ジナパパ一家の何てことない日常

ペットの事。家族・育児の事。趣味のギターの事。日常の何てことない事。とにかく一貫性のないブログになってきました(笑)

最近、休日は1人でドライブするのがマイブームです。
いままではドライブと言えばリサイクルショップ巡りが目的だったんですが、最近は道中にリサイクルショップがあっても立ち寄ることなく、ひたすら走り続けるくらいにドライブにハマってます^m^

僕は国道275号線が好きで、基本的にはそこを走るのが毎週でも飽きないほどなのですが、ここ数週間は『275に出るまで』と『275を出たあと』のルートをいろいろ工夫し、ナビを見ながら通ったことの無い道を選んで走るのが楽しいのです

とは言っても、初めてのつもりが いざ通ってみると「あ、この道 昔走ったわ」ってところが結構多いんですけどね。


これはとある週の休日のこと。
札幌を出発し、内陸側(長沼・芦別・赤平)を遠回りしながら275に出て、いつもなら峠を越えて留萌や増毛、厚田に抜けるところを、苫前町に抜けてみようと思い立ちました!
IMG_1266
田園風景がとてもキレイです。
僕が275が好きな理由は、季節によって田んぼの色が

冬→雪が積もって白
春→土の茶色
初夏→水が張られた田んぼに空が反射して青
夏→稲が育って緑
秋→お米の収穫前の黄金色

と変化し、季節によっていろんな表情を見せてくれるからです
今はちょうど初夏〜夏の色ですね!


IMG_1267
幌加内の道の駅「森と湖の里ほろかない」です。

写真の場所は売店(この時は時間的に既に閉店)とトイレのみなので車は僕のだけ。でもちょっと上に温泉と食堂があるので、そこにはポツポツと車がいました。


この時点で僕的に「幌加内ってこんなに遠かったっけ…?」という感覚。
ナビに頼り、地図を広げて見る機会が減ったせいで、幌加内が実は結構 内陸に入り込んでるという意識がすっかり薄れていました(汗)
275経由だと、沼田町あたりから一旦 内陸に切り込んでいくルートなんですよね。。
苫前町に着くころにはちょうど日本海に沈む夕日がキレイに見える頃合いだという算段で走っているつもりだったのですが、はたして。。。


さて、275を添牛内まで行きましたらそこから国道239号線を左折。
途中、片手では数えきれないほどのキタキツネに遭遇しながら苫前町へ向かいますが、いやぁ〜初めて走る峠の道って、どこにどれくらいのカーブがあるとか、どれくらいの勾配があるとかわからないで走るので、1.5倍くらい疲れるし長く感じますよね(汗)



50分間くらい(だったはず)の動画を再生速度を速くして5分にしました(笑)


苫前町に出ると、
IMG_E1281
青看板のよこに「三毛別羆事件復元現場」の案内板を発見。
日本最悪の獣害事件と言われる三毛別のヒグマの事件はもちろん知っていましたが、復元現場なる場所が存在していることは恥ずかしながら知りませんでした。この案内板を見て「せっかくだから行ってみよう!」と軽い気持ちで向かってみました

この時の僕の想像は、住宅街の中に当時を再現した家が建てられているような風景。
ところがその想像と現実は全然違うことを、この時の僕はまだ知りません。


通称ベアーロードという道を直進します。
家もまばらになってきたなぁと思うと「あと15km」の看板、田んぼばかりになってきたなぁと思うと「あと10km」の看板、もうほぼ山じゃんと思うと「あと5km」…と これは僕の想像とは違うような所に建ってるなと徐々に気付かされます


IMG_E1385
人はもちろん、車1台すらすれ違うこともなく進むと、、、


IMG_E1386
突然、道路が舗装じゃなくなり、、、


IMG_E1387
細い砂利道を少し走ると、、、


IMG_E1388
奥に家らしき物が見えてきます。

この時点で結構心臓バクバクです。
ただでさえクマが出そうな山道なのに、あの凄惨な羆事件の現場だと思うと恐怖も倍増です。事件の詳細を知っていれば知っているほど恐怖を感じる場所だと思います。
(ご存知でない方はとりあえずウィキペディアを見てみてください)

もっと時間に余裕をもって、もっと下調べしてから来るべきところですね。ちなみに僕が着いたのは18時40分。あとから調べましたら「夜間は十分ご注意を」と苫前町のサイトにも書かれていますし、実際にヒグマの生息地なのでクマ避けの鈴を持って行くくらいの警戒は必要と思います。

早朝や日没前は一番ヒグマが活発になる時間帯ですからね。



IMG_1272
まずはこのヒグマの像がお迎えしてくれます。
デフォルメされた マヌケな かわいらしいクマの像なのに、場所が場所だけにこの生気の無い顔が逆に不気味に見えます。


IMG_1276
三毛別羆事件跡地と書かれた石碑です。


IMG_1277
現場の簡単な案内図。そして事件の史実が生々しい文章で記されております。
この短い文章だけでも惨さが伝わってくるほどですが、もっと詳しく描かれたテレビ番組や文献などを見たことがある人は、きっと思わず耳や目を覆ったことでしょう。


486424156565
これが凄惨な事件現場となった家の復元です。
1915年(大正4年)の住居って、まだこんなに頼りなかったのですね…。雪深い極寒の北海道で、こんな隙間だらけの家でどうやって人々は寒さをしのいでいたのかも非常に気になります。


IMG_1274
このヒグマの像は実物大らしいです。。。
いや、デカすぎでしょ・・・
話が後世に伝わっていくにつれ尾ひれがついていった可能性もありそうですが、口から踵まで2.7m、体重340kgだったと言われています。


IMG_1275
当時を再現した家の中です。いろいろ展示物がありますが、のんびり読む気分にはとてもなれなかったので、写真だけ撮りました。

クマ避けの鈴などは持っていなかったので、僕の存在を彼らに知らせるために車のエンジンをかけて音楽を流したまま見学したのですが、それを除けばあたりは鳥の声が聴こえるだけの静寂の中、湿った土と草木の匂いがジットリと鼻に纏わりつくような山中です。

あと、現地に来てから気付いたんですがスマホは圏外でした。。

さきほどの石碑に手を合わせ、逃げるように現場を後にしましたね(汗)


さて、だいぶ苫前町の住宅地に戻ってきた頃には、気付けばもう暗くなり始めていました。
IMG_1384
日本海に沈む夕日は残念ながら一足遅かったです。雲もちょっと出てきましたね。
帰りに留萌でガソリンを入れて(やってるスタンドを探すのにちょっと手こずった)、コンビニで晩御飯を買い、ずっとオロロンラインを南下して家に着いたころには23時でしたー


03l
超ザックリですが、この日走ったルート。
実際に走ったルート通りでは無いですが、合計600km弱くらいの距離だったようです。
もちろん ちょいちょい休憩はしましたが、さすがに1人で12時間以上運転するのは疲れました。今回はちょっと時間配分をミスったので、今後はもう少し計画性をもって安全にドライブします!




IMG_0351
グレッチDUO JETです。詳細はコチラ↓↓↓


ホールが空いていないホローボディのギター(チャンバードっていうんですかね)の鳴り方が最近のマイブームで、近年の自分の好みに合っていると感じています。ちなみに所有しているZodiacworksのギターもそういう構造です


それはいいとして、本題の「トーンセレクタースイッチ」についてです。
IMG_0345
ちょっと特殊なのがDUO JETなど一部グレッチのトーンのコントロール
トーンが、ポット(連続可変式)ではなくトグルスイッチ(3段階切り替え式)なのです。
(写真右がトーンセレクタースイッチで、左はピックアップセレクタースイッチです)

3段階のトーン切替スイッチは、真ん中がバイパス、上と下はそれぞれ異なる数値のコンデンサに繋がります。当然、ポット式のように自分のサジ加減でちょっとだけトーンを下げるなどといった操作は不可能なので、お世辞にも使いやすい物ではありません…。

そこで、僕の場合は必然的に真ん中固定(トーンバイパス)になるので、スイッチが不用意に切り替わらないようセンターで固定してしまいたいな、と。

固定したい理由は他にもあって、このトーンセレクタースイッチはなぜかカタカタと遊びが多くて、弦振動でスイッチが共振してしまうのです(これはグレッチ全般の話ではなく単純な個体差でしょうけどね)。


使ったのはコチラ!
IMG_E1210
ゴムでできたグロメットという、配線の保護やパッキンの代用にする物です。
この写真は使用済みなので中身がいくつか減ってますが、買った時にはもっと入ってます。ホームセンターで普通に安く売られている物です。

【光】光 KGE-5A グロメット 11丸×4.5mm 8個入

価格:103円
(2023/5/27 10:11時点)


↑↑これは僕が使っている物とはメーカー等が違いますが、サイズは同じだと思います。もし違ったらごめんなさい。


完全なる余談ですが、僕はこのグロメットを めがねのズレ防止のために使っています。
IMG_E1213
めがね歴 約30年の僕はこれまでの人生でいろんなメガネのズレ防止策を講じてきましたが、この方法を編み出してから大量に汗をかこうが激しく動こうが全くメガネがズレません!
使い方は最初から空いている穴にメガネを通すのではなく、グロメット側面にキリ等で穴をあけてそこにメガネをグリグリ通します。

すみません、本当に余談でしたね(笑)
本題に戻ります。


このグロメットをトーンセレクタースイッチの根元に装着します。
IMG_E1209
右のスイッチの方です。
ノブを外してからグロメットを通し、ノブを戻し上から押さえるといった要領です。
まるで専用品かのようにピッタリやないすか(笑)
これでスイッチが不用意に切り替わってしまうことなくセンター固定できました
そうそう、前述しましたスイッチの共振も押さえられましたよ!


IMG_1212
見た目にもまったく違和感が無い、っていうか気付かないくらいですね (^^)
大成功です

難点(?)は、このグロメットはセンター固定しかできないので、上や下のポジションでスイッチを固定したい場合は使えないことですねー(笑)


使わないなら いっそトーンスイッチへの回路を切るという手もありましたが、たとえバイパスで使うとしてもスイッチという部品を通過することで生まれるグレッチ特有の音はあるでしょうから(微々たるものだとしても)そこは変えたくないなと思い、配線はカットせずにスイッチを固定する手段を選びました(^^)

まぁ僕の場合に限って起こったスイッチの共振(カタカタ音)という物理的な問題は、配線をカットしてもスイッチがついてる以上は解決しないですしね。




次回のライブに向けて、ペダルボードを組み替えました!
IMG_1107
いつものラインナップに、Digitech FREQOUTBOSS Flanger BF-3を追加しました。

僕はたまにしか使わないペダルを歪み前と歪み後に搭載しているジャンクションボックスに適宜追加できるようにしているのですが、FREQOUTとBF-3をジャンクションボックスではなくボードに常設した理由は、
5652524784789461
まず最近導入したFREQOUTはライブ以降もしばらく使って研究してみたい(面白いので)のと、
そして、
45684864894
BF-3はイレギュラーとか単発モノとか言いながらなんだかんだで過去のライブ使用頻度は準レギュラー級だからです。
・・・まぁでもFREQOUTは研究の結果スタメンから外れる可能性ありありです(笑)


ただ、ペダルが2つ増えたことで今までのエフェクターボードには載りきらないので、
IMG_1109
ROCKBOARDDUO2.2という横幅62cmのエフェクターボードを久々に引っ張り出してきて鞍替えしました。


さて、信号の流れは以下の写真のようになっております。
58947894762526255645654
擬似フィードバック発生マシーンのFREQOUTの接続位置はいろいろ試してみたんですが、結局は “ ピッチ変える系ペダル ” のセオリー通りに歪みの前段が一番掛かりが良好でした。ていうか歪みの後段だとほぼ掛かりませんでした。


ちなみに、僕の構想としては タップテンポ入力可のディレイも増やしたいのですが、そうなると現実的にこのボードではサイズ不足なのが悩ましいです。
これ以上大きくするつもりは無いので。。。

って、そういう時のためのジャンクションボックスなんですけどね(笑)
タップディレイも「あれば使えたのに」っていうライブがこれまで何度かあったので、もし一度でも使おうものなら常設することになりそうな気がするのです^m^


4894865625659
プログラムスイッチャーの無い直列ボードなので 次回のライブは足の操作も忙しくなりそうですが、リハも始まりますし楽しんでいきます!




ペダル検証シリーズの記事を書くのは久しぶりだなぁと調べてみると、前回は去年の8月でした。約9か月ぶりのペダル新規購入だったようです。
昔は気になるペダルがあると興味本位で買ってたんですが、近年はライブで必要に迫られた時しかほとんどペダルは買わなくなりました。


さて、今回はちょっと飛び道具的なペダルです!
IMG_1043
DigitechFREQOUTです。
一言で表すなら擬似フィードバック発生マシンとでも言いましょうか^m^
いかにもデジテックらしい面白いペダルですが、現在はもう生産終了している模様です。


・フィードバック音の音量。
・フィードバックし始めるまでの時間。
・フィードバックのタイプ(7種類)。
・ウェット音のみを鳴らすか、ドライ音も同時に鳴らすか。
・ON/OFFスイッチをラッチ式にするか、モメンタリー式にするか。
という設定ができます。
左のLEDはフィードバックの掛かり具合を視認するためのものです。
IMG_E1044
僕は次回のライブでロングトーンのフィードバック音を鳴らしたかったので、いろいろと機材を物色していました。この手のペダルは他にも無い訳ではないし、なんならサスティナー搭載ギターを使うという手もあるんですが、最終的には音質の良さ(リアルさ)だったり細かく設定できる点が多いためこのフリークアウトを選びましたよ。
まぁ買う時点ではあくまでもネットのレビューやユーチューブ頼りですけどね。

使い方と弾き方次第でフルートみたいな音も出せます(笑)
その擬似フルート音も次回ライブで使えそうな場面があるので、タナボタでした。


ちなみに「擬似フィードバック」と聞くと、イメージ的にBOSSのDF-2搭載のフィードバッカー機能やFernandesサスティナーのように永遠に音が伸び続ける物を連想するかもしれませんが、そうではありません。このフリークアウトはあくまでもギター自体が持つサスティーンが入力されている間だけ擬似フィードバックを起こす物です。当然ギター自体の音はどんどん減衰して最終的には無音になりますから、そうなればフィードバックも止まるということです。
単音のみですけど、こんな感じです↓↓↓


ところでこのペダル。
しっかりアイソレートされた信頼性のあるパワーサプライから電源をとることを強くお奨めします!僕はFREE THE TONEのパワーサプライのアイソレート端子から電源をとってノイズ無く快適に使えることがわかりましたが、実は買ってきた当初は他から電源をとったせいか許容できないほどの超特大ノイズが常に出ていたんです
フリーザトーンのパワーサプライを使う前は、歪ませるとOFFでも常時ヒョ〜とノイズが…。OFFでもなかなかな音量のノイズが、ONにするとさらに大きく…(汗)
サウンドハウスのレビューでもそう書いてる人がいたので、故障ではなく仕様なんだと思い込んでしまい、「こりゃループボックスに入れて信号を完全に切り離すしかないな」とループボックス込みでボードを組んだのに、ボードが完成したら…あれ?ノイズが皆無になってるぞ??と
そこでフリーザトーンのパワーサプライのアイソレート端子から単独で電源をとればノイズが出ないということに気付けたのです。

あぶねぇ…危うくライブが終わったら速攻で売る運命になるところでした(汗)
気付けて良かったです

ただ、それでもたまにアンプからビヨヨヨヨ…とノイズが出ることがあります(前述のヒョ〜とは別の性質のノイズです)。もちろん電源環境やお部屋の電気製品、電波などによる可能性はありますので全部が全部このノイズが出ますよとは言い切れませんが。
現状で特に解決策が見当たらないので、このノイズが出始めた時およびFREQOUTを使用しない時は、FREQOUTからDCケーブルを抜くようにしてます(トゥルーバイパスなのでFREQOUTに電源を与えなくても音は出ます)。




代表の松氏が逝去されてから1年とちょっと、公式HPやSNSの発信も途絶えて休業していたZodiacworksから、とうとう業務終了が発表されました。
(ゾディアック公式SNSは順次閉鎖していくとの事ですので、上記にはオリコンニュースのツイートを貼らせていただきました)

日本一売れたエレキギターとして有名なミニギター『ZO-3(ゾーサン)』の開発者として、またHIDEさんや布袋さん、HISASHIさんその他大多数の有名ギタリストのギターを手掛けたことでも名の知れたルシアーの松氏が立ち上げたブランドがゾディアックワークスでした。
特にバンドブーム〜ヴィジュアル系ブームが青春ど真ん中の僕ら世代にとっては、松氏在籍時代のFernandesのアーティストモデルは非常に馴染み深い物ばかりでしたね。。。

常套句で恐縮ではありますが、僕ら世代にとっては「ひとつの時代が終わった」と言っても過言では無いかと思います。


2022年2月に松氏急逝の一報を聞いたあと、特にHISASHIファンの僕は松氏ご本人が手掛けたギターを一度は手にしてみたいという思いが強くなり、このギターを新品購入しました。
IMG_8126
新品購入とは言っても数年間売れずに残っていた個体です。
それをアウトレット価格で購入し、その後Bizen worksさんにリフィニッシュしていただいて現在のこの姿になりました。


IMG_4788
リフィニッシュしたことで “ オリジナル状態では無くなった ” という意味では価値が下がった訳ですが、なによりとても良いギターで音もルックスも非常に気に入ってて 僕の中での価値はむしろ爆上がりしているので、ギターをすぐ売り買いする僕でさえ きっと売らない(売れない)でずっと手元に残しておくことになるんじゃないかな、と。


ゾディアック業務終了の一報に触れ、このギターで撮ってみました。
代表の松さん、そしてZodacworksの皆様、素晴らしいギターをありがとうございました!



このページのトップヘ