ジナパパ一家の何てことない日常

ペットの事。家族・育児の事。趣味のギターの事。日常の何てことない事。とにかく一貫性のないブログになってきました(笑)

僕のフェイバリットギタリストの1人である奥田民生さんが、近年ライブやRecで多用しているギブソンのES-330。先日の、ユニコーン武道館ライブの生放送の映像を観てすっかり欲しくなってしまいました。
過去を思い返せば、Epiphoneのバッドウイング2本、ヒスコレのレスポール、Marshall PA20など、奥田民生さんの影響で買った物は少なくないんですよね^m^


IMG_4651
という訳で、1967年製のGibson ES-330です!!

正式には型番の語尾にTDとつきます。TはThin body(シンボディ。薄いの意味)で、DはDouble Pickup(ピックアップが2個搭載)ですね。
ES-330はネックジョイント位置が16フレットジョイントなので、現実的に使えるフレットは19フレットまで(チョーキングしないなら20フレットまで)という感じですかね〜。68年からはジョイント位置がES-335等と同じになるので、ハイフレットでの演奏もイケるようになります。

ネックがボディにめり込んでる分、ブリッジの位置がES335に比べてボディエンド側に移動しているのがわかると思います。このルックス的なバランスが僕的に良いんですよね〜


IMG_4650
重量は2.7キロと軽量。
色はスパークルバーガンディというカスタムカラーです。
退色して茶色っぽくなっちゃってますけどね。


IMG_4656
ボディバックは、退色せずにバーガンディが残ってくれています(^^)
トップと見比べるとかなり違いますね。どっちの色もいい

IMG_4653
IMG_4658
ヘッド。
ペグがGroverに交換されています。


IMG_4654
ナット幅が40ミリ弱のナローネックです。
好き嫌いは分かれるでしょうけど、慣れてしまえば僕は大丈夫でした
ナット幅が細いとは言っても厚みは普通にあるため取っつきやすいのかもしれませんね。
ナットとフレットは交換されています。
指板はこの年だときっともうハカランダではないでしょう。


IMG_4657
ネック裏はかなり塗装が剥げて、塗り潰しカラーなのにマホガニーの木肌が出てます。
弾き込まれてきた個体なんでしょうかね(^^)


IMG_4652
ピックアップはオリジナルのドッグイヤー(P-90)が2発です。
これがまた非常に歯切れの良い音を出してくれます!
フルアコなので甘くてジャジーな音だと思っていたので、こんなロックな音が出るのか!と良い意味でかなり意表を突かれましたね。



IMG_4655
Fホール内のラベル。


IMG_4659
ブリッジ。ナイロンサドルです。
ナイロンサドルは柔らかい音だとよく聞きますが、これで柔らかい音なら金属製サドルだったら一体どんな音なんだろうと思う位に現状で十分歯切れのいい明瞭な音が鳴ってます(^^)


・・・と文章で書いてもナンなので、動画を載せます!
まず、歪んでる音。
後半はピックアップセレクターをミックスにしてるんですけど、それもまたいい音です


続いてはクリーン(というかクランチ)。
フルアコってことで鳴れないジャジーなプレイをしてみましたが。。。
フロントPUの甘い音もいいですね〜(^^)

先日スタジオで歪ませて大きい音を鳴らしたんですが、心配してたハウリングも全然気になりませんでした!案外イケるもんですね


IMG_3876
という訳で、67年製ギブソンES330の紹介でした!
僕がギターや機材を買う基準として「ライブで使えるかどうか」というのが上位に来るんですが、正直これはハウリングの問題だったりハイポジションが押さえられない点だったり不安な点があるにもかかわらずあまりに民生さんがカッコよくていい音を出されてたのでポンと購入してしまいました
でもいつかライブデビューさせたいです!!
フィードバックなんて操れたら最高にカッコイイですね^m^



ギター好き、エフェクター好きのみなさんは、よく「エフェクター聴き比べ」をすると思います。でも複数台のエフェクターを同時に聴き比べる際、直列に複数台繋いでしまうと音が劣化してしまうし、前段のペダルのバッファの影響を後段のペダルが受けてしまって純粋な音比較ができなくなってしまいます。だからと言って1台1台いちいち繋ぎ替えるのも面倒くさい。

そんな時にスイッチャーが役に立つ訳です。

でも、普通のループスイッチャー(プログラマブルじゃないヤツ)って、ループ数が多い物があまり無いんですよね。せいぜい5〜6ループとか。
まぁそれでも十分っていう人はたくさん居ると思いますけど、僕はもっとほしい(笑)
と、言いますのも、、、
いつもペダルをたくさん貸してくださるお友達のがちゃさんが、たくさんのチューブスクリーマー(系)を貸してくださったのです!いつも本当にありがとうございます!!わかる人にはわかるめちゃくちゃレアな物もありますね。。。
これらに加え、僕が持ってるTS系のコピーだったりデリさんがお持ちのモディファイ物だったりを合わせ、合計9台だったか10台(!!)のTSを聴き比べようと計画しているんです^m^

そのため、10ループのスイッチャーをZauber Pedalsさんにオーダーしました!


IMG_4545
IMG_4548
いやぁ、ちょっと、わやカッコ良くないですか?
この飾り気のない無機質なルックスがプロっぽくてたまんないです(笑)
ちなみにダイモテープは僕が自分で作って貼りました。なので「Zauber Pedalsってダイモテープ貼るの曲がっててヘタクソだな」とか思わないでください。貼ったのは僕です(笑)


IMG_4546
バッファのON/OFFスイッチも搭載してもらいました。あとはもう普通に10個のループとイン・アウト、バッファ&LED用のDC9Vジャックのみです!

もちろん今回のTS系比較に限らず、新しいペダルを買った時や、ライブ前にボードに載せるペダルを選抜する際などにもペダル弾き比べは日常的にやりますので、このスイッチャーの出番はかなり多くなるはずです。「こんな時にスイッチャーがあればなぁ」と思うことがこれまでも多々ありましたからね!(^^)


ちなみに、このスイッチャー用としてパッチケーブルも準備しました。
ソルダーレスです!
作り方はフリーザトーンのと同じですね。ただ結ソルダーレスはプラグがL用にもS用にもなるタイプなので非常に便利です!Lは余ってるのにSが足りない〜ってこと、たまにありますからね!しかも良心的な価格なのがとっても嬉しい
付属のケーブルはちょっと硬いけど、プラグなんかは全然安っぽいなんてことも無いです
ケーブルは4ミリ径の物が流用できるので、フリーザトーンの柔らかいケーブルを使うこともできちゃいます(^^)


という訳で役者は揃いました!
あとはライブが終わって時間ができたら、スタジオでTS弾き比べ会を敢行です!



GDS 18W Comboアンプ。
IMG_8163
IMG_8164
出力18ワットで10インチスピーカー1発搭載のコンボアンプなのですが、大き目の音を出すとビリビリ共振し出し、アンプのパワーを箱が受け止めきれていない感じ

そこでこいつをヘッドとして使おうと考え、スピーカーアウトの端子を増設してもらいました。
IMG_3325
これで任意のキャビに接続して音を鳴らすことができるようになりました!

IMG_3324
Bognerのマメキャビに繋ぐと、純正のスピーカーで鳴らしていた音とは全然違います!やっぱり音の出口は重要だなぁと再確認しました。
・・・しかし、いかんせん見た目が悪いww
そして縦に場所をとる。

そこでアンプ部だけを抜き出してヘッド化しようと決意。

アンプ部を収納しようと思って調達した安いアンプヘッドのシェルに納まりきらないなど紆余曲折(ここでは割愛)を経て、結局作ることにしました!
まずは木材調達。
IMG_4137
過去のブログにも登場してますように一応我が家にも電動工具はちょいちょい揃ってるんですが、精度(と腕)という点ではホームセンターに適わないのでカットしてもらう。1カットわずか数十円から切ってもらえるので、僕程度の木工技術の人間は頼むのが賢明です(笑)


IMG_4136
ダブテールジョイントなどは当然僕にはできません。
普通に木工用ボンドで接着。その後ネジで固定。

なかなかいいサイズ感です(^^)


あとは、補強した方が良いとツイッターでアドバイスいただいたので補強材(アルミなので超軽い!)を入れ、ハンドルを取り付けて完成!
IMG_4153
IMG_4157
IMG_4154
めっちゃ可愛く仕上がりました
横幅33センチ・重量7.1キロと、思わず持ち出したくなるサイズ感や可搬性です(^^)

あとはスピーカーアウトを背面に移設したいですね。
これは果たして自分でできるのだろうか。。。
あと、文字が逆さまなのでコントロールパネルの作り替えと、天板に放熱用の穴開け。フロントパネルとバックパネルも付けたいです!



IMG_4018
先日3100円で買ったTEISCOのベースアンプ、BN-50A
(詳しくはコチラをご覧ください)
ご覧のようにBognerの豆キャビとあまりにサイズ感がマッチしてるので、さらに統一感を出そうとトーレックスの貼り替えをすることにしました(^^)


IMG_4088
この日は家族が不在だったので、リビングでテレビを見ながらゆっくりと。
まずはバラし。


で、一気に写真が飛びますが
IMG_4089
今回はコーナーガードを付けない(つまり難しいコーナー貼りをキレイに行なわなければいけない)ので、なかなか難易度が高いです。ギターアンプのトーレックスの張り替えは何度かやってますが最後にやったのは2年半前(コチラ)なので、ちょっと勝手を忘れてましたね


3時間弱かかって完成!!
IMG_4091
IMG_4095
やべぇ、なまらカワイイ
ヘッドのデザイン的にちょっとレトロな昭和家電みたいな雰囲気もありますね〜^m^

細かいことを言うと、ヘッドはレヴァントトーレックスですがキャビはエレファントトーレックスなのでシボの模様が違うし 色味も微妙に違うんですが、遠目に見ればまったく違和感無いです

なんだかノブまで換えたくなってきちゃいましたね〜^m^



我が家にある唯一の真空管アンプである、GDS 18wコンボ。
IMG_3325
こいつのアンプ部だけを抜き取ってヘッド化しようと考えています。
いつもの僕なら板を買ってきてヘッドシェルを作るんですが、、ちょっと最近は正直そこまでの気力がありません。できるなら簡単に済ませたい。

なんか、やっすいアンプヘッド(ジャンクでも可)を買ってきて、中身をGDSと入れ替えればいいや〜くらいに考えて買ったのがコチラ↓↓↓
IMG_3953
テスコのトランジスタ・ベースアンプです。
誰も入札してないので開始価格の1000円で落とせると思ったのに、終了間際になって何件かの入札があり最終的に3100円になりました。


SVWW0990
届いて即アンプ部を抜き取る。
オークションに記載されていた寸法を見る限り、GDSアンプがいい感じで入りそう

・・・と思ってたのに、
記載されていた外寸は取っ手の厚みを足した数字だったらしく、見事に入りませんでした(T_T)
ザンネン・・・
という訳で速攻でお役御免です。。


処分するまで 狭い寝室の一角に置いておくには邪魔くさいので、
取りあえずBgner豆キャビの上に積んでおく。
IMG_3958
横幅ピッタリじゃないすか。。。
と気付いたとたん急に可愛く見えてきて(笑)、ためしに音を鳴らしてみました。

すると、めっちゃいい音が鳴る!!

謎の擬似チューブコンプレッション感によりストラトでもプレーン弦が引っ込まない。
ミドルがしっかりしてるのでジャズコみたいなチリチリ感も無く実音感が強い。
こんなことを書くと「お前の耳は大丈夫か?」と言われそうですが、リアルな話、うちにあるどのアンプよりもDr.Zのカルマンギア(お借りしてる物)に近い音が作れる。

まぁ、キャビが良いからっていう理由も当然あるでしょうけどね。
理由がどうであれ、とにかく今の僕的に一番熱い音が出ます(笑)。
・・・もちろんお借りしてるカルマンギアには適いませんよ ^m^


さて、改めて細かいところまで見てみましょう!
IMG_4013
TEISCOBN-50Aというトランジスタのベースアンプです。
これ、フロントパネルのデザインがレトロでかわいいですよね!


IMG_4014
これ何て読むのか最初全然わからなかったんですが、Bassnote(ベースノート)って読むらしいです。「n」を無理やりFenderモダンロゴの「f」に似せようとしたんでしょうか(笑)


IMG_4015
フロントパネルは一般的な3バンドEQにボリューム、あとはブライトスイッチです。
EQは、1時を超えると変化してるのか正直よくわからないですね(笑)


裏はこんな感じ。
IMG_4016
IMG_4017
スピーカーアウトが2種類ありますが、何が違うのか僕にはわかりません
最初に挿した端子で音が出たので、もう一方の端子にはまだ繋いだことすらないです。


さて、恒例ですが中身も見てみましょうか!
IMG_3954
IMG_3956
なかなか立派なトランスが奢られていますね!
まぁ、見たところでサッパリなので、そっと仕舞ったよね。。。


IMG_4018
という訳で、GDSアンプが入らないというまさかの誤算から一転、お気に入りアンプとなったテスコのベースアンプでした!見れば見るほど可愛く見えてくるから不思議(笑)。
ちなみに最近ツイッターにアップしてる動画はこのアンプで鳴らして撮っています!

※追記↓↓

赤いトーレックスに貼り換えました!!(コチラ



このページのトップヘ