ジナパパ一家の何てことない日常

ペットの事。家族・育児の事。趣味のギターの事。日常の何てことない事。とにかく一貫性のないブログになってきました(笑)

ハードオフやセカストに行けば高確率で出会えるアンプの代表格!
VOXパスファインダー10です。
IMG_9552
実はこのアンプ、18年くらい前に所有してたんですよね。僕は人生の中でギターから離れたことが2度あるんですが、その1度目のギター離れから復帰した時に購入したのがこのパスファインダーでした。でもすぐに姉の当時の彼氏にあげちゃいました(笑)

で、そのパスファインダーをなぜ今さらまた?ということなんですが、まだギター歴が浅い友人がパスファインダーを使ってて音作りに悩んでいたので、僕も同じアンプを使えば少しは友人と悩みを共有してアドバイスできるんじゃないか?と思い立ちまして。


IMG_9553
こんな価格で買えるので、失敗しても財布に優しいですしね^m^

で、おそらく18年ぶりくらいにパスファインダー10の音を聴いた訳ですが・・・
うん、これは手ごわいwww
新品でも6千円ほどで買えちゃうようなアンプに辛口なことを言うつもりは毛頭無いんですが、それにしても最近の安い小型アンプはかなり進化してて良い音出しますからねぇ。

まずOVERDRIVEチャンネル
これはミドルが全く無くシャリシャリで、すごい遠くの方で音が鳴ってる感じ。
お世辞にもこれは使えないかな。。。

そしてネットの評価が高いCLEANチャンネル
うーん・・・これまたシャリシャリ・・・。
実音感に乏しくて、耳から音がすごく遠いんですよね。
良く言えば「スモーキー」な感じがいわゆるVOXらしさにも通ずると言うこともできなくはないんですが、、、っていう感じです。

でも僕は思った訳です。
ネットではパスファインダー10のクリーンを評価する声も少なくない。ってことは、何か良いセッティングがあるんじゃないか?と。
で、見つけました。
IMG_9560
チャンネルスイッチはCLEAN。
TREBLEとBASSはお好みで。
そして本来は音量調整のためのVOLUMEつまみを最大!で、本来は歪みを調整するためのGAINで音量調整する。という使い方です。
真空管アンプではパワー管をHere we go!させるためにこういうセッティングにすることもありますが、パスファインダーでもこれで少しはマシになった気がします(^^)

とは言え。とは言えですよ。
IMG_9561
僕的には、近年練習に愛用しているLANEYのミニミニアンプ(mini superg)の方が全然実用的なサウンドに感じてしまうのです・・・(笑)
まぁあくまでも好みの問題なんでしょうけどね、こういうのって。


せっかくなんで細部でも見ていきましょう。
IMG_9552
パスファインダーはいろんなカラーバリエーションがあるんですが、僕はこの鮮やかなレッドを選びました!!ルックスは最高ですね!


IMG_9555
IMG_9554
バックビューと、裏のパネルです。


IMG_9556
スピーカーはVOX純正の6.5インチが1発。


IMG_9557
MDF製のエンクロージャーに、「絶対に外させまい!」という強い意志を感じるほどにボンドで固められたバッフル板(笑)


IMG_9559
必要最小限にまとめられたコントロール。
せっかく2チャンネルあるんだから演奏しながらフットスイッチでチャンネル切り替えできたらいいのに。って一瞬思ったんですが、そもそもチャンネルごとにボリューム調整できない仕様のため、チャンネルを切り替えるたびに音量調整しなきゃいけません。


IMG_9558
という訳で今更すぎるVOX Pathfinder10のレビューでした!!

僕にとっても約18年ぶりに所有するこのアンプ。
その18年の間にはデジタルのアンプシミュの音質も飛躍的にアップし、一般人でも買えるような価格帯にまで下がってきました。もちろんデジタルではないアナログの小型アンプもこの18年でかなり音が良くなりました。それを考えるとこのパスファインダー10は「一昔前のトランジスタアンプ」感を体現したような音ですが、それでも現役で生産され続けていることを思うときっとファンが多いアンプなんでしょうね!(^^)


VOX 《ヴォックス》Pathfinder 10【送料無料!】【あす楽対応】

価格:5,940円
(2021/4/17 09:27時点)





仕事が忙しければ忙しいほどブログを書いてしまう僕です。
現実逃避っていうヤツですかね^m^

前回から約4カ月の間隔が開きましたが、来月ライブです。
このコロナ禍でも、ライブハウスの方々、主催者さん、演者、そしてオーディエンスの皆さん1人1人がしっかり対策をすることでこうしてライブができることに感謝です。

さて、ライブ前ということは恒例のペダルボード組み換えです(^^)
特に大きな変更という訳では無いんですが、今回どうしても入れたかったペダルがこれ。
IMG_9536
BOSS Harmonist PS-6です。
実はこのハーモニスト、買うの3台目です・・・w
こういうエフェクトって、しょっちゅう出番がある訳ではないじゃないですか。なのでライブで使い終わるたびにしばらく経つと「もう出番は無いな」と思って売ってしまう、、、っていうのを2回繰り返し、このたび3回目の使用機会が訪れたという訳です(笑)


ちなみに、これが唯一残っていた過去にPS-6を使った(自主練の)動画。
もう4年前くらいです。

1:07あたりからPS-6をONにしてハモらせてます。ライブ本番の動画じゃなくてスミマセン。

気持ちいいハモりですね!
もう売らない!!決めた!!(ほんとか)

PS-6は、ギター1本でハモらせる機能、オクターブ上や下を足すオクターバー的機能、デチューンによる “ 揺れないコーラス ” 機能、ワーミー的なピッチの下降・上昇機能などあってほんと多才なヤツです。特にデチューンなんて妙な中毒性がありますね!

このPS-6をボードに入れようと思うと今まで使ってた小型ペダルボードでは乗り切らず、やむを得ず以前使ってた一段階大きなRockboard TRES 3.1というボードに変更しました。
IMG_9534
丁度いい感じに収まりましたよ(^^)
PS-6を足しただけだとボードに隙間が多すぎたので、ボリュームペダルも復活させました。
なんだかんだボリュームペダルはやっぱりあると便利です。


信号の流れは、こうです↓↓↓
IMG_9542
ペダル9つ直列!なのですが、先日導入した先頭のPolytune 3 miniに内蔵されているバッファのおかげでキラっとしたクリーンが保たれてる気がします。あとBOSSのボリュームペダルにも実はZauber Pedalsさんによる「ボリュームを落としてもハイが落ちない特別なチューン」が施されています^m^


IMG_9538
今回PS-6を置いたスペースは、ライブで演る曲に応じてペダルの入れ替えを前提としたスペースという位置付けにしましょう(^^)


IMG_9537
ボード向かって右側のドライブセクションはよっぽどのことがない限り入れ替えはそうそう無いと思いますが、好きなコンプに関してはやっぱりいろいろ試したくなっちゃうので案外入れ替わりあるかもです^m^


IMG_9540
IMG_9539
IMG_9541
ノラネコぐんだんフィギュアの位置もしっかり確保してニューボード完成です!


先日のフォトジェニックのレスポールモデルと一緒に、実はこんな物も買っていました^m^
IMG_9415
グヤトーンの真空管アンプ。リバーブカスタム GA-1100RCです!
ルックスでお察しの通り、Fenderのツインリバーブあたりを模したモデルとのこと。
ツインリバーブとは違ってトレモロは付いてないですけどね。

リバーブカスタムは年式ごとに仕様変更しているみたいで、僕が買ったこの80年代初期の物はプリント基板に移行してからの物だそうです。
486546454546456
「ICやトランジスタを全く使用しない完全真空管アンプ」という文言に萌えます(笑)
80年代初期で定価168,000円もしてたんですねー!

「可搬性を一番重視」「小型軽量こそ正義」とかいつも言っておきながら27.4kgですよ(^_^;)
いつものように「ネオジウムスピーカーに交換したら軽くなるでしょう」なんて安易に考えてみるわけです。


IMG_9255
純正スピーカー(SP-306)を1つ外して体重計で測ってみると・・・なんと4.6kg!!
予想外に重かったです・・・2発合わせたら9.2kgですか。。。

でもこれは言いかえれば「軽いスピーカーに交換すればかなり減量できる」ってこと
例えばCelestionのNeo Creamback(ネオジウム)なら2発で3.8kgなので、一気に5.4kgもの減量となります。つまり27.4kgだったアンプが22.0kgに!!
・・・ってそれで決して軽くは無いですけどね
まぁ100w級の真空管アンプ買っておいて「重い」と愚痴るのも筋違いも甚だしいですね(笑)


では各部を見ていきましょう!
IMG_9416
左チャンネルはボリュームと3バンドEQ。そしてブライトスイッチです。
インプットはHIとLOWになってて、聴感上は音量が結構変わります。
僕の印象だと右チャンネルに比べて左チャンネルの方がサウンドが少々ミドル寄りというか、キラっとした成分が少し控え気味な印象です。


IMG_9417
右チャンネルは基本的に左チャンネル+リバーブなのですが、前述のようにこっちの右チャンネルの方が音が抜けてくる感があるので、僕は基本いつも右チャンネルに挿してます。
そのリバーブは、
IMG_9422
アキュトロニクスのMade in USAのリバーブタンクによるもので、思ったほどピチョンピチョン感は強くないです。もしかしたら70年代以前のリバーブカスタムはもっとピチョピチョ系を狙ってたかもしれませんよね、時代的に。ベンチャーズの来日ライブの際にはグヤトーンのアンプを使ってたみたいですしね(^^)


裏面。
IMG_9419
センドリターンやラインアウトなどの気の利いた装備は無いです。


IMG_9421
もっと古いリバーブカスタムにはアルニコスピーカーが載っていたようなのですが、こちらにはセラミックマグネットのスピーカーが奢られています。
家に有るセレッション アルニコブルー、クリームバックG12H-75、Seventy80を繋いで鳴らし比べてみたところ、このSP-306というスピーカーは「ザ行」「ジャ行」の音が控え目で、ハイミッドのカーーンと耳にくる帯域がちょっと目立つ傾向にありました。
僕個人の好みとしては、やっぱりセレッションのNeo Creambackに交換すると軽量化できるだけじゃなくサウンド的にも良い方向にいきそうな予感がします(^^)


IMG_9423
真空管は、6L6GCが4本、12AX7が3本、12AT7が2本です。
さすが100w級の真空管アンプだけあって超デカい電源トランスが載ってます!


最後に音についてですが、
IMG_9225
ハイからローまで万遍なく鳴ってくれるようなレンジの広いサウンドが非常にいいです!
歪みペダルも我が家のを一通り繋いで鳴らしてみましたがどれも一定水準以上の音を出してくれて、チューブスクリーマーなんか特に「あ、きたこれ」という感じ(笑)
100wなので歪み始めのギュムっとしたコンプ感が出てくるまで家で音量を上げることはできませんが、どクリーンはとても素直にキラキラっと鳴る印象ですね。

ちなみに隣に写ってます62年製のFender Princetonは6G2の回路がやはりブラウン期特有の落ち着き感を色濃く持っていて、ロックやポップスから歌謡曲や演歌まで演る僕みたいな人間にとっては万能で何でもござれなアンプでは無いです。Marshallを使うライブを想定した音作りをするにもキャラがだいぶ違うし、ペダルチェックに使うようなリファレンスアンプでも無いです。アンプ直結でいなたいブルースなんか弾くには最高すぎるアンプなんですけど、僕がライブでサポートしているジャンルでの実用性を考えると懐はかなり狭いですね。

そういう意味では僕にとって、
プリンストンは趣味のアンプ。リバーブカスタムは実用のアンプ。
と言う棲み分けになりますかねー(^^)
最近はギターや機材買うにもまずライブを想定して選ぶようになりました。実際にライブで使うかどうかはさておき、家でライブを想定した音作りをするリファレンスアンプという意味でも。
衝動買いとなると話は別ですがww


という訳でグヤトーン リバーブカスタムの紹介でした!
重量以外はサウンドもめちゃくちゃ気に入って、ちょっといいエフェクターを買ったくらいの値段だったのに非常にいい買い物でした!

リサイクルショップで、遠目に見ても「おっ!」と目を引くレスポールモデルが1本。
たまにありますよね、ビビっとくる個体。
ラッカーっぽい奥行きやツヤ感のある塗装。古いトーカイLSのようにボディエッジに向かって反り返るトップのカーブが、照明を反射した時に色気を醸し出します。

ヘッドロゴを見てみるとビックリ。まさかのフォトジェニックでした(゜o゜)
フォトジェニですからご想像通り値段も安いし、いいオモチャになりそうなのでGETしました


IMG_9236
なんちゃってGIBSON形状なヘッド。
Photogenicロゴはいわゆる旧ロゴ?初期ロゴ?と言われてるタイプです。
初期物は作りや音がいいとか言われてるという話もチラホラ聞きますが、僕には全くわかりません。フォジェニックを年代別に並べて弾き比べたことは無いので。

このペグの精度がもうイヤんなるくらい悪いです。。。w
思わずププっと笑ってしまうこういう箇所こそ “ 安ギターの和みポイント ” と言っても良いでしょうね(笑)
ここで一切笑わずに怒ってしまう人はそもそも安ギターに手を出すべきじゃないです。


IMG_92227
そして僕が店頭でビビっときたボディがコチラ。
写真でどこまで伝わるか疑問ですが、冒頭に書いたように塗装の質感がニトロセルロースラッカーみたいな奥行き感とツヤなんです。・・・いや、写真じゃ伝わらないですよね。悔しい。。。


IMG_9234
ボディトップのカーブは、古いトーカイLSに似たエッジ部分が反り返るような形状です。
これが妙な高級感?色気?を醸し出してるんですよね〜
「フォトジェニックに何言ってるんだか」って言われそうですが、ほんと、ちょっと只者じゃなくない?って思っちゃうような質感なんです。
お気付きとは思いますが、トグルスイッチが折れてます。交換しなきゃ。



IMG_9230
ただ、ボディ材は謎の木材の継ぎはぎボディです(笑)
トップとバックはおそらく同じ材。近年のフォトジェニック・レスポールコピーはトップにメイプル?シカモア?の化粧板を貼ってるみたいなんですが、コイツはそれすらもされていないです。
継ぎ目が弦と平行に貼られていないので、すごい違和感をおぼえます(^_^;)


IMG_9235
こちらがボディバック
パット見は3〜4ピースなんですが、ボディを横から見ると部分部分によってボディ厚に対して5:5や7:3などバラバラの比率で貼り合された材が、たくさんツギハギされているのがわかります(^_^;)
もう、ピースやプライを数えるのもバカバカしくなるような感じです(笑)
ただまぁ昔のミルフィーユ構造のベニヤボディよりは精神衛生的には良いかな。ソリッドボディであることに変わりは無いので^m^

あ、ネックはローフレット側でスカーフジョイントされたメイプルです。
一応セットネック。


IMG_9241
ピックアップだけ交換(JUNTONEのビンテージタイプPUに)したのですが、やはりと言いますか、鳴りの乏しいギターにはそれを補うオラオラ系PUの方がいいですね(^_^;)
ちょっとドンシャリ傾向なハイパワーPUを載せてみたいところです。
他はもう、いじりたいところだらけで挙げたらキリがないです(笑)
しばらくコイツで遊んで行こうと思います!!




先日の、超ペイペイ祭グランドフィナーレに入手しました^m^
IMG_9149
TC electronicのペダル型チューナー、Polytune 3 mini noirです。
長年これの「2」を使ってきたんですけど、このたび「3」に買い替えです。
別に2に不満があった訳でもなければ3を狙ってた訳でもないんですが、冒頭に書いた超ペイペイ祭で新品がほぼ半額くらいで買えるような計算だったので、急に思い立ってポチりました。

2からの変化は、主に「ディスプレイが見やすくなった」「バッファ搭載になった」「チューナーの常時表示が可能になった」の3点だそうです。
ディスプレイは2で既にめっちゃ見やすかったのでこれ以上どう変わるんだ?と思ってましたが、たしかに2より見やすいです(笑)
チューナーの常時表示は僕はオフにしてます。チューナーをミュートスイッチとしても認識してる僕にとっては「チューナーが表示されていればミュート状態」と視覚的にわかった方が都合がいいからです。

あと、

それより僕が感動したのはバッファですね!
本体横のスイッチでオンオフできるバッファですが、オンにするとあからさまにキラっと輪郭の立った音になります。音が変わる以上、人によって好き嫌いあると思いますが僕は好きな変化でした!

衝動的なポチりでしたが、いい買い物でした(^^)


このページのトップヘ