ジナパパ一家の何てことない日常

ペットの事。家族・育児の事。趣味のギターの事。日常の何てことない事。とにかく一貫性のないブログになってきました(笑)

IMG_6507
MORGANの12インチ1発キャビ。
購入時はCelestionのアルニコブルーが載っていて、その後、
Vintage30 Greenback と交換を経てきました。

グリーンバックでとりあえず落ち着きそう、っていう内容の記事がコチラ↓↓

ところが機材厨なる者、気に入った物ができると同系統の物をもっと追求したくなる性分。
「現行のグリーンバックが良いなら、ビンテージのグリーンバックはもっと良いのでは?」という飽くなき探求心に火がつく訳です(笑)


そこで、、、
IMG_6509
1972年製のCelestion Greenback G12M-25を入手です。
音がビリつくということでジャンク品扱いだったんですが、家ではちょっとヤバいくらいの音量を出しても出音はまったく問題ありませんでした。出品者様の環境では、スピーカーではなくエンクロージャーとかが共鳴しちゃってたんですかねぇ?

スピーカー1本1本ともうちょい長く付き合ってみてもいいんじゃないの?と自分にツッコミをいれつつも、気分が乗ってるうちに一気にやっちゃいたい性格。


で、まずお伝えしておきたいのは、本品はベースレゾナンスが55hzで主にMarshallのベースアンプ用キャビに載せられていたことが多いスピーカーであるということ(ちなみにギターアンプ用は75hz)。
とは言え、これまでに何本もビンテージのグリーンバックを使ってきた僕の印象としては、たしかに出音は違えどベース用だからといって例えば低音がボンボン出るとか高音が全然出ないといったことは一切無く、あくまでも「キャラの違い」としてギターアンプにも55hzと75hzどっちもイケます。
(実際リイシューのG12H-30はギターアンプ用として55と75hzをラインナップしてます)


という前置きをしつつ気になるサウンドですが、近年物グリーンバックより72年グリーンバックの方がハイミッドにピークがある感じです。プレゼンス成分がちょっと少な目と言いますか、音の角がちょうどいい具合に面取りされてるような印象ですね。でもローミッドが良く出てるので、固さは無いです。ここがベースレゾナンス55hzのキャラと言えるのかもしれませんね!

現行品より総じて荒々しさが少し薄れますね。アダルトになると言うか。なので一聴目の「おっ、かっけぇ!」というインパクトは乏しいかもしれませんが、僕的の経験としては長い目で見ると現行品よりも72年製の方が長く聴いていられる音だと判断して、72年製Greenbackの採用決定(^^)


この動画が72年製CELESTION GREENBACKに交換した後に撮ったものなので、
参考までに載せておきます!


あと、モーガンキャビ用のカバーを作ってもらいました
IMG_6506
人生縫製一筋の母親に作ってもらった、運搬時の保護用カバーです!
余った布で、今度はFender BANDMASTERヘッド用のカバーも作ってもらいます(^^)




先日入手してかなり気に入っているモーガンの12インチ1発キャビネット
このモーガンを入手したことで、それまで使っていたMarshall 1974CXは手放しました。
IMG_E6066

買って早々スピーカーを交換したことはこのリンク先の記事にも書きました。


IMG_6087
買った時に載っていたこのCelestionのアルニコブルーから、

↓↓↓

IMG_6092
同じくCelestionのVintage30へ交換。
その結果、僕にとって不要だったジャリっとした帯域はだいぶ抑えられたものの、欲を言うともっとジャリ感を抑えたい。と同時にミドルをモチっとさせたい。まぁこれでもアルニコブルーの時よりは全然好みに近づいてるんですけどねぇ。

ずっと前からこのブログでもよく書いてますが、ダークな音から明るくて明瞭な音や派手な音に変化すると「おっ!いいぞ!」と思いがちなもんです。Marshall 1974CXからMORGANにキャビを替えた時がまさにこの状態。
しかししばらく聴き続けると「うるさい」という印象に変化してしまうことが多々あるもんです。大人しくて地味な方が、実は疲れたり飽きたりせずに長く付き合えたりするんですよねー。。。


という訳で、、、
IMG_6280
Vintage30に並ぶド定番スピーカー、セレッションのGREENBACKへ交換です!
今の現行品はMade in Chinaですが、なんとなく気分で中古のMade in Englandを選択(笑)


IMG_6282
これがもうバッチリで、狙った以上の大当たりでした!
「ジャ行」の高音がちょうどいい具合に抑えられ、でもセレッション特有のハイミッド〜ハイあたりのカーンと飛んでくる帯域は程良くある(とは言えVintage30ほどではない)ので、しっかりと耳に近い音が鳴ります

実はMarshall 1974CXに載っていたGreenback(20WのG12M-20 Heritage)をこのモーガンキャビに載せて試していたので、相性が良いことはある程度わかってたんです^m^
厳密にいうと 採用したGREENBACKは「G12M-20 Heritage」ではなく「G12M-25」というモデルなので全く同じ物ではないんですが、G12M-25の方が荒くてROCK向きだと感じました!


交換前との比較動画ではないですが、スピーカーをGREENBACKに交換した後の動画です。
ストラトのリアでも変にキンキンせず、また巻き弦はしっかり太さと荒さがあります!
ラフにローポジションを掻き鳴らしたくなる音です(^^)


こちらは上の動画にリードギターを加えたものです。
青春時代から今でもずっと好きなGLAYの「ずっと2人で…」のギターソロ部分です。
グリーンバック特有のローミッドまで山があるようなサウンドが、リードトーンにピッタリはまってくれる印象です!
キラっとした成分もしっかり有るので、クリーンも申し分なしです

同じスピーカーユニットを使ってもキャビ(箱)が違うと全く違う特性の音になるから、音の出口であるキャビネットもほんと深いですよねー!(笑)




最近リサイクルショップでこんなギターを見つけました。
リアピックアップの音が出ない、というジャンク品で4400円。
いわゆるスーパーストラトと呼ばれ、フロイドローズタイプが搭載された、80年代当時のハードロッカーやメタラーに愛された仕様のギターです。

ハードロックやヘビーメタルをほとんど通ってこなかった僕ですが、実はこういう仕様のギター(の見た目)も大好きで、
7df5858a
56d81b50
0fa18524
このように過去には何本か手にしてきました。
全てはハードロック期のGARY MOOREの影響でもあったりします(^^)
まぁ弾けはしないんですけどね(笑)
ちなみにこの3本のギター写真のうち一番最後のグリーンのギターは自分で塗装したので、かなり愛着がありました(^^)


で、今回買ったFernandesThe Function(おそらくFST-65)ですが、
立てたまま何年も放置していたのがわかるような埃の積もり方です(笑)
さらに、ピックガードのノブ下やネジ穴の中に保護ビニールがついたままだったので、おそらく一度もピックガードを外されたことすら無い個体だと思われます。

80年代のギターなだけありなかなか年季の入った状態でしたが、ジャンク理由である「リアPUの音が出ない」原因を解明することも含めて一度バラして磨きます


という訳で一気に飛んで完成
IMG_E6139
弾き傷こそあれど特に目立つ傷や汚れも無く、しっかり磨いてやるとかなり良い状態になってくれましたね!


IMG_E6134
フロイドローズタイプのトレモロ(HEAD CRASHER)も一度全部バラして磨きました。
部品点数が多い・・・(笑)


IMG_E6183
ローズウッド指板は黒々してて気持ちがいいです。


IMG_6185
マッチングヘッド。
っていうか、
IMG_6187
ヘッドだけじゃなくネック裏も全て同色で塗装されています(笑)
スーパーストラトとは言え、のちのアイバニーズRGなどのような平べったいネックに平らな指板ではなくむしろちょっと厚めで僕好みです。


IMG_E6181
あ、リアピックアップの音が出ない理由はおそらく断線です。テスターが反応しませんでした。
なので、リアには家に転がってたDimarzioのAir Zoneを載せました


動画を撮ってみました!
出勤してからバッキングも入れたくなり、急遽 職場の練習用ミニミニアンプで撮ったらセミが鳴いてるような音になってしまいました(汗)
フロイドローズタイプのトレモロはアーミングの感触がヌルヌルしてるので気持ちいいです!


こっちの動画は、実はスピーカーがGreenbackに変わってます(笑)
※最初のはVintage30


IMG_E6135
IMG_E6188
という訳で、フェルナンデスの(多分)FST-65でした!
たまたま家にピックアップがあったのでお金を掛けずにジャンク再生することができましたが、こういう物に出会えるのがリサイクルショップ巡りの楽しみでもありますよね!




FENDERのBANDMASTERという1968年製のアンプヘッドを使っているのですが、このヘッドを使うようになってからスピーカーキャビネットを何台かとっかえひっかえしています。
どれも気に入っていない訳じゃないし満足はしてるつもりなんですが、機材好きの性分としては良さそうな物があるとつい試してみたくなってしまうのです(笑)

で、直近で導入したのがタイトルにありますMorgan(モーガン)のキャビです(型番は不明)。
正直モーガンのことは全然知らないのですが、ジョシュ スミスが使っている動画を見て気になってたのと、あと見た目がオシャレで好きです。
まぁ僕が買ったのは真っ黒で重厚なので、オシャレって感じでは無いですが(笑)

ちなみに、僕がキャビを選ぶ絶対条件は
12インチ1発
横幅がバンドマスターヘッドより大きい
の2点。
つまり12インチ1発なのに横幅が61センチ以上もあるという、あまり存在しない条件です。
選択肢はかなり狭いですが、逆に言うとあまり迷走せずに済むということ


このモーガンのキャビ、前述のようにトーレックスからグリルクロスからパイピングから全部真っ黒なので重厚感と圧迫感はなかなかのもの。なのでストックしていたブラウン系のグリルクロスに張り替えました
今までグロルクロスの張り替えは何回もやってきましたが、その中でもこのキャビは作りがかなりタイトで、クロスを張っている木枠がギッチリはまっててなかなか外れませんでした。。


IMG_E6064
IMG_E6066
ポップになって、ヘッドとのルックスバランスも良くなったと思います(^^)


さて、ルックスも大事ですがやはり一番重要なのは音。
IMG_6087
このキャビには元々CelestionのAlnico Blueが載っていました。
アルニコスピーカーは各社いろいろ使ってきましたが、総じてミドルの耳触りが良くてギター単体で聴くと心地よいのですが、僕の経験としてはある程度ミドルに固さがあってギター単体で聴くと「カーーン」と多少耳に来るくらいの方がバンドでは存在感が出ると思ってます。

なので、、
IMG_6092
同じくCelestionですがフェライトマグネットの定番Vintage30に交換してみました!
ハイミッドあたりにピークがあるので重心が高くなる(もちろん低音が出ない訳じゃないですよ)のですが、キーボードの音数が多いポップスや歌謡曲を演っている僕にとっては前述のアルニコブルーよりもVintage30の方がギターの存在感をちょうどいいところに収めてくれる気がします。


ちなみにですが、
IMG_E2005
これまで使ってたキャビ、Marshall 1974CXよりMORGANの方が高音も低音もめっちゃ出ます
仮に同じような音を作ろうと思ったら、ヘッドのツマミの位置がかなり変わりますね。
1974CXは良くも悪くもちょっとくぐもったスモーキーなキャラが立ちます。1974Xというコンボアンプの増設用キャビとして設計されているためでもあるんでしょう。

という訳で、MarshallとMorganの入れ替え決定です!


余談ですが、Vintage30の4オームはかなり数が少ないです!
Fenderアンプを持っている人にとっては重宝しますね!


IMG_E6062
IMG_E6063
という訳でモーガンの12インチ1発キャビでした!
今まで使ってたMarshall 1974CXより3キロほど重くなってしまいましたが、それでも1発キャビなので全然持てないほどじゃないです(^^)
細かいところですが、ヘッドの奥行きよりモーガンキャビの奥行きの方が大きいので、横から見た時にどっしり安定しているように見えるのもお気に入りポイントです!(今まではヘッドより1974CXの奥行きの方が小さかったので汗)




練習の相棒、リズムマシンを新調しました!
IMG_E6104
島村楽器オリジナルブランドLouis(ルイス)のJB-205というリズムマシンです。
今年(2021年)の春に発売されたばかりみたいですよ。



ちなみに、僕が今まで使ってたリズムマシンは、
IMG_E6106
この左に写ってますVOX AC1 Rhythmというリズムマシン内蔵のギターアンプです。
とても重宝してたんですが、ただこれはBPMが表示されないので徐々にテンポアップしていくような練習にはちょっと不便ですし、うっかりテンポのツマミにさわってしまうと「あれ、昨日までどれくらいのテンポで練習してたっけ…?」という事態に陥ってしまうのが難点。。。


IMG_E6105
その点、Louis JB-205はBPMが液晶画面にデジタル表示されるので大丈夫(^^)
そうそう、僕がリズムマシンに求めることとして「BPMが表示される」の他に、「スピーカー内蔵でこれ単体で完結する」というのが絶対条件でした。PCや外部スピーカーに繋がなきゃいけない、とかだと僕の性格的に面倒で使わなくなるのが目に見えてたので(苦笑)

ですが、この2点を両方満たすリズムマシンって探すと実はあまり無いんです。
ていうか、探した範囲内ではこれ以外に見つけられなかったような。。。
高いヤツなら全然あるんでしょうけど。


リズムパターンのプリセット数に関しては たくさん入ってても結局使うのは限られてくるので、そんなに重視してませんでした。とは言えこれはリズムパターンが50種類入ってるので、練習に使うぶんには余程じゃない限りどれかしらのプリセットがマッチしてくれますね!


極々簡単に動画撮ってみました。
付属のフットスイッチを使えば、足でスタートとストップを操作できます。
最後は「シャーン」とシンバルの音が入って終わります(笑)
ちなみにフットスイッチはプラ筐体で耐久力は無さそうです。。

この動画でどこまで伝わるかわかりませんが、音は練習用としては十分すぎるくらい良いです!
音量もかなり大きいですし、低音もなかなかの迫力!スピーカーが音割れしたり筐体が共鳴することもありません(プラじゃなく木の筐体であることがここに貢献していそうです)。
サイズも値段も違うので単純に比較することはできませんが、今まで使ってたVOX AC1 Rhythmのリズムマシンの音が貧弱に感じてしまいます(^_^;)


IMG_E6107
巷では自分でプログラムしてリズムパターンを作ったり、PCや録音機材に繋いでそのままRECに使えるくらいハイクオリティなリズムマシンもたくさんありますが、僕は練習用として使ったりツイッターに動画を上げる時に流すくらいなものなので、これで十分です!(^^)
十分どころか大満足!!


Louis JB-205 リズムマシン ドラムマシン 弾き語り メトロノーム スピーカー パターン50種 フットペダル 電池駆動 ドラム音源 伴奏

価格:9,800円
(2021/11/16 18:47時点)




このページのトップヘ