんのプリアンプ、マジ良いです


ボリュームペダルは過去に3機種くらい買いましたが、僕の使った中ではBOSS FV30が一番踏み心地が好きですし、音量のカーブの仕方がめっちゃ自然というかスムーズなんですよね。いきなり上がったりいきなり下がったりするポイントが無く、ぬる〜んと上がり下がりするのが好きです!
音質劣化しないと有名な高いヤツも使いましたが、踏み心地もカーブも好きじゃなかった
という訳でFV30は実は1回手放しちゃってたので2回目の購入であります^m^

安定のBOSS!



このページのトップヘ